...

11月

by user

on
Category: Documents
36

views

Report

Comments

Description

Transcript

11月
平成21年11月1日
生涯学習研究センターだより
NO.64
受け入れ冊子等のご案内 (H21.10.1~H21.10.31)
「広報うきは」 No.96,97
うきは市役所
「あじびニュース」 第38号
福岡アジア美術館
北九州市教育委員会生涯学習総合センター
「まいなび21」 第23号
市社協№73
北九州市社会福祉協議会
アンビシャス通信Vol.46
福岡県青少年アンビシャス運動推進室
月刊嘉麻の里 8月号・9月号10月号
【 ボランティアの活動予定 】
茶道ボランティア定例会
生涯学習ボランティア(御学友)定例会
折り紙ボランティア定例会
11/12
11/19
11/20
(木) 13:00-14:30
(木) 13:00-14:30
(金) 13:00-15:00
九州共立大学・九州女子大学・九州女子短期大学 生涯学習研究センター
e-mail : [email protected]
資 格 取 得 支 援 室
http://www.kwuc.ac.jp/longlife
《 資格取得支援講座 》
講座申し込み受付中
講 座 名
講座期間
回数
教員採用試験受験対策講座A
11/6(金)~12/19(土)
32回
教員採用試験受験対策講座B H22.3/16(火)~4/21(土)
28回
教員採用試験受験対策講座C
H22.5/11(火)~6/3(木)
12回
MOS(E・W)エキスパート講座B 11/13(金)~H22.2/12(金)
20回
訪問介護員養成研修2級課程講座
H22.2/2(火)~3/24(水) 13回(実習あり)
12回
公務員試験対策講座D
H22.4/12(月)~5/31(月)
※お申し込みは、資格取得支援室(生涯学習研究センター)へお越しください。
11月検定試験
学びの魅力★新たなときめき!
◎平成21年度後期受講生募集中!◎
講 座 名 「人間教育を考える(3) -心のレントゲン-」
担当講師 九州女子短期大学教授 大庭 茂美
期 間 11月12日(木)~H22.2月4日(木)
時 間 17:30~19:30
会 場 九州共立大学内自由ケ丘会館3階
・センター事務局にて冊子を配布中!お気軽にお問い合わせください。
Tel/Fax 093-691-6550
第45回霜月祭
来る11月1日から3日間第45回霜月祭が開催されます。今年
度のテーマは「一祭合祭」。初日の朝市やフリーマーケット、
SNAIL RAMP/maegashiraのライブなど内容は盛りだくさ
ん!!生涯は、次の日程で参加します。!!皆さんのお越し
を、お待ちしてま~す。(^0^)/
10月25日、北九州市立総合体育館
において、「第7回北九州チャンピオン
ズカップ国際車椅子バスケットボール
大会」が開催されました。本大会に先
立ちポスターコンテストが実施され、本
センターの市民講師講座で「楽しく学ぶ
切り絵」を担当されている小菅績憲先
生が優秀賞を受賞されました。授賞式
は、熱戦の続く試合のハーフタイムに
行われ、門司区出身、「ハートカクテ
ル」でおなじみの、わたせせいぞう氏か
ら表彰状が贈られたそうです。小菅先
生は、霜月祭で、切り絵の実演販売も
されますので、是非一度皆様も切り絵
の素晴らしさを体験なさってください。
試 験 名
MOS(Word)検定
色彩検定(2級・3級)
漢字検定(2級・準2級・3級)
日商簿記3級本試験
秘書技能検定(2級)
ニュース時事能力検定
場 所
J307教室
J305教室
J304教室
学外
J304教室
J305教室
平成21年度 資格取得支援プログラム受講者延べ人数 : 467 人
(H21.10.31 現在)
参加日程
◎屋外テント(記念館前)
・11月1日13:00~11月2日17:00
切り絵実演販売
「楽しく学ぶ切り絵」講座講師 小菅績憲先生
・11月1日~3日終日 折り紙ボランティア作品展示
◎自由ヶ丘会館3階
・11月1日~3日終日
合同展示(地球交流クラブ、JICA九州等)
編集
後記
優秀賞受賞作品
日 時
11/ 7(土) 10:00~
11/ 8(日) 10:30~
11/ 8(日) 10:00~
11/15(日) 11/15(日) 12:00~ 11/15(日) 13:00~ 博多DEITOSがリニューアルオープンした。隣接す
る福岡交通センタービルから、刻々と変わりゆく
博多駅を眺めるのは一つの楽しみである。天まで
届きそうな、巨大なクレーン。1本のダイヤも乱す
ことなく建設工事は進められて行く。日本の高度
なハイテク技術の賜物といえる。高い性能を備え
ながらも、日本ならではの“特異な進化”(ガラパ
ゴス化)により、携帯電話やIT業界は国際競争力
を失っているという。しかし、その特異さを強みに
変えるチャンスもある。リオデジャネイロは、201
6年五輪招致決定で、14年のサッカーW杯開催
に続き国際的イベントが二つも重なる。インフラ開
発が活発化する中、注目される投資案件にリオと
周辺都市を結ぶ高速鉄道計画があるそうだ。国
際競争に打ち勝って、高い安全性を誇る“特異な
技術”を駆使した、Made in Japanの“リオ型新幹
線”がリオの街を走り抜ける、その光景を是非、見
たいものだ。(りん)
Fly UP