...

本文ファイル

by user

on
Category: Documents
12

views

Report

Comments

Transcript

本文ファイル
NAOSITE: Nagasaki University's Academic Output SITE
Title
ケインズのマルサス傳を讀む
Author(s)
伊藤, 久秋
Citation
商業と経済, 14(2), pp.295-301; 1934
Issue Date
1934-03-01
URL
http://hdl.handle.net/10069/26994
Right
This document is downloaded at: 2017-03-31T09:35:29Z
http://naosite.lb.nagasaki-u.ac.jp
新刊紹介
ケインズのマルサス傳を
讀む
ケイン.スの此1宵に於ける目的は彼自身の云ふ所に
よると-マルサスの人物を知るに最も璃tI叉特に彼
が成長した家庭及びケンブリツヂの如=講的雰同気を多
少詳説する男に、最も適切なろ苛料を撰び出すにあっ
てー敢てマルサスの沌定的伸記を書き上けんとするも
のではない。ケインズは此目的の席に'雑乗普涌毎マ
ルサス停(すなはちマルサス著PoliticalEconomy第二
版・1一八三六年に--附せられた友人Otterのマルサス
侍二八三七年一月のエデンバラ叫諭しにW.Empson
伊 藤 久 秋
ケインズ(JohnI¥TaynardKeynes)は其著Essaysin
の辛ける此木の評論並にボナIのFalthus and his
work2.ed,1924)の外.諸著を渉接して材料を集め、
Malthouseより出づ 罪尊号は胃mltusの如-なるべ
努頭著者はMalthusの語源及牽音を語るーMalthusは
る。
は主人公の撃説傾向の簡潔なる評情が加へられてゐ
もケインズの書-ものは叩牡なる博記ではな-ーそこに
新たにマルサス樽記へ貢献する所も教個所に及ぶ。尤
Bio:rphy(Lonnon1933)の後篇に於て.前篇の政治
家に射し'若干の経済塾者の俸記を取扱ってゐる。其
人々はRotartMalthus,Alfred Marshall,F.Y.Edgeworth,F.P.Ramseyの国名であるO此籍は特にマ-ワ一ヤ
ルの未亡人(MaryPa!eyMarshall)に猷ぜられてゐる。
私は此本の中から侍にマルサスに持する部分を取出
して紹介する。
hは殆ど響かざるを正しとするであら-と。次で
マルサス家の家系を辿り、罫圃中産階級として叉田紳
くt
i^-,r-こ?<に性に 〓人草-J--'--.り∵-伸JJJ':.It-)---.い
﹃ポ-コン研究﹄第四相に小松芳喬氏により紹介されて
としての確立を略叙し、マルサスの父ダニエルに及ぶ。
ゐるが私自身これにつき興味を感すること淀きため今
敢て元結を草する。川
(1)本稿を印刷所に廻し1ころ後本音が雑誌変造て小泉信三)及Economic Journal,
Dec. 1933 (Schumpeter)に紹介されTころ存知つTこ.序に詣すo
商業と経済
,
戸
川
HEms-P
グニエルに就て著者は.彼が若干の匿名物の筆者?あ
ω の献謀者であったと註
︼吋∞
っ た と 記 し 、 特 心 の 白 日ct正 問 自 ミ 0
3
cEqE
匂
ロEV70ιSロ
する。蕊に想起されることは.マルサスが父ダニエル
ルとルソ 1.
