...

Page 1 Tー1世 界の中の日本の役割 ポール・ケネデ ケネディ Page 2

by user

on
Category: Documents
2

views

Report

Comments

Transcript

Page 1 Tー1世 界の中の日本の役割 ポール・ケネデ ケネディ Page 2
T⊥ 1
1⊥
世 界 の中 の 日 本 の役 割
ポ ー ル ・ケ ネ デ ィ
本 日 、 国 際 日 本 文 化 研 究 セ ンタ ー の国 際 研 究 集 会 に お 招 き い た だ
次 の よ う に 言 って い ま す 。
あ あ 、 神 が か の偉 大 な る才 を 我 ら に 与 え たも う た な ら !
他 者 が我 ら を 見 る ご と く 、 我 ら 自 ら を 見 る こ と が で き た な
き 、 講 演 す る こ と は 私 に と って は大 き な 名 誉 で あ り 、 梅 原 猛 所 長 は
じ め 、 日本 の皆 様 方 に 対 し て お礼 申 し 上 げ ま す 。 し か し 感 謝 致 し て
ら ー・
わ た し は こ の こと は個 人 に つい て と 同 様 、 社 会 に も 国 家 に も 、 ま
お り ま す と と も に、 私 は 少 し ば か り の心 配 も 致 し て お り ま す 。 と 申
し ま す のも 、 こ こ に ご 出 席 の優 れ た 学 者 、 研 究 者 の方 々、 聴 衆 の皆
た個 々 の文 化 に つ い ても あ て は ま る と 思 いま す 。
も う ひ と つ 、 私 の よ う な 国 際 比 較 史 家 の 見 方 が な ん ら か の有 用 性
さ ん は す べ て 日本 の 言 語 、 文 化 、 社 会 、 つま り 日本 そ のも の に つ い
て の エキ ス パー ト であ り ま す 。 と ころ が 私 は そ う で は あ り ま せ ん 。
を も つ理 由・
と し て 、 次 の よう な 点 が上 げ ら れ る の で はな いか と 思 い
と に よ っ て 、 あ る 国 が 特 別 で あ る 、 ユ ニー ク で あ る と いう と き 、 一
む し ろ そ の逆 で、 異 な る 国 の間 の国 際 比 較 を 専 門 とす る 歴 史 家 な の
こ の場 に いら っし ゃ る 専 門 家 の多 く は 、 いわ ば 日本 と いう 対 象 を
体 そ れ は ど う い う 意 味 な の か と いう こ と を は っき り さ せ る こ と が で
ま す 。 つま り 、 ど の 国 を 取 り 上 げ る に し て も 、 そ れ を 外 か ら 見 る こ
内 側 か ら取 り 上 げ て お ら れ る わ け です 。 つま り 日本 そ れ 自 体 に つ い
き る と いう 点 です 。
です。
て の詳 し い知 識 を 長 年 にわ た って 培 って こら れ ま し た 。 他 方 、 私 は
に つい て お 持 ち の 知 識 を 持 ち合 わ せ て お り ま せ ん。 そ の た め に 、 日
日 本 に や って来 て いる わ け です 。 いず れ に し ても 皆 さ ん の方 が 日 本
ト ﹄の 論 評 記 事 の 中 で 私 の 本 を 非 難 し て こ う 言 い ま し た 。 ﹁ケ ネ デ ィ
ナ シ ョナ リ ス ト 、 ノ ー マ ン ・ボ ド ホ レ ッ ツ 氏 が
間 、 論 争 が 繰 り 返 さ れ ま し た が 、 そ の 過 程 で ア メ リ カ の有 名 な 右 翼
﹃
大 国 の 興 亡 ﹄ と い う 私 の 本 を め ぐ っ て ア メ リ カ で は 昨 年 ま る 一年
本 で起 って い る こ と 、 日本 文 化 、 日本 研 究 の在 り方 に つ い て も し ば
教 授 は ア メ リ カ が 世 界 史 の 中 で 特 別 な 、 ユ ニー ク な 立 場 に あ る こ と
知 的 な 意 味 でも 、 ま た 物 理 的 に も 十 四 時 間 半 も 空 を 飛 ん で、 外 か ら
し ば 誤 解 を 犯 す か も 知 れ ま せ ん 。 こ の 点 に つ いて は 前 も って お 詫 び
を 理 解 し て いな い﹂ と。 そ の翌 週 、 私 は同 紙 に 反 論 の機 会 を 与 え ら
の理 解 を 深 め て も ら え る の で は と 思 い ま す 。 お よ そ 百 五 十 年 前 、 ス
つに は、 世 界 の他 の国 の人 々が 日 本 を ど う 見 て いる か 、 と いう こと
の門 外 漢 の見 る と こ ろ も そ れ な り の有 用 さ があ る と思 いま す 。 ひと
し かし 日 本 を 外 か ら 眺 め 、 外 か ら 考 察 を す る と いう 点 で 日本 研 究
を 喚 起 し ま し た 。 自 分 の国 だ け が 特 別 で ユ ニー ク だ と いう の は 、 危
の だ 、 つま り ど の 国 も 特 別 で あ り 、 ユ ニー ク な の で あ る こ と に 注 意
そ し て 日 本 や ニ ュー ジ ー ラ ン ド も 同 じ よ う に 特 別 で ユ ニー ク な 国 な
国 で あ る こ と を 認 め ま し た 。 し か し 同 時 に 、 イ ン ド も ノ ル ウ ェー も
れ ま し た 。 そ の 中 で 私 は ま ず 、 勿 論 ア メ リ カ は 特 別 な 、 ユ ニー ク な
﹃ワ シ ン ト ン ・ポ ス
を し て お か な け れ ば な ら な い の です 。
コ ット ラ ンド の詩 人 、 ロバー ト ・バー ンズ は そ の有 名 な 詩 の 一節 で
一11一
