...

1:2

by user

on
Category: Documents
6

views

Report

Comments

Description

Transcript

1:2
Choose
Your Path
ヤコブの手紙の学び
第一回1:1-8
1:1
• 神のしもべという特権
– 私たちは、本能的に何か
(誰か)に仕えなければ
いけないように神によっ
て計画されている
– 主人の偉大さによって、
自分の価値が決まる
1:2
• 「様々な種類の試練(テスト)」=
まことにキリストの教えに従ってい
るかを試すテスト
–「信仰」
• 神に信頼する姿勢
• キリストの教え。クリスチャンが信
じている事実。(ヤコブの理解)
–キリスト教の精神(1:27)
1:2
• クリスチャンの「信仰」の内容
– 2:8 「聖書に従って、『あなたの隣人をあな
た自身のように愛せよ。』という最高の律法
を守る」こと
– 1:27「父なる神の御前できよく汚れのない宗
教は、孤児や、やもめたちが困っているとき
に世話をし、この世から自分をきよく守るこ
とです。」
1:2
• 「最高の喜び」
– 試練を喜ぶのではなく、試練を通され
た結果を喜ぶ
• 1ペテロ 1:5-6 「あなたがたは、信仰
により、神の御力によって守られて
おり、終わりのときに現わされるよ
うに用意されている救いをいただく
のです。そういうわけで、あなたが
たは大いに喜んでいます...」
1:2
• 「最高の喜び」
– 試練を喜ぶのではなく、試練を通され
た結果を喜ぶ
• 1ペテロ 1:5-6 「いまは、しばらくの間、さ
まざまの試練の中で、悲しまなければなら
ないのですが、信仰の試練は、火を通して
精練されてもなお朽ちて行く金よりも尊い
のであって、イエス・キリストの現われの
ときに称賛と光栄と栄誉に至るものである
ことがわかります。」
1:2
• 「最高の喜び」
–試練を喜ぶのではなく、試練を通
された結果を喜ぶ
• ヘブル12:2 「イエスは、ご自分の前
に置かれた喜びのゆえに、はずかし
めをものともせずに十字架を忍び、
神の御座の右に着座されました。」
試練から喜びに
試練
忍耐
成長
1:3
• 「忍耐」が生じる
– 大変大きなプレッシャー
の下に置かれても潰され
ることのない能力、不屈
の精神、動じなさ、辛抱
強さのこと。語源的には、
「大きな重荷を体で支え
ても、潰されたり、倒さ
れたりしない力」という
イメージがある。
1:3
• なぜ隣人を愛するのに「忍耐」が必
要か
– 必要を持った隣人を自分自身のように愛する
ことは、自分の限られた富を惜しみなく分け
与えることによって、貧しさも共有するから
• 2コリント8:9 「主は富んでおられたの
に、あなたがたのために貧しくなられま
した。それは、あなたがたが、キリスト
の貧しさによって富む者となるためで
す。」(1ヨハネ3:16-19)
1:3
• なぜ隣人を愛するのに「忍耐」が必
要か
– 隣人を自分自身のように愛することは、時に
は、相手が傷つくかもしれない真理を愛にゆ
えに語る必要があるから
• 27:5-6 「あからさまに責めるのは、ひそ
かに愛するのにまさる。憎む者がくちづ
けしてもてなすよりは、愛する者が傷つ
けるほうが真実である。」
1:3
• なぜ隣人を愛するのに「忍耐」が必
要か
– 状況によっては、自分の隣人が自分を
誤解していたり、罵ったり、迫害する
人であるかもしれないから
– マタイ5:11、ローマ12:14-21、1ペテ
ロ2:23
1:4
• 「全き者」=神の基
準を隅々まで満たし
た者
– 「もし、ことばで失
敗をしない人がいた
ら、その人は、から
だ全体もりっぱに制
御できる完全な人で
す。」3:2
• 「申し分のない者」
=神の期待を十分に
満たした者。
1:2-4
• 試練の目的=私たちを神の前
で全き者とする
• 試練を乗り越える方法=それ
を乗り越えたときの結果を喜
び、忍耐を十分に働かせる
1:5
• 試練を乗り越えることができない理
由=知恵が欠けている
• 「知恵」=「自分の状況を神の視
点から見つめることができる能
力」(箴言2:10-19、3:13-14、9:16)
• 知恵が与えられる手段
1. 神に求める(祈る)
2. 聖書の言葉を理解する(箴言1:1-4)
1:6
• 知恵を求めるときの態度
– 神の言葉を疑わず、信じる心
– マタイ21:21-22 「イエスは答えて言わ
れた。『まことに、あなたがたに告げ
ます。もし、あなたがたが、信仰を持
ち、疑うことがなければ...そのとおりに
なります。あなたがたが信じて祈り求
めるものなら、何でも与えられま
す。』」
1:6-8
• 「疑う人」=二つの異なる忠誠心を持っ
た人
– マタイ6:24 「だれも、ふたりの主人に仕える
ことはできません。一方を憎んで他方を愛し
たり、一方を重んじて他方を軽んじたりする
からです。」
– イエスのしもべは、二人の主人を持ってはい
けない。神を愛さなければ、神の知恵が与え
られても、それに従った決断をしない。
1:7
• 「聖書の世界観」を知っておきなが
ら、それを現実として認めた生活を
しない人が、一番損をしている
• 神の祝福の約束を知っていても、そ
の神を信じない限り、それを体験で
きない
1:8
• 二人の異なる忠誠心をもつ人は、すべて
のことにおいて不安定です
– ある日は、聖書の知恵を求め、次の日には、
この世の知恵を求める
– たましいの錨がない
– 祈りが聞かれない
– 求めても与えられない
考えてみよう
• なぜ、私たちが隣人を自分自身のように
愛しているかテストされたら私たちは合
格できるでしょうか
– 聖書を読んでいるか、礼拝に出席して
いるか、献金しているかより遥かに大
切なテスト
– それとも命の道からはずれ、自分の栄
光のために生きているでしょうか
考えてみよう
• 自分の忍耐が試される人間関係の中で
どのように喜びを持つことができるで
しょうか
– 自分の精神的苦痛〈 神に喜ばれること
– 相手を自分の力で愛する努力をするので
はなく、神の視点からその人を見る=知
恵
– ヨハネ3:30「神が重要になり、私は減退
しなければいけない。」
考えてみよう
• 私たちの心の主人はだれでしょうか
– 神であれば、私たちは隣人を愛します
– 神でなければ、私たちは隣人を利用し
たり、無視したりして自分の欲求を優
先します
– 忠誠心とは、「主君に対し真心を尽く
して仕えること」
Fly UP