}CC﹁ 己
二九六
oypロ山
h25回目。5822
ヒユ l ム の 関 係 を 詳 述 す る 文 献 な き に 苦
める時.間々円。浪
一
﹀ロ
COOCEsszmazw
円2
m225( 日吋AWGiH芯 吋)FZ[2
デ(け
RFa
OE02
・。gP55ごなる一本を出ニ円円台
匂
Z525 の 図 書 館 に て 手 に し . そ の 中 に 於 て ダ ニ エ ル
とルソ l 及びヒユ l ム の 交 渉 が 明 に せ ら れ た る を 見 て
J
欣喜拍く能はざるものがあった﹂拙著公刊の時その一
F
Z
}戸一旬ロr
の死後間もなぐ、︺H
n
υ 江口。及びのSFE包
ぺ
。
﹃ J42Z円其他二一一一の仰前
父 ダ ニ エ ル が 目HomosJ
PF宮
符ざる氏も拙者の此個所に注目せられたりと九え、﹁グ
部 を 英 京 に あ る ボ ナ l氏に贈呈したるに、邦文を一訳み
山
N 口。に投じた帝一一川翰である。これは此雨誌に出に.
る。(拙者マルサス人口論の研究三九四頁)クインズは
西書の搬均一伴者であると云ふ記事や反駁したるものであ
円
凶目。
rvF 210moo仏 BF5ロのO
HO弓ovwO戸 岳ωロ
9
ム ﹂(
ニエルとルソ l に 関 す る こ つ の 好 参 考 刊 に つ き 感 謝
ロszhHEZ05g戸)なる京味を誠一べられた。(一九二
ψく と も 右
の本の献謀者と断定したわけであって英主興味多合事
九年二月五日付私信)弐で其者﹁マルサスと彼の業績﹄
今此マルサスの否定にも拘ら宇ダニエルを
柄である。クインズはこれを.マルサスの蔵書中にあ
問秀夫耐氏諜昭和五年後行)に於
の日本認(堀終夫.士 n
凶
受取る外はな
λ
る該書の中の書込みによって知つにと附記してゐるか
てはボナ l 氏 自 ら 吸 個 所 の 補 筆 を 其 偲 記 の 部 分 に 加 へ
ら,我々は今クインズの報遣をそのま
いであらう。只不可解なるはマルサスのあの一尺駁一えと
円o
m
m
}
O口二ぜ拐け利用された。(五五三頁)今、復、クイ
ら れ に 中 に 、 私 に よ る 白 を 記 し て . 前 拐 の058rの本
次 に ク イ ン ズ は ダ ニ エ ル ・ マ ル サ ス と ル ソ l 及びヒ
ンズの新刊書に主として此同じ材料によって,グニエ
なるわけ氏。、
叙越する。化叙述の数頁や一読むに及
FM1
ルとルソ!の関係が説かれであるのを凡て,私は少く
んで私としては一一概の感慨に唱へないものがある
ユl ムとの交渉
私
とも時間上の雪印 O江戸可争有することに、抑誇らしき
J
が﹁マルサス人口論の研究﹄を書くに岱って、父ダニエ
感じをもたざるぞ符ないのである。この事を小松芳脊
氏が認められたのは感謝に拡へない。(ポリコン研究第
四輯)
べてゐるひ
著者の筆は緩いてロバ!ト・マルサスのナンプリッ
00げ
orEが CMACE 児 OF)
円R O Bを主円、き仁る時
ヂ港島一時代に及び.同じく﹃クンプリッヂ人﹂たる著者
は.かの∞
の如品ぺ古きとロ︺ロ宮 hHAO
円に針する愛者と忠恭とをこ
めて‘
クインズも訪れ什が川く.ルソーは自家或は抗、附廷
に減必せんことセ乞ふたダニエルの耕一請を斥けてダー
ビーシャlの 巧 。 とoロに抗、住居を定めた。(拙者三八
語り、そ彼の所謂クンプリッヂ絞液製者の最初の人た
る我等の主人公マルサス守一説く。
JH
,
口
一
一
一HS]15円門︼を笠間り吋山、]々や話りのo一
EEmoを
八一良以下参照片尽くはあ0. 退屈はするし.叉淋しく
に於ては‘人牲の完令性在信ムダる人々や反駁し.他方
の第二版よりも優れたる書物であって、、それは.一方
七九八年)はクインズによれば.後前の鍔には五年後
マルサスの名を不朽ならしめたる人口論第一版(一
スの 以
