...

「永訣の朝」 論のためのラフ ・ スケッチ

by user

on
Category: Documents
3

views

Report

Comments

Transcript

「永訣の朝」 論のためのラフ ・ スケッチ
﹁永 訣 の 朝 ﹂ 論 の た め の ラ フ ・ス ケ ッ チ
これ は昨 年 度 の数 字 だ が 、宮 沢 賢 治 ﹁永 訣
﹁わ た く し ﹂ の心 中 で反 芻 さ れ た も のだ と す
妹 の 口 か ら 実 際 に 発 話 さ れ た も の で、 他 が
一つ目 (
あ る いは 最 初 の 二 つ) が 病 床 にあ る
れ ら ﹂ や 12 行 目 の ﹁こ の﹂ と いう ダ イ ク テ ィ
姿 が 想 起 さ れ る だ ろ う 。 ま た、 9行 目 の ﹁こ
は 、 み ぞ れ を 直 に感 じ て い る ﹁わ た く し ﹂ の
達 哉
の朝 ﹂ を 高 等 学 校 の国 語 の教 材 と し て採 用 し
長 谷 川
て い る教 科 書 会 社 は十 社 、 教 科 書 の数 は 二 十
ぞ れ の な か に飛 び だ し た﹂ と す る 読 み方 が あ
を 聞 き 、 ﹁わ た く し ﹂ は 12 行 目 で ﹁く ら い み
﹁あ め ゆ じ ゆ と て ち て け ん じ や﹂ と い う 言 葉
たく し﹂ は妹 の枕 元 に付 き 添 って い て、 妹 の
い て考 え て み よ う 。 こ の詩 を語 り 始 め る ﹁わ
ま ず 、 ﹁わ た く し﹂ の ﹁い ま ・こ こ﹂ に つ
こ の詩 に つ いて 思 う と こ ろ を書 い て み た い。
み ぞ れ を ﹁ふ ってく る﹂ と 表 現 す る こ と は出
き 添 って い る と す る な ら 、 雲 の様 子 を 捉 え 、
び や う ぶ や か や のな か に﹂ い る妹 の枕 元 に付
﹁わ た く し﹂ が ﹁と ざ さ れ た 病 室 の/ く ら い
間 の目 を 通 し た描 写 と は思 え な い。 し かし 、
が つた て つぼ う だ ま のや う に﹂ 駆 け て い る人
目 の描 写 はど のよ う に 考 る べき な の か。 ﹁ま
し ﹂ が 駆 け出 し た と す るな ら 、 で は 5 - 6 行
7 行 目) にあ る妹 の言 葉 を 聞 い て、 ﹁わ た く
物 語 は 必 ず しも 時 間的 に順 を 追 って出 来 事 を
来 事 は 時 間 の流 れ に し た が って継 起 す る が 、
中 に立 って い る と考 え る べき な の であ る 。 出
の外 に飛 び 出 し、 そ し て みぞ れ の降 り し き る
詩 を 語 り 始 め る前 に 既 に妹 の言 葉 を聞 い て家
浦 静 が 指 摘 し た よ う に、 ﹁わ た く し ﹂ は こ の
の空 を 見 上 げ て い な け れ ば な ら な い。
た つ の かけ た陶 椀 ﹂ を 持 ち 、 ﹁く ら い み ぞ れ ﹂
ッ クな 語 に注 目す る な ら 、 8 ∼ 12行 目 を 語 ろ
四種 で 、 ﹁永 訣 の朝 ﹂ は定 番 教 材 の 一つと 言
る な ら 、 そ の表 記 (括 弧 の使 い方 な ど ) に違
った感 が あ る 。 こ の場 が 与 え ら れ た のを 機 に 、 いが な い の は ど う し て か。 4行 目 (あ る い は 、 う と す る ﹁わ た く し﹂ は 、 既 に そ の手 に ﹁ふ
る。 は た し てそ う だ ろう か。 初 め に いく つか
語 る わ け で は な い。 ﹁わ た く し﹂ の ﹁い ま ・
以 上 のよ う な 点 か ら 、 例 え ぽ 平 尾 隆 弘 や 杉
の問 題 点 を指 摘 し よ う 。
来 な い の で は な い か 。 ﹁び ち よ び ち よ﹂ か ら
四 回繰 り 返 さ れ る ﹁(
あ め ゆ じ ゆ ⋮ ⋮ )﹂ の
一26一
く る。 こ こ で ﹁わ たく し﹂ は ﹁あ めゆ じ ゆ ﹂
こ﹂ に い る わ け を 確 か め る か の よ う に、 つい
び だ し た﹂。 ﹁わ た く し ﹂ は自 分 が ﹁いま ・こ
し て、 そ の想 いか ら 覚 め る と、 空 を 見 上 げ る
﹁く ら い みぞ れ﹂ の空 を 見 上 げ な が ら 。 そ う
こ こ﹂ は 、 詩 の冒 頭 部 分 か ら 既 に ﹁こ のく ら
る い﹂ 様 子 と 、 みぞ れ の降 ってく る空 の ﹁
陰
﹁わ た く し﹂ の 眼 前 に は暗 い雲 が あ り 、 みぞ
先 程 の行 動 を振 り 返 って い る、 1 み ぞ れ の降
﹁け ふ のう ち に/ と ほ く へい つて し ま ふ わ た
惨 な﹂ ﹁
暗 い雲 ﹂。 こ の日 の ﹁わ たく し﹂ は 、
が や って来 る 空 を 見 上 げ る 。 ﹁う す あ か く い
く し の いも う と よ/ み ぞ れ が ふ つて お も て は
