...

SWISS Taste of Switzerlandはグラールスの創作料理

by user

on
Category: Documents
8

views

Report

Comments

Transcript

SWISS Taste of Switzerlandはグラールスの創作料理
プレスリリース
2015 年 9 月 14 日
スイスインターナショナルエアラインズ、
最新の機内食プログラムで、グラールス州の美食を提供
スイス インターナショナル エアラインズ(以下、「SWISS」)は 9 月上旬から、機内でグラールス
州の美食を提供します。
数々の賞を受賞している機内食プログラム「SWISS Taste of Switzerland(SWISS スイスの
味)」において、今回初めて山あいのグラールス州に焦点が当てられます。
SWISS をご利用のお客様は、3ヶ月間 ブラウンヴァルドのブティックシャレーホテル・アーホルン
が創作した料理をお楽しみいただけます。
9 月上旬からの「SWISS Traditions(スイスの伝統)」プログラムの最新回でも、エルム村で毎年
開かれるマーケット「アルプチェーズ・ウント・シャプツィガー」を特集する予定です。
スイスを出発する長距離路線で SWISS ファーストと SWISS ビジネスをご利用のお客様は、9 月
2 日から 12 月上旬まで、グラールス州ブラウンヴァルドにあるブティックシャレーホテル・アーホル
ンのグルメ・レストランの美食をお楽しみいただけます。SWISS は同レストランのホストと料理長を
務めるビート・シッテンヘルムと共に、地元産のハーブをふんだんに使用した、健康的でナチュラ
ルな季節の料理を創作しました。
ファーストクラスをご利用のお客様にはナッツとドライアプリコットのチャツネ、フラットブレッドを添
えたツィガーチーズのテリーヌ、ハーブ風味のアルプス産ベーコンを添えたリンゴのスープ、炙っ
たビーフテンダーロインとピノノワールで蒸し煮込んだ仔牛のほほ肉、デザートには干し草のムー
スを添えた「アルプスの夢」、もしくは洋梨のコンポートとシナモンのアイスクリームを添えたグラー
ルス産プラムのペストリーをお召し上がりいただくことができます。
SWISS ビジネスをご利用のお客様にも、ビート・シッテンヘルムは工夫を凝らした料理を創作しま
した。かんきつ類とナスのピューレを添えたモヒート・サーモンに続き、メーンには牛ヒレ肉とプラム
と栗のパイを、バルサミコソースでお召し上がりいただけます。デザートにはブラウニーとブルーベ
リーのクーリを添えた Trietolt のムースをご用意しています。
新たな地方の料理を引き立てるのは、隣接するグラウビュンデン州の多彩なワイン。「スイスのブ
ルゴーニュ」と称され、国内最古のワイン生産地であるライン渓谷で生産された選りすぐりの赤ワ
イン、白ワインを提供します。ファーストクラスをご利用のお客様には、フロム・ワイナリーのマラン
ス・ピノブラン、「セルフィ・ヴィンゲルト・ピノノワール」をお楽しみいただきます。ビジネスクラスをご
利用のお客様には、フェルスベルクの「ゴールデン・ゾンネ・リースリング・ジルヴァーナー」や、コッ
ティネリ・エステートのフルーティーな「マランス・ピノノワール」をご用意しています。
「SWISS Traditions(スイスの伝統)」はグラールス州の粋と共に
SWISS は 一 部 の 欧 州 内 路 線 で ビ ジ ネ ス ク ラ ス を ご 利 用 の お 客 様 に も 、 今 秋 は 「 SWISS
Traditions(スイスの伝統)」プログラムにより、機内でグラールス州の異なる一面をお楽しみいた
だきます。チーズ好きにとっての天国と言えるマーケット「アルプチェーズ・ウント・シャプツィガー」
は同州のエルム村で 10 月の第 1 日曜日に開かれます。マーケットは、華やかに飾られた牛を低
地の冬期間用の放牧地へ下ろす伝統的な牧くだりで幕を閉じます。SWISS は 9 月 17〜29 日、さ
まざまな機内食を通じ、毎年開催される美食のマーケットを祝います。フライトの長さに応じ、選り
すぐりのアルプス産チーズ、栗のクラストやホウレンソウのダンプリング、シャプツィガー・チーズを
添えた牛ヒレ肉、グラールス州のドライビーフのカルパッチョのリコッタチーズと山羊のチーズのム
ース添え、同州産プラムの「デュオ」をご用意しています。
コントラストの地、グラールス州
スイスのグラールス州は国内で最も険しいアルプスの渓谷の一つであり、コントラストの際立った
地域と言えます。観光の面からみると、ケレンツァーベルクやグラールス・ノルド、グラールスやク
レンタール、エルムなどの街、ブラウンヴァルドからクラウゼン峠にかけた保養地などを擁し、夏冬
両方のアクティビティーでは知る人ぞ知るスポットと言えます。一方、チューリッヒから 1 時間程度
でアクセスできる同州には、伝統的な「ランツゲマインデ」(青空議会)や産業も残っています。グラ
ールス州の農業・商業部門では、グラルナー・パステート(ペストリー)やグラルナー・カルバーヴ
ルスト(ソーセージ)、グラルナー・アルプケーゼ(チーズ)など、丁寧に手作りされた名産品が現在
も生産されています。
スイス インターナショナル エアラインズ(SWISS)概要
日本とスイスを結ぶ直行便(成田=チューリッヒ)を毎日運航しているスイス インターナショナル
エアラインズは、世界49カ国106都市(2015夏期)に就航し、チューリッヒをハブ空港とし、ジュネ
ーブの国際空港も拠点として、エアバスA340型機など95機を運航しています。スイスのナショナ
ル・フラッグキャリアとして伝統的なスイスらしさ「パーソナル・サービス」「品質の追及」「スイスらし
いおもてなし」をお届けし、搭乗されたお客様一人ひとりにアットホーム感が得られるよう努めてい
ます。SWISSは資源活用を心がけ、企業文化の本質部分として環境問題に取り組んでいます。
そして、ルフトハンザグループ、またスターアライアンスの一員として、日本とスイス、そして世界を
結ぶ使命を担っています。
――本件に関するお問い合わせ先――
スイス インターナショナル エアラインズ PR 担当 (井之上パブリックリレーションズ内)
担当:横田、志村、尾上
TEL:03-5269-2301 FAX:03-5269-2305 Mail:[email protected]
Fly UP