...

対象分野課題表(スリランカ)(PDF/141KB)

by user

on
Category: Documents
2

views

Report

Comments

Transcript

対象分野課題表(スリランカ)(PDF/141KB)
人材育成奨学計画(JDS)において想定される対象分野課題表
2016年9月
【国名:スリランカ】
コンポーネント
(開発課題)
サブプログラム
(JDS援助重点分野)
1-1
公共政策・財政
Public Policy and
Public Finance
受入想定人数
5
背景(開発計画の有無、課題、ニーズ等)
2015年1月に大統領が交代、同年8月には総選挙が行われ挙国一致内閣が成立。新
政権は、グッドガバナンス・民主的な政権運営を基本としつつ、Social Market
Economyを掲げ、経済改革を目指している。しかしながら、現時点(2016年7月)で
も未だ、新政権の国家開発計画や政策、マクロ経済政策等が示されていない。こ
の事態の背景として、政治的環境の不安定さに起因する政策の一貫性の欠如に加
え、行政官による計画や政策の策定能力の欠如がある。加えて長年の紛争や肥大
化した公共セクターによる財政赤字、GDPの76%にあたる対外債務、貿易赤字拡大
による外貨準備減少への対応は喫緊の課題であり戦略的、効率的な公共財政管理
能力の向上が求められている。財政・経済環境の改善への大きな貢献として期待
される産業育成政策や投資環境整備に関する専門性も不足しており、中長期的な
視点から国家の方向性を描ける人材が必要とされている。
実施中、あるいは実施予定の関連するJICA事業
【技術協力】
国家計画局能力強化支援アドバイザー(個別専門家)
【有償資金協力】
競争力強化開発政策借款(仮)
【無償資金協力】
人材育成支援無償(公共政策・財政コンポーネント)
1-3
年間上限人数
開発経済
Economics including
Development Economics
ビジネス環境整備
Business Management
4
3
12
スリランカは2009年の紛争終結以来安定して経済成長を実現していた。今後中進
国入りを実現し、持続的かつ包摂的な経済成長のためには、現在の経済・財政構
造上の課題を見出し、適切な政策の策定が求められる。しかし、そのために必要
とされる統計などを用いたevidence-basedの政策立案能力は不足しており、今後
の経済成長基盤整備を下支えするため確固たる経済の知識を持つ行政官の育成が
必要。
募集対象機関
(ニーズ)公共財政運営・管理能力の向上、一貫
した公共政策の立案・制度構築能力の向上、外
国投資招致のための各種マーケティング強化、 ・財務省
官民連携強化、適切な政府介入、国内産業の活 ・行政・管理省
性化及び国際競争力の向上
・州議会・地方議会省
・国家政策・経済省
・産業・商業省
想定される研究分野:「財政政策」「社会政 ・開発戦略・国際貿易省
策」「公共行政」「国際開発」「中小企業支
(地方に出向中の国家公
援」「投資環境整備」「産業活性化・育成」
務員も対象となりうる)
希望学位:公共政策、公共行政、金融、公共経
営
経済成長基盤整備のた
めの人材育成
Human Resource
Development for
promotion of Economic 1-2
Growth
JDS事業において想定されるニーズ
(想定される研究テーマ等)
【技術協力】
国家計画局能力強化支援アドバイザー(個別専門家)
【有償資金協力】
競争力強化開発政策借款(仮)
【無償資金協力】
人材育成支援無償(開発経済コンポーネント)
・外務省
(ニーズ)経済・財政構造上の問題を見抜き、
・産業・商業省
中・長期的視野に立った経済政策立案能力向上
・石油資源開発省
・港湾・海運省、
想定される研究分野:「持続的な成長と雇用創
・国家政策・経済省
出を含めた経済開発」「マクロ経済」「開発政
・財務省
策」「統計学」
(地方に出向中の国家公
務員も対象となりうる)
希望学位:開発経済学、経済学
・財務省
・国家政策・経済省
スリランカは2009年の紛争終結以来安定して5%前後の経済成長を実現してきたも 【技術協力】
・電力・再生可能エネル
のの、主要輸出産業の付加価値が相対的に低く、内需牽引型となっている。経済 投資促進アドバイザー(個別専門家)
(ニーズ)経済成長を維持するための新たな産業 ギー省
成長を持続させるためには、今後、高付加価値な成長産業を育成する必要があ
投資環境法整備(課題別研修)
の模索、経営管理等
・都市計画・上水省
る。世界銀行による「DoingBusiness2016」によればスリランカは189か国中107位 貿易投資促進のためのキャパシティ・ディベロップメント(課題
想定される研究分野:「経営学」
・石油資源開発省
に位置づけられ、特に「契約施行」、「納税」、「不動産登記」等が課題とされ 別研修)
・港湾・海運省
ており、ライバル諸国との想定的な競争力の低さから資本が流出するなど、投資 【有償資金協力】
希望学位:経営学、経営管理学
・行政・管理省
環境の大幅な改善が求めらている。そのためには、金融を含めた民間セクターで 競争力強化開発政策借款(仮)
(地方に出向中の国家公
の経営・管理、財務諸表への理解・知識や感覚を身に付け、政策に反映させ施行 【無償資金協力】
務員も対象となりうる)
しうる行政官の能力が肝要となる。
人材育成支援無償(ビジネス環境整備コンポーネント)
*全体で15名の受け入れだが、環境配慮・防災3名については要望調査対象外。
Fly UP