...

質 問 回 答 書

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

質 問 回 答 書
2015年7月28日
質 問 回 答 書
(契約責任者)
日本郵便株式会社
管財室担当執行役員 井上 進
(契約事務代行)
日本郵政株式会社
不動産部門施設部長 齊藤 淳彦
名古屋中郵便局模様替工事の質問に対して、以下のとおり回答します。
図面番号・
番号 仕様書の
頁
質問事項
回答
共通
「現場説明書技術事項(1)イ作業時間について」に記
載の繁忙期を参照してください。なお、地下1階∼7階・
工事期間中で郵便業務の繁忙期で工事が出来ない期 PH1階各室は原則平日作業、CSコーナー・ゆうゆう窓
間、その他に工事就業に制約条件が有りましたらご指 口・私書箱
室・風除室(1)(2)・セルフサービスロビー・発着台及び
示ください。
発着室の発着台付近は原則夜間作業を想定していま
す。実施にあたっては監督社員と協議してください。
2
−
国土交通省告示第771号に於いて、特定天井以外
AS05特記仕様書5 6内装工事 9軽量鉄骨天井下地
の天井の安全性については、設計者の判断により安
に記載の通り、まず調査のみを実施してください。施工
全を確保することとなっています。天井の脱落防止対
方法は、監督社員と協議の上決定とします。
策について具体的な仕様・工法等を御指示ください。
3
−
各階段の鉄骨階段ささら桁、段裏等の鉄骨面はSO
よろしいです。
P塗替を見込むと考えてよろしいでしょうか。
4
−
各階段のRC階段部のササラ部巾木は硬質ビニル
巾木張替と考えてよろしいでしょうか。
1
よろしいです。
5
現場説明
(1)−イ 土・日・祝祭日で指定されている騒音・振動
書技術事
が発生する作業はその程度基準をご指示ください。
項
6
地下1階∼7階、PH1階各室は日中作業、それ以外の
現場説明 (1)−イ 作業時間一覧表に管理者と協議の上と有り
CSコーナーやゆうゆう窓口などは夜間作業を原則とし
書技術事 ますが、見積もり計上のために想定基準を指示くださ
てください。実施にあたっては、監督社員と協議してく
項
い。
ださい。
7
現場説明 (2)職員用便所に付いては工事範囲外の既設WCを
書技術事 利用して特に仮設トイレを考えなくてよろしいでしょう
項
か。
よろしいです。
8
現場説明
(2)一覧表に記載の有る備品の仮移動・復旧で移動
書技術事
場所は同階・同室内と考えてよろしいでしょうか。
項
同階・別室への移動を想定していますが、実施にあ
たっては、監督社員と協議してください。
9
内訳書
建具・ガラスの清掃は内部からの施工範囲のみを条
外装内装
件と考えてよろしいでしょうか。
改修共通
よろしいです。
郵便局業務に支障が出ない程度としてください。実施
にあたっては監督社員と協議してください。
内訳書
天井インサートの撤去後の始末についてご指示くださ
天井インサートは残置としてください。
10 トイレ改修 い。
工事共通
11
和便から洋便への改修に伴う埋設配管の取替がある
内訳書 場合、土間コンクリートの解体が、発生すると思われま
ピットがあるため、トイレ改修に伴う土間コンクリート解
トイレ改修 す。図面等に明記がありませんので、現調後の変更と
体は不要としてください。
工事共通 考えでよろしいでしょうか。
12
工事を行うために移動が必要な、机・ローキャビネット
現場説明
等の什器類は、書類等がダンボールに整理してあると 収納内荷物の箱詰めについては別途とします。
(2)イ
考えればよろしいですか。
1/10
図面番号・
番号 仕様書の
頁
13
質問事項
回答
パソコン等の一般機器類の移動については本工事に
現場説明 上記質問と関連致しますが、机上のパソコン、電話器
含みます。パソコン類のケーブル抜、専門機器類の移
(2)イ
は、どのように考えればよろしいですか。
動復旧については別途とします。
N-1-2
N-1-3
N-4-1
設置する品番および材質については特記仕様書AS ハイカウンター・ローカウンター・相談窓口カウンター
09窓口カウンター改修リストを参照してください。仕様
詳細図でカウンター・腰部分の仕様が不明です。メラミ
は、別途配布している「15.窓口カウンター標準図.pdf」
ン化粧板と考えてよろしいでしょうか。
を確認してください
N-1-5
カウンター脇扉詳細図で、扉・枠仕様及びアクリル板
厚みが不明です。扉:メラミン化粧板、枠:ステンレス t
=1.5 HL、アクリル板:t=5.0と考えてよろしいで
しょうか。
16
AS-01