H も懇篤な招待に感じてさへゐにならば.最も有
Q ・目。︼)更に叉﹁若しジャンジャクがダニエル・マルサ
に於ては.一見反針に岡山はれるけれども、建物主の方
O
ム去の異常な
11
名な此文人間の事件も起ら守して済んだであらうと忠
宇闘を践し出して仕舞つに﹄とナインズは一去ってゐる
もあって.彼は二三辺川の中に‘ヒュ
ふ。何故ならばルソ l は浮き歓待を満喫し慰撫され世
法在是認する所の‘主としてロ
常に方決に於てロ ユ
HU 0 1で あ わ 哲 間 的 で あ る の み な ら
]U
比三の書物であるつ
話されたであらうからであ,る﹄とん相川像してゐる。
クインズが報道する新事貨の一つは‘ルソーがダニ
る多くの妙曲府戒する。(匂・ご吋)マルサスの入口論は
宇論調に於て恋直であり雄賠であり指辞と情緒に於け
天才の持作である。著者は人類の窮以を一説く端絡を裳
エルに貰却したる植物関係の書籍がダニエルの遺品と
見し符にと信じた。人口論の重川女性は彼の事賓の耕新
して、その中の二加ロけ、ルソ!の名前在存して.マ
E2であつ
二九七
さにあるのではなく‘此等の事官より生守る筒明なる
であるの(匂H03
if
ER53wOMOの
οると云ふこ
ルサス家に現存して
グニエル・マルサスがルソ lの
にと云ふ訟に封してクインズは﹁在りさうにない﹂と誠一
ケイシズのマルサス停や読む
商業と経沼
此本は思想
φ)
の護法に大いなる感化守奥へたる諸舎の中に加はり得
結論身痛快に強調した所にある。(匂・ご
る。(円 yHMG)
民 0
向子。。28
マルサスの功、の冊子、﹀ロ HEatmp8
円
。
ゼク
00)φ
HO円
二九入
g
m宮巳口問。﹃
せるものである。ナインズはマルサスの数筒を引用し
て、言鮮と思想は筒情なるも、ここにゴ百
-M印 )
初旬凹件。自主のゆの Oロ。日一の岳山口医長ありと述べてゐる。(匂・
も重姿であるが、叉、マルサスが後年リカルドとの文
インズは一円阿く一昨促してゐる。﹁此冊子はそれ自身に於て
る﹄合、民の銭に小屋を建て住宅難の宵和と失業、救清を
へてゐる。で)れは人口論の原理の極端なる遁川であ
HiORHB3wzu に卦し一ーはクインズは寧ろ酷評を加
出
向
・
司
・ 0ロ
﹃
一
併しマルサスの﹀円。ロ28EE5]者ケロゲ古川三wFf
通に於て開反すべき宵際の経減問題を取扱ふ上の戎精一
鍔さうとする案に針して、マルサスは.作宅難が筑和
同
昨
日
0
の見方に既に傾いてゐたことを示すものとしてム重要
-HMω)ll
マルサスは
の思想に背中を向けて.満百年間も問題を人工的な消
惑的な符的構造であった、リカルドは完全にマルサス
のである。然るに勝を制したものはリカルドのより魅
を県けんとしたのであるが、品同時の甚じき住宅難を却
新一段雰が救貧法を更に強化せんとするに針し反針の設
は一式はホ
するものである。惟ふにマルサスは救貧刊の(急速と
ω]U
︹
︼
何
日
]
]
同 C円台ゐ﹀ 50
ロ
己 20
仲
プ
。
三 O﹃
O。
﹃。円 )問
である││而し工此方法、}そ私の段も同感し得る所で
京し、救骨法の人口増加的の影響は促進されると反封
されたる卜.は、救貧汗伏、か結婚丸信奨附する影響は更に加
日 民 自fF 可ユ η0う
同
司 Hユ
守口同(︼∞
O'
ω
一つの方法よりも正しき結論に刑法するの望み多きも
あり、叉私の考ふに所によれば.リカルドの採つにも
の中にはめ込んで仕舞った。﹄(ワ
ごr
o﹁の採るべき熊皮で
て誠吹するが如き熊度は、叶 O]
クインズの叙述は. R後に‘マルサス.リカルドの
55
徐々にる)搬照を念願とする者であって、
此叶子に於て穀物使絡が何故に不作のみに原閃すると
はないであらう。クインズは日く﹁終源問一・は長しく危
、
、
忠はれざる品川間を演宇るか冶探究し、その唯一の原因
険なる堕問である。﹂(匂・
.
