...

市原市は東京都心からほぼ 50 キロメートル圏で千葉県房総半島の中央

by user

on
Category: Documents
22

views

Report

Comments

Transcript

市原市は東京都心からほぼ 50 キロメートル圏で千葉県房総半島の中央
第2章
市原市の情勢
市原市は東京都心からほぼ 50 キロメートル圏で千葉県房総半島の中央に位置し、北は千葉市、
東は茂原市、長柄町、長南町、大多喜町、西は袖ケ浦市、木更津市、君津市に接しています。
市域は東京湾から房総丘陵にかけて南北約 36 キロメートル、東西約 22 キロメートルと南北方
向に長く伸び、面積は約 368 平方キロメートルと、県内一の面積を有する広域都市です。
本市は昭和 38 年(1963)5月に市原、五井、姉崎、市津および三和の5町合併により、市制
が施行され、昭和 42 年(1967)10 月、南総町、加茂村と合併し現在の市域となりました。
全国で人口および産業の都市部への集中が進んだ昭和 30 年代、本市の臨海部の広大な埋立地
には大規模な工場の立地が進み、工業都市として発展する基礎が作られました。
昭和 40 年代の高度経済成長期には、工業都市として一層発展するとともに、県都千葉、首都
東京のベッドタウンとして住宅団地の造成や市街地整備がさらに活発化し人口も急激に増加しま
した。石油化学工業をはじめとする大手企業が多数進出し、京葉臨海工業地帯の中核都市として
の発展期を迎えます。
(現在の市原市の姿)
第2章
市原市の情勢
その後も、東日本旅客鉄道(JR)各駅周辺とその後背地で宅地化が進行し、国分寺台、千原
台(現在のちはら台地区)の土地区画整理事業や光風台団地などの大規模開発が進み、人口・世
帯数はさらに増加し、平成 10 年(1998)には人口 28 万人を突破しました。
現在、臨海部にはわが国最大級の石油化学コンビナートが形成され、平成 24 年(2012)の市
町村別製造品出荷額等は全国第2位(千葉県内第1位)に位置するなど、名実ともにわが国を代
表する工業都市となりました。
本市の鉄道網としては臨海部を通過し、市を東西に横断するJR内房線、市域を南北に縦断す
る小湊鉄道およびちはら台地区と千葉市方面を結ぶ京成電鉄千原線から形成されています。
また、道路網は東京湾岸に沿って東西に走る国道16号および東関東自動車道館山線、市を南
北に縦断する国道297号および南総地区を横断する国道409号や首都圏中央連絡自動車道等
が骨格を形成しています。[図表4]
[図表4:広域的な交通網]
出典:国土地理院ホームページ
第2章
市原市の情勢
本市の人口は昭和 38 年(1963)の市制施行時は7万3千人でしたが、急速な都市化により、
昭和 51 年(1976)に 20 万人、平成元年(1989)に 25 万人を突破し、平成 10 年(1998)に
は 28 万人まで増加しました。
しかし、近年は少子化の進行等により、おおむね横ばいで推移しています。[図表5]
[図表5:人口、世帯数の推移]
出典:毎月定住人口調査(各年 4 月 1 日時点。ただし昭和 38 年は 5 月 1 日時点。)
*住民基本台帳法改正により、平成 25 年データから、外国人住民数を含みます。
[図表6:年齢別男女数(平成 22 年)]
出典:平成 22 年国勢調査
第2章
市原市の情勢
本市は広域で、南北方向に向かって海岸部から丘陵地へと変化に富んだ地形が広がっており、
多様な土地利用がなされています。
臨海部の埋立地は日本有数の工業地帯として発展し、北部の平坦地と丘陵地には、鉄道駅、商
業施設や住宅が集積しています。
中部は市を南北に貫く養老川の中流域に緑豊かな田園風景が広がり、南部は養老渓谷や大福山
などの豊かな自然に恵まれています。
固定資産概要調書によれば、本市の土地利用の構成は、宅地 15.2%、田・畑 18.3%、山林 22.8%、
原野等 2.7%、雑種地 7.9%、その他 33.1%となっています。
近年の土地利用の動向としては、平成 17 年(2005)から平成 26 年(2014)にかけて、宅地
が 4.8%増加し、田畑、山林等は 23.4%減少しています。[図表7]
[図表7:本市の土地利用の動向]
出典:固定資産概要調書
53,586,689
56,148,842
4.8%
77,366,714
67,395,350
-12.9%
93,815,372
83,999,428
-10.5%
8,664,090
9,826,421
13.4%
29,240,056
28,923,129
-1.1%
105,527,079
121,906,830
15.5%
368,200,000
368,200,000
Fly UP