特記仕様書1の13.化学物質の濃度測定で、施工
完了時∼スチレンの濃度を測定の記載があり、測定
VOC発生資材を使用した室については、工事実施後
対象室・測定箇所数は図示とありますが、図示に見当
測定を実施してください。
たりません。今回工事で必要な場合は、測定対象室・
測定箇所数を御指示ください。
17
AS-05
特記仕様書5で畳(B種)の厚みが不明です。t=55と
よろしいです。
考えてよろしいでしょうか。
18
AS-05
A-06
1階 仕上表で防災センターの床:TC(タイルカーペッ
ト)の厚みがt=6.0となっていますが、特記仕様書5 1階 仕上表t=6.0は誤記です。t=6.5を正としてく
ではt=6.5です。特記仕様書を正と考えてよろしいで ださい。
しょうか。
14
15
設置する品番および材質については特記仕様書AS09窓口カウンター改修リストを参照し、秀光程度として
ください。その他、別途配布している「15.窓口カウン
ター標準図.pdf」を参照してください。
19
特記仕様書に下記の同等メーカー・品番の記載があ
りますが、各階仕上表で施工範囲が不明です。該当
無しと考えてよろしいでしょうか。
・無機質系塗床材:ABC商会「カラークリート」
AS-06 ・合成樹脂系塗床材:ABC商会「ファインコートG」
よろしいです。
A-03∼20 ・耐シガレットビニル床タイル:
東リ「シガーハードプラス」
・塩ビシート:
住友3M「ダイノックフィルム ファインウッド」
・化粧FK:㈱A&Aマテリアル「セラアートブライト」
20
AS-06
A-08
特記仕様書6でホモジニアスビニル床タイル(東リ「ロ
イヤルウッド」同等品)の施工場所が窓口ロビーとなっ
ていますが、2階 仕上表で窓口ロビーの床仕上はタイ よろしいです。
ルカーペットです。仕上表を正と考えてよろしいでしょう
か。
21
AS-06
特記仕様書6の36.天井点検口で材種:アルミとあ
りますが、仕上が不明です。アルマイトと考えてよろし よろしいです。
いでしょうか。
22
AS-06
特記仕様書6でトラフィックペイント引きはJIS K566
W=150とし、駐車区画は白色、止まれ等文字は黄色と
5 2種(加熱用)とありますが、色及び幅が不明です。
してください。
白色 W=150と考えてよろしいでしょうか。
23
AS-06
特記仕様書6の42.洗面カウンターで天板が人造大
理石と記載がありますが、厚みが不明です。t=20と よろしいです。
考えてよろしいでしょうか。
24
AS-06
特記仕様書6の材料特記に下記記載がありますが、
該当項目が図面で見当たりません。適用なしと考えて
よろしいでしょうか。又、必要な場合は、施工範囲を御
指示ください。
よろしいです。
・ロールブラインド
・プロテクター
・コーナーガード
25
AS-06
特記仕様書6で化粧石膏ボードの防火性能が不明
です。準不燃と考えてよろしいでしょうか。
26
AS-06
特記仕様書6に32.ロールスクリーン(取替図示の
場合、撤去・新設する)の記載がありますが、図面に見 よろしいです。
当たりません。適用なしと考えてよろしいでしょうか。
2/10
不燃としてください。
図面番号・
番号 仕様書の
頁
27
質問事項
回答
特記仕様書6でビニルクロス特(VC)の使用場所が
局長室・副局長室、それに隣接する応接室・会議室等
AS-06
とありますが、7階に於いて前室の壁もビニルクロス特 よろしいです。
A-17・18
(VC)を施工し、研修室の壁は一般用を施工するものと
考えてよろしいでしょうか。
28
AS-09
特記仕様書9のサイン改修リストで、シンボルサイン
(ES−1−1)のシート替が適用となっていますが、平 ES−1−1のシート替は誤記です。無しとしてくださ
面図で指示がなく施工範囲が不明です。施工範囲を い。
御指示ください。
29
AS-09
特記仕様書9の窓口カウンター改修リストで構成部
品の記載がありますが、窓口カウンター撤去・新設は
よろしいです。
適用されている構成部品全て撤去とし、同等の寸法・
仕様で新設すると考えてよろしいでしょうか。
30
AS-09
N-1-7
特記仕様書9の窓口カウンター改修リストでエンドパ
ネル 1枚とありますが、エンドパネル詳細図で3タイプ
の記載があり、適用タイプが不明です。H1400タイプ よろしいです。
と考えてよろしいでしょうか。又、パネルはメラミン化粧
板と考えてよろしいでしょうか。
31
32
33
AS09サイン改修リストにはES-1シート替、図面及び参
AS09
考数量には、IS-10・ES-30及びES-6の記載が有りま 改修リストは誤記です。参考数量を正としてください。