は な ら な い﹂ と お っし ゃ いま し た 。 私 も 全 く 同 感 です 。
は ﹁自 分 の国 や 自国 の文 化 を 誇 り に思 った と し ても 、 傲 慢 にな って
だ と 人 が 言 って いる のを 聞 く とう ん ざ り し て し ま う L と 。 梅 原 所 長
な の か は っき り さ せ ず に、 自 分 の国 や 自 国 の文 化 が特 別 で ユ ニー ク
し て、わ た し は 次 の よ う に言 って 反 論 を 終 え ま し た。二 体 何 が特 別
よ り も 優 れ て お り、 他 の国 は劣 って い る、 と いう こ と な の です 。 そ
険 な こと です 。 そ し て こ のよ う に言 う と き の真 意 は、 自 国 が外 の国
の平 均 ラ イ ンと いう も のは 何 世 紀 にも わ た って 向 上 し て き て い る わ
り貧 し い国 も 幾 つ かあ り ま す が、 全 体 と し て み る と 世 界 の生 活 水 準
ま し た 。 ま た 世 界 の生 活 水 準 を 見 て み ま す と、 む し ろ 現 在 ま だ かな
え て み る と、 そ れ は何 世 紀 にも わ た って 一貫 し て 常 に増 え 続 け て来
た 進 歩 と 考 え ら れ る流 れ が あ る か ら で す 。 た と え ば 世 界 の人 口を 考
も いま す 。 つま り 人 間 の生 活 に か か わ る 重 要 な 領 域 で確 か に 一貫 し
歴 史 が ﹁線 形 的 ﹂ だ と 見 ら れ る の に は そ れ な り の理 由 が あ る と お
に お役 に 立 て る かも し れ な いと 思 って いる わ け です が 、 日本 に つ い
れ る でし ょう 。 き わ め て 原 始 的 な 農 業 、 あ る いは 石 器 技 術 の段 階 か
さ ら に技 術 の歴 史 に目 を 向 け ても 、 そ こ に は 直 線 的 な 進 歩 が見 ら
け です。
て 、 つま り 今 日 の 私 に 与 え ら れ た 演 題 で あ る ﹁世 界 に お け る 日本 の
ら 、 銅 や 鉄 の技 術 へ、 そ し て 造 船 や寺 院 建 築 、 火 薬 の技 術 へと 進 み、
こ のよ う な 観 点 か ら 国 際 比 較 史 家 の私 で も 日本 と 日本 文 化 の 研 究
役 割 ﹂ を 論 じ る前 に 、 皆 さ ん が た に広 く歴 史 に つ いて 、 あ る いは 人
つ いに は産 業 革 命 へ、 そ し て 今 日 の コ ン ピ ュー タ の技 術 へと 進 ん で
き ま し た。 そ れ は す べ て 前 へ前 へと進 む 変 化 で し た 。 ま た コ ミ ュ ニ
は ど のよ う に歴 史 を 理 解 す る か に つい て 、 二 つの アプ ロー チ が あ る
と いう こと を お考 え 頂 く こ と に し ま し ょう 。
ケー シ ョン の歴 史 を 考 え て 下 さ い。 か つ て人 間 、 あ る いは 人 間 ら し
歴 史 の見 方 、 あ る いは 見 方 の違 いと し て 、 ひと つは 歴 史 を 直 線 的
ま れ ま し た。 そ し て ご存 じ のと お り、 鉄 道 か ら 自 動 車 、 ジ ェ ット 機
上 が り 、 二本 の足 でよ り 早 く 動 け る よ う にな り 、 馬 を 用 い馬 車 が生
き も の が四 つ足 、 つま り 手 と 足 を 使 って 移 動 し て い たも のが 、 立 ち
に 進 むも のと 見 る 見 方 と 、 歴 史 は 繰 り 返 す と 見 る見 方 が あ る と お も
つ い に は ス ペ ー ス ・シ ャト ル にま で 進 ん で来 ま し た。 思 想 の歴 史 に
﹁サ イ ク ル 的 ﹂
いま す 。 つま り 歴 史 は 真 っす ぐ に よ り 高 い段 階 へ進 歩 し つづけ る も
お いて も 一貫 し た進 歩 、 向 上 が見 ら れ る の で は な い か と思 わ れ ま す 。
﹂と
の と いう 、 ﹁線 形 的 ﹂と 私 が呼 ぶ 考 え 方 が 一方 にあ り 、 他 方 に歴 史 は
人 間 の知 識 や 理 解 、 認 識 と いう も のも こ れ ま で 何 世 紀 に も わ た って
﹁線 形 的
ひ と つ の パタ ー ンが や や 違 った 形 で繰 り 返 さ れ るも のだ と いう 見 方
向 上 し て き て いま す 。
え 方 に つな が り ま す 。 つま り 歴 史 に 対 し て楽 観 的 な 見 方 を も た らす
こう し た 歴 史 の見 方 は普 通 、 物 事 は つね に 進 歩 す るも のと いう 考
が あ る と いえ ま す 。 こ の ﹁サ イ ク ル的 ﹂ な 見 方 によ れ ば 、 歴 史 は 一
連 の周 期 、 あ る いは 出 来 事 の繰 返 し であ って 、 決 し て 直 線 の進 路 を
描 く も の で はな いと す る も ので す 。
12一
の です 。 例 え ば 十 九 世 紀 のイ ギ リ ス で は そ のよ う な 歴 史 の見 方 が あ
ら ほ と ん ど変 わ って は いな い と いう こ とを 強 く 感 じ る の です 。
欧 米 で は呼 ば れ る地 域 、 つま り ア ラ ブ ・イ スラ ム世 界 で は ジ ハー ド 、
別 の例 を 考 え る こ と に いた し ま し ょう 。 ﹁中 東 ﹂と か ﹁中 近 東 ﹂と
解 、 権 利 や 自 由 は 常 に 一貫 し て 前 進 し 、 よ り 良 いも の にな って行 く 、
す な わ ち 聖 戦 への呼 掛 け が 行 わ れ て き ま し た 。 人 間 に は 宗 教 や 人 種
