...

障がい者ホームヘルプサービス利用者に対する支援措置事業[PDF

by user

on
Category: Documents
2

views

Report

Comments

Transcript

障がい者ホームヘルプサービス利用者に対する支援措置事業[PDF
平 成 22年 度 決 算
平 成 23年 度 予 算
事 務 事 業 マ ネ ジ メントシ ー ト
事務事業名
政策名
施策名
基本事業名
予算科目
障害者ホームヘルプサービス利用者に対する支援措
置事業
総
合
計
画
体
系
会計
1
事業期間
作成日
平 成 22 年 6 月 23 日
実 施 計 画 上 の 主 要 事 業 (補 記 : )
安 心 して 暮 ら せ る ま ち づ くり
所属部 健康福祉部
所属課 高齢福祉課
高 齢 者 ・障 害 者 福 祉 の 充 実
所属係 介護保険係
課 長 名 井 間 亮
介護保険制度の安定的運営
担当者名 大 橋 宏
款
項
3
目
1
大事業名
8 介護保険特会事業費
単年度のみ
単年度繰返
( 開始年度
電話番号
024-575-1299
(内 線 ) 1521
事業番号
01284
12
年度
∼ )
期間限定複数年度
(
年度
∼
年度
)
1 事 務 事 業 の 現 状
(1 )手 段
① 事 務 事 業 の 概 要 (具 体 的 な や り 方 、 手 順 、 詳 細 。 期 間 限 定 複 数 年 度 事 業 は 全 体 像 を 記 述 )
障 害 者 施 策 に よ る ホ ー ムヘ ル プサ ー ビ ス を 利 用 して い た 低 所 得 の 障 害 者 で 介 護 保 険 制 度 の 適 用 を 受 け る ことに な った 者 等 に 利 用 者 負 担 の 軽 減 措 置 を 講 じ、訪 問 介 護 等 の サ ー ビ ス の 継 続 的 な 利 用 の 促 進
を 図 る 。 障 害 者 自 立 支 援 法 に よ る ホ ー ム ヘ ル プ サ ー ビ ス の 利 用 に お い て 境 界 層 該 当 と し て 定 率 負 担 額 が 0円 の 者 で 次 の い ず れ か に 該 当 す る 者 。 65歳 到 達 以 前 の お お む ね 1年 間 に 障 害 者 施 策 の ホ ー ム ヘ
ル プ サ ー ビ ス を 利 用 し て い た 者 。 特 定 疾 病 で 要 介 護 又 は 要 支 援 状 態 に な っ た 40歳 か ら 64歳 ま で の 者 。 (現 在 該 当 者 な し )
② 事 業 費 の 内 訳
③ 正 規 職 員 の 業 務 内 容 ・延 べ 業 務 時 間 の 内 訳
申 請 ・交 付 業 務 1H 、 更 新 業 務 1H 計 2H
④ 法 令 根 拠
⑤ 昨 年 度 実 績 及 び 本 年 度 計 画
・22年 度 実 績
対象該当者なし。
活 動 指 標 (事 務 事 業 の 活 動 量 を 表 す 指 標 )数 字 は 記 入 し な い
名称
ア 訪問介護利用者負担減額対象者数
・23年 度 計 画
予算措置なし。
対 象 者 が 発 生 し た 場 合 は 、 福 島 県 「障 害 者 ホ ー ム ヘ ル プ サ ー ビ ス 利 用 者 に 対 す
る 支 援 措 置 事 業 実 施 要 綱 」に 基 づ き 、 利 用 者 負 担 減 免 を 実 施 。 (補 正 予 算 で 対
応)
単位
人
イ 訪問介護利用者負担減額措置費総支給額 千円
ウ
(2 ) 目 的
① 対 象 (誰 、 何 を 対 象 に し て い る の か )* 人 や 自 然 資 源 等
障害者施策によるホームヘルプサービスを利用していた低所得の障害者で介
護保険制度の適用を受けることになった者等
対 象 指 標 (対 象 の 大 き さ を 表 す 指 標 )数 字 は 記 入 し な い
名称
単位
人
ア 訪問介護利用者負担減額利用者数
イ
ウ
成 果 指 標 (対 象 に お け る 意 図 の 達 成 度 を 表 す 指 標 )数 字 は 記 入 し な い