A05・A07
すが、参考数量を正とすればよろしいですか
AS-11
工事区分表の7.便所まわりで身障者用手すりが設
備工事となっていますが、取付下地補強も設備工事と 取り付け下地補強は建築工事です。
考えてよろしいでしょうか。又、建築工事の場合は、撤 補強は構造用合板t=12を見込んでください。
去・新設の有無及び仕様・程度を御指示ください。
便所展開図1∼3で防セイ鏡とあり、工事区分表の
7.便所まわりで設備工事(規格外は建築工事)とあり
AS-11
設備工事としてください。仕様についても機械設備図
ますが、防セイ鏡は設備工事と考えてよろしいでしょう
A-28∼30
機器表を参照してください。
か。仕様が不明です。メラミン化粧板と考えてよろしい
でしょうか。
A-01
配置図 案内図・概要の一般事項等で縁石撤去・復
配置図 案内図・概要の一般事項等の縁石撤去・復旧
旧の仕様は<9−11−6>による。とありますが、範囲
は、本工事には対象はありません。
が不明です。御指示ください。
A-01
配置図 案内図・概要の一般事項等でコンクリート舗
床補修は、コンクリートt=150 路盤(クラッシャランt
=200)を撤去の上、コンクリートt=150(溶接金網φ 配置図 案内図・概要の一般事項等のコンクリート舗床
6 150クロス)、路盤(粒度調整砕石M−30)t=200 補修は、本工事には対象はありません。
(水勾配1/200)以上設置を行う。とありますが、範囲
が不明です。御指示ください。
36
A-01
配置図 案内図・概要の一般事項等でタイル舗床補
修は既設タイル、モルタル(計45mm)を撤去し、不陸
配置図 案内図・概要の一般事項等でタイル舗床補修
調整の上、類似タイルを再設置のこと。とありますが、
は、本工事には対象はありません。
仕様及び断面詳細が不明です。御指示ください。又、
範囲も併せて御指示ください。
37
A-01
配置図 案内図・概要の一般事項等でタイル補修部
に誘導ブロックがある場合は既設同等以上の材料に
て復旧を見込むこと。とありますが、仕様及び範囲が
不明です。御指示ください。
34
35
38
配置図 案内図・概要の一般事項等でタイル舗床補修
は、本工事には対象はありません。
共通特記事項の特記事項に10.ガラス、アルミ、
A-02
ステンレス建具はクリーニング。とありますが、参考図
ステンレス建具はなしとしてください。
A-31∼39 (新築時 地階∼屋外平面図)で、ステンレス建具の取
付場所が不明です。御指示ください。
39
A-02
A-78
共通特記事項でトップライト天井折上げ部は塗装替
よろしいです。
えとありますが、EP塗装と考えてよろしいでしょうか。
40
A-02
共通特記事項に8.天井点検口は、撤去後新設(開
口補強を含む)とありますが、撤去範囲が不明です。新
よろしいです。
設天井点検口と同数量・同寸法の撤去が必要と考え
てよろしいでしょうか。
3/10
図面番号・
番号 仕様書の
頁
41
質問事項
回答
共通特記事項の14.室名サインで撤去・新設の指
撤去・新設の室名サインは、全てサイン詳細図IS-6-1
A-02
示がありますが、室名サイン詳細図で既存サインの種
にあるW225H195アクリル樹脂版のサインとしてくださ
IS-6-1
類が複数ある為、撤去・新設時の使い分けが不明で
い。
IS-6-M1
す。御指示ください。
共通特記事項の14.室名サイン・ピクトサインの改
修で▽:塩ビシート貼替の凡例がありますが、平面図
に凡例が見当たりません。今回工事では不要と考えて 不要としてください。
よろしいでしょうか。又、必要な場合は、施工位置を御
指示ください。
42
A-02
A-03他
43
A-02
共通特記事項で14.室名サインでピクトサイン撤
去・新設の指示がありますが、撤去寸法及び新設寸
法・仕様が不明です。御指示ください。
44
A-02
共通特記事項で18.室名サイン設置部は全て壁側
補強を見込むこととありますが、ピクトサイン設置部も 不要としてください。
同様に壁側補強が必要と考えてよろしいでしょうか。
A-02
共通特記事項に19.改修対象室の什器・備品に関
しては、一時移設・再設置を見込むと記載があります 移動する備品量は、一般事務室程度を想定してくださ
が、什器・備品の寸法・仕様・詳細・箇所数などが不明 い。
です。御指示ください。
45
46
A-02
A-05他
質問回答41を参照してください。
共通特記事項・1階天井伏図他で、ロールブライン
ド・ブラインド・カーテンの撤去・新設・清掃についての
