...

学校だより⑥ 9月号 - 滑川市立南部小学校

by user

on
Category: Documents
39

views

Report

Comments

Transcript

学校だより⑥ 9月号 - 滑川市立南部小学校
平成28年9月号
学 校 だ よ り
№6
滑川市立南部小学校
『 リ オ オ リ ン ピ ッ ク か ら 学 ぶ 』
校長
南 義弘
先日までリオで17日間にわたり開催されたオリンピックでは連日のようにメダルラッシュが続き、
終日、熱戦の様子がメディアから流れ、日本の猛暑に負けないぐらいに熱くなり、手に汗握って応援す
る日が続いたのではないでしょうか。残り数秒での逆転とか、わずか100分の4秒差で惜敗したなど、
本当に名勝負・好勝負が繰り広げられた深く印象に残るオリンピックでした。
その中で、何より日本人選手が大きく進化したのが、外国人選手に対する意識や心の持ち方だと言われています。
すごくポジティブであり、どんな外国人選手に対しても堂々とし、決してひるむことなく挑むようになったことです。
そのことで、勝負どころで力がしっかり発揮できるようになっていたのです。男子400mリレー
での銀メダル獲得はその大きな証の一つかもしれません。一昔前なら日本が決勝に進むことですら
快挙とされ、その時代からすれば今回の銀メダルという結果は凄いの一言でしょう。他にも、卓球
団体で男女がメダル獲得、ラグビーが最強のニュージーランドに勝利、バスケットボール女子でも
世界4位のフランスに勝利したなど、意識や心の持ち方で引けをとらなくなってきたのです。今ま
で立ちはだかっていた壁がなくなり日本人選手がプレッシャーに負けることなく堂々と競うように
なってきた結果だと言えます。本当に、4年後の東京オリンピックで更なる成長が大いに期待でき
るのではないでしょうか。日本人選手の進化した心の持ち方については、スポーツだけに限らず子供たちの日々の教
育活動の中でも大いに参考になるところがあると思います。勉強だって運動だって、する前から自分は出来っこない
とあきらめていたり、最初に出来ない理由を頭の中に浮かべてみたりと困難なことと直面したとき、ともすればネガ
ティブになりがちなのですが、心の持ち方を変えて上手く取り組むための工夫を考えてみたり、出来るようになると
こんなところが変わるかもしれないなどと上手く出来た時の想像を大きく膨らませてみたりして、ポジティブに捉え
ていくことが良い結果を生み出す秘訣なのかもしれません。大いに参考にしたいところです。
そしてまた、日本人選手の活躍からは思わず涙するほどのたくさんの感動も伝わってきました。それは、血のにじ
むような努力、選手同士の絆・友情、支えてくれた方への感謝など、表舞台では十分に表すことの出来ない積み重ね
があったからでしょう。
いよいよ、学校では実りの秋・充実の秋を迎えます。これからも多くの行事が控えています。今回の日本人選手の
活躍にあやかるように南部っ子一人一人が力を十分発揮し、学級や学校全体で大きな力として表すことが出来るよう
になってくれることを期待しています。
南 部 っ 子 の が ん ば り
【
「夏を彩る民俗行事」の俳句】優秀賞
2年
伊織(
「天の川
神谷
【第19回黒部カップミニバスケットボール大会】敢闘賞
【第25回ほたるカップ】3位
おりひめひこぼし わたるはし」)
滑川ミニーズミニバスケットボールクラブ
滑川ミニーズミニバスケットボールクラブ
【ひまわりのせいくらべ】げんきいっぱいのびたで賞
【交通安全ポスターコンクール】銀賞
6年
上田
3年
智也
【エコポスターコンクール】銀賞
6年
前田
友愛・6年
藤森
柚亜
【防犯ポスターコンクール】銀賞
5年
高橋
那奈・6年
小幡
優那
【 第 37回 運 動 会 結 団 式 】
【第19回みのわ杯滑川Jr.オープンソフトテニス大会】3位
2年
【第16回中能登小学生ソフトテニスとりや大会初級の部】2位
【第63回科学展覧会】2年
銀賞
銀賞
銀賞
柳川
2年
紗来
柳川
紗来
池森 結仁(水とまざるものは何?) 3年 中村
嶺(ぼくの庭のこん虫調べ)
3年 奥野 琴乃(大きくなあれ わたしのホウセンカ)
