...

ジェンダーで考える 「宗教とジェンダー」

by user

on
Category: Documents
12

views

Report

Comments

Transcript

ジェンダーで考える 「宗教とジェンダー」
宗教とは何か?
ジェンダーで考える
「宗教とジェンダー」
1 基礎的議論
2 女人禁制
3 研究と評価
ジェンダーとは何か?
„
„
„
社会的機能:男性/女性の差異を定義し、再生産
する観念、制度の機能
社会的実態:性別役割、活動領域・組織の規定、
それに応じた権力の不均衡な配分
社会学では社会的構築物とみなすのが普通で
あり、ジェンダー論においては、男女に本質的差
を認めず、家父長制社会の脱構築を目指す
第二段階:宗教研究者自身の視点に潜む家
父長制的な認識を批判する。
„
„
„
啓蒙主義以来の普遍主義的人間は、manと
womanを含むがmanとして代表される。
表象する人は、様々な属性・状況を通して「経
験」し、「思考」する:男としての経験は普遍的な
ものではない。
フェミニズムにとっても、経験の多様性が問題に
なる(女性の経験の発見、しかし、女性は一元的
ではない)←途上国研究者:植民地宗主国、権
力の 欺瞞
„
„
„
„
信仰:個人の内面に関わる事柄
文化の体系:文化、道徳、規範、慣習、生活様式
社会的制度:宗教組織・制度
伝統的制度宗教の発生・形成期は中世以前で
あるから、概して家父長制・封建的思考様式・制
度
宗教とジェンダー研究
„
第一段階:伝統宗教の家父長制的性格、それに
由来する教義、儀礼、宗教組織内部の男女の不
平等を問題にした。世界各国の伝統宗教に潜む
家父長制の告発が主であり、フェミニズム神学を
はじめ、諸宗教に対して批判的な研究
„
例:女人結界の大峰山登拝問題、女性の出家
第三段階:個々の宗教実践に内在化されたジェン
ダーによる差異化のメカニズムを解明;ジェンダー的
差異の構造を日々再生産している宗教実践の特定
と、codeの解読
„
„
„
事例:日本の新宗教(通俗道徳、家父長制を補
強する実践 )→下がる DVに逆効果
事例:カルト問題(宗教実践・集団生活の逸脱
性 )→女性への性的虐待 聖神中央教会
事例:女性、性的マイノリティの聖職者叙任
1
女人禁制
„
„
„
„
„
社寺・霊場(山域・行場等)に女性の立ち入りを
禁じたもの←修行の妨げ?女性に無理?
女人堂、女人結界石
例 ギリシャ アトス山 聖地・世界遺産
吉野 大峰山(山上ヶ岳) 行場・世界遺産
大相撲 土俵 博多山笠 担ぎ手
山上ヶ岳
„
„
„
„
標高1719m。大峰山は、吉野から熊野へ至る山
脈を指す。
山岳修験:役小角 634年奈良葛木上郡茅原に
生まれる。金剛山で呪法や修行を重ね、金峯山
(山上ヶ岳)で金剛蔵王大権現を感得、修験道の
開祖として祀られている。
義経・静御前の別れ
護持院(喜蔵院、桜本坊、竹林院、東南院;龍泉
寺)と大峰山寺(天台・真言両属)、吉野・洞川の
信徒で管理される。
天川村
洞川の旅館 翌日登拝の人達参集
前泊
10時就寝 講の常宿
2
4時起床 龍泉寺で水垢離
5時出発 小雨
女人結界
ひらすら登る
修行の岩場
西ののぞき
女人結界門
蔵王堂 正面
蔵王堂 2階
吉野の雲瀑
山上ヶ岳
頂上花畑
岩場の鎖
東南院宿坊
大峰山寺山門
大峰山寺の連絡
3
解禁を巡る経緯
„
„
„
„
2000年、役行者1300年大遠忌←御遠忌連絡会
議の結成と女人禁制に関わる論議
修験宗三本山(真言宗醍醐派総本山醍醐寺、修
験本宗総本山金峯山寺、本山修験宗聖護院総
本山聖護院)、護持院等の協議
役講社・地元信徒は解禁への戸惑い
→伝統・慣習の変化、聖地、観光への影響 解
禁の話は持ち越しに
女性修行者
„
„
„
„
„
„
醍醐寺 教師 4194人中女性32%
聖護院 教師 2644人中女性27%
金峯山寺 教師 2004人中女性49.7%
(1997年 薄井,2005:212)
奥駆けでは、山上ヶ岳だけを女性は巻く
「大峰山女人禁制」の開放を求める会
„
2003年に結成、会議、シンポジウム
2004年 奈良県庁生活環境部、男女共同参画
課、「男女共同参画社会基本法」に則った啓発、
「世界文化遺産」に指定するにあたって男女不
平等の場に税金等、問題の指摘
ユネスコに署名、要望書の発送
„
参照http://www.on-kaiho.com/index2.html
„
„
大峰へのチャレンジ
„
1999,8,1 奈良県女性教員による山上本堂登山
止められないので山頂へ、下山後地元住民によ
る抗議
„
2005,11,3 「大峰山」に登ろう実行委員会 地
元住民との話し合いは成功せず 3名登山
修行者への聞き取り 女性だけダメは不平等と
いう意識は薄い→伝統の感化力大
論点
„
1 寺院側、講組織・住民、外部集団それぞれの
考え方、行動の論理に乖離
„
2 伝統(仏教、修験道)の復興→男女問わず:
戦略的
„
3 地元の信仰・伝統の再編(直接の心理的・経
済的影響を受ける当事者への配慮)
4
Fly UP