...

フィンランド酪農の現状

by user

on
Category: Documents
30

views

Report

Comments

Transcript

フィンランド酪農の現状
LIAJ NEWS-101 06.11.29 0:01 PM ページ6
海 外 情 報
はじめに
プロフィール
第35回ICARおよびINTERBULLの総会が6月2∼
正式には、スオミ共和国という(湖沼が多いという
12日までの間、フィンランドのクオピオで開催され、
意味)。北緯60∼70度に位置し、アイスランド等とな
参加する機会を得た。総会の概要については次号で報
らび世界最北の国家。面積は338千
告する予定であるが、期間中フィンランドの酪農現場
小さい。人口は519万人(北海道と同程度)。スウェ
や乳業プラント等に接する機会もあったので、そこで
ーデンとロシアの支配期間が長く続き、1917年のロシ
知り得た情報をまず若干紹介したい。
ア革命時に独立した建国90年の若い国である。氷河時
わずか1週間程度の滞在で、フィンランド酪農を語
代の影響により湖沼が多く、「森と湖の国」と呼ばれ
ることは出来ないが、農業国としては世界の中で最も
る美しい国である。その呼称の通り国土の65%は森林
北に位置する厳しい自然条件下での酪農を知ることは、
であり林業が盛んで、「森林の無いフィンランドは毛
生乳の需給緩和による減産型計画生産が行われている
のない熊」「緑の黄金」という考え方に基づき、植林に
わが国において、今一度、酪農の原点に立ち返る参考
熱心に取り組んでいる。
になるかもしれない。
また、最近ではIT産業が極めて盛んであり、イン
で日本よりやや
ターネット普及率では本家アメリカを越えている。今
回参加したICARのオープニングセッションでスピ
ーチを行ったノキア社はフィンランドの携帯電話会社
であるが、世界シェアで35%(2005年)を占める世界
一の携帯電話会社である。
酪農概況
クオピオ
国土の4分の1は北極圏であり、気温は首都ヘルシ
ンキで、夏は15∼20℃、冬は−5∼−10℃である。酪
ヘルシンキ
農の主力地域は、ヘルシンキより、さらに北方へ約
300kmの、ICARが開催されたクオピオを中心に西海岸
へ延びる北緯63度の地域であり、ミルクベルトと呼ば
れている。気温はヘルシンキより5℃程度低い。フィ
ンランドは白夜の国でも有名であるが、気温と日照時
間の関係から耕作の適期は短く、南西地域は180日、
北部では110日しかない。こういった過酷な自然環境
6
LIAJ NEWS-101 06.11.29 0:01 PM ページ7
海 外 情 報
●フィンランド最大の乳業メーカープラント
●非常に厳しい検査が行われている
であるから、乳牛は毎年8∼9ヵ月間は外に出すこと
ができず舎飼いされる。作物は限定的で、収穫が見込
めるのは、牧草、大麦とジャガイモだけである。この
牛群検定概況
ことからフィンランドの飼料はグラスサイレージが中
心となっている。
2005年のフィンランドの酪農家戸数は15,840戸、飼
フィンランドにおける平均飼養頭数は20頭、年1頭
養頭数は316,800頭、生産量は年間229万tである。日
当たり7,835kgである。牛群の飼養頭数と年間平均の
本と単純に比較すれば、「なんだ? 日本以下ではな
生産量は今後も成長を続けるが、農家と牛の数は減少
いか?」と思われるかもしれない。しかし、ここで注
するだろうと予測されている。とりわけ酪農家戸数は、
意すべきは人口である。国民1人当たりで計算すると、
10年以内に半減するとされている。このことは今後い
フィンランド国民1人当たり442kgになる。日本の場合、
かに労働効率を強化し、生乳生産コストを削減するか
同年の生産量の年間840万tを人口1億2620万人で割る
が最重要課題であることを意味している。
とわずか66kgにしかならない。日本では冷夏の年は牛
フィンランドにおける乳牛の割合は、エアシャーが
乳が売れないとも言われているが、万年冷夏のフィン
約71%、ホルスタインが28%、フィンランド固有のそ
ランド、しかもEU内で貿易が完全自由化されており、
の他の乳牛が1%である。エアシャーの改良にかけては、
近隣国に酪農王国デンマークやオランダがあるにもか
世界のレッド系乳牛では「世界最高」を自称している。
かわらず輸出(生乳の約25%)まで行われていること
日本的な感覚としては、ホルスタインが当然という
を考えると、いくら食習慣や加工用と飲用の違いがあ
思いがあるが、フィンランドにおいてエアシャーの飼
