...

地理歴史科(世界史 A)

by user

on
Category: Documents
17

views

Report

Comments

Transcript

地理歴史科(世界史 A)
地理歴史科(世界史 A)
目 ・世界の諸地域における社会的・文化的特色を理解し、歴史的思考力を高め、国際社会に主
標
体的に生きる日本人としての自覚と資質を育てる。
単元・教材
学
習 の ね ら い
人類の歴史の始まり ○地球環境と人類の生活様式の変化について考える。
地球と人類
古代文明の形成
世界の一体化と日本
東アジア世界
学
習
南アジア・東南アジ
ア世界
西アジア・イスラ-
ム世界
ヨーロッパ世界
一体化の始まり
の
内
明・清代の東アジア
大航海時代と日本
新しい時代の始まり
とルネサンス
欧米諸国における国
民形成
アジアと列強
地球社会と日本
容
世界分割と一体化の
進展
日露戦争と韓国併合
辛亥革命
世界戦争の展開と民
族運動
冷戦期の世界
冷戦の終結
グローバル化とアメ
リカ
評価の観点
評
価
に
つ
い
て
関
意
態
思
判
表
・地球環境と人類進化の過程を理解する。
・狩猟・採集から農耕・牧畜への生活様式の変化によって、人類の
歴史が新たな段階を迎えたことを理解する。
○諸地域世界の歴史的特質を大局的に把握し、今日の世界諸地域に
おける社会・文化の重要な基盤となっていることを認識する。
・農耕社会と遊牧社会の対立と相互依存、漢字文化、儒教、中国を
中心とする国際体制と日本への影響について考える。
・仏教の成立、ヒンドゥー教とカースト制度、イスラ-ム教の影響
などを通じ、宗教と社会制度のつながりについて考える。
・最も古くから文明社会が成立した地域であることを認識するとと
もに、イスラ-ム世界の特質を理解する。
・ギリシア・ロ-マ文明の伝統を把握し、キリスト教がヨーロッパ
文明全体に今日まで及ぼしている影響について考える。
・8世紀以降の諸地域世界間の交流の歴史的意義について考え、各
地に交流圏が成長を遂げたことを理解する。
・明・清などの諸帝国の盛衰と日本の関わりを中心に理解する。
・ヨーロッパ人の海外進出が日本に与えた影響を理解する。
・近代の始まりを告げるルネサンスを理解する。
・産業革命、フランス革命、アメリカ諸国の独立、自由主義と国民
主義の進展などから、資本主義の確立と国民形成を理解する。
・アジア諸国の近代化における問題点を考察する。
・欧米諸国の進出に対して、アジア諸国がどのように対応したのか
を考察する。
○地球規模で一体化した現代世界の特質と展開過程を理解する。
・欧米諸国における帝国主義の確立とアジア諸国の植民地化や従属
化の過程を理解する。
・日本の進出がアジアにどのような影響を与えたのか考察する。
・日清戦争に敗れた中国が、どのような国を目指したかを考察する。
・二つの世界大戦の原因や総力戦としての性格を理解し、平和の意
義と日本が果たすべき役割について考える。
・米ソ二大陣営の対立、アジア・アフリカの民族運動と植民地支配
からの独立の歴史的意義を理解する。
・冷戦後の地域紛争の原因や背景を理解する。
・アメリカがリードしてきたグローバル化とはどのようなものか理
解する。また、日本が国際社会とどのように向きあうべきか考察
する。
評 価 規 準
評価の方法
心
欲
度
・世界の歴史の大きな流れや特質に対する関心を高め、
現代世界の抱える諸課題を意欲的に追究している。
・民主的、平和的な国家・社会の一員として、国際社会
に主体的に生きようとする態度を身に付けている。
授業態度
意見発表
考
断
現
・異なる国や地域の結びつき、現代世界の構造や成り立
ノート・意見文
ちについて、歴史的な視野から考察している。
学習プリント
・歴史的な事象や資料について科学的・客観的に分析し、 定期考査
公正に判断している。
・学び方を身に付け、追究し考察した過程や結果などに
ついて適切な方法で表現している。
資料活用
の 技 能
・歴史を具体的にとらえることのできる多種・多様な資
料を収集し、有用な情報を選択して活用している。
ノート
レポート
知
理
・政治、経済、社会、文化など、様々な歴史的事象に関
する知識を身に付けている。
・現代世界が直面する諸課題の歴史的背景や原因につい
て理解を深めている。
小テスト
定期考査
識
解
Fly UP