...

TRM/Kyoラットにおける本態性振戦の原因遺伝子の解明

by user

on
Category: Documents
6

views

Report

Comments

Transcript

TRM/Kyoラットにおける本態性振戦の原因遺伝子の解明
1
TRM/Kyo ラットにおける本態性振戦の原因遺伝子の解明
○西谷あい 1、田中美有 1、桑村 充 2、佐久間哲史 3、山本 卓 3、吉田裕作 4、
鈴木登志郎 4、庫本高志 1
(1 京大院・医・動物実験施設、2 大阪府大・獣医病理、3 広島大・理、4 日本エス
エルシー)
【背景】最近、我々は TRM/Kyo ラットを本態性振戦モデルとして確立した。ま
た、本態性振戦は、第 10 染色体上の tm 変異と第 2 染色体上の Hcn1 遺伝子の
A354V ミスセンス変異が組合わさることで発症することを見出した (Kuramoto et
al., 2015)。
tm 変異は、約 200kb の欠失であり、12 個の遺伝子を含む。このうち、
aspartoacylase 遺伝子(Aspa)が本態性振戦の有力な候補遺伝子であると考えた。そこ
で、Aspa 機能欠損変異と Hcn1A354V 変異をともにホモにもつダブルミュータントラ
ットを作製した。
【材料と方法】TALEN 法により、Aspa 遺伝子のエクソン 4 に変異を導入し、
Aspa ノックアウトラットを作製した。次いで、Aspa ノックアウトラットと
Hcn1A354V をホモに持つ WTC/Kyo ラットを交配させ、F2 産子から Aspa/Hcn1 ダブ
ルミュータントラットを得た。
【結果と考察】
Aspa 遺伝子エクソン 4 に 16bp の欠失を持つ変異ラットが得られた。このラット
の脳では、Aspa 転写産物と ASPA タンパク共に、発現量の低下が観察された。
Aspa/Hcn1 ダブルミュータントラットは、TRM 同様の振戦を示した。以上、Aspa
遺伝子は、TRM ラットの本態性振戦の原因遺伝子であることが明らかとなった。
-9-
Fly UP