るとしてもこの数字に改めて驚かれるだろう。では、
養頭数が多い理由として、その品種特性である優れた
こういった過酷な自然環境および経済環境で、どのよ
耐寒性、強健性、小柄な体格、粗飼料の利用性等があ
うにしてフィンランド酪農が成立しているのかをみて
げられる。早い話が、寒すぎてホルスタインでは生産
いきたい。
性を保てないのである。
こういったことからエアシャーはフィンランドに限
らず同様の自然環境であるノルウェー、スウェーデン
でも広く飼養されている。表に、フィンランドの牛群
7 −LIAJ News No.101−
LIAJ NEWS-101 06.11.29 0:01 PM ページ8
海 外 情 報
検定の成績(2005年)を示すが、エアシャーはホルス
タインに比べ乳量でこそやや劣るものの、乳成分にお
いてはホルスタイン以上の能力であり、そのうえで耐
寒性に優れ、小柄で強健であれば、エアシャーが好ま
れることもうなずけよう。検定成績としても、平均の
体細胞数は極めて少なく乳質として良質である。
また、分娩間隔も日本と比較して極めて優秀である。
なお、検定の普及率は、検定農家69.1%、検定牛77.1
%である。
牛群検定の活動体制
①組 織
●訪問した農家の自慢の一頭!
改良につ いて
農家自身によって組織されるProAgriaと呼ばれる組
織によって牛群検定が運営されている。ProAgriaは全
国20の地域指導センター(4つのスウェーデン語地域
牛群検定としての活動のほんの一部であるが、日本
を含む)から成り、約800人のアドバイザー(うち220
でも参考にすべき点は多いと思われる。 人が牛群検定関連)を雇用している。
フィンランドの乳牛の中心は1900年代半ばに輸入さ
②指 導
れたエアシャーである。以後、エアシャー中心に改良
フィンランドのみならず北欧では牛群検定自体は自
を進めてきており、全体の71%を占めている。
家検定が中心である。
このことから、後代検定にかける候補種雄牛は、毎
その比率は全検定の97.3%にも及ぶ。北欧において
年、エアシャー120頭、ホルスタイン50頭、フィンラ
自家検定が普及したのは、やはりその厳しい自然環境
ンド固有種8頭 計約180頭である。後代検定において、
によるものと思われる。1960年代に現在の自家検定を
1種雄牛あたり150∼250頭(平均200頭)の娘牛を生
中心とした方式が確立している。1960年代と言えば、
産する。これは、1酪農家における全授精のうち40%
まだ道路事情も良くないであろうし、太陽の昇らない
に相当する。日本においては、ご存じのとおり、185
季節に立会検定は不可能であったに違いない。その代
頭の種雄牛を毎年後代検定にかけているので、ほぼ同
わりにアドバイザーによる指導は充実している。
じ種雄牛頭数ではあるが、娘牛数が日本の場合50頭で
アドバイザーの専門的知識は、食肉、経営、環境保
あるから、実に4倍の娘牛を生産していることになる。
護におよぶ。アドバイザーは年2∼6回検定農家を訪問
後代検定において、国内での飼養環境下での能力を検
の上指導を行い、牛群検定成績を分析して、あらゆる
定することが最も重要であるが、まさにフィンランド
改善の提案を行う。経済指標と農家との対話により、
では率先して、このことを実施しているのである。や
農家の総合的な競争力を計画、経営知識、指導力、適
はり他国に例をみない厳しい自然下での飼養環境であ
性 、ユーザー管理、プロセスの6項目から評価する。
るため、インターブルによる輸入精液に頼ることが出
生産面では、生産分析用のツールにより農家ごとに
来ないからであろう。
分析できる。プロフィールで紹介したとおりフィンラ
フィンランドにおける選抜のための総合指数はTMI
ンドはIT大国であるので、このツールはインターネッ
(T o t a l M e r i t I n d e x)と呼ばれ、蛋白質量1.0、乳脂
トで公開されており、アドバイザーと農家がいつでも
肪量0.3、蛋白質率0.3、受胎率0.4、乳房形状0.5、乳器
利用出来るようになっている。常に農家はフィンラン
障害0.3に重み付けされている。乳器障害などは、獣
ド内でのベンチマーク(基準)とポジショニング(基
医師の協力によりデータ収集しており、受胎率を含め
準から見て良いかどうか)を知ることができるように
るなど、日本とは概念的にかなり異なる。
なっている。
8
LIAJ NEWS-101 06.12.8 9:11 AM ページ9
9 −LIAJ News No.101−
Fly UP