記載がありますが、カーテンボックス及びブラインド
既存のままとしてください
ボックスの改修内容が不明です。全て既存のままと考
えてよろしいでしょうか。又、塗り替え等の改修が必要
な場合は、改修内容及び改修範囲を御指示ください。
47
B1∼R階天井伏図にカーテンの取替表記のない箇
所は全て清掃を見込むこととありますが、仕上表の基
仕上表の記載は誤記です。天井伏図を正としてくださ
A-03∼20 本計画特記事項ではカーテンは全数撤去・新設とする
い。
となっています。天井伏図を正と考えてよろしいでしょ
うか。
48
B1階平面図に車室トラフィックペイント引き:280m
の記載がありますが、該当範囲(3−8∼E−F通)の図
280mは誤記です。図示を正としてください。
示では415m程度です。該当範囲の数量は280mを
正と考えてよろしいでしょうか。御指示ください。
49
50
A-03
天井撤去・復旧範囲に、スプリンクラーヘッドがあるかと思
われますが、機械設備図には取外・再取付等何も記
取り外し・再取付を見込んでください。
A03∼17
載ありません。スプリンクラー工事は一切無しと考えてよろ
しいでしょうか。
A-03
A-04
B1階 平面図でスロープが全面改修範囲となってい
ますが、仕上表に記載がありません。改修が必要な場 床・壁のクリーニングを見込んでください。
合は、改修内容を御指示ください。
51
各階の天井改修範囲に於いて、仕上表では既存仕
上そのままですが、天井伏図では撤去・復旧になって
いる部分があります。天井伏図を正とし、撤去・復旧を 仕上表の記載は誤記です。天井伏図を正としてくださ
A-03∼18
い。
見込むと考えてよろしいでしょうか。
例)7階 総務部:(仕上表)そのまま
(天井伏図)撤去・復旧有り
52
各階 天井伏図・仕上表より、下り天井の撤去・復旧
が必要な場所が見受けられますが、仕上は撤去・復
旧ともに全てLGS19形+石膏ボードt9.5(準不燃)+
A-03∼18
よろしいです。
壁仕上+出隅塩ビ見切縁と考えてよろしいでしょうか。
例)5階 郵便予備室(CH3000)∼
郵便予備室(3)(CH2800)間
53
各階の天井改修範囲に於いて、仕上表では撤去・復
旧とありますが、天井伏図では範囲外になっている部
分があります。仕上表を正とし、天井全面の撤去・復
旧を見込むと考えてよろしいでしょうか。
仕上表を正とし、天井全面の撤去・復旧としてくださ
A-03∼18
例)7階 EVホール(3)
い。
〈平面図ではEVホール(2)と表記〉:
(仕上表)撤去・復旧有り
(天井伏図)そのまま
4/10
図面番号・
番号 仕様書の
頁
質問事項
回答
B1階 平面図・天井伏図でEVホール(3)前の車庫に
天井撤去・復旧の指示がありますが、B1階 仕上表で B1階 平面図・天井伏図でEVホール(3)前の車庫の
車庫はコンクリート打放の直天です。撤去・復旧は不 天井撤去・復旧は誤記です。不要としてください。
要と考えてよろしいでしょうか。
54
A-03・04
55
各階仕上表で天井仕上が既存天井面に塗装(CM塗
替及びEP塗替)の部屋で、天井伏図に天井材の一部
撤去・復旧の指示がある場合、塗装が必要な範囲は
A-03∼18 既存天井面のみと考えてよろしいしょうか。又、天井材
当該室全体に塗装を見込んでください。
A-70∼72 撤去・復旧の指示がある部屋で参考図(新築時 仕上
表1∼3)の天井:岩綿吸音板面にEP塗装の指示があ
る場合も新設天井面に塗装は不要と考えてよろしいで
しょうか。
ブラインド・カーテンが清掃のとき、仮設の日よけ設備 紙等による仮の日よけ設置を見込んでください。実施
は無しと、考えてよろしいですか。
にあたっては監督社員と協議してください。
56
A03
57
A-03
M-116
58
A04
基本共通事項に、ブラインド・カーテンは全数撤去・新 ブラインド・カーテンは全数撤去・新設は誤記です。図
設とすると記載が有りますが、参考数量に清掃の項目 面に記載した箇所について撤去・新設とし、その他を
が有ります、参考数量を正とすればよろしいですか。 クリーニングとしてください。
59
A-04
B1階 仕上表で雨具置場の巾木:モルタル+VPが
クリーニングとなっていますが、巾木の高さが不明で
す。H=150と考えてよろしいでしょうか。
60
A-05
1階 平面図・天井伏図の1階天井伏図で、第4階段
(2∼3通、F∼E通間)に、アルミアコーディオンドア H ニチベイ ユニフォールド標準仕様 同等品としてくだ
=3450とありますが、同等メーカー・品番が不明で さい。