名称
単位
ア 利 用 者 負 担 減 額 利 用 者 数 /利 用 者 負 担 減 額 対 象 者 数 %
イ
ウ
上 位 成 果 指 標 (施 策 の 成 果 指 標 )数 字 は 記 入 し な い
名称
単位
ア 利 用 者 負 担 減 額 に対 す る対 象 者 の満 足 度 %
イ
ウ
② 意 図 (上 記 の 手 段 に よ っ て 、 対 象 を ど の よ う な 状 態 に す る の か )
介護サービスの利用者負担が軽減される。
(3 )上 位 目 的 (施 策 の 目 的 )※ 施 策 マ ネ ジ メ ン トシ ー トを 参 照
① 対 象 :障 害 者 施 策 に よ る ホ ー ム ヘ ル プ サ ー ビ ス を 利 用 し て い た 低 所 得 の 障 害
者で介護保険制度の適用を受けることになった者等
② 意 図 :介 護 サ ー ビ ス の 利 用 促 進 が 図 れ る 。
(4 ) 総 事 業 費 ・指 標 等 の 推 移
単位
国庫支出金
財 都道府県支出金
事 源
地方債
業 内
その他
投 費 訳
一般財源
入
事 業 費 計 (A )
量
人 正規職員従事人数
件
延べ業務時間
費
人 件 費 計 (B )
ト ー タ ル コ ス ト (A )+ (B )
活動指標
対象指標
成果指標
上位成果指標
ア
イ
ウ
ア
イ
ウ
ア
イ
ウ
ア
イ
ウ
千円
千円
千円
千円
千円
千円
人
時間
千円
千円
17 年 度
18 年 度
19 年 度
20年 度
21年 度
22年 度
27年 度
(実 績 )
(実 績 )
(実 績 )
(実 績 )
(実 績 )
(実 績 )
(最 終 目 標 )
0
836
684
151
279
1,115
1
40
130
1,245
28
1,115
172
856
1
40
130
986
23
971
51
202
1
40
130
332
18
202
28
27
18
100
100
100
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
ver.09.04
− 1枚 目 −
事務事業名
障害者ホームヘルプサービス利用者に
対する支援措置事業
所属部 健康福祉部
所属課 高齢福祉課
(5 )事 務 事 業 の 環 境 変 化 ・住 民 意 見 等
① この事務事業を開始したきっかけは何か?いつ 頃どんな経緯で開始されたのか?
平 成 12年 4月 に 介 護 保 険 法 が 施 行 さ れ た こ と に 伴 い 、低 所 得 に 対 す る 経 過 措 置 と し て 制 度 が 設 け ら れ た 。
② 事 務 事 業 を 取 り 巻 く 状 況 (対 象 者 や 根 拠 法 令 等 )は ど う 変 化 し て い る か 、 開 始 時 期 あ る い は 5 年 前 と 比 べ て ど う 変 わ っ た の か ?
平 成 12年 か ら 5年 間 の 経 過 措 置 と し て 実 施 さ れ て き た が 3年 間 延 期 さ れ 、経 過 措 置 対 象 者 は 平 成 20年 6月 で 終 了 と な っ た 。
経 過 措 置 対 象 者 の 負 担 割 合 … 3 % (H 12.4-H 19.6)→ 6 % (H 19.7-H 20.6)→ 1 0 % (H 20.7∼ )
制 度 移 行 措 置 対 象 者 に つ い て は 支 援 措 置 が 継 続 さ れ る が 、現 在 該 当 者 な し 。
③ こ の 事 務 事 業 に 対 し て 関 係 者 (住 民 、 議 会 、 事 業 対 象 者 、 利 害 関 係 者 等 )か ら ど ん な 意 見 や 要 望 が 寄 せ ら れ て い る か ?
特になし。
2 評 価 (原 則 は 事 後 評 価 、 た だ し 複 数 年 度 事 業 は 途 中 評 価 。 )
①施策目的との整合性
こ の 事 務 事 業 の 目 的 (対 象 ・意 図 )は 施