J
は、英闘の多くの部分に於て、致問の合、民救泌費が殺物
債は刊に比例して増加させられにる﹃)とにあらうと推論
有名なーる現交の事に及び新たに愛見され・にるマルサス
ける財の分配の原時を求めんとするに封して、彼の友
間の友情であった﹂町リカルドは所謂均衡の欣態に於
って行った ο 併 し そ れ は 頭 の 件 質 が 全C 建 っ た 二 人 の
人は現官界に於ける牛.産量み決定する法則に興味をも
を書翰を利用してこれに一段の光明を投じてゐる。率
人的山税制に於ては親父念々孫らなかっ大.此一雨入の
つに。自ら取引所に出入して売を椅み得た資際入にる
向上の論敵としては終始筆陣を張って諜ら守.而も個
稀 有 の 交 渉 じ っ き で は ‘ ボ ナ ! の 編 輯 せ る 円 ♀5ωoh
h
リカルドが‘不思議にも現・買ル離れた一一般原理 の 探 京
りのま﹄に見つめるこ
マルサスが却て現賓の世界をあ h
に興味をもち‘自ら堕窓にあわて剃へ数恩を好みたる
が宇一而の消息を俸ふるにしても、
リカルド側に残存すべきマルサスのす一日翰が後見され
5
子
同
町
内
PEoszp一
宇、僅に一通を見出し得したフォクスウェル教授をして、
る富岡論に針するデビッド・ヒュ l ム の 喪 失 に つ ぐ も の
マルサス側の書翰の損亡は.他の一つの恩界
手 紙 の 中 に も 雨 入 の 観 勅ω相 遣 が 筆 者 自 身 に よ ぺ て 述
者眼姑の相惑があった。んツインズが拐、ぐるマルサスの
とを料癖としに。雨入の論雫の根本には此融和じ難い
ω恨事た
とも局され得ると喫ぜしめたるものであった。然るに
LL
枇舎に有盆ならしむる
べられてゐる。
Lの 事 責 ぞ 指 摘 す る 傾 向 が
﹃私は確に、人吟著述を宵際
今 幸 に も.220mgp氏 は 此 マ ル サ ス 側 の 書 翰 を 後 見
し得て‘多年の渇望を四一州にじ得ることとなったと云ふ
人口に大いなる刺戟叉は大いなる障時存奥ふる如、ぎ原
より成立つものであって‘八年或は十年の間に生産と
屡々ある・・・:・:・私は昆に叶舎の進坊は不規則なる浮動
介して、財人間の接的討議の経過を明ならしめてゐる。
囚み考慮せ.ざることは同家の台宗の原因を閑却するも
唯一の方法として現宜のま
マルサスとリカルド止の女過はクインズの云ふ所に
のである。我々は此新設凡の書翰渠の公刊される時ぞ
よるに、一八一一年六月に始まる。(代鮎でポナーがこ
の、結局経泌臨一・に於ける凡ての研究の大目的を閑却す
待望する次第であるが.クインズはその中の数過を紹
れゆ伊二八一 O 年 二 月 と せ る こ と を 訂 正 す る 肖 深 き 相 互
るものと考へる。著者は勿論好みのま与の仮設をなす
二九九
の傘敬に始まのお互の利識は極めて淡い親密さにかは
﹄ゲイシての TWサス停た読む
e
t
t
e
r
so
fRicard t
oMalthus,P
r
e
f
a
c
eVII
I
.