す。御指示ください。
61
A-05他
衛生設備 地下1階模様替平面図にガソリントラップ
清掃 4か所の記載がありますが、改修位置はB1階平
M116図記載の4ヶ所としてください。
面図の7∼A通り:2か所、8∼D通り:2か所と考えて
よろしいでしょうか。
よろしいです。
B1階∼R階天井伏図に防煙垂壁(線入りガラス)は
全て撤去・復旧を見込むとありますが、ガラス厚さ他が
よろしいです。
不明です。線入りガラス t=6.8 アルミ製枠付きと考
えてよろしいでしょうか。
各階 平面図に掲示クロス張替とありますが、掲示ク
62 A-05∼17 ロスの同等メーカー・品番が不明です。御指示くださ
リリカラ スポンジエースN 同等品としてください。
い。
A-05
1・2階平面図に発着台:先端ゴム取替えとあります
が、撤去断面寸法が不明です。W100×H100と考 よろしいです。
えてよろしいでしょうか。
64
A-05
1階 平面図・天井伏図で防災センターの南側の部屋
(1−2∼D通り)に天井撤去・復旧の指示があります
EVホール(1)に倣ってください。
が、室名の記載が無いため天井仕上が不明です。室
名及び天井仕上を御指示ください。
65
A-05
A-07
1・2階天井伏図にレールカーテン撤去・新設とあり
ますが、新設レースカーテンの同等メーカー・品番が
不明です。御指示ください。
63
66
A-05
A-06
A-49
67
A-05他
68
A-05
ドレープカーテンはソレイユ・ナチュラルEK8420程度、
2倍ひだとしてください。レースカーテンはソレイユ・ナ
チュラルEK8641程度、2倍ひだとしてください。
1階天井伏図のセルフサービスロビー(3−5∼F−3
200通)にレースカーテン撤去・新設とあり、仕上表の
基本計画特記事項にカーテン:図面に特記なき限りH
2000の記載がありますが、参考図(新築時 矩計図4) よろしいです。H=4000としてください。
でサッシ部高さがH4000程度あります。上記カーテン
の高さはH2000以上必要と考えてよろしいでしょう
か。
1階天井伏図の天井器具開口補強リストで、天井点
検口の記載が2種類ありますが、共に同仕様と考えて
同仕様としてください。
よろしいでしょうか。又、相違があれば相違点を御指示
ください。
1階天井伏図の防災センター(1−2∼D−E通)にR
B(ロールブラインド)の記載がありますが、寸法が不明 現状のまま、工事対象外としてください。
です。御指示ください。
5/10
図面番号・
番号 仕様書の
頁
質問事項
回答
69
A-06
A-70
1階 仕上表で職員出入口・EVホール(1)の巾木:花
石がクリーニングとなっていますが、巾木の高さが不 よろしいです。
明です。H=60と考えてよろしいでしょうか。
70
A-07
2階平面図に車室トラフィックペイント引き:160mの
記載がありますが、該当範囲(5−8∼B−D通)の図
160mは誤記です。図示の数量を見込んでください。
示では120m程度です。該当範囲の数量は160mを
正と考えてよろしいでしょうか。御指示ください。
71
2階 仕上表で窓口事務室(1)の模様替後の床下地
A-07・08 がOAフロアとなっていますが、高さが不明です。H=
50と考えてよろしいでしょうか。
72
2階 仕上表でもうやいプラザの備考欄にノンスリップ
A-07・08 取替とありますが、平面図でノンスリップが見当たりま 第4階段にノンスリップを見込んでください。
せん。該当無しと考えてよろしいでしょうか。
仕上り高50mmとしてください。
A-07
A-08
2階 平面図で下記の部屋が全面改修範囲となって
いますが、仕上表に記載がありません。改修が必要な 第4階段・通路(1)は隣接する窓口ロビー(1)の内装仕
場合は、改修内容を御指示ください。
上げ改修に倣ってください。
・第4階段、通路(1)
74
A-07
2階平面図・天井伏図で窓口事務室(1)の新設OAフ
ロア∼踏込間に上框が必要と思われます。ステンレス
よろしいです。
製 t=1.5 50×50 HLの上框を見込むと考えてよ
ろしいでしょうか。
75
A-07
2階 平面図でスロープに壁ケイカル板撤去・新設と
ありますが、新設ケイカル板の厚み及び仕上が不明で よろしいです。
す。ケイカル板t8.0 素地と考えてよろしいでしょうか。
A-07
2階 平面図・天井伏図で窓口事務室(1)(郵便)∼通
路(2)及び倉庫(1)間に踏込がありますが、踏込部分
の床仕上は下記の様に考えてよろしいでしょうか。
・窓口事務室(1)∼通路(2):タイルカーペット
