...

市民後見人養成講座の受講者を募集します

by user

on
Category: Documents
4

views

Report

Comments

Transcript

市民後見人養成講座の受講者を募集します
問い合わせ先・・・山鹿市地域包括支援センター ☎43 ‐ 1077(山鹿健康福祉センター内)
◆成年後見制度に関するQ&A
Q 成年後見制度とはどんな制度?
Q 成年後見人はどんなことをするの?
A 認知症、知的障がい、精神障がいなどに
A成年後見人の仕事は、本人の財産管理や
よって、物事を判断する能力が十分でな
い人(本人)の権利を守る援助者(成年
後見人)を選ぶことで、本人を法律的に
支援する制度です。
Q どのような種類があるの?
A 任意後見制度
…判断力が不十分になる前に
将来、判断力が不十分となった場合に
備えて「誰に」「どのような支援をしても
らうか」をあらかじめ契約により決めて
おく制度です。
法定後見制度
…判断力が不十分になってから
家庭裁判所によって、援助者として成
年後見人等(成年後見人・保佐人・補助人)
が選ばれます。利用するためには、家庭
裁判所に審判の申し立てをします。
契約などの法律行為に関するものに限ら
れていて、食事の世話や実際の介護など
は成年後見人の仕事ではありません。具
体的には、次のようなことを行います。
①財産目録を作り、今後の予定を立てる。
(本人の財産の状況を明らかにし、家庭
裁判所に財産目録を提出し、財産管理
や介護、入院などの契約について、今
後の計画を立てます)
②日々の生活で、本人の財産を管理する。
(預金通帳などを管理し、収入や支出を
記録します)
③必 要に応じ、本人に代わって契約を結
ぶ。(介護サービスの利用契約や、施設
への入所契約などを本人に代わって行
います)
④仕 事の状況を家庭裁判所に報告する。
(成年後見人として行った仕事の報告を
し、必要な指示などを受けます)
市民後見人養成講座の受講者を募集します
成年後見制度の普及や啓発、後見人活動ができ
る人材を養成しています。
・募集人数 10 人
・募集期間 6月1日㈪~6月 30 日㈫
・受講料 無料
・対 象者 山鹿市に住所登録があり、仕事をして
いない人で成年後見制度に関心のある人、将来市
民後見人として活動できる人
・会場 山鹿健康福祉センター他
・申込先 山鹿市社会福祉協議会 ☎ 36 − 9211
※こ の講座を修了した人の、後見人活動などを保
証するものではありません。
※定 員に満たない場合は、開催を中止することが
あります。
・日程
回
期日
時間
1
7月 25 日㈯
午前9時半〜午後3時半
2
8月8日㈯
午前 10 時〜午後4時半
3
9月 12 日㈯
午前9時〜午後4時
4
9月 26 日㈯
午前 10 時〜午後4時
5
10 月3日㈯
午前 10 時〜午後4時半
6
10 月 10 日㈯
午前9時半〜午後5時
7
10 月 21 日㈬
午前 10 時〜午後4時
8
11 月 14 日㈯
午前 10 時〜午後4時
9
11 月 25 日㈬
午前9時半〜午後5時
10
12 月5日㈯
午前 10 時〜午後3時半
※日程は変更する場合があります。
広報やまが 2015.6.1 34
山鹿市地域包括支援センターだより
認知症と成年後見制度について
◆認知症の症状
認知症とは「脳の障がいによって、日常
生活や社会生活に支障をきたす状態」のこ
とです。
人によって症状はさまざまですが、一番
多い症状は記憶障がい(もの忘れ)です。
認知症のもの忘れの特徴は、体験の全部を
忘れることです。
例えば、一般的なもの忘れは、何を食べ
たか(体験の一部)を忘れますが、認知症
の場合は、食事したこと自体を忘れてしま
います。
認知症には、認知症の人に必ず見られる
症状と、周囲の環境や関わる人の対応で変
わる症状があります。
認知症の人に必ず見られる症状
(中核症状)
・記憶障がい
・理解、判断力の障がい
・見当識障がい
・実 行機能障がい(計画を立てたり、
一連の動作ができなくなったりする)
周囲の環境や関わる人の対応で
変わる症状(行動・心理症状)
・うつ状態、意欲低下
・不安、落ち着かない
・興奮、暴力
・歩き回る
・見 えないものが見える、聞こえな
いものが聞こえる
※行 動・心理症状は、心理的ストレ
スに基づく症状で、必ず発症する
のではなく、周囲の人の対応や環
境で良くなったり、悪くなったり
します。
35 2015.6.1 広報やまが
◆誰にでも起こりうる「脳の病気」
「認知症の人は何も分からないから、か
えって幸せ」と思う人もいるかもしれませ
ん。しかし、本人は不安を感じるなどとて
も苦しんでいます。
認知症の人は、何も分からない、何もでき
ないのではありません。自分の記憶が失われ
ていくことに不安を抱えていたり、お金や家
族、家のことを心配したりしています。
認知症は誰にでも起こりうる「脳の病気」
です。症状が軽いうちに、症状が重くなっ
たときの対応を決めておいたり、権利侵害
を防ぐ対策を取っておいたりすることもで
きます。必要に応じて、成年後見制度を活
用しましょう。(右ページをご覧ください)
◆山鹿市の取り組み
山鹿市では、認知症になっても本人の意
思を尊重し、できる限り住み慣れた地域の
よい環境で暮らし続けるために、認知症の
人やその家族に早期に関わる「認知症初期
集中支援チーム」を設置しています。早期
診断・早期対応に向けた支援体制の構築に
取り組んでいます。
認知症の相談員も配置していますので、
お気軽にご相談ください。
Fly UP