...

エネルギー需要と発電 韓国の原子力発電所

by user

on
Category: Documents
7

views

Report

Comments

Transcript

エネルギー需要と発電 韓国の原子力発電所
エネルギー需要と発電
国内総生産と設備容量
[MW]
1,104,000
総計
100,000
発電 (億kWh)
105,195
国内総生産
[10億ウォン]
1,000,000
5,652
全体
5,000
原子力
4,617
80,000
800,000
4,000
600,000
3,000
400,000
2,000
76,136
603,236
60,000
48,451
40,000
2,617
20,000
200,000
9,390 191,383
367
1961
1,000
1980
2000
2010
1961
2030
31.4%
529
34.8
1990
1,090
372
91.7
17.7
2,510
2,775 39,110
1970
1,449
1,074
21,021
1970
1980
1990
2000
2010
2030
※ 出典:韓国エネルギー委員会 (2008年8月27日)
経済成長にともない、エネルギーと電力消費は急速に増加
原子力は、発電に重要な役割を果たす
Intl WS on Monju, 25 April 2013
3
韓国の原子力発電所
各地の原子力施設数と発電量 (MWe)
ソウル
蔚珍(1,2,3,4,5,6号機)
新蔚珍 (1,2号)
放射性廃棄物処分場
(建設中)
月城 (1,2,3,4号機)
新月城 (1号)
新月城 (2号)
2013年3月現在
原子力発電所
稼働中
建設中
合計
(2016)
古里
6 (5,137)
2 (2,800)
8 (7,937)
月城
5 (3,779)
1 (1,000)
6 (4,779)
霊光
6 (5,900)
-
6 (5,900)
蔚珍
6 (5,900)
2 (2,800)
8 (8,700)
合計
23 (20,716)
5 (6,600)
28 (27,316)
出典 : www. khnp.co.kr
発電比率
%
霊光 (1,2,3,4,5,6号)
古里 (1,2,3,4号機)
新古里 (1,2号)
新古里 (3,4号)
建設中の原子力発電所
− OPR1000 : 新月城 (2号)
− APR1400 : 新古里 (3,4号), 新蔚珍(1,2号)
原子力
石炭
ガス
再生可能エネルギー 他
出典 : www. Kepco.co.kr
※ 2012e : 推定
Intl WS on Monju, 25 April 2013
- 145 -
4
韓国における電力の市場価格
450
400
350
300
250
200
150
100
50
0
原子力
Nuclear
Coal
石炭
Oil
石油
LNG
天然ガス
Wind
風力
太陽光発電
Solar
韓国の卸売市場価格 (2011年 平均)
※ 出典: www.epsis.kpx.or.kr,
電力統計情報システム,
韓国電力取引所
Intl WS on Monju, 25 April 2013
5
韓国におけるエネルギー基本計画
発電施設の
設備容量の
割合 (%)
2007
26%
30%
天然ガス (- 8 %)
2030
18%
2007
20 %
2030
1%
原子力 (+15%)
石炭
31 %
天然ガス (- 19 %)
発電の割合 (%)
26%
41 %
38 %
36 %
石炭 (-9 %)
原子力(+23 %)
29 %
59 %
※ 出典: 国家エネルギー委員会 (2008年8月27日)
Intl WS on Monju, 25 April 2013
- 146 -
6
原子力推進政策
経済成長の推進力としての原子力エネルギーの開発
小型、中型原子力発電炉及び研究炉の開発
水素の製造を含む発電以外の用途での利用
先端技術の開発
使用済み核燃料リサイクル技術
環境に配慮した廃止措置技術
安全性の向上
大規模自然災害に対する安全性
安全な研究開発のための中核的研究拠点
より高い生活水準
放射線の医療への応用
医療用アイソトープの安定供給
産業基盤の拡大
レベルの高い人材育成
国際協力
Intl WS on Monju, 25 April 2013
7
包括的原子力推進計画 (CNEPP)
第4次包括的原子力推進計画 (2012年-2016年) を 2011年11月に発表。
平和目的で安全な原子力利用の原則に基づく原子力エネルギー開発のための
国家的プログラム
“安全な原子力利用の
世界的リーダーシップ”
“世界最良の原子力模範国家”
最大限の原子力安全を確保しつつ、
政府が原子力エネルギーの利用拡大に関与することを再確認
Intl WS on Monju, 25 April 2013
- 147 -
8
使用済み核燃料管理のための高速炉
使用済み核燃料の削減
放射能毒性の低減
PWR
(加圧水型原子炉)
SFR
(ナトリウム冷却高速炉)
I, Tc
使用済み核燃料
中間貯蔵
U, TRU
乾式再処理
CANDU
(カナダ型重水炉)
高レベル放射性廃棄物
U-TRU-Zr(合金金属燃料)
Cs, Sr
長期貯蔵
SFR
(ナトリウム冷却高速炉)
高レベル放射性廃棄物
処分場
* TRU (超ウラン元素) : Pu + MA
* MA (マイナーアクチニド) : Np, Am, Cm
低レベル放射性廃棄物
処分場
Intl WS on Monju, 25 April 2013
9
原子炉の推移シナリオ – KAERI研究
設備容量(GWe)
In sta
lle d Ca p a c ity (GW e )
74
運転延長
70
60
APWR
50
40
40
30
20
PWR
SFR
10
PHWR
0
2005 2015
使用済み核燃料累積貯蔵量
(ktHM)
SF Accumulated (ktHM)
80
100
90
80
89
70
60
50
40
30
20
ワンススルーサイクル
10
0
2010
SFRの導入
2020
2030
2040
2050
2060
Year
年度
2025
2035
2045
2055
2065
2075
2085
2095
Year
年度
2080
2090
5
2100
(設備利用率 85%)
原子炉展開計画
Intl WS on Monju, 25 April 2013
2070
PWR使用済み核燃料の蓄積
- 148 -
10
Fly UP