・窓口事務室(1)∼倉庫(1):コンポジション床タイル
73
76
77
78
79
80
よろしいです。
2階平面図の窓口カウンター撤去新設部(3−4∼E
通り)にサイン現行化(IS−10−1−1・1')の指示があ
A-07
IS-10-1 り、窓口カウンターサイン詳細図で天吊式・机上式の 天吊式・机上式とも現行化を行ってください。
IS-10-1' 記載がありますが、天吊式の現行化を行うと考えてよ
ろしいでしょうか。
A-07
前項質疑の窓口カウンターサイン現行化について、I 天吊式は窓口カウンターの全間口幅と同じです。机上
S−10−1−1・IS−10−1−1'それぞれの設置範 式は全ての窓口カウンターに1か所ずつ見込んでくだ
囲が不明です。御指示ください。
さい。
2階 仕上表などの各室でDR(ロックウール化粧吸音
板)とありますが、厚みが不明です。特記無き限り、各
A-08
よろしいです。
室の既存DRの厚みに依ると考えてよろしいでしょう
A-70∼73
か。又、参考図(新築時 仕上表1∼4)のDRt12・t15・
t19はリブ付と考えてよろしいでしょうか。
A-08
2階 仕上表などの各室でDR(ロックウール化粧吸音
板)下地がGBとなっていますが、厚みが不明です。t= t=9.5不燃としてください。
9.5 準不燃と考えてよろしいでしょうか。
81
3・4階天井伏図で撤去・復旧範囲の防煙垂壁の高
A-09
さが不明です。参考図(新築時 3・4階平面図)より、3・
A-11
よろしいです。
5・7∼F通はH=500とし、その他はH=1160と考え
A-34・35
てよろしいでしょうか。
82
3・5階平面図・天井伏図で下記の部屋に間仕切の
ようなものがありますが、既存パーテーションと考えて
よろしいでしょうか。御指示ください。又、正の場合
パーテーション面にクリーニングを見込むと考えてよろ
しいでしょうか。
よろしいです。
・3階:
名古屋東部営業統括本部∼郵便部(2-4∼D-F通)
郵便部休憩室内(8-9∼B通)
・5階:(下記の部屋間の仕切壁)
郵便予備室(1∼3)・男性更衣室・倉庫(1・2)・
通路(1・2)
A-09
A-13
6/10
図面番号・
番号 仕様書の
頁
83
質問事項
回答
6階 仕上表で女子休憩室の既存畳寄せがCL塗替と
ありますが、下記の部屋の畳廻りも同様と考えてよろ
しいでしょうか。
よろしいです。
A-09∼16
・3階 郵便部休息室
・4階 集配営業部休息室
・6階 女性更衣室(窓)、食堂・男子休憩室
前項質疑に於いて、畳寄せに倣い既存上框にもCL
84 A-09∼16 塗替が必要と考えてよろしいでしょうか。又、各部屋ご よろしいです。H100です。
との上框高さが不明です。御指示ください。
3・4・6階の畳の撤去・復旧に於いて、畳の床下地
組・縁甲板は既存のままと考えてよろしいでしょうか。
85 A-09∼16 又、改修が必要な場合はそれぞれの詳細・改修内容 下地は既存のままとしてください。
を御指示ください。
86
A-11
4階天井伏図の天井器具開口補強リストで空調機器
(620×880)は27か所ですが平面では29か所で
よろしいです。
す。29か所を正と考えてよろしいでしょうか。
87
A-11
A-15
A-42
4・6階天井伏図 東面のサッシにVB撤去、新設:W
1000×H2000の記載がありますが、参考図(新築
時 東 立面図)で該当サッシ(4階:AW5、6階:AW6) よろしいです。
はW2200程度あります。撤去新設VB(W1000)の
寸法をW2200に読み替えてよろしいでしょうか。
88
A-13
A-36
5階天井伏図で撤去・復旧範囲の防煙垂壁の高さが
不明です。参考図(新築時 5階平面図)より、H=900 よろしいです。
と考えてよろしいでしょうか。
A-15
6階 天井伏図の天井撤去・復旧範囲で、天井高が
不明な部屋があります。それぞれ下記の様に考えてよ
よろしいです。
ろしいでしょうか。
・調理室、東海エリア本部会議室:CH2950
・G.W.P機械室、倉庫4:CH2600
89
6階 天井伏図で女子休憩室(郵)の押入・収納の様な
部屋に天井撤去・復旧が見受けられますが、女子休
よろしいです。
憩室と同仕上の撤去・復旧を見込むものと考えてよろ
しいでしょうか。
6階 平面図で通路(7∼8通り.A∼B間)に壁GB+E
P撤去・新設とありますが、ボードの厚みが不明です。
よろしいです。
撤去・新設共に石膏ボードt=12.5と考えてよろしい
でしょうか。
90
A-15
91
A-15
92
A-15
前項質疑に於いて、押入・収納の様な部屋の床・巾