(1) Bonar,L
商業と経済
三O O
推論争引出さないことになるのである。貴君の利潤に
に除かれ川べき呉常の現象としてしか仰絡はつけられ
あって、恐慌の如き不調和の現象は二時的なる.直ち
湾政する限りに於ては‘恒常的なるものは均衡の姿で
ド、セイの如含古典汲の人々の如く静態的なる研究に
関する論文に於て立花は持働の資質賃銀は不縫である
ないコ然るにマルサスは現宮の前界をまともに見るこ
題への深き洞察 hq錯すことが出来たのである。リカル
と想像してゐるが.これは貨物の債絡の締動につれて
とに悦れ、一枇舎の進歩が不規則なる運動ょのなること
ことは出来る.併し若し笠際上全く呉貫ならざること
変
m 動する(名義的には‘小慾であるが)ものであり、現買
を認識したるが匁に.恐慌或は経済界の一起一伏を
を想像するならば.それは彼の仮設から何等の吋際的
に於て利潤と同じく愛化性をもつものであるから、貴
より自由に解移し得る京場にあった。マルサスの過剰
君の推論が百際ω事官に砕岡山欣て正しいと云ふ機舎はな
u
l
h
F
Q
)
いわけである。﹂¥包)・ z
、
、
生産説は此自由なる立場からの産物である。
クインズは一八一二年七月七日及び同年七月十六日
此手紙を引用し・米たるクインズは.嘆じて一式ふ.マ
ルサスの見方が山知ど全く抹殺され、百年に亙ってリカ
の二週の手続・を掲けて.過度の貯者の有山中山.不生原的
HUO]
一一片山]同
885可に一就
ルドの見方が完全に支配した事は経泌阜の進歩に封す
否、経
治捷の必要な力説するマルサスのす場ぞ鮮明にしに c
3
かるる所や反一位せるものであろが.度広間消宍の自然的
勿論これは伸、の明江口弘司]虫色
る一災難であった﹄と。(古EH) 勿論此クインズの見
解 に 針 し て は 多 く の 反 駁 が 出 得 λで あ ら う
潰翠界はリカルド封マルサスの針す在今日に於ても、
に深い。﹁若しリカルドの代りにマルサスが.十九世紀
或は強められたる形に於てすら.もってゐると一式ひ得
経済践の後出進展した舟憾であっ・にならば、今日世界
て此興味ある主戦の渦中に引入るるの感あって興趣特
拐し得ることは‘マルサスに於ける動態周一向な見方の
調和を一説く宜、論敵を前にしての.此の論惑は我壮一寸を導
蔚持であらう α買にマルサスは此見地から.白然的制
は洛に・賢明なる.裕一に富裕なる場所であつにらう。﹂と
るであらフ。併 L今日の多くの墜者が品川ど一致して稀
和を信ホノゐ古典汲の主流よりは不可能なるべき恐慌問
はクインズの殴嘆であゐ
J
身自ら世外恐慌の嵐の中に
在て.その賢際的解決の匁にも少なからぬ努力身銭し
つ hあるクインズとしては誠にふさはしき嘆息ではな.
い
、
刀
。
近年、特にマルクス凶一・試の流行の後に於て、マルサ
スの京一山女性は池訴に否定されて・米に傾向がめる。今英
w介のド足クインズに於てマルサスの高き一詩情者を
間
的
一e
見出し得た事は.百凶十年に及ばんとする長き諭弔の
跡を願る我等に、少なからぬ感興を抱かしめる。マル
サスは依然として偉大なる存在である。
それにしても思ふ.本年は正にマルサス残後百年に
相蛍する。(彼は一八三四年十二月二十九日に他界し
た)非常時の名に主川脱されたる我凶の阜界は、知ら示、
サス停た讃む
TUW
ルサスの百年祭を詔一品するの徐裕冶もつや。
クインズの所謂ナンプリッヂ経一倒壊者の最初の入、マ
ナイシメの
一
三O
Fly UP