妹 と の別 れ を 受 け 止 め、 ﹁ま つす ぐ に す す ん
い みぞ れ のな か﹂ にあ った 。 で は、 そ の ﹁わ
へん にあ か る い のだ﹂。 ﹁お も て﹂ に いる ﹁わ
は妹 の言 葉 の本 当 の意 味 にた ど り 着 い て いた 。
れ は 降 り 続 い て い る。 こ の時 、 ﹁わ た く し﹂
る中 に 立 っ て、 手 に は 二 つ の茶 碗 を 持 ち、
た く し ﹂ は、 病 室 の中 の妹 に語 り か け る よう
で いく ﹂ こと を決 意 し な が ら も 、 同 時 に、 妹
﹁
あ あ と し子/死 ぬと い ふ いまご ろ にな つ
つさう 陰 惨 な 雲 から / み ぞ れ は び ち よび ち よ
に外 の様 子 を 報 告 す る。 続 く ﹁(
あ めゆ じゆ
と 離 れ 離 れ に な る こ と に身 を 引 き 裂 か れ る よ
て/ わ た く しを い つし や う あ か るく す る た め
ふ つ てく る﹂。 雪 の積 った 庭 の ﹁へん に あ か
と てち てけ ん じ や)﹂ は、 ﹁わ た く し ﹂ の心 の
う な 痛 みを 感 じ、 い つま でも 一緒 で あ る べき
た く し ﹂ が 語 る言 葉 を た ど って み よ う。
中 に飭 す る妹 の言 葉 であ る。 こ の言 葉 は妹 の
に/ こ んな さ つば り し た 雪 の ひと わ ん を/ お
ま へは わ たく し に た の んだ のだ ﹂。
妹 から 突 き 付 け ら れ た ﹁O鑓 ○蠧 ⊆Φ⋮ ⋮ ﹂ と
こ の詩 の中 に は 流 れ て い る。 ﹁あ め ゆ じ ゆ
だ 。 二 つ の相 反 す る思 い、 相 反 す る 色 調 が 、
いう 言 葉 に耐 え か ね て、 心 は千 々 に乱 れ る の
な ら な い。 ﹁あ め ゆ き と つて き て く だ さ い﹂
こ と を 決 意 す る 。 ﹁あ りが た う わ た く し のけ
感 謝 し 、 妹 の想 い に応 え る よう に 生 き て いく
い る の は、 妹 が 発 し た通 り の方 言 でな け れぽ
と いう 標 準 語 に翻 訳 し た な らぽ 、 意 味 は残 っ
⋮ ⋮ ﹂ と いう 妹 の言 葉 は ﹁ふ た わ ん﹂ と は告
肉 声 であ った。 今 ﹁わ たく し﹂ の心 に響 い て
ても 、 妹 の息 づ か い や声 の調 子 ・抑 揚 な ど の
は ﹁ふ た わ ん ﹂ であ った。 ﹁ふ た つ の か け た
げ て い な い。 し か し、 ﹁わ た く し ﹂ に と って
詩 は妹 の言 葉 を 抱 き と め て い る。 し か し 、 39
慈 し む よ う に、 大 切 に守 る か の よ う に 、 こ の
べ も の﹂ は 二 つの茶 碗 に盛 ら れ 、 そ の 二 つ の
く し ﹂ に と って、 ﹁いも う と の/ さ い こ の た
陶 椀 ﹂ は何 時 も 一緒 だ った の であ り 、 ﹁わ た
はげ し い熱 ﹂ に苦 し み なが ら も 、 ﹁わ たく し﹂
す ん で い く か ら ﹂。 そ し て、 妹 が ﹁はげ し い
な げ な いも う と よ / わ た く し も ま つす ぐ にす
右 の認 識 を 手 に入 れ た ﹁わ たく し ﹂ は 妹 に
た言 葉 で あ ると い う、 そ のか け が え のな さ を
生 々し さ は 失 わ れ て し ま う だ ろ う 。 妹 が 語 っ
行 目 の ﹁(○目① ○円餌αΦ ωげ同
什
O﹃同 ΦひqニヨO)﹂ は
茶 碗 は 一緒 に並 べ ら れ る べき も のな ので あ る。 た こ と を 思 う と 、 胸 は い っぱ い に な り、 ﹁わ
言 葉 であ り 、 了 解 不 能 な 意 味 を抱 え た 、 不 気
のか け た陶 椀 に/ お ま へが た べ る あ めゆ き を
﹁青 い蓴 菜 のも や う の つ い た/ こ れ ら ふ た つ
が 、 27 ・28 行 目 の ﹁⋮ ⋮ / ⋮ ﹂ な ので あ る 。
た く し ﹂ は 言 葉 に つま ってし ま う のだ 。 そ れ
の た め に ﹁あ めゆ じ ゆ ⋮ ⋮﹂ と 依 頼 し て く れ
﹁わ た く し﹂ の心 を 引 き 裂 く よ う な 恐 る べ き
味 な 黒 い亀 裂 で あ った。 ロー マ字 で表 記 さ れ、
(96 年 11 月 )
中 途 半 端 に な って し ま った。 い つか 稿 を 改
め て、 こ の詩 を 論 じ て み た い。
と ら う と し て/ わ た く し は まが つた て つぼ う
だ ま の や う に/ こ のく ら い み ぞ れ のな か に飛
ま た 四字 落 と し と な ら な い 理 由 であ る。
妹 が 頼 ん だ ﹁あ めゆ じ ゆ﹂ は 空 から 降 って
一27一
Fly UP