...

計算機に高度な数学をさせる為の 代数算法の研究・システム開発をし

by user

on
Category: Documents
5

views

Report

Comments

Transcript

計算機に高度な数学をさせる為の 代数算法の研究・システム開発をし
徳島大学総合科学部「知の探求」 教員紹介
鍋島
克輔 なべしま かつすけ 数理科学コース 計算機代数研究室
計算機に高度な数学をさせる為の
代数算法の研究・システム開発をしています。
研究活動と取組
計算機を使って数学を行う。数学の定理を自動的に証明したり、数学の問題を自動的に解くための数学理論と
プログラム開発を行っている。因数分解、微分。積分はもちろん最先端の数学まで幅広く算法は研究されており
その蓄積が数式処理ソフトである。計算機に数学を行わすためには、計算機を知ることも大事だが、数学を知る
ことが一番大事である。代数学を基とした計算アルゴリズムの研究を主にしている。最近、特異点の解析のため
の数学的アルゴリズムの研究を行っている。
メッセージ
高等学校までは、公式を覚え計算ができれば数学という学問はよかったと思います。これは、大学受験が存在す
るのでこの形式になるのは仕方がないことです。みなさん、みなさんがやっているその計算の意味を立ち止まっ
て考えてみてください。なぜそのような計算をしているのか?その計算の意味とは何か?右から左へ公式を使っ
て式変形をしているだけではあなたは人間計算機です。人間計算機にならないように『なぜ』をこころがけて数学
に取り組んで見てください。
卒業生のおもな卒業研究テーマ
 グレブナー基底とその応用。(非線形連立代数方程式の解法)
 因数分解アルゴリズムの研究
 計算数論
もっと詳しい情報
http://pub2.db.tokushima‐u.ac.jp/ERD/person/202209/profile‐ja.html
http://www‐math.ias.tokushima‐u.ac.jp/~nabesima/index.html
Fly UP