策 の 目 的 に 整 合 してい るか?
見 直 し 余 地 が あ る (必 ず し も 結 び つ い て い な い )
整合している
※ ど の 部 分 が ど の ように 整 合 して い な い の か ?
⇒廃止または目的再設定へ
目
② 行政関与の妥当性
見 直 し 余 地 が あ る (行 政 役 割 と 整 合 し て い な い 。 関 与 軽 減 で き る ) ⇒ 廃 止 、 行 政 関 与 の 軽 減 ・強 化 へ
的 こ の 事 務 事 業 の 目 的 (対 象 ・意 図 )は 施
※ ど の 部 分 が ど の よ う に 整 合 し て い な い の か ? ど の 部 分 を ど の よ う に 軽 減 ・強 化 で き る の か ?
妥 策 に お け る 行 政 (市 )の 役 割 と 整 合 し て い
当 るか?
性 行 政 (市 )の 関 与 を 軽 減 で き な い か ま た
妥当である
評 は強 化 す べ きではない か?
価
③ 対 象 ・意 図 の 妥 当 性
見直し余地がある
⇒目的再設定へ
こ の 事 務 事 業 の 目 的 (対 象 ・意 図 )は 実
適切である
態 か らみ て 、 対 象 を 限 定 ・追 加 す べ き か ? ※ ど の 部 分 が 限 定 ・追 加 (拡 充 )で き る の か ?
意 図 を 限 定 ・拡 充 す べ き か ?
④ 成果の向上余地
向上余地がある
⇒ 事 務 事 業 の や り 方 改 善 (成 果 向 上 )へ
成 果 指 標 の 実 績 値 の 向 上 余 地 はある
向上余地がない
⇒ 終 了 ・廃 止 の 検 討 へ
か?頭打ちではないか?成果指標のある ※ 余 地 が あ る 場 合 、差 の 原 因 は 何 か ? 余 地 が な い 場 合 の 根 拠 は 何 か ?
べ き水 準 と実 績 値 の 差 はない か?
減 免 対 象 者 に 減 免 認 定 証 を交 付 し、そ の 減 免 認 定 証 をサ ー ビ ス事 業 所 に 提 示 す ることに より利 用 者 負 担 の 減 免
を受 ける。
⑤ 廃止または活動量削減の
影響無
⇒廃止または活動量削減へ
影響有
有 成 果 へ の 影 響
効 廃 止 ま た は 活 動 指 標 の 実 績 値 を 削 減 し ※ ど の よ う な 影 響 が あ る の か (誰 が ど の よ う に 困 る の か )?
低 所 得 者 の 利 用 者 負 担 が 大 きくな り、ホ ー ム ヘ ル プ サ ー ビ スが 利 用 しづ ら くな る。
性 た場合の 影響の 有無とその 内容は?
評
価
⑥ 他 事 業 と の 統 廃 合 ・連 携 の
可 能 性
類 似 目 的 や 手 段 を 持 つ 他 の 事 務 事 業 が あ る (民 間 や 国 ・県 の 事 務 事 業 を 含 む )
※ 具 体 的 な 手 段 、事 務 事 業 名 :
類 似 の 目 的 や 手 段 を持 つ 他 の 事 務 事 業
統 廃 合 ・連 携 が で き る
⇒事務事業統廃合または連携強化へ
は な い か ? そ れ らと の 統 廃 合 や 連 携 強 化
統 廃 合 ・連 携 が で き な い
に よ り、 成 果 の 向 上 ま た は 活 動 量 削 減 が
※ 統 廃 合 ・連 携 が で き な い 理 由
期 待 できない か?
⑦ 活動量に対する事業費の
削 減 余 地
他に手段がない
活動量に対する事業費の削減余地がある
⇒ 事 務 事 業 の や り 方 改 善 (事 業 費 削 減 )
※
活 動 指 標 の 実 績 値 を下 げない で事 業 費
を 削 減 で き な い か ? (仕 様 や 工 法 の 適 正
削減余地がない
化 、 発 注 ・契 約 方 法 の
※ 削 減 が で きな い 理 由
改 善 、住 民 の 協 力 など)
効
