...

豪州準備銀行は金利据え置くも、追加利下げに含み残す

by user

on
Category: Documents
2

views

Report

Comments

Transcript

豪州準備銀行は金利据え置くも、追加利下げに含み残す
<マーケット・レター>
2015年11月4日
レッグ・メイソン・アセット・マネジメント株式会社
豪州準備銀行は金利据え置くも、追加利下げに含み残す

豪州準備銀行(RBA)は6会合連続で政策金利を据え置き。緩やかな景気拡大が続いているとの景気判断を維持。

低インフレ見通しを背景に、RBAは追加利下げの可能性に含みを残す。市場は2016年央までの追加利下げを予想。

足元の豪ドル相場は、対米ドルで1豪ドル=0.72米ドル前後、対円では1豪ドル=87円前後で安定した推移が続く。

世界的な金融市場の落ち着き、RBAの豪ドル相場への警戒緩和、市場の追加利下げ織り込みが豪ドル安定要因に。
豪州準備銀行は6会合連続で政策金利据え置き
図1:豪州準備銀行(RBA)の政策金利とインフレ率
豪州準備銀行(RBA)は11月3日の金融政策理事会に
おいて、6会合連続で政策金利を2.00%に据え置く決定
を下しました(図1)。
スティーブンスRBA総裁の声明では、「豪州経済は緩や
かな拡大を続けている」との景気判断が維持されました。
5.0
4.0
3.5
回っているものの、企業景況感は緩やかに改善しているこ
3.0
定を伴っていること、が声明文で指摘されました。
豪州準備銀行の政策金利
(キャッシュ・レート)
4.5
とりわけ、①足元で実質GDP成長率は長期平均を幾分下
と、②企業景況感の改善は底堅い雇用増や失業率の安
(%)
基調インフレ率
(前年比)
2015年7-9月期
2.2%
2.5
一方、インフレ見通しに関しては、向こう1~2年はター
2.0
ゲット内での推移が予想されるものの、低インフレ環境が
1.5
インフレ目標
レンジ(2~3%)
09
続くとの見方が示されました。2015年7-9月期の基調イン
10
11
2.00%
12
13
14
15
(年)
フレ率は前年比+2.2%に低下し、インフレ目標レンジ(2~ (出所)豪州準備銀行(RBA)、豪州政府統計局(ABS)
(期間)基調インフレ率:2009年1-3月期~2015年7-9月期
3%)の下限に近付きつつあります。
低インフレから追加利下げの可能性に含み残す
政策金利:2009年1月1日~2015年11月3日
(注)基調インフレ率は消費者物価指数(CPI)のトリム平均値と加重中央
値の平均により算出。
今回のRBAの金融政策の判断では、足元で経済環境の
図2:豪ドル相場の推移
見通しが小幅改善したことが政策金利の据え置きを支持
する要因となった模様です。一方で、低水準のインフレ見
(米ドル)
1.00
(円)
105
通しを背景に、RBAは景気下支えの必要があれば追加利
下げの余地が生まれる可能性を指摘しました。ブルーム
バーグ集計の直近の市場コンセンサスでは、RBAは2016
対円レート(左軸)
100
0.95
95
0.90
勢となっています。
90
0.85
足元の豪ドル相場は安定的な推移が続く
85
0.80
年央までに0.25%の追加利下げを実施するとの見方が大
足元の豪ドル相場は、対米ドルで1豪ドル=0.72米ドル
前後、対円では1豪ドル=87円前後で安定した推移が続
いています。①世界の金融市場が落ち着きを取り戻しつつ
あること、②RBA理事会声明文で豪ドル相場への警戒姿
勢が示されなかったこと、③市場がRBAの追加利下げの
可能性を既に織り込んでいること、などが豪ドル相場の安
定を支える要因となっていると考えられます。
80
豪ドル高
75
0.75
対米ドルレート(右軸)
豪ドル安
70
14年1月
14年7月
0.70
0.65
15年1月
15年7月
(出所)ブルームバーグ
(期間)2014年1月1日~2015年11月3日
●当資料は、説明資料としてレッグ・メイソン・アセット・マネジメント株式会社(以下「当社」)が作成した資料です。●当資料は、当社が各種データに基づいて
作成したものですが、その情報の確実性、完結性を保証するものではありません。●当資料に記載された過去の成績は、将来の成績を予測あるいは保証す
るものではありません。また記載されている見解、目標等は、将来の成果を保証するものではなく、また予告なく変更されることがあります。●この書面及びこ
こに記載された情報・商品に関する権利は当社に帰属します。したがって、当社の書面による同意なくして、その全部もしくは一部を複製し又その他の方法で
配布することはご遠慮ください。●当資料は情報提供を目的としてのみ作成されたもので、証券の売買の勧誘を目的としたものではありません。
Fly UP