...

KVH NETWORKS

by user

on
Category: Documents
11

views

Report

Comments

Transcript

KVH NETWORKS
etherXEN Private Line
KVH etherXENは、
当社が金融セクターにおいて強みとしてきた
「高品質・高信頼性」「
、超低遅延」
を維持しつつ
クラウドやデータセンターとの親和性と広帯域化に焦点を合わせた次世代イーサネットプラットフォームサービスです。
microsec
超低遅延
・ 高頻度取引向け回線で高い実績をもつ低遅延では業界トップクラスの当社が、100万分の
1秒を縮めることにこだわり低遅延化のために培ってきたノウハウを最大限に活かしています。
・ コアは全て冗長、
お客様ビルまでのアクセス回線も冗長可。
エンド-エンドの帯域保証、
障害時50msec以内の高速切替。
高品質
・ 安心の品質保証(アベイラビリティ、帯域、障害復旧、納期遅延)。
・ お客様のご利用形態により、帯域保証型とバースト型から選択が可能。
高拡張性・
高柔軟性
・ インターフェース変更や現地工事が不要で、容易に帯域のアップグレードが可能。
・ 回線終端装置設置済みの場合、1G以上の広帯域回線でも10営業日以内に開通可能。
・ 全てのお客様へ1Gbpsもしくは10Gbpsのアクセスリンク容量を準備するため、物理工事
不要で帯域の柔軟な帯域変更が可能。
EVPL Type
EPL Type
(Ethernet Virtual Private
Line)
(Ethernet Private Line)
2拠点を接続する
ポイント-ポイント型回線
(EPL Type)
センターと複数拠点を
接続するポイント-
マルチポイント回線
(EVPL Type)
2種類が選択可能
etherXEN – “XEN”とは??
e t h e r X E Nの“ X ”は1 0 G Eの「 1 0 」や「 E x c h a n g e 」や「 C r o s s Connect」
の“X”を表し、ENは“Elastic Network”の略です。
「 1 0 G Eインターフェースの中で、柔 軟に帯 域 変 更できるE l a s t i c
Network」
という意味を持っています。
高品質・高信頼性
広帯域&高い経済性
超低遅延
データセンターやクラウドとの
高い親和性
高い柔軟性と拡張性
microsec
KVH NETWORKS
・ 専用線の特性を持ちながら、1Mbps~6Gbpsの幅広い帯域品目やレポーティング機能
等、従来の専用線にはない豊富な機能を実装。
www.KVHasia.com
etherXEN バースト機能の概要
•
お客様トラフィックの一部を保証し、
帯域保証分
(CIR)
を超えたバーストトラフィックについては
シェアードとなるメニューです。
•
回線単位で帯域保証型品目かバースト型
品目かをお選び頂けます。
•
集約拠点やデータセンターに限らず、
どの
拠点間においてもバースト型品目がご利用
いただけます。
100BASE-TX
EVPL Typeのネットワークにおいては、
帯域保証
品目
(CIR=PIR)
とバースト型品目
(CIR<PIR)
の
混在も 可能です。
パフォーマンスとコストを重視
したいお客様に適しています。
KVH NETWORKS
www.KVHasia.com
特性
Interface
1000BASE-SX/LX/T
最高帯域 100Mbps
帯域保証 10Mbps
最高帯域 100Mbps
帯域保証 30Mbps
最高帯域 1Gbps
帯域保証 100Mbps
最高帯域 1Gbps
帯域保証 300Mbps
etherXEN Private Line 仕様詳細
サービス名称
サービス種別
提供インタフェース
EPL
EVPL
ポイントーポイント型イーサネット回線
ポイントーマルチポイント型イーサネット回線
10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-SX/
1000BASE-LX/1000BASE-T/10GBASE-LR
10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-SX/
1000BASE-LX/1000BASE-T/10GBASE-LR
【帯域保証型品目: CIR=PIR】
1M~8M, 10M~80M, 100M~800M, 1000M~6000M
品目 (1Gインタフェースにおける設定可能帯域は10M~, 10G
インタフェースにおける設定可能帯域は1000M ~にな
ります。)
リンク•パス•スルー
VLAN
提供エリア
アクセス回線冗長
ネットワーク網内冗長
透過フレームサイズ
SLA
オプションサービス
【帯域保証型品目: CIR=PIR】
1M~8M, 10M~80M, 100M~800M, 1000M~6000M
(10Gインタフェースにおける設定可能帯域は10M~にな
ります。)
Supported
NA
透過
センター拠点: VID 1~4000 (お客様が指定可能)
エンド拠点: タグなし, もしくはVID 1~4000 (お客様が
指定可能)
(VLAN使用の場合、
回線ごとに最低1つ, もしくは複数の
VIDを指定して頂きます。)
東京23区、多摩、
川崎、横浜、埼玉、千葉、大阪の一部
冗長なし (Single Class) 、冗長あり (Dual Class)
冗長あり (Single Class / Dual Class)
1600 byte (オプションにより9200byteへ変更か)
可用性保証、障害復旧保証、帯域復旧保証、納期遅延保証
ジャンボフレーム (9200byte)
トラフィックレポート(トラフィック流量)
パフォーマンスレポート
(遅延、
ジッタ、
パケットデリバリー)
* 記載されている会社名、製品名およびサービス名等は、各社の商標または登録商標です。
* 本カタログに記載の仕様は、改善のため予告なしに変更する場合があります。
Fly