・法 令 の 定 め に よ り 県 、 市 町 村 の 負 担 割 合 が 決 ま っ て お り 、 削 減 は 出 来 な い 。
率
⑧ 活動量に対する人件費の
活動量に対する延べ業務時間の削減余地がある
⇒ 事 務 事 業 の や り 方 改 善 (延 べ 業 務 時 間 の 削 減 )
性 削 減 余 地
※
削
減
可
能
な
業
務
評
動指標の実績値を下げないで人件費
正職員以外の職員対応や委託による人件費削減余地がある
⇒正職員業務の移管
価 を活
削 減 で き な い か ? (業 務 の 方 法 改 善 等
に よる延 べ 業 務 時 間 の 削 減 、正 職 員 以 外
の職員の活用や委託等)
※ 移 管 可 能 な 業 務
削減余地がない
※ 削 減 が で きな い 理 由
既 に シ ステ ム で 管 理 され て い るた め 、これ 以 上 削 減 で きな い 。
⑨ 受 益 機 会 ・費 用 負 担 の
受 益 機 会 の 見 直 し 余 地 が あ る (受 益 者 に 偏 り が な い か )
公 適 正 化 余 地
受益者負担の見直し余地がある
平
事 務 事 業 が 一 部 の 受 益 者 に 偏 っ て い て ※ 具 体 的 な 受 益 ・負 担 内 容
性
評
価
⇒受益機会の見直しへ
⇒受益者負担の見直しへ
不公平ではないか?受益者負担は公平・
公 正 に なってい るか?
受 益 機 会 、受 益 者 負 担 と も に 適 正 で あ る 。
ver.09.04
− 2枚 目 −
事務事業名
障害者ホームヘルプサービス利用者に対
所属部 健康福祉部
する支援措置事業
所属課 高齢福祉課
3 一 次 評 価 結 果
(1 )評 価 と 今 後 の 方 向 性
(2 )成 果 ・活 動 ・コ ス トの 方 針
(評 価 ・事 業 の 方 向 性 )
(改 革 改 善 の 方 向 性 )
① 事 務 事 業 の 目 的 (対 象 ・意 図 )の 再 設 定 ② 行 政 (市 )関 与 の 軽 減
③ 行 政 (市 )関 与 の 強 化
④ 事 務 事 業 の 活 動 量 削 減
⑤ 他 の 事 務 事 業 との 統 廃 合
⑥ 他 の 事 務 事 業 との 連 携 強 化
⑦ 事 務 事 業 の や り 方 改 善 (成 果 向 上 )
⑧ 事 務 事 業 の や り 方 改 善 (事 業 費 の 削 減 )
⑨ 事 務 事 業 の や り 方 改 善 (延 べ 業 務 時 間 の 削 減 )
⑩ 正 職 員 業 務 の 移 管 (ア ウ ト ソ ー シ ン グ 等 )
⑪ 受 益 機 会 の 見 直 し
⑫ 受 益 者 負 担 の 見 直 し
A 目 的 妥 当 性
適切
見 直 し余 地 あり
廃止
B 有 効 性
適切
見 直 し余 地 あり
廃 止 (終 了 )
C 効 率 性
適切
見 直 し余 地 あり
D 公 平 性
適切
見 直 し余 地 あり
A 成 果
①向上
②維持
③低下
B 活 動 量
①増加
②維持
③削減
C 事 業 費
①増加
②維持
③削減
E 市 民 協 働
適切
見 直 し余 地 あり
協働不可
(3 )改 革 改 善 の 具 体 的 な 内 容
※一次評価結果や共 通 事 務 運 用 指 針 等 に基づき事業の課題や問題点を記入。
問題点な
ど
※課題や問題点を解決する為に必要な改革改善について記入。
改革改善
の内容
(4 )改 革 改 善 を 実 施 す る う え で 解 決 す べ き 課 題 (壁 )と そ の 解 決 策
課題等
次年度以降の改善事項
※課題等を箇条書きで記入
※課題等に対する課の方針
対応期限
a
b
c
d
e
4 改 革 改 善 の 経 過
(△ 調 査 ・検 討 ◎ 実 施 ⇒ 継 続 )
18 年 度
19 年 度
20年 度
21年 度
22年 度
23年 度
27年 度
a
b
c
d
e
事務事業の見直し
改革改善実施の経過
◆事務事業優先度評価結果
施策直結度
高
中
低
成果向上度
− 3枚 目 −
高
中
低
Fly UP