り 、 ﹁ホイ ッグ 的 ﹂ 歴 史 解 釈 と いわ れ ま す 。 そ れ は 人 間 の知 識 や 理
と いう 見 方 だ った の です 。 そ のよ う な 意 味 で こ の見 方 は進 歩 的 か つ
に か か わ る感 情 を 暴 発 さ せ る 傾 向 が あ り ます 。 そ の た め 歴 史 上 多 く
のホ ロ コー スト (大 虐 殺 ) が繰 り 返 さ れ て き ま し た。 ま た 我 々は歴
楽 観 的 な も の と いえ る でし ょ う 。
他 方 、 歴 史 に は 周 期 があ り 、 何 等 か の点 で歴 史 は 繰 り 返 す 、 と い
史 上 、 偉 大 な国 や 帝 国 が 興 隆 し 衰 退 す る のを 見 てき ま し た 。 そ う し
説 であ れ 、 イ ギ リ ス の叙 事 詩 で あ れ 、 あ る い はま た スウ ェー デ ンや
え る の で はな いか と 人 々 が感 じ て来 た こと も 理 解 で き る の です 。 つ
一生 が 六 つ の時 期 に 分け ら れ て描 か れ て います 。 幼 年 期 、 学 童 期 、
ア フ リ カ のも の で あ れ 、 そ こ に は 同 じ よ う な 繰 り 返 さ れ る人 間 の生
た 興 隆 や衰 退 のあ り か た は多 く の場 合 よ く 似 た パ タ ー ンを 示 し て い
青 年 期 、 中 年 、 老 年 へと 進 み 、 そ し て ま た、 第 二 の幼 年 期 に戻 る と
き 方 の共 通 し た パ タ ー ン が見 ら れ る よう に 思 いま す 。 だ か ら こそ 、
ま る と ころ 、 歴 史 と は本 質 的 に人 間 と 人 間 性 に か か わ るも ので あ り 、
いう も の です 。 人 間 は 何 世 紀 にも わ た って 同 じ 愚 行 を 繰 り 返 し てき
黒 沢 明 が シ ェー ク スピ ア か ら あ れ ほ ど多 く のも の を 引 き 出 し て 彼 の
ま す 。 ま た 、 多 く の 王 朝 や 王 家 が 興 隆 し 衰 退 し て行 った のと 同 様 に、
ま し た。 戦 争 や 侵 略 、 あ る い は政 治 の腐 敗 な ど です 。 私 のイ エー ル
映 画 の中 に取 り 入 れ る こ と が で き る 訳 で す 。 こ の よ う に考 え て く る
そ し て 人 間 の本 質 は 何 世 紀 に も わ た って そ れ ほ ど 変 化 し て は いま せ
大 学 の同 僚 、 マク マラ ン教 授 は最 近 ﹃腐 敗 と ロー マの没 落 ﹄ と いう
と 、 我 々 が歴 史 か ら 学 ぶ と いう こ と は僅 か な も の に 過 ぎ ず 、 そ こ に
大 き な 企 業 や 会 社 が 成 長 し 、 そ し て 時 と と も に没 落 し て いき ま す 。
新 し い本 を 出 し ま し た 。 実 は 三 日前 、 私 は 成 田 空 港 に着 いた 際 、 イ
は進 歩 と いえ る も のは あ ま り な く 、 歴 史 は 繰 り 返 さ れ る こ と に な る
ん。 む し ろ殆 ど 同 じ だ と言 って も 良 いか も 知 れ ま せ ん 。 人生 には 常
ンタ ビ ュー を 受 け た の です が、 真 っ先 に リ ク ルー ト 事 件 つ い て聞 か
訳 です 。 言 う ま で も な く こ のよ う な 歴 史 の見 方 は 人 間 の本 性 に 対 し
我 々 が 人 間 の生 の条 件 を テ ー マに し た世 界 の古 典 文 学 に 感 銘 を 受 け
れ ま し た。 つま り 政 治 家 と 全 持 が 一緒 に な って 政 治 の腐 敗 を も た ら
て保 守 的 で悲 観 的 な 見 方 かも し れ ま せ ん 。 さ き ほ ど 梅 原 所 長 は ド イ
に繰 り 返 す 周 期 のよ う な も のが あ り ま す 。 シ ェイ ク ス ピ ア の劇 の 一
し て い る と いう 点 に つ い て です 。 私 は こ の問 題 に つ いて は 十 分 な 知
ツ とイ ギ リ ス の二 人 の歴 史 家 、 オズ ワ ルド ・シ ュペ ング ラー と ア ー
る の は こう し た こ と が か か わ って い る のか も 知 れ ま せ ん 。 日本 の小
識 を も ち合 わ せ て いな い の で、 こ こ で は意 見 を 差 し 控 え た い と思 い
ノ ルド ・ト イ ンビ ー に つ いて 触 れ ら れ ま し た が、 こ の 二人 は いず れ
つに ﹃お 気 に 召 す ま ま ﹄ と いう の が あ り ま す が 、 そ のな か で人 間 の
ま す 。 た だ 、 こ の点 で 人 間 は 二 十 世 紀 にな って も 三世 紀 や 四 世 紀 か
13一
な って いる の です 。
し て彼 ら の理 論 は いず れも 本 質 的 に極 め て 保 守 的 な イ デ オ ロギ ー に
も 文 明 の興 隆 と衰 退 に つ いて 大 き な 歴 史 理 論 を 構 築 し た 人 です 。 そ
いる わ け です 。 そ の国 は き わ め て広 い意 味 に お け る 戦 略 的 な 優 越 を
史 に お い て ヘゲ モ ニ ック (覇 権 的 ) な 国 が存 在 し た こ と は 共 通 し て
と いう ス ロー ガ ン が生 ま れ ま し た。 そ し て ど の場 合 も そ の時 代 の歴
衛 星 国 、 あ る いは 従 属 国 や 保 護 国 を 従 え て いま し た。 ま た いず れも
享 受 し 、 ま た 文 化 的 な 魅 力 も 兼 ね備 え て いま し た 。 一連 の同 盟 国 や .