木・壁及び撤去復旧範囲外の天井は既存仕上のまま
よろしいです。
と考えてよろしいでしょうか。又、改修が必要な場合は
改修内容を御指示ください。
93
A-15
A-77
6階 平面図でレク広場の4−5∼B−E通り間にス
チール手摺 錆止め塗装の上SOP塗替とありますが、
参考図(レク広場廻り詳細図)C−C断面図で同場所に よろしいです。
手摺が見当たりません。防球フェンス用支柱及び支柱
つなぎのSOP塗替と読み替えてよろしいでしょうか。
94
A-15
A-16
6階 平面図で前室が全面改修範囲となっています
が、仕上表に記載がありません。改修が必要な場合
は、改修内容を御指示ください。
95
A-15
A-37
6階 平面図で女子休憩室(郵)に畳8帖撤去新設とあ
りますが、参考図(新築時 6階平面図)では畳は6帖の
よろしいです。
様に見受けられます。畳6帖撤去新設に読み替えてよ
ろしいでしょうか。
96
A-15
A-77
6階 平面図・天井伏図の郵便予備会議室にキャット
ウォークがありますが、床・見付・軒天の改修工事は よろしいです。
不要と考えてよろしいでしょうか。
97
倉庫(1)(2)に倣ってください。
6階 平面図で踏込∼女子休憩室(郵)間に部屋(床
A-15・16
高:FL+190)が見受けられますが、仕上は女子更衣 よろしいです。
A-37
室に倣うものと考えてよろしいでしょうか。
7/10
図面番号・
番号 仕様書の
頁
質問事項
回答
98
A-16
6階 仕上表で通路(調理人用)の天井改修内容が、
既存化粧石膏ボード面にCM(シーリングマジック)塗替
となっていますが、他の部屋で既存化粧石膏ボード面 よろしいです。
の塗装塗替はEP塗替です。CM(シーリングマジック)
塗替をEP塗替に読み替えてよろしいでしょうか。
99
A-17
M-127
衛生設備 7階浴室、脱衣室詳細でシャワーユニット
は建築工事とありますが、7階平面図で浴室・脱衣室
よろしいです。
は改修非対象室となっているため、シャワーユニットの
改修は不要と考えてよろしいでしょうか。
100
A-17
A-40
7階天井伏図 南面のサッシにC撤去、新設:W180
0×H2000の記載がありますが、参考図(新築時 南
立面図)で該当サッシ(AW7)はW2200程度ありま
よろしいです。
す。撤去新設C(W1800)の寸法をW2200に読み替
えてよろしいでしょうか。
101
A-17・18
7階 平面図で応接室・総務部・応接コーナーが全面
改修対象室になっていますが、7階 仕上表では床が
よろしいです。
既存仕上そのままです。仕上表を正とし、床の改修は
不要と考えてよろしいでしょうか。
102
A-21
便所平面詳細図(模様替前・模様替後)1のB1階便
所 平面詳細図(模様替後)で出入り口建具にガラリの
記載がありますが、仕様が不明です。スチール製 焼
付塗装仕上と考えてよろしいでしょうか。
よろしいです。
参考数量共通仮設費に仮設便所の記載が有ります
103 A21から が、便所改修に伴う仮設は必要でしょうか、必要で有 仮設便所は不要です。
れば内訳と、設置場所のご指示をお願い致します。
104
A-21他
便所平面詳細図1他の男子洗面所(模様替後)に手
すり(設備工事)とありますが、取付下地補強も設備工
取り付け下地補強は建築工事です。
事と考えてよろしいでしょうか。又、建築工事の場合
合板による補強を適宜見込んでください。
は、撤去・新設の有無及び仕様・程度を御指示くださ
い。
105
A-21他
A-68
便所平面詳細図1他の女子洗面所(模様替前)にSK
がありますが、参考図(新築時 便所詳細図)で掃除用
よろしいです。
具掛けの図示があります。掃除用具掛けの撤去が必
要と考えてよろしいでしょうか。
106
107
各便所・洗面所の既存ライニング腰壁下地(半磁器
質タイル下地)が不明です。下記の様に考えてよろしい
A-21∼27 でしょうか。
よろしいです。
・地階 男女洗面所:コンクリートブロックt=100
・1∼7階 男女便所・洗面所:LGS+GBt12.5
A-22他
便所平面詳細図2他の男子洗面所(模様替後)に可
動手すり(設備工事)とありますが、取付下地補強も設
取り付け下地補強は建築工事です。
備工事と考えてよろしいでしょうか。又、建築工事の場
合板による補強を適宜見込んでください。
合は、撤去・新設の有無及び仕様・程度を御指示くだ
さい。
108
便所展開図1∼3でライニング腰壁の耐水石膏ボー
ドの厚みがt=12.5となっていますが、トイレ改修標
A-28∼31 準図−2ではt=9.5です。展開図を正とし、t=12.5 よろしいです。
