...

Page 1 京都大学 京都大学学術情報リポジトリ 紅

by user

on
Category: Documents
12

views

Report

Comments

Transcript

Page 1 京都大学 京都大学学術情報リポジトリ 紅
Title
Author(s)
Citation
Issue Date
URL
(随想)求泌尿器科医
大森, 週三郎
泌尿器科紀要 (1964), 10(2): 59-60
1964-02
http://hdl.handle.net/2433/112524
Right
Type
Textversion
Departmental Bulletin Paper
publisher
Kyoto University
59
泌 尿茉己要10巻2号
昭 和39年2月
泌
尿
器
科
第10巻
紀
要
第2号
昭 和39年2月
随
求
泌
横 浜警 友 病院
昨 年MayoClinicを
大
工 尿 痩 は 会 陰 部 に 置 き,尿
い ゴ ム 管 を 縦 に 枕 に し,両
Denis-Brownの
尿
器
森
科
周
医
三
訪 れ た 時,偶 々Dr.G.J.Culpの
は 尿 道 下 裂 で,人
に 代 え て,細
想
郎
手 術 を 見 学 す る 機 会 を 得 た .そ れ
道 下 面 の 切 開 創 の左 右 に ビー ズ玉 な ど の小 道 具
側 を1本
の 細 い ナ イ ロ ソ練 で縫 合 して い く もの で,
改 良 法 だ と い う 説 明 で あ つ た.し
か し ここで 私 が 言 い た い のは 手 術 の こ と
で は な い.
手 術 は 午 前8時
terに
か ら 始 ま る と い う の で,前
は 夜 の 面 白 い 所 は な い そ う で)朝
夜 は 旅 中 の 夜 遊 び を 慎 し み,(も つ と もRoches-
も早 起 き し て 参 観 に で か け た .
手 術 が 朝 も早 く か ら 行 わ れ る と い う こ と は,手
術 数 の 多 い 場 合 も あ ろ う が,手
術 に よつ て
は 長 時 間 を 要 す る か ら で あ る.長 時 間 の 手 術 が 可 能 に な つ た の は,麻 酔 学 そ の 他 の 発 達 に も よ
ろ う が,ま
こ と に 最 近 に 於 け る 泌 尿 器 科 の 進 歩 で あ つ て,尿
路 変 換,形
成 等 の手 術 は 誰 が や
つ て も 長 時 間 を 要 す る.長 時 間 の 手 術 で は,午 前 中 か ら始 め て 食 事 もぬ い て 夕 刻 に も 及 ぶ こ と
が あ る.私
の 教 室 生 活 時 代 に は,手
く無 か っ た こ とで あ つ た.し
れ て い る よ う で,単
と し て,と
術 を 午 前 中 に 行 う と い う こ と は,緊
急 の場 合 を除 い て全
か し最 近 は 我 国 で も大 病 院 の あ る も の は 午 前 中 か ら手 術 が 行 わ
に 手 術 室 が 少 い と い う理 由 ば か りで は な いGenito-urologicsurgery
も か くAmericaの
水 準 に 近 ず き つ つ あ る よ う で あ る.
ひ る が え つ て 一 地 方 病 院 で あ る 私 の と こ ろ な ど ど う で あ ろ う か.半
年程前新館増築移転 を
機 に や つ と 皮 膚 科 と 泌 尿 器 科 の 部 屋 を 分 離 独 立 し た.小 病 院 で は い わ ゆ るKleinesFachと
い わ れ る 皮 膚 科 ご と き.な
て 力 説 こ れ 努 め て,泌
か な か 部 屋 の 拡 大 な ど難 か し い の で あ る が,そ
尿 器 を 皮 膚 科 か ら 切 離 し て,一
れ で も増 築 に当 つ
専 門 科 と し て のspaceを
獲 得 し た,も
ち ろ ん 診 療 上 い か に 必 要 と さ れ て も 予 算 が 沢 山 あ ま つ て 独 立 し た の で は な い し,大
て 教 育 の 必 要 上 講 座 を 独 立 す る とか,研
の 独 立 は で き な い.既
か ら独 立 計 上 し,両
あ げ て,実
学 と異 つ
究 機 関 で も な い か ら研 究 上 必 要 だ と い う よ う な 理 由
に 数 年 前 か ら 今 日 あ る を 期 して,皮
科 と も平 等 に 力 を 注 い で,他
と 泌 のcardを
の い わ ゆ るKleinesFachな
別 に し て,収
入面
み の収 入 を
績 を 示 し て き た 努 力 が み の つ た の で あ る.
先 ず 部 屋 を 獲i得 し て お い て,最
あ つ た 耳 鼻 科 を,廊
後 の 青 写 真 決 定 の時 ・医 員 の不 足 を理 由に ・ 皮 膚 科 の 隣 に
下 の は る か 向 側 に 獲 得 した 泌 尿 器 科 と 交 換 して も らつ た の で あ る.だ
か
ら よ そ の 科 か ら始 め は 「ウ ロ デ ル は 随 分 部 屋 を 広 く とつ た な 」 と羨 しが られ た も の だ が,何
と い つ て も 実 績 が も の を い う.
さ て こ の 実 績 と い う こ と は,つ
科 か ら独 立 し て 掲 げ て も,と
ま りそ れ だ け 忙 し い と い う こ と で ・ 泌 尿 器 科 の 看 板 を 皮 膚
て も 午 前 中 か ら手 術 と い う真 似 は で き な い ・ な に し ろ 午 前 中 は
外 来 診 療 と い う 手 一 杯 の 時 間 で あ る.御
承 知 の よ う に 好 む と好 ま ざ る に か か わ らず ・ 現 行 の
60大
森一随想
求 泌 尿器 科 医