つま り 一方 で歴 史 は ﹁線 形 ﹂ に な って いて 、 時 代 と 共 に進 歩 す る も
極 め て 明 白 な 経 済 的 優 位 や 物 質 的 基 礎 を 備 え て いま し た 。 ま た いず
私 自 身 の考 え と し て は、 いず れ の見 方 も 正 し い見 方 だ と 思 いま す 。
の であ り ま し ょう 。 し かし 他 方 、 歴 史 は あ る 点 で 循 環 的 であ り 、 繰
れ の場 合 も 国 民 は ﹁パ ック ス ・ロ マー ナ ﹂ や ﹁パ ック ス ・ブ リ タ ニ
﹂
り 返 す も の だ と いえ る でし ょ う 。 私 は ﹁一方 で こう
他方 で
と いう 言 い か た は余 り 好 き で は あ り ま ん 。 し かし 歴 史 に は 、 た し か
って いま す 。 な ぜ な ら そ のよ う な ス ロー ガ ンは 自 国 が世 界 の秩 序 を
カ ﹂、 あ る い は ﹁パ ック ス ・ア メ リ カ ー ナ ﹂ と いう こ と ば を 好 ん で使
作 り 出 し 、 そ れ を 担 って いる と いう こと を 明 白 に示 す も の であ った
に進 歩 の要 素 と 繰 返 し の要 素 の両 面 があ る の です 。 歴 史 の ど の時 代
にも こ の両 面 が見 ら れ ま す 。 二 十 世 紀 は 十 六 世 紀 や 十 世 紀 と は 異 な
か ら です 。
達 の社 会 が世 界 史 の中 で他 の例 と は 違 って、 ユ ニー ク な 存 在 であ る
し か し こう し た 類 似 にも か か わ らず 、 いず れ の場 合 も 彼 ら は 自 分
って いま す 。 し か し 人 間 の本 性 のゆ え に や は り 依 然 と し て異 な る 時
代 の間 に も 類 似 点 が 認 め ら れ ま す 。 こう し た 点 が歴 史 の見 方 と し て
私 が ま ず 問 題 にし た いと こ ろ です 。
と考 え て い た ので す 。 彼 ら は 自 分達 が そ れ ま で の覇 権 国 と は 異 な る
ま す 。 例 え ば ロー マ帝 国 によ る 覇 権 の時 代 を ﹁パ ック ス ・ロ マー ナ ﹂
が あ る こ と を 当 然 の こと と 考 え て い るよ う な 用 語 の使 い方 を し て い
う 問 題 が あ げ ら れ ま す 。 我 々 は し ば し ば世 界 史 の中 で 類 似 や 共通 性
見 ら れ る 類 似 性 や 共 通 性 と は別 に 、 ﹁歴 史 に お け る ユ ニー ク さ ﹂と い
第 二 の点 と し て、 これ に関 連 す る の です が 、 そ れ は 世 界 史 の中 に
ま り ﹂ が到 来 し た と き、 愛 国 者 も 政 治 家 も 、 ま た 知 識 人 も す べ て 今
思 って い た ので す 。 そ し て 二十 世 紀 初 頭 、 大 英帝 国 の ﹁終 わ り の始
に 進 ん だ も の で あ り 、 よ り 優 れ て お り 、 遥 か に よ く 整 った も の だ と
け で す が、 彼 ら は 常 に ﹁パ ック ス ・ブ リ タ ニカ ﹂ の方 が よ り 人 道 的
ー ナ ﹂ を 意 識 し て ﹁パ ック ス ・ブ リ タ ニカ﹂ と いう 言 葉 を 使 った わ
期 、 あ る い は ヴ ィ ク ト リ ア 朝 後 期 のイ ギ リ ス人 は ﹁パ ック ス ・ロ マ
優 れ た 特 性 を も って いる のだ と感 じ て いま し た。 ヴ ィ ク ト リ ア 朝 中
と 呼 びな ら わ し ま す が 、 こ れ を 模 し て十 九 世 紀 のイ ギ リ ス の覇 権 を
や ロー マ帝 国 が 衰 退 し た時 と 同 様 の、 崩 壊 へ向 か う 道 が 始 ま ろ う と
﹂
指 し て ﹁バ ック ス ・ブ り タ ニカ ﹂ と 言 わ れ る よ う に な り ま し た。 そ
し て い る と いう 見 方 に 強 く 反 発 し た も の です 。
﹁歴 史 に お け る ユ 一■ー ク さ
し て第 二時 大 戦 後 、 再 び そ れを 模 し て ﹁パ ック ス ・ア メ リ カー ナ ﹂
14一
な の です 。 歴 史 は ユ ニー ク さ に 満 ち て いる の です か ら こう し た試 み
な 知 的 な 試 み が な さ れ て いま す 。 こ れ は極 め てよ く 理解 でき る こ と
リ ス と いか に異 な って い る か 、 と いう こと を 示 そう とす る 大 掛 か り
に決 定 的 に特 化 す る こと に し た の です 。 これ ら の国 はす べ て 、 ラ ン
の で す 。 そ れ ゆ え 、 これ ら の国 々 は物 資 の交 換 、 つま り 貿 易 と 金 融
活 を 支 え る物 資 を 自 国 だけ でま か な う こと は全 く 不 可 能 な国 だ った
海 洋 に、 つま り 海 を 通 じ た 貿 易 にす べて を 依 存 し て お り、 国 民 の生
こう し た海 洋 貿 易 国 家 は いず れ も き わ め て小 さ な 領 土 し か 持 たず 、
は 決 し て間 違 って は いな い の で す 。 し か し 他 方 、 歴 史 に は 類 似 し た
ド ・パ ワー 、 つま り 陸 軍 力 に お い て劣 って お り 、 そ の内 陸 側 の国 境
現 在 ア メ リ カ に お い て、 二 十 世 紀 後 半 ア メ ーー カ は 十 九 世 紀 の イ ギ
出 来 事 があ り 、 共 通 の進 行 過 程 と いえ るも のが あ る の です 。
思 いま す 。日 本 の学 者 の中 に は、﹁今 日 の 日本 のあ り 方 は 世 界 史 の ど
れ ゆ え ま た 、 周 り のよ り 貧 し い、 よ り大 き な 国 か ら 恨 みを 買 う こと
そ れ に も か か わ ら ず 、 こ れ ら の国 々は 大 変 豊 か に な り ま し た 。 そ
は つね にそ の戦 略 的 ﹁ア キ レ ス腱 ﹂ だ った の です 。
の国 と も 違 った 独 自 な も の であ る ﹂ と いう 人 が いま す 。 こ の言 葉 に
