...

カナダWeekly Report_New Template

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

カナダWeekly Report_New Template
ご参考資料
2013年9月20日基準
カナダ Weekly Market Report
1.マクロ経済の動向: 予測値を上回る堅調な経済指標の発表
●前週発表されたカナダ経済指標は、比較的堅調な内容でした。
●17日発表の7月の製造業売上高は予測値を大きく上回り、前月比で1.7%上昇しました。幅広い業種で上昇
し、その他製品、金属製品、木材製品、石油・石炭製品が特に堅調でした。
●19日発表の7月の卸売売上高は機械、建材・住宅関連の売り上げが寄与し、予測値を上回る1.5%の上昇と
なりました。
●20日発表の8月の消費者物価指数は予測値どおり前年比で1.1%上昇しました。住宅ローン金利が一年前と
比べ下落する中 、家賃支払いやエネルギー消費が増えたことなどで、住宅関連費用や輸送費用が上昇しま
した。
●今週は、7月の小売売上高などの指標が発表される予定です。
◆前週発表された主要経済指標 (単位は、B:十億、M:百万、K:千)
発表日
9月17日
9月19日
9月20日
9月20日
経済指標
対象期間
製造業売上高(前月比)
卸売売上高(前月比)
消費者物価指数(前年比)
CPIコア(前年比)
7月
7月
予測値
実績値
前回値
0.5%
1.7%
1.5%
1.1%
-0.1%
-3.1%
1.3%
1.3%
1.4%
1.2%
1.1%
1.3%
8月
8月
出所:Bloombergデータをもとにマニュライフ・インベストメンツ・ジャパンが作成
※予測値、実績値、前回値は、当資料作成時点の数値です。
2.金融市場の動向:
米金融緩和縮小見送りで、カナダドル、株式、債券が上昇
■外国為替市場 (数値は基準日の値、カッコ内は前週末比)
◆1カナダドル:
96.40 円 (+ 0.41 円)
◆1カナダドル : 0.971 米ドル (+ 0.005 米ドル)
※ご参考 1米ドル :
●対日本円:前週末に比べカナダドル高/円安とな
りました。日銀高官が金融市場混乱時に追加金融
(円)
105
緩和策を取る可能性を示したことなどから円を売る
100
動きが強まり、カナダドル高/円安となりました。
1.030 カナダドル (- 0.005 カナダドル)
【 カナダドルの対円・対米ドルレートの推移(直近1年) 】
(米ドル)
1.35
カナダドル/円(左軸)
カナダドル/米ドル(右軸)
1.30
95
1.25
90
1.20
●対米ドル:前週末に比べ小幅ながらカナダドル
85
高/米ドル安となりました。カナダの製造業売上高
80
カナダドル高
1.15
1.10
カナダドル安
が堅調だったことに加え、金融緩和に消極的とみら
75
れていたサマーズ氏がFRB(米連邦準備制度理事
70
1.00
会)次期議長候補を辞退したことや、FRBが金融緩
65
0.95
和の早期縮小を見送ったことから、カナダドル高/
60
米ドル安となりました。
'12/09
1.05
0.90
'12/12
'13/03
'13/06
'13/09
出所:Bloombergデータをもとにマニュライフ・インベストメンツ・ジャパンが作成
■投資信託は、主に値動きのある有価証券等に投資しますので、基準価額は変動します。このため投資元本が保証されているものではなく、投資元本を割り込むことがありま
す(外貨建資産には為替変動リスクもあります。)。■投資信託をお申込みされる際は、事前に投資信託説明書(交付目論見書)をよくお読みいただき、最終決定はお客さまご
自身でご判断ください。■当資料は、投資判断の参考となる情報提供を目的としてマニュライフ・インベストメンツ・ジャパン株式会社が作成したものであり、特定の投資商品の
推奨を目的としたものではありません。■当資料は、信頼できると判断された情報から作成しておりますが、その正確性・適時性が保証されているものではありません。■当資
