...

山梨県立リニア見学センターホームページ構築業務企画提案実施要領 1

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

山梨県立リニア見学センターホームページ構築業務企画提案実施要領 1
山梨県立リニア見学センターホームページ構築業務企画提案実施要領
1 目的
山梨県では、
平成26年4月にリニア見学センターのリニューアルオープンを予定している。
また、
平成25年9月には新型車両による走行試験が開始され、リニア見学センターの来館者は大幅に増加
することが見込まれる。
リニア見学センターにおいては、独自のホームページがなく、山梨県のホームページに施設の概要
等について掲載している。リニューアルにより世界最高速度を記録した実験車両の展示や体験学習型
の展示物が増えることから、より多くの方に来館していただけるような魅力的で子供にもわかりやす
いホームページの構築を目的とする。
また、リニア見学センターは、目の前で走行するリニア車両を見学できる唯一の施設である。しか
し、走行試験を行う時間は、当日の朝にならないとわからず、県ホームページは見学センター職員で
は更新ができないことから、週末や祝日はホームページに掲載することができない。
走行試験を行う時間は、変更されることもあるため、来館者がリアルタイムで情報を容易に入手す
ることができるよう、走行試験等の情報を提供することが重要である。
本業務では、走行試験情報のリアルタイムでの更新が可能となるよう、リニア見学センター職員の
更新も可能なホームページの構築を目的とする。
2 業務の概要
(1)業務名称
山梨県立リニア見学センターホームページ構築業務(以下「本業務」という。
)
(2)業務内容
別添「山梨県立リニア見学センターホームページ構築業務仕様書」
(以下「仕様書」という。
)
による。
(3)委託期間
契約日から平成26年3月20日(予定)まで
(4)公開時期
山梨県立リニア見学センターホームページの公開は、平成26年3月19日(予定)
一部コンテンツについては、平成25年9月(予定)
(5)予算限度額
1,900,000円(消費税及び地方消費税を含む。
)
ただし、この金額は契約時の予定価格を示すものではなく、企画内容の規模を示すためのもの
であることに留意すること。また、DNS設定費(10万円程度)も含まれることを留意すること。
3 業務受託候補者選定
この事業の業務受託候補者の選定は、公募型プロポーザル方式により行う。
受託を希望するものは、公募型プロポーザルに参加し、以下のとおり提案を行うこと。
提案内容等について審査の上、最も優れた評価を得た者と随意契約により委託契約を締結する。
なお、プロポーザル参加にかかる費用は全て参加者の負担とする。
4 委託業者選定スケジュール
(1)公募期間
平成25年5月15日(水)~平成25年5月28日(火)
(2)参加申込書の提出期限
平成25年5月28日(火)午後4時(必着)
(3)質問書受付期限
平成25年6月 3日(月)
(4)企画提案書等の提出期限
平成25年6月18日(火)
(5)第1次審査結果通知
平成25年6月21日(金)
(6)プレゼンテーション
平成25年6月27日(木)
(7)第2次審査結果通知
平成25年7月 3日(水)
5 企画提案の参加申込手続き
企画提案への参加を希望する者は、参加資格を有することを証明するため、企画提案参加資格確認
申請書(様式第1号。以下「申請書」という。)を提出し、企画提案参加資格の確認を受けなければ
ならない。
(1)企画提案参加資格
次に掲げる条件をすべて満たす者とする。
① 山梨県における物品等競争入札参加資格を有する者であること。又は、契約までに取得見込み
のものであること。
② 山梨県内に本社、支店又は事業所を有する等、本業務の受託及び業務完了後の運用サポートに
支障がない体制が整えられていること。
③ 県税、消費税等を滞納していない者。
④ この公告の日から審査結果の通知日までの間に山梨県から「山梨県物品購入等契約に係る指名
停止等措置要領」に基づく指名停止を受けている日が含まれている者でないこと。