に な り ま し た 。し かし こう し た 共 通 性 に も か か わ ら ず 、これ ら の国 々
別 の例 と し て 成 功 し た 海 洋 貿 易 国 家 の例 を 上 げ る こと が でき る と
対 し て私 は いや でも 、 ﹁一方 では 正 し いが 、 し か し 他 方 で は ⋮ ⋮ ﹂と
は 互 いに大 変 異 な って い た こ と も 確 か です 。 ま ず 言 語 が 大 変 異 な っ
か ってし ま いま す 。 国 家 体 制 や 文 化 、 芸 術 に お いて も 著 し い違 いが
いう 答 え 方 を し な く て は な り ま せ ん。 そ し て こ のよ う に 言 う 日本 人
で あ った十 三 世 紀 か ら 十 五 世 紀 ま で の ベ ニス の例 を 取 り 上 げ て み た
あ り ま し た 。 さ ら に そ れ ぞ れ違 った 時 代 に そ の国 力 の頂 点 を 経 験 し
て いま す 。 ま た例 え ば 、 オ ラ ンダ 人 がポ ルト ガ ルに 行 け ば す ぐ に わ
いと 思 う の で す 。 そ れ は外 敵 の侵 入 に 備 え て ヨー ロ ッパ大 陸 の周 縁
て お り 、 世 界 史 に 及 ぼ し たイ ン パク ト に お いて も 異 な って いま す 。
に対 し て、 例 え ば 小 国 な が ら 途 方 も な い成 功 を 収 め た海 洋 貿 易 国 家
部 、 ア ド リ ア 海 の 一角 に位 置 し て産 業 ・貿 易 大 国 と な り 、 二 世 紀 以
必 要 も あ る の で は な い でし ょう か。 こ の間 の オ ラ ンダ は き わ め て 小
ル ラ ンド 共 和 国 の十 六 世 紀 か ら 十 八 世 紀 に わ た る歴 史 を 考 え て み る
な いよう に思 いま す 。 さ ら に今 日 オ ラ ンダ と 呼 ば れ て い る、 ネ ー デ
海 洋 貿 易 国 家 で あ る ポ ルト ガ ル の歴 史 に つ い て余 り 詳 し く 知 って い
ま た 日 本 の学 者 は 二 百 年 にわ た って素 晴 ら し い成 功 を 収 め て き た
こと を 認 めま す 。 ま た 古 い伝 統 を も つ民 族 で あ る こと も 間 違 いあ り
歴 史 、 習 慣 、 社 会 規 範 な ど 、 文 化 的 に ユ ニー ク な も のを も って いる
中 で ど の よう に 評 価 す べき な ので し ょう か。 私 も 日本 が そ の言 語 、
ょう か。 今 日 の 日本 を こ の歴 史 に お け る共 通 性 と 独 自 性 の組 合 せ の
わ け です が 、 今 日 の 日 本 は いず れ の パ ター ンに お いて 見 る べき で し
な 歩 み と、 歴 史 の傾 向 と し て繰 返 し を 経 験す る 循 環 的 な 歩 み があ る
こ のよ う に 歴 史 の歩 み に は 人 類 が 絶 え ず 発 展 を 続 け て 行 く 線 形 的
さ い領 土 し かも た な か った に も か か わ らず 、 世 界 最 大 の工 業 、 貿 易 、
ま せ ん 。 そ れ は ス コ ット ラ ンド や ポ ー ラ ンド 、 フ ィ ンラ ンド な ど と
上 に わ た って ヨー ロ ッパ と 中 近 東 の経 済 覇 権 を 握 り 続 け ま し た 。
金 融 大 国 と し て の地 位 を 保 持 し ま し た。
15一
ま せ ん 。 つま り 極 め て洗 練 さ れ た 独特 の言 語 と歴 史 、 社 会 習 慣 を も
の ルー ツ が遥 か昔 にさ か の ぼ る と いう 点 で の ユ ニー ク さ はも って い
です が 、 フ ィ ンラ ンド 人 や ポ ー ラ ンド 人 、 日本 人 な ど と は違 って そ
いる国 で す 。 カ ナ ダ も そ れな り に世 界 史 の研 究 者 に は 興 味 のあ る国
同 じ です 。 つま り カ ナ ダ な ど と は 違 って 、 連 綿 た る 過 去 を 背 負 って
は 日本 の高 度 な 近 代 化 や 工 業 化 、 そ し て そ れ によ って 日 本 が西 欧 諸
る た め に 代 表 を 派 遣 す る と いう 地 位 にあ った の です 。 今 日、 西 欧 で
義 の支 配 下 に あ った ので す が、 日 本 は海 軍 の主 力 鑑 の規 模 を 交 渉 す
し た 。 こ の 一九 二 一年 、 他 の非 ヨー ロ ッパ 世 界 の大 半 は 西 欧 帝 国 主
け で は な く 、 中 国 の東 ア ジア の現 状 に関 す る 基 本 的 取 決 め を 行 いま
海 軍 軍 縮 会 議 L と 呼 ば れ る 大 き な 国 際 会 議 は 軍 備 の制 限 を 約 す る だ
見 て、 そ れ を 一九 六 〇 年 あ る い は 六 五 年 ぐ ら いに 始 ま る も のと す る
国 と 互 角 に 競 争 す る よ う にな った こ と を か つてな い新 し い出 来 事 と
つと いう 点 で 日 本 は確 か に ユ ニー ク な の です 。
は るか に深 刻 な挑 戦
です 。 比 較 世 界史 家 と し て外 か ら 日 本 を 見 た とき 、 日 本 は歴 史 家 に
る国 を 、 いわ ば外 か ら 見 た場 合 の評 価 や 問 題 点 の指 摘 に限 ら れ る 訳
私 が話 そ う と し て いる の は世 界 史 の 研 究 に お い て取 り 上 げ よ う と す
はな く 、 こ こ に お集 ま り の専 門 家 に お任 せ し な け れ ば な り ま せ ん 。
る 世 界 史 的 モデ ルと な って います 。 い わ ゆ る ﹁雁 行 理 論 ﹂ の いう よ
で す 。 日本 は 今 や 東 ア ジア 諸 国 に と って経 済 と 社 会 の近 代 化 に お け
味 で、 現 代 に お いても そ れ は と り わ け 恐 る べ き 挑 戦 とな って いる の
の傲 慢 さ と 人 種 的 偏 見 に 対 す る挑 戦 であ った の です 。 そ し て あ る意
こ のよ う な 日 本 の立 場 は 西洋 にす る 一つ の挑 戦 で あ った し 、 西 洋 人
向 き も あ り ま す が 、 そ れ に は 何 十 年 に も わ た る 前 史 が あ った の です 。