健 保 制 度 と い う も の は 数 で こ な さ な け れ ば,ご
は んが い た だ け な い 仕 組 み に な つ て い る ・ だ
か ら 長 時 間 を 要 し そ う な 手 術 と な る と ヤ リ ク リが 大 変 で あ る.
大 学 の 教 室 が 独 立 し,私
の 方 の 部 屋 も 別 れ る と,今
き た 働 き ざ か り のdoctorも,Dermatolo9志
と も し な くな る 。 あ た らcystoscopeを
の だ が 仕 方 が な い.同
も ち な が ら,dermaの
も い か な い.一
doctorに
迄derma'とuroの
望 の 者 はuroを
自 由 に 操 る 手 腕 を も ち な が ら,も
じ こ と はUrologに
も い え て,ointmentの
人 二 役 は 軍 人 で 交 豪,教
つ た い な い と思 う
る患 老 は拒 む 訳 に
授 で 小 説 家 と い う え ら い 人 の 例 も あ る.両
は や む を え ず 因 果 を 含 め て 両 方 を や つ て も ら う(も
き る だ け こ れ をacademicに
た 患 者 を数 多
整 理 し な け れ ば な ら ぬ し,
そ の 中 か ら な ん と か 地 方 会 に も 出 題 し な け れ ば な ら な い,土
間 な み に 学 位 の ほ し い 士 に は,も
科練達 の
つ と も な ま じ皮 ・ 泌 両 科 を こ
方 の 一 人 医 長 の 病 院 へ 飛 ば さ れ る 懸 念 も あ る ら し い.)ま
く片 付 け る ば か り が 能 で な く.で
たみ よう
使 い方 な ど豊 富 な 知 識 を
患 者 に は そ つ ぼ を 向 く.無 理 も な い の で あ る が,来
な す 腕 が あ る と,地
い が,世
両方 をてがけ て
み た が ら な い し,ま
屋 先 生 に は 叱 られ る か も しれ な
らえ る よ うに配 慮 も し なけ れ ば な らな い
せ わ し
い こ と で あ る.
そ こ で こ ん なnonsenseも
け が も し て い る.初
起 つ て く る.例
診 医 は 他 科 依 頼 票 をdermaへ
の 部 屋 に い つ て 診 察 を 受 け る.こ
自 分 で 依 頼 票 を 書 い て,部
ま わ り し て,同
え ばuroへ
書 く
尿 道 炎 の 患 者 が く る.こ
の患者 は
患 者 は 所 定 の 手 続 き を し てderma
こ で 同 じ初 診 医 が 診 察 して 軟 下 疽 と 診 断 を つ け る.つ
屋 を ち が え て ま た 同 じ患 者 を 自 分 が み る と い う 次 第 で,患
じ医 者 に 再 び 診 て も ら う と い う 次 第 に な る.総
合 病 院 で はcardを
ま り
老 は遠
新 しくし
た だ け で これ で 僅 か で は あ る が 初 診 料 を い た だ け る.
大 学 院 の 卒 業 生 は 泌 尿 器 科 を 専 攻 し て く る の で 結 構 な の だ が,御
承知 の よ う に そ の 絶 体 数
が 今 の と こ ろ 少 い.
人 員 を 増 し て の 独 立 な ら よ い が,そ
と い う 看 板 で,共
る し,能
の 人 が 足 り な い.こ
れ な ら 今 迄 通 り「皮 膚 科 泌 尿 器 科 」
通 の せ ま い 部 屋 で や つ て い た 方 が,doctorも
率 が よ か つ た と思 う こ と す ら あ る.む
あ き らめ て両 科 の 患 者 を み
ろん 今 は 過 渡 期 で あ る こ とは 万 万 承 知 の こ と
で は あ る が.
西 目 本 連 合 地 方 会 で た ま た ま 同 宿 し た 北 陸 のM病
る が,一
院 の1先
人 で80名 内 外 の 外 来 と30名 の 入 院 患 者 を 扱 い,手
頼 ん で す る と い う 話 を き い た.こ
ど ま だ ま だ1uxuryだ
生 は,元
来 はDermatologで
術 は ま と め てN校
の 種 の 病 院 は 全 国 に ど れ 位 あ る こ と か.こ
あ
か らUrologを
れ で は 私 の所 な
と 痛 感 し た.
そ れ は さ て お き 医 者 が 集 る と こ ろ 必 ず 一 度 は 健 康 保 険 と専 門 医 の 話 が 出 る.本
しば しば 先 人 諸 氏 に よ つ て 泌 尿 器 科 の 独 立 とUrolo9の
不 足 は 指 摘 さ れ,P.R.そ
い ろ の 努 力 が 続 け ら れ て き た 。 と も あ れ 独 立 し たUrologで
随想欄 で も
の他い ろ
あ る か ら に はphimosisdoctor
に は な り た く な い.
先 般 亡 くな つ た 芸 術 院 会 員 の 小 津 監 督 の 映 画 に 「生 れ て は み た け れ ど 」 と い う の が あ つ た .
「別 れ て は み た け れ ど」 まだ ま だ 地 方 病 院 の 泌 尿 器 科 が,名
実 と も に 独 立 す る の は,さ
きの
日 の こ と で あ ろ う か.
そ こ で 稲 田 先 生 な らば お 許 し で あ ろ う と思 つ て,広
告 代 無 料 の貴 重 な こ の紙 面 を 拝 借 す る.
す な わ ち 題 し て 曰 く 「求 泌 尿 器 科 医 」
ち な み にMayoClinicのUroヱogicsurgeryは,Dr・G・J・Thompson以
DermatologyはDr.L.A.Brumsteng以
下4名
の 名 札 が 掲 げ られ て い た .
下7名
,
Fly UP