...

リボーン197に関する提言

by user

on
Category: Documents
7

views

Report

Comments

Transcript

リボーン197に関する提言
リボーン197に関する提言
~大分の街並みを引き立て、落ち着き・品格のある昭和通り~
平成28年11月14日(月)
リボーン197協議会
提言内容
1
昭和通りの景観整備方針について
2
道路の横断構成について
3
大分城址公園大手門西側区間の自転車歩行者道のあり方について
4
バリアフリーに関する配慮について
5
自転車歩行者道の舗装について
6
道路付属物(照明、横断防止柵、車止め)について
7
街路樹について
8
歩道橋の撤去について
9
昭和通り交差点(四隅)の整備方針について
10
昭和通りの広報について
1
昭和通りの景観整備方針について
道路景観整備のテーマを「大分の街並みを引き立て、落ち着き・品格の
ある昭和通り」とする。
2
整備方針①
全体的に統一感のある通り
整備方針②
歩きやすく、日常的に利用しやすい通り
整備方針③
住む人にとって誇りに感じられる通り
道路の横断構成について
車道部分の幅員は基本的に変更せず、歩行者・自転車の安全性・快適性を
考慮した自転車歩行車道とすること。
3
大分城址公園大手門西側区間の自転車歩行者道のあり方について
車道幅員を1車線減少させ、自転車歩行者道の幅員を前後区間と同じに
し、安全に通行できる空間を確保すること。
自転車歩行者道は歩行者空間をなるべく広く確保し、自転車は双方向の
通行を可能とすること。
なお、自転車・歩行者が安全に通行することの支障となっているクロマ
ツについては、移植によるリボーンを検討すること。
4
バリアフリーに関する配慮について
高齢者・障害者等が自転車歩行者道を安全に利用するため 、「大分県福祉
のまちづくり条例」や「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関す
る法律」に基づいた整備を行うこと。
5
自転車歩行者道の舗装について
昭和通りの品格づくりに配慮しつつ、歩行者や自転車の安全性および快
適性の高い、すべりにくく透水性の良い素材の舗装とすること。
6
道路付属物(照明、横断防止柵、車止め)について
(1)照明
照明灯は即物的なデザインを避け、控えめでシンプルなデザインとする
こと 。 また 、 補助照明により 、落ち着きと品格を醸し出す演出を施すこと 。
(2)横断防止柵
歩行者や自転車の安全性確保のため、横断防止柵を歩車道境界部に設置
すること 。 柵のデザインは 、 周囲の景観に配慮した意匠・色彩とすること 。
(3)車止め
車止めは、交差点付近などの最低限必要な箇所のみ設置すること。
7
街路樹について
街路樹は、基本的に中木・低木を撤去し、高木のみとすること。また、
高木および植栽マスの地被類と、周辺の緑との連携により緑量のある緑の
ネットワークを形成すること。
ただし、大分城址公園内堀区間はクロマツとし、周辺の景観との調和を
図ること。
8
歩道橋の撤去について
歩道橋は利用者の安全性を確保しつつ、段階的に撤去を進めること。
9
昭和通り交差点(四隅)の整備方針について
交差点の南北で異なる立地特性(日当たり・隣接施設等)や使い勝手を考
慮し、イベントや時期によって柔軟に対応できるオープンスペースとして整
備すること。
また、県民の交流拠点、地域や来訪者の憩い広場として様々な世代の人々
が憩える空間づくりとしての演出に配慮すること。
10
昭和通りの広報について
“ 昭和通り ”を広く県民に愛される道路とするために 、広報に努めること 。
Fly UP