と って 特 別 に 興 味 深 い多 く の特 質 を も って いま す 。 言 う ま で も な く 、
う に、 日 本 を 先 頭 に韓 国 、 台 湾 、 シ ンガ ポ ー ル、 タイ な ど が 雁 のよ
こう し た 日 本 文 化 の内 面 的 な 特 質 に つ いて 論 じ る の は 私 の仕 事 で
日 本 は 近 代 化 と 工 業 化 を 成 し 遂 げ た 最 初 の ア ジ ア 、 あ る いは 最 初 の
経 済 お よ び技 術 の面 で は 日 本 はも は や 西 欧 に追 い つき 、 多 く の点
う に列 を な し て現 代 化 へ向 け 飛 び 続 け て いる の です 。 こ れ ら の国 は
で追 い越 し ま し た 。 ご存 じ の通 り 世 界 金 融 の中 心 は 六 百 年 前 ベ ニ ス
非 西 洋 国 家 で す 。 し かも そ れ を 驚 く ほ ど 早 期 に 成 し 遂 げ ま し た。 十
の非 西 洋 社 会 が ヨー ロ ッ パ の帝 国 主 義 に侵 略 さ れ て 行 った と き に 、
な ど のイ タ リ ア の諸 都市 に あ った のが 北 へ移 動 し 、 ベ ルギ ー の ア ン
日本 を 何 等 か の意 味 で モ デ ルと 見 な し て お り 、 こ の こ と は 世 界 史 に
日本 は こう し た近 代 化 を 達 成 し た の です 。 つま り歴 史 の流 れ に抗 し
ト ワー プ か ら オ ラ ンダ のア ム ステ ルダ ム へ移 り ま し た 。 そ の後 、 ロ
お け る 日本 の重 要 な 貢 献 に な って いる の です 。
て近 代 化 と 工 業 化 に 成 功 し た の です 。 国 際 関 係 の歴 史 にお いて も 、
九 世 紀 末 の 西 欧 帝 国 主 義 が 最 も 勢 い の強 か った 時 期 に 近 代 海 軍 を 建
日露 戦 争 か ら 第 一次 世 界 大 戦 、 そ し て戦 間 期 に か け て 日本 の 立 場 は
ンド ンが世 界 の金 融 の中 心 と な り 、 二十 世 紀 、 第 一次 大 戦 後 ニ ュー
設 し 、 近 代 工 業 を 興 し ま し た。 ア フリ カ か ら 太 平 洋 に わ た って多 く
独 特 な も の で し た 。 一九 二 一年 から 二 二 年 に開 か れ た ﹁ワ シ ント ン
一16一
リ カ の地 位 に つ い て の議 論 が テ ー マな の です が 、 最 後 に行 き 着 く の
機 会 が あ り ま し た 。 そ のよ う な 場 合 、 当 然 話 題 は 世 界 に お け る ア メ
ンポ ジ ウ ム に招 か れ 議 会 や シ ンク タ ンク 、 C I A な ど の 人 々と 話 す
き 起 こし た論 争 のお か げ で、 私 は数 え き れ な いほ ど 多 く の会 議 や シ
本 ﹂が焦 点 と な り つ つあ り ま す 。 昨 年 私 の著 書 、 ﹃大 国 の興 亡 ﹄が巻
を 巻 き 起 こし て お り 、 ア メ リ カ に おけ る あ ら ゆ る議 論 に お いて ﹁日
つあ る と さ れ て いま す 。 こ の こと は 今 ア メ リ カ で 大 き な 驚 き と 懸 念
カ を リ ー ド し て お り 、 大 半 の領 域 で ア メ リ カ に追 い つき 追 い越 し つ
戦 略 的 に重 要 な 二 十 二 の 工業 技 術 の中 で 日 本 が多 く の領 域 で ア メ リ
近 発 表 さ れ た ア メ リ カ国 防 総 省 の防 術 技 術 に関 す る 報 告 書 に よ れ ば、
ま せ ん。 極 め て多 く の分 野 で 西 欧 諸 国 と 競 争 し 勝 利 し て いま す 。 最
ハイ テ ク の分 野 に お い ても 日 本 は も は や 西 欧 の後 を 追 って は お り
す 。 例 え ば 教 育 の制 度 や レ ヴ ェル の 日米 比 較 、 あ る いは 日本 と ア メ
う 問 題 に 直 面 し 始 め 、 ア メ リ カ 人 は は る か に困 難 を感 じ て いる の で
と ころ が 今 や 、 社 会 全 体 の生 産 効 率 を 国 際 的 に 比 較 す るな ど と い
いま す 。 そ れ に は 軍 事 予 算 を 増 や し さ えす れ ば い いわ け です か ら 。
の帝 国 ﹂ と や り 合 う 方 が は る か に 容 易 だ と いう こ と が 分 か って き て
深 刻 な 挑 戦 であ る と 言 って いま す 。 実 際 、 ア メリ カ 人 にと って ﹁悪
日本 は ア メ リ カ に と って か つて の ソ連 の軍 事 的 挑 戦 に 比 べ は る か に
で大 き な 論争 を 起 こ し た 論 文 を 書 き ま し た が 、 そ の中 で 彼 は、 今 や
ジ ャー ナ リ スト 、 デ ヴ ィ ド ・ ハル バー スタ ム は最 近 ﹃パ レー ド ﹄ 誌
れ のよ う に みえ ま す 。 こ のよ う な と ら え か た か ら ア メ リ カ の鋭 敏 な
立 す る根 本 的 な 挑 戦 を意 味 す る と 受 け 止 め ら れ て いる こと のあ ら わ
の文 化 、 習 慣 、 社 会 生 活 、 家 族 観 念 に か か わ る ア メ リ カ の信 念 に 対
いす る 恐 れ は 、 私 が思 いま す に、 日 本 の競 争 力 の強 さ が 、 ア メ リ カ
や い話 が、 イ ギ リ ス や オ ラ ンダ の ほ う が 日本 よ り も 多 く のア メ リ カ
は い つも ﹁日 本 ﹂ な の で す 。 あ る と き 、 C I A の会 議 が 終 わ ったあ
リ カ の熟 練 労 働 者 の平 均 的 な 知 識 水 準 、 数 学 や 幾 何 の素 養 、 青 写 真
ヨー ク へと 移 り ま し た 。 そ れ が 最 近 十 年 の間 に 東 京 に移 り つ つあ る
と 、 私 の前 を 歩 い て いた C I A幹 部 が同 僚 に ﹁今 日 の会 議 は世 界 に
を 読 み 取 る能 力 な ど が 問 題 と な って いま す 。 日本 の高 校 二年 生 の上