と考えてよろしいでしょうか。又、防火性能は不燃と考
えてよろしいでしょうか。
109
A-37
前項質疑のスチール手摺SOP塗替は参考図(新築
時 6階平面図)より、下記の排煙トップライト廻りスチー
ル手摺に見込むと考えてよろしいでしょうか。
よろしいです。
・4∼D−E通り
・5−6∼D−E通り
・8∼C通り
110
A-62
第2階段断面詳細図1 鉄骨階段 段裏の現況仕上:
GBt9.5+クロス貼の明確な範囲が不明です。御指 段裏はOP塗としてください。
示ください。
第3階段断面詳細図1で鉄骨階段段裏の仕上はGB
t9+APとなっていますが、詳細図2では段裏表しOP
111 A-66・67 塗です。それぞれの明確な範囲が不明です。御指示く 段裏はOP塗としてください。
ださい。
112
MS-06
冷媒管の被覆厚は、ハイグレード管20mm、シングル管(6.4
よろしいです。
∼9.5φは8mm)10mmと考えてよろしいでしょうか。
8/10
図面番号・
番号 仕様書の
頁
113
114
115
質問事項
回答
①ブレーカ交換。②分岐回路(電源送り)組込。③撤去
機器の回路は機能解除とする。※機能解除:開閉操
MS-11∼ 既設盤の改造内容①∼⑤が不明です。詳細を御指示 作または電路の切断による回路にて、仮に入力信号
12
頂けないでしょうか。
を受信しても動作しないように設定することを意味す
る。④動力盤二次側配線は電気工事とする。⑤マグ
ネット交換。です。
M-1
自動薬液注入装置の下の特記事項(4)(5)について、中
央管理点入出力一覧、屋上平面図に配線の記載があ 配線は既設再用としてください。
りません。無しと考えてよろしいでしょうか。
1階防災センターにファンコイル用集中リモコンと記載されていま
M-3、11 すが、機器表にはありません。無しと考えてよろしいで よろしいです。
しょうか。
ファンコイルユニットのリモコンは1台につき1個でしょうか。平面
M-3、
116 M-11∼15 図では1個のリモコンで複数台を運転させるようになって M-3図の通り1台毎としてください。
います。平面図を正と考えてよろしいでしょうか。
マルチエアコン室内機のリモコンは1台につき1個でしょうか。
M-4、 平面図の配線要領図は1個のリモコンで複数台を運転さ
117 M-11∼17 せるようになっています。平面図を正と考えてよろしい M-4図の通り1台毎としてください。
でしょうか。
118
M-4、5
119
M-6
空冷パッケージ室内機の床置型に架台がありません。
C150x75、塗装仕上げと考えてよろしいでしょうか。
よろしいです。
AHX-1-1、6-1、7-1のリモコン設置場所が平面図に記載
されておりません。機器近傍に取付と考えてよろしい よろしいです。
でしょうか。
9/10
図面番号・
番号 仕様書の
頁
120
M-7
質問事項
回答
VF-7-3、7-6について、給湯ボイラーは撤去になります
が、更新するのでしょうか。
更新としてください。
ファンコイルユニットのリモコンは撤去ですが、配線は計装図に
121 M-11∼15 記載有りません。再使用と考えてよろしいでしょうか。 よろしいです。
122
M-43
LP-1、2揚水ポンプは、加圧給水ポンプになります。名称
変更とし、既設配線再使用・状態監視を行うのでしょう 名称変更とし、状態監視としてください。
か。
123
M-43
WT-3屋上水槽は撤去になります。ポイントも削除として
よろしいです。
よろしいでしょうか。
既設制気口清掃範囲は、□枠で囲っているもの全てを
既設制気口は全て清掃としてください。
124 M-86∼94 指しているのでしょうか。
共通事項に既設MD、FD、SFD更新とありますが、□枠
MD、FD、SFDは全て対象です。HFDもFDなので対象と
125 M-86∼94 で囲っていない物は対象外でしょうか。又、HFDも対象 なります。
外でしょうか。
器具の取外・再取付に際し、清掃は行わないと考えて
よろしいです。
126 E01∼05 よろしいでしょうか。
追加指示事項 冷媒配管の仕様について
ハイグレード直管は、最上階天井内のガス管部分に使用してください。また、最上階天井内を除き、ルームエ
①
アコン、店舗用ツインマルチ空調機で市販品サイズがあるものはペアコイルとしてください。
衛生:衛生器具を下記の仕様から選定してください。(身障者用便器を除く)
追加指示事項
②
追加指示事項 ・洗面台の雑用コンセントの設置は取り止めてください。
・衛生器具の選定により、電源要否を決定してください。
③
以上
10/10
Fly UP