3年 滝川実紗子(ヒマワリのかんさつ) 5年 松井 拓海(輪ゴムの強さの研究)
6年 中村 至歩(上市川探検パート4)※中村さんは、4年連続入賞の快挙です!!
【第48回創意工夫展覧会】1年 笹山 愛加(立体迷路) 4年 春日 響生(キラキラぼうし)
銀賞 6年 椎名 陽羽(くるくる回転物干し)
銀賞 6年 前田 友愛(片手で簡単物干し)
【平成28年度 校内夏休み作品展】
1年 北野 佑衣(カラフルなおしろ)・澤井 哲志(えれふぁんと ころころ)・高瀬 一花(いろいろなたね)
深井 一樹(にじいろカレンダー)・藤井 亮丞(くもとてんきのかんさつ)
2年 葛坂 音愛(めだかのしいく)・廣瀬 笑里(インコとけい・ロマンス花・木のいす・ねこのうち)
柳川 紗来(せいでん気 おきるかな)・柳溪 美聖(三じゅう くふう本だな)
3年 岩城
樹(しそジュースは何でピンク色?)・京田 陽葵(山加積たんけんマップ)・松本 紗知(いかのひみつ)
三井 美奈(ゆでたまごの作り方)・澤井明日歌(くものけんきゅう)・山本 空良(さどにいったよ)
4年 石川 知花(南部すごろく)・早川
輔(クワガタ・カブトムシをつかまえるぞ!)・春日 響生(キラキラぼうし)
神谷 正翔(バナナトラップでつかまえる)・宇野津 輝(ドキドキルーレット)・按田こころ(植物には水の通り道があるのか)
5年 福田 嵐士(10円玉ピカピカ実験)・澤井 菜生(長かぼちゃ)・柳川 篤士(よーいドン)
山内 未星(一人五十首)・畠山 莉奈(ペーパーのれん)
6年 石川みずき(人の体)・伊藤 俊碩(タコぐにゃぐにゃ)・上田 智也(角度を変えると絵)
石原
剣(わりばし小物入れ)・岩城 芽依(しそとアントシアンニン)・碓井 彩花(ストローできたのれん)
『第37回
9月17日には、第37回運動会が行われました。
今回は、1団減り、赤・白・青の3団で競い合いま
した。スローガン「全力勝負!みんな輝け南部っ子」
のとおり、南部っ子一人一人が自分の力を出し切り、
真剣な中にも楽しさいっぱいの思い出に残る素晴らし
い運動会になったように思います。
南部っ子たちには、運動会で学んだことをこれから
の学校生活に大いに生かしてほしいものです。
ご協力、そして温かい声援をいただいた保護者や地
域の皆様には、心より感謝申しあげます。
【総合成績】1位:白団
【リレー下】1位:白団
【100m】
1年男子 1位:安本
1年女子 1位:北野
2年男子 1位:池森
2年女子 1位:柳川
3年男子 1位:中村
3年女子 1位:京田
4年男子 1位:千保
4年女子 1位:髙橋
5年男子 1位:柳川
5年女子 1位:千保
6年男子 1位:上田
6年女子 1位:岩城
2位:青団
2位:赤団
樹(20秒1)
佑衣(20秒5)
結仁(17秒1)
紗来(17秒7)
嶺(17秒4)
陽葵(17秒8)
銀河(17秒0)
伊吹(17秒1)
篤士(15秒7)
輝星(16秒3)
健心(15秒2)
芽依(15秒7)
3位:赤団
3位:青団
運動会』より
【総合優勝の白団】
【応援合戦】優勝:赤団
【リレー上】1位:白団
【応援合戦優勝の赤団】
パフォーマンス賞:青団 チームワーク賞:白団
2位:青団
3位:赤団
2位:土屋 来人(21秒3) 3位:石黒 夢人(21秒5)・九里 大雅(21秒5)
2位:政二 零采(21秒4)・西田 穂波(21秒4)
2位:宇野津純也(17秒6) 3位:田中 刀雅(20秒2)
2位:柳溪 美聖(19秒6) 3位:柳溪 美織(19秒7)
2位:髙瀬 勇貴(18秒4) 3位:岩城
樹(18秒7)
2位:石原 稜花(18秒0) 3位:奥野 新波(18秒6)
2位:宇野津 輝(17秒3) 3位:深井 大世(17秒4)
2位:高橋
咲(18秒4) 3位:石川 知花(18秒9)
2位:多田 悠希(16秒1) 3位:山西 健太(17秒1)
2位:谷 絵理香(17秒1) 3位:西田 瑞穂(17秒7)
【6年男子100m走】
2位:京田 晴翔(15秒3) 3位:髙瀬 泰雅(15秒4)
2位:小田島 唯(15秒9) 3位:前田 友愛(16秒0)
【新川古代神(上学年)】
【ニャティティソーラン(下学年)】
【綱
引
き】
【家族競技「進め!心一つに」】
Fly UP