の不 動 産 や会 社 を 所 有 し て い る の で す から 。 ア メ リ カ 人 の 日本 に た
お け る ア メ リ カ の将 来 に つ い て だ と 思 って いた が 、 や っぱ り 後 半 は
位 五 〇 パ! セ ント の数 学 能 力 に 達 し て いる ア メ リ カ の大 学 生 は 全 体
の です 。
す べ て 日 本 に つ いて の議 論 にな った ね ﹂ と話 し て い る のを 聞 き ま し
を 聞 く と 驚 き と と も に強 い不 安 に 駆 ら れ る の です 。 そ し て こ の不 安
の 一 ・ニ パー セ ント に 過 ぎ な い の です 。 ア メリ カ 人 は こう し た こと
ア メリ カ の 日本 に 対 す る 脅 威 の念 は純 然 た る 経 済 や 技 術 の競 争 力
の中 に は こう し た 不 均 衡 が生 じ た 理 由 に つい て自 分 達 自 身 、 何 と な
た。
に の み に か か わ る も の で はな い ので す 。 ア メ リ カ の市 場 で 日本 が 占
く 思 い当 た る節 が あ る の で 一層 不 安 が高 ま る の です 。
こ こ で ち ょ っと 学 校 制 度 に つ い て見 て お き ま す と 、 日本 の学 校 は
め て い る自 動 車 の シ ェア と か ア メ リ カ の不 動 産 や 会 社 を 日 本 の資 本
が 買 い占 め て い る と いう こ とな ど た いし た こと で はな い の です 。 は
一17一
ア メ リ カ に比 べ 遥 か に集 中 的 な や り 方 を と って いま す 。 そ れ は 到 底 、
楽 し いも の と は 言 え な い の です が 、 と も かく 日本 で は集 中 的 な 授 業
に発 展 し ま し た。
八 十 日 から 二 百 四 十 日 に増 や さ れ る こと にな れ ば ア メ リ カ の レ ジ ャ
の特 別 な 役 割 が あ る の で は な い か 、 と い った疑 問 や 、 も し 学 校 が百
そ れ ゆ え 、 ア メ リ カ人 の日 本 に対 す る 驚 き の根 底 に は、 な に か女 性
り ま せ ん 。 日 本 で はそ の時 間 以 後 は 主 婦 が学 校 に と って 代 わ り ま す 。
本 の学 校 は ア メ リ カ の よう に午 後 二 時 五 十 五 分 で 終 わ る わ け で はあ
の 六 十 日 の差 は 大 き く 、 いろ ん な こと が教 育 出 来 ま す 。 お ま け に 日
四 十 五 日学 校 に 行 き ま す 。 ア メ リ カ で は百 八 十 日 に過 ぎ ま せ ん 。 こ
は 決 し て あ って は な ら な い、 と いう こ と を 言 って いる の だ と受 け 取
ま た、 そ の こ と に誇 り を も って 良 い が、 そ れ ゆ え に傲 慢 にな る こと
し ても 、 そ れ は梅 原 教 授 が言 わ れ たよ う に 、 日本 は ユ ニー ク で あ り 、
こ と で あ り ま し ょう 。 従 って 私 が ﹁日本 は 特 殊 であ る ﹂ と言 った と
解 し 、 よ り 広 い世 界 史 の パ タ ー ン の中 に 日 本 自 身 を 組 み込 ん で 行 く
決 す る こと であ り 、 他 方 で 日 本 が 他 の国 と 共 有 し て い る類 似 性 を 理
お け る 役 割 は 一方 で 日本 の ユ ニー ク さ や特 殊 性 がも た ら す 問 題 を 解
さ て歴 史 家 とし て わ たし が こ こ で言 いた い こ と は 、 日本 の 世 界 に
す べ て の国 は "神 に直 結 し て い る "
ー産 業 は ど の よ う な 打 撃 を被 る だ ろ う か、 と いう 不 安 な ど も 混 在 し
って いた だ き た い の です 。 な ぜ な ら 日本 文 化 や 日本 の社 会 がも って
が な さ れ て いま す 。 日本 の子 供 達 は 一年 のう ち 二 百 四 十 日 か ら 二百
て いる の です 。 し かし 私 は こう し た こと がす べ て 全 く ユ ニー ク な 挑
い る多 く の優 れ た特 質 は、 た と え 異 な った 組 合 せ であ っても 、 他 の
国 々 で も 広 く 共 有 さ れ て い る の です か ら 。
戦 で あ る と は 思 わ な い のです 。
私 が 思 いま す に 、 こ の よう な 教 育 や 生 活 規 範 な ど に か か わ る 日本
史 家 、 レオ ポ ルド ・フ ォ ン ・ラ ン ケ は ﹁歴 史 上 のす べ て の社 会 、 す
歴 史 家 と し て私 が 日 本 の 独 自 性 を 云 々す る の はあ く ま で、 日 本 の
こ こ で私 が 思 い起 こす の は、 今 世 紀 初 頭 のイ ギ リ ス人 が 、 深 刻 な
べ て の個 人 、 す べ て の出 来 事 は いず れ も 神 に直 結 す る も の と し て 、
社 会 の特 質 は韓 国 や 台 湾 、 シ ン ガ ポ ー ルな ど東 ア ジ ア に 広 く 見 ら れ
経 済 的 挑 戦 者 と し て のド イ ツ に対 し て 抱 い た 恐 れ と驚 き の念 です 。
神 と のか か わ り に お い て 独 自 な も の ﹂ と 言 って いま す 。 ラ ンケ の い
地 理 的 ・時 間 的 な 存 在 と し て の独 自 性 で あ り 、 こ れ は す べ て の国 に
ド イ ツ の学 校 制 度 や 社 会 シ ステ ム、 ド イ ツ的 規 律 や ド イ ツ技 術 の 正
わ ん と す る と こ ろ は 、 歴 史 のあ ら ゆ る 出 来 事 、 あ ら ゆ る国 々、 あ ら
る も の です 。 た と え ば 教 育 に対 す る 家 庭 の と り わ け 強 い関 わ り な ど
確 さ な ど が驚 嘆 と 不 安 の的 と な り ま し た 。こ の不 安 は、﹁我 々 は学 校
ゆ る 戦争 、 あ ら ゆ る 決 定 と いう も の は 、 何 ら か の意 味 で繰 返 し であ
つい て 当 て はま る歴 史 的 な 思 考 の仕 方 な の です 。 ド イ ツ の偉 大 な 歴
