...

野鳥が観察できる場所紹介

by user

on
Category: Documents
41

views

Report

Comments

Transcript

野鳥が観察できる場所紹介
球磨川
下
く ま
観察でき
で
る
り
鳥
野 プ
球磨川
人吉発船場
熊本県南部、人吉盆地を西に流れる一級河川。日本三急流のひとつでも
あり、48の瀬があります。球磨川では尺鮎と呼ばれる30センチもの大
きな鮎が育ちます。秋から冬にかけては、幻想的な川霧も見ることがで
きます。
球磨川下りは人吉城跡を目
の前にしたこの発船場より
出発します。夜間には対岸
の城跡がライトアップさ
れ、川面に佇む情緒ある姿
が浮かび上がります。
く ま
球磨川下り
日本三急流のひとつ球磨川を先頭の巧みな舵さばきで下ります。江戸時
代、人吉の商人林正盛翁によって開削され、木材の運搬や藩主の参勤交
代にも利用されていました。のんびりと船に揺られ、自然豊かな景色を
お楽しみください。
ッ
マ
日本三急流の球磨川、
その魅力は人吉市から球磨村まで、
急流の川下りが
楽しめます。川下りは明治43年に始まり、
今では4つのコースを準備して
おります。
1 2 3 4 6 7 8 12 13 20
これらの野鳥はどこでも見ることができま
す。石原では、イソシギ、クサシギ、イカル
チドリ、
セキレイ類に注目。
渕のあるところ
にはオシドリがいることも。
空にも注目!トビ、
ミサゴ、
イワツバメなど。
1
2
3
4
5
6
7
8
コサギ
ダイサギ
ゴイサギ
アオサギ
ヤマセミ
カワセミ
カルガモ
ヒドリガモ
9 ヨシガモ
10 オカヨシガモ
11 オシドリ
12 コガモ
13 マガモ
14 オオバン
15 カイツブリ
16 クサシギ
バ渡
ス小
停学
校 渡
前 駅
人吉IC
くま川下りコース案内
①ショートコース(約25分:人吉発船場∼相良町)年中運行
②ミドルコース(約50分:人吉発船場∼温泉町)年中運行(12月∼2月こたつ船)
③激 流 コ ース(約45分:一勝地∼鎌瀬)4∼10月運行
④ロング貸切コース(約2時間∼2時間30分:温泉町∼鎌瀬)4∼10月運行
17 イカルチドリ
18 イソシギ
19 ミサゴ
20 トビ
21 カワガラス
22 キセキレイ
23 ハクセキレイ
24 セグロセキレイ
至五木
人
吉
駅
石
水
寺
人吉発船場
渡着船場
▲
熊
太
郎
の
瀬
至福岡
▲
く
沖 ▲ ず
天
鶴 涼
の
狗
橋 戸
瀬 橋
の
瀬 11
熊太郎の瀬
熊太郎とは、相良公妾腹に生まれた子と伝
えられ、跡目争いに敗れわずかな家臣とと
もに川舟で逃げようとしたがこの辺の河原
で追手に討たれたといわれています。この
瀬の上の山が熊太郎山と呼ばれています。
●くまがわ荘
5 10 14
15 16 17 西
18 22 23 瀬
橋
24
14
至
鹿か
な
目め
の
滝
▲
第
二
筌うけ
場ば
の
瀬
5 17
9 10 15
16 17 18
22 23 24
大
橋 中川原
人
吉
橋
繊
月 5 17
大
橋
11
21
▲
筏
口
の
瀬
5
15
水
の
手
橋
市
役
所
11
至大口市
いかだぐち
筏口の瀬
昔は筏を組んで、
ここから流していたそうです。
人吉城跡
オナガガモ(Pintail)
尾長鴨 雄75cm/雌53cm
野鳥だけではなく、
スッポンも岩の上に
顔を出します。
カワウ(Common Cormorant)
河鵜 81cm
すずみ ど
涼戸の瀬
相良の殿様が一休みした涼戸の岩。
ヒヨドリ(Brown-eared Bulbul) モズ(Bull-headed Shrike)
鵯 28cm
百舌 20cm
至
錦
町
人
吉
城
跡
人吉城は、相良氏の居城で、修築の折、三日月
模様の石が見つかったため、別名「繊月城」と
も呼ばれています。
「 武者返し」と呼ばれる石
垣は、日本式と西洋式が混在する貴重なもの。
また桜の名所としても知られ、二の丸跡から
は球磨川の流れと人吉市内が一望できる。自
然の川をお堀がわりにした城は数少なく城下
町のシンボルです。
至鹿児島
宮 崎
Fly UP