...

人権のまちひの

by user

on
Category: Documents
3

views

Report

Comments

Transcript

人権のまちひの
日野町人権・同和教育推進協議会 広報紙
▼人権啓発講演会及び第
せ つ お
や ざ き
1947 年(昭和 22 年)東京生まれ。早稲田大学英文学部卒業。大学在学中よ
り童謡・童話の世界を志し、童謡詩人の佐藤義美、まどみちおに師事。
自身の創作活動の傍ら、学生時代に出会った金子みすゞの作品を探し続け、
16 年ののち埋もれていた遺稿を見つけ『金子みすゞ全集』出版。
2003 年(平成 15 年)4 月、金子みすゞ記念館(山口県長門市)館長に就任。
き方に自分自身が変わること
「 優 し い ま な ざ し は 受 け 入
れて寄り添うことで、その優
の大切さを話します。
んが「みんなちがって、みん
しさは心がこだまし合ってい
なざしで生きてきたのではな
「 こ れ ま で 私 た ち は『 私 と
あなた』という自分中心のま
題して話されました。
し、金子みすゞさんの詩を紹
もできないことを参加者に諭
けない、友だちがいないと何
ないと相手に届いたことにな
らない」と一人では生きてい
いか」と矢崎さんは会場に問
介しました。
こだまでしょうか
「遊ぼう」っていうと
「馬鹿」っていうと
「遊ぼう」っていう。
まなざしから、『あなたと私』
「馬鹿」っていう。
自分中心だった生き方から、
相手に寄り添い、理解する生
「もう遊ばない」っていうと
に変えること」と訴えます。
までの『私とあなた』という
矢崎さんは「まなざし(生
き方)を変える喜びは、これ
調での講演でした。
を包み込むようなやさしい口
ざしを変えてほしいと、会場
いかけ、この講演でそのまな
な い い。 金子みすゞさん
のうれしいまなざし
」
-と
人権啓発講演会は、金子み
すゞ記念館館長の矢崎節夫さ
― 金子みすゞさんのうれしいまなざし ―
みんなちがって、みんないい。
◆人権啓発講演会
回日野町人権・同和教育研究集会
37
2012年 月 日、人権啓発講演会と町人権・同和教育
研究集会が町文化センターで開かれ、人権啓発講演会では、
金子みすゞ記念館館長矢崎節夫さんの講演、研究集会では、
地域課題から人権尊重社会の仕組みを考えるシンポジウムが
行われました。
矢崎 節夫 (金子みすゞ記念館 館長)
10
19
22
広報ひの 2012 年 11 月号
「私とあなた」から「あなたから私」へ
金子みすゞさんの詩を通し、まなざしを変えてみませんか
2012 年 11 月
ひの
人権のまち
そうして、あとで
「遊ばない」っていう
からは大きくうなずく参加者
もなっていると話すと、会場
みすゞさんを知るきっかけに
この詩はテレビで流れたこ
とから、とても有名で、金子
せました。
かけると、参加者は笑顔を見
いきませんか」と会場に投げ
で、子どもの痛みは半減して
と。こだまして寄り添うこと
どもの気持ちを受け入れるこ
さみしくなって、
の姿があちらこちらで見えま
というまなざしを変えない限
「ごめんね」っていうと
矢崎さんは「子どもが痛く
て 分 か っ て ほ し く て『 痛 い 』
りなくならない。それに対し
した。
と言ったときに、大人が痛く
『 あ な た と 私 』 と い う、 あ な
「ごめんね」っていう。
こだまでしょうか、
ない、痛くないというのでは
たがいるから私は生きていけ
「 差 別 は、 自 分 が 優 先 だ か
らするのであり『私とあなた』
いいえ誰でも。
なく『痛いね』や『痛いの、
るというまなざしで生きてい
る人は、相手を丸ごと受け入
れる優しさがあり、心がこだ
まし合う」と、矢崎さんはい
かにまなざしを変えることが
大切か、今後、参加者のまな
ざしが変わることを期待しま
した。
年)、山口県大津郡仙
金子みすゞさんは、本名を
金子テルといい、1903年
(明治
年 )、
歳の若さで亡くな
人ですが、1930年(昭和
中の巨星」と称された童謡詩
品を発表し「若き童謡詩人の
ました。大正末期に優れた作
崎村(今の長門市)に生まれ
36
26
りました。 5
広報ひの 2012 年 11 月号
23
痛いの、飛んでいけぇ』と子
会場に訴えかける矢崎さん
心を打つ矢崎さんの話に参加者は感動
Fly UP