制 度 や 家 庭 生 活 、 技 術 の在 り 方 そ のも の、 価 値 観 自 体 を変 え な け れ
る。 つま り 、 そ れ は 何 か前 に 起 こ った こと の結 果 で あ り 、 ま た 、 そ
は共通し て見られます。
ば 競 争 でき な く な って いる ﹂ と いう 感 じ 方 に よ って 一層 深 刻 な 懸 念
一18一
れ 自 体 、 独 自 な も のな ので あ る 、 と いう こと です 。 つま り ラ ン ケ は
の 後 に 起 こ った こと の原 因 と な って いる 、 し か し そ れ ら はす べ てそ
い る で し ょ う 。 例 え ば 、 ア メ リ カ と の関 係 は 比 較 的 う ま く いく が 、
のよ う に 推 移 す る か を 論 じ る のは 歴 史 家 と し て の 私 の能 力 を 越 え て
本 が こう し た 国 際 的 な 挑 戦 に 対 処 し 世 界 に お け る 日 本 の役 割 を 果 た
中 国 と の関 係 は大 変 難 し く な る だ ろ う 、 な ど と いう 予 測 も あ り う る
今 日 、 日本 は 世 界 史 的 に 見 て 、 た し か に大 変 独 自 な 位 置 に あ り ま
し て行 く う え で不 可 欠 な こ と は 、 こ れ ま で 述 べ て き た よ う な 長 い歴
時 間 と 空 間 を 異 に す るも のは す べ て、 た と え 過 去 のあ る出 来 事 の結
す 。 偉 大 な 経 済 的 成 功 を 成 し 遂 げ て いま す 、 し か し 、 同 時 に 、 将 来
史 の中 か ら 得 ら れ る 教 訓 を つね に肝 に 銘 じ て 歩 む と いう こ と で し ょ
でし ょう が 、 私 に は 全 く 見 当 も つき ま せ ん 。 ま た実 際 、 ほ か の誰 に
に 関 し て問 題 と 不 安 を 感 じ て いま す 。 日本 は 今 、 人 口 の老 齢 化 と い
う 。 ま た 、 日本 文 化 そ れ 自 体 に つ いて 深 い学 問 的 理 解 を 図 る よ り も 、
果 で あ った とし て も 、 究 極 的 に はそ れ 自 体 、 独 自 な も の だ 、 と いう
う 問 題 に直 面 し て いま す し 、 今 後 広 が って いく 享 楽 的 な 消 費 傾 向 に
他 の国 々、 他 の社 会 のも つ文 化 や 生 活 態 度 、 思 考 様 式 な ど を 理 解 す
も わ か ら な い でし ょう 。 し か し 私 が言 いた い こ と は た だ ひ と つ、 日
懸 念 を 示 す 人 も いま す 。 ま た 東 ア ジ ア の新 興 工 業 諸 国 か ら の競 争 に
る こ と が 一層 大 切 だ と思 いま す 。 世 界 史 の中 で 日 本 が ユ ニー ク であ
こ と を 言 って いる の です 。
不 安 を 感 じ る 向 き も あ り ま す 。 し か し 私 は個 人 的 に は、 日 本 は こう
り 、 特 別 な 存 在 であ る こ と に 関 心 を 向 け る の で は な く 、 他 の多 く の
国 や 社 会 も 自 ら が 世 界 史 の中 で ユ ニー ク であ り特 別 な 存 在 だ と 考 え
し た 挑 戦 に いず れ も う ま く 対 処 で き る 能 力 を も って いる と 思 いま す 。
私 は 日本 が 最 も 大 き な 困 難 に直 面 す る のは 、 戦 略 と外 交 の領 域 だ
た、 ソ 連 と の関 係 は ど う す る ので し ょう か。 も し ソ 連 の体 制 が崩 壊
こと を 考 え れ ば 、 こ の こと の難 し さ は決 定 的 と いえ る でし よ う 。 ま
日 本 と の 経 済 的 対 決 の方 がず っと 深 刻 だ と いう 考 え が 出 始 め て いる
こう と す る のか 。 特 に 今 ア メ リ カ で は 、 ソ連 と の 軍 事 的 対 立 よ り も
十 一世 紀 に 向 か って確 か な 未 来 を 約 束 さ れ る で し ょう 。 最 後 に、 梅
も つと とも に 、 他 の 文 化 への敬 愛 の念 を 失 わ な いな ら ば 、 日本 は 二
を 常 に心 に と ど め る こ と が 大 切 で し ょ う 。 自 ら の文 化 に 深 い愛 着 を
よ う に見 て いる かを 知 る能 力 を 自 ら に 与 え る よう 神 に祈 る 詩 の 一節
初 め に紹 介 し た 詩 人、 ロバ ー ト ・バ ー ンズ が 、 他 人 が 自 分 を ど の
て いる こ と を常 に念 頭 に 置 く こと が大 切 だ と思 いま す 。
し た ら 、 あ る いは 、 も し ソ連 が 経 済 の再 生 に 失 敗 し た ら 、 どう す る
原 所 長 の 言 葉 を 敷 衍 し て 、﹁わ れ わ れ は 自 ら の独 自 性 を 認 識 し て 二 十
と 思 いま す 。 今 後 、 日 本 は ア メ リ カ と の関 係 を ど の よ う に進 め て ゆ
の か。 更 に、 次 の十 ー 二 十 年 間 に 経 済 、 軍 事 の両 面 に わ た って 力 を
れ わ れ は傲 慢 であ って は な ら な い。 何 故 な ら 、 わ れ わ れ の他 にも 世
一世 紀 に向 か って自 信 を も って進 ま ね ば な ら な い。 し か し 同 時 に わ
こう し た 問 題 で 日本 は これ ま で の経 済 問 題 と は 比 べも のに な ら な
界 に は 独 自 な 文 化 、 独 自 な 国 々が あ る か ら で あ り 、 ラ ン ケ の言 う よ
急 増 す る 中 国 の膨 張 に ど のよ う に対 処 し た ら よ い のか 。
い大 き な 困 難 に直 面 し て ゆ く でし ょう 。 こ れ ら の国 際 関 係 が 今 後 ど
19一
う にす べ て の国 とす べ て の個 人 は "神 に直 結 し て いる " から L と い
訳)
う 言 葉 を こ こ でも う 一度 繰 り 返 し て、 私 の話 を 終 わ り た い と思 いま
す 。 ご清 聴 あ り が とう ござ いま し た 。
(中 西輝 政
一20一
Fly UP