料に記載している見通し等は、作成時点のものであり、将来の成果を示唆・保証するものではなく、また今後予告なく変更されることがあります。■各指数に関する著作権など
の知的財産、その他一切の権利は各々の開発元、もしくは公表元に帰属します。
1/2
ご参考資料
2013年9月20日基準
カナダ Weekly Market Report
2.金融市場の動向(つづき)
■株式市場 (数値は基準日の値、カッコ内は前週末比)
◆S&Pトロント総合指数
:
12,806.47 ポイント ( + 83.07ポイント )
●カナダ株式市場は、前週末に比べ上昇しまし
た。全10セクター中、9セクターが上昇しました。
●週初に、FRBの次期議長候補をめぐる動きやシ
リアへの軍事介入懸念の後退などから、投資家の
リスク選好が高まり、金融株や金の上昇を背景とし
た金鉱株などが上昇しました。
●週半ばには、FRBが金融緩和の縮小を見送った
ことで、金鉱株などを中心に株式市場が大きく上昇
しましたが、週末にはFRB高官の発言から金融緩
和の早期縮小懸念が再燃したことなどで、値を下
げました。
【 S&Pトロント総合指数の推移(直近1年) 】
(ポイント)
13,500
13,000
12,500
12,000
11,500
'12/09
'12/12
'13/03
'13/06
'13/09
出所:Bloombergデータをもとにマニュライフ・インベストメンツ・ジャパンが作成
■債券市場 (数値は基準日の値、カッコ内は前週末比)
◆10年国債利回り:
2.691% (- 0.073%)
●カナダ10年国債利回りは、前週末に比べ低下し
ました。
●週の半ばにFRBが金融緩和の縮小見送りを発
表すると、米国国債の利回りが大きく低下し、カナ
ダ国債もこの動きに連動して利回りが大きく低下し
ました。
●週末には、カナダの消費者物価指数の上昇率
が中央銀行の中長期の目標値(+2%)を大きく下回
り、金融緩和政策が続くとの見方から、カナダ国債
の利回りが低下しました。
◆5年国債利回り:
3.0%
2.002% (- 0.116%)
【 10年国債・5年国債利回りの推移(直近1年) 】
2.5%
2.0%
1.5%
1.0%
10年国債
5年国債
0.5%
'12/09
'12/12
'13/03
'13/06
'13/09
出所:Bloombergデータをもとにマニュライフ・インベストメンツ・ジャパンが作成
知ってるカナ? CANADA !!
カナダ生まれのカウチンセーター
日本でも人気のある「カウチンセーター」は、バンクーバー島の先住民カウチン族に由来します。
セーターには、彼らの狩猟文化を反映した自然に関するモチーフ(ワシやシカなどの動物)と
幾何学的なデザインを組み合わせたものが編み込まれています。
もともとは狩猟や屋外での作業着として用いられたため、太い毛糸で編まれ
厚地で丈夫に作られていて、永く着るほどに味わいが深まり、親子2代に
渡って受け継がれるほど耐久性があるといわれています。
また、本来のものは毛の脂肪分を抜かないために撥水性と防寒性に優れ、
コート代わりになるほど暖かいそうです。
(各種情報をもとにマニュライフ・インベストメンツ・ジャパンが作成)
■投資信託は、主に値動きのある有価証券等に投資しますので、基準価額は変動します。このため投資元本が保証されているものではなく、投資元本を割り込むことがありま
す(外貨建資産には為替変動リスクもあります。)。■投資信託をお申込みされる際は、事前に投資信託説明書(交付目論見書)をよくお読みいただき、最終決定はお客さまご
自身でご判断ください。■当資料は、投資判断の参考となる情報提供を目的としてマニュライフ・インベストメンツ・ジャパン株式会社が作成したものであり、特定の投資商品の
推奨を目的としたものではありません。■当資料は、信頼できると判断された情報から作成しておりますが、その正確性・適時性が保証されているものではありません。■当資
料に記載している見通し等は、作成時点のものであり、将来の成果を示唆・保証するものではなく、また今後予告なく変更されることがあります。■各指数に関する著作権など
の知的財産、その他一切の権利は各々の開発元、もしくは公表元に帰属します。
2/2
Fly UP