⑤ 会社更生法、民事再生法等による手続きを行っていない者。
⑥ 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第 77 号)第2条第6号に規定
する暴力団員でないこと又は法人にあっては、その役員が暴力団員でないこと。
⑦ 地方自治法施行令第167条の4の規定に該当しない者であること。
⑧ 本業務を遂行するために必要とされる資格・業務経験を有する技術者を従事させることができ
る者であること。
(2)参加資格証明書
申請書に次のものを添付すること。
① 競争入札参加資格通知書(写)
競争入札に参加する者に必要な資格を申請中の場合は、「物品等競争入札参加資格審査申請
書」の写しを添付し、資格を得た時点で速やかに提出すること。
② 誓約書(様式第2号)
③ 会社概要等整理表(様式第3号)
既に作成されている会社概要等紹介のパンフレット等がある場合は、それを添付すること。
④ 受託実績整理表(様式第4号)
⑤ 実施体制表(様式第5号)
※申請書等の様式については、山梨県ホームページからダウンロードすること。
(3)提出期限
平成25年5月28日(火)午後4時(必着)
提出は、
「山梨県の休日を定める条例」
(平成元年山梨県条例第6号)に定める県の休日(以下「県
の休日」という。
)を除く日の午前9時から午後5時までとする。
(提出期限後に到着した「申請書」は無効とする。)
(4)提出場所
郵便番号 400-8501 山梨県甲府市丸の内一丁目6番1号 北別館5階
山梨県リニア交通局リニア推進課リニア推進担当
電話 055-223-1664(直通)
(5)提出方法
持参、郵送により提出
6 質問及び回答
本企画提案実施要領及び仕様書に関する質問については、以下の手順により受け付ける。
(1)質問受付期間
平成25年6月3日(月)午後4時までとする。
(2)質問方法及び送付先
質問票(様式第6号)を作成のうえ、電子メールに添付して次の宛先に送付すること。
山梨県リニア交通局リニア推進課
(メールアドレス:[email protected])
(3)回 答 方 法
質問票に対する回答は、申請書を提出したものすべてに対し、平成25年6月7日(金)までに
電子メールにより通知する。なお、質問書に対する回答は、実施要領等の追加または修正とみなす。
(4)そ
の
他
電話での質問には応じない。ただし、質問書の内容に疑義が生じた場合は質問者へ電話で問い合
わせをする場合がある。
7 企画提案書の提出について
各社の提案は1社1案のみとする。
(1)提出書類
① 企画提案書
企画提案書(様式第7号)の記載にあたっては、以下の内容に従い作成すること。A4版縦型
横書き左綴じを基本とし、表紙及び目次を除き、合計15ページ以内で作成すること。
なお、専門的な知識を持たない者でも理解できるように、イメージ図等を用いるなど極力わか
りやすい表現で記載すること。
ア 仕様書を基に、構築するホームページのコンセプト及び基本機能等について記述すること。
イ 職員がページを更新する上で、わかりやすく使いやすいテンプレートデザインの考え方に
ついて記述すること。
ウ 利用者がリニア見学センターを訪れたくなるような魅力的なトップページの考え方及び利
用者が使いやすい画面構成イメージについて記述すること。
エ 子供向けコンテンツの構成についての考え方及び子供でもわかりやすい画面構成イメージ
について記述すること。
オ 走行試験の再開、リニューアルオープンに向けたPR、リニューアルオープン後の施設案内
という段階的なホームページの公開についての考え方について、公開スケジュールを示し、記
述すること。なお、走行試験の再開は平成25年9月、リニューアルオープンは平成26年4
月末頃を予定している。
カ その他、リニア見学センターの誘客に効果があると思われる提案があれば記述すること。
② 見積書(様式は任意)
以下の内容を記載したものをそれぞれ1部提出すること。
ア ウェブサイト構築、利用するサーバ環境整備及び操作研修に係る経費などの経費関連積算書
※ DNS設定費(100千円程度)及び平成25年度の運用・管理費を含めること。
イ 新ウェブサイトの運用・管理の経費(システム保守料、運用サポート費など)
※ 積算においては、サーバの保守メンテナンス・セキュリティ対策を見込んだ上で、年額
20万円以内を目安とすること。イの見積額は、本事業の予算限度額(1,900千円)に含まな
い。
(2)提出部数及び提出方法
書面で7(1)①を正本1部(コピー10部)、②を正本1部(コピー2部)提出するととも
に、電子媒体としてCD-ROM等に格納し提出すること。
提出は、持参または郵送により行い、期限までに必着のこと。
(3)提出期限
平成25年6月18日(火)午後4時(必着)
提出は、県の休日を除く日の午前9時から午後5時までとする。
(4)提出場所
5(4)と同じ
8 審査及び受託者の特定方法
審査は書類審査及びプレゼンテーションによるプロポーザル方式とし、提出された企画提案につい
て、次のとおり第一次審査(書類審査)と第二次審査(プレゼンテーション)を行い、最も優れた提
案を選定する。ただし、プロポーザル参加者が4者以下の場合は、第一次審査は行わない。
(1)第一次審査
第一次審査は、山梨県立リニア見学センターホームページ構築業務委託業者選定委員会(以下「委
員会」という。)の審査員が、企画提案書及び見積書を審査し、優良提案を3件程度選定する。
選定された者には、第二次審査を行う旨を通知し、選定されなかった者については、その旨を電
子メールにより通知する。(通知日は、平成25年6月21日(金)を予定)
(2)第二次審査
第一次審査を通過した者(第一次審査を行わなかった場合には、企画提案書提出者)に対し、8
(3)の日程でプレゼンテーションを実施する。提案内容(見積額を含む)について、審査員が審
査を実施し、選定委員会に報告する。
選定委員会は、提出された企画提案書並びに各審査員の採点結果及び最終評価点を総合的に判断
して、最も高い評価の者を山梨県職員採用ホームページ作成業務委託業者として決定する。
選定結果については、全ての参加者に対し、電子メール及び郵送により7月上旬に通知する。
(3)プレゼンテーションの日程
平成25年6月27日(木)を予定
詳細な日時及び場所については別に定め、提案者へ通知する。
(4)プレゼンテーションの方法
① プレゼンテーションの時間は、プレゼンテーション20分、質疑応答20分(予定)とする。
② 提案者は説明に際してプロジェクター等を用いて企画提案書の表現を補足することができる。
プロジェクター及びスクリーンは、県が用意するが、投影操作用のパソコンは提案者側が準備
する。
(5)審査基準
審査の基準は、別紙1「山梨県立リニア見学センターホームページ構築業務委託企画提案書審査
基準」による。
(6)受託者の決定
第一次審査、第二次審査により選定された最も優れた提案を行った提案者を契約締結候補者とし
て、委託業務に関して必要な協議を行うものとし、協議が合意に至った場合は、本委託業務の契約
の手続きを行う。
9 著作権
成果品に係る権利は、山梨県に帰属するものとする。
10 その他
(1)提案参加資格の喪失
業務選定日から委託契約の締結までに、実施要領において提示された提案参加資格の一部ま
たは全部を喪失した場合には、県は、委託契約を締結しないことができる。
(2)企画提案書の提出辞退
参加表明後に企画提案書の提出を辞退する場合には、
「辞退届出書(様式第8号)
」を企画提案書
の提出期限までに提出すること。なお、企画提案の辞退は自由であり、今後当該辞退による不利益
な取扱いはしない。
(3)配置予定技術者の変更
提案参加資格確認申請書及び企画提案書に記載した配置予定の技術者は、特別の理由がある
と認めた場合を除き、変更することができないものとする。
(4)提案参加資格確認申請書等の差し替え
提出期限以降における提案参加資格確認申請書及び企画提案書の差し替えは認めない。
(5)提案のための費用負担
提案のための費用は、提案者の負担とする。
(6)提案書類の返却
提出された提案書類は返却しない。
(7)秘密の厳守
本提案により知り得た情報を第三者に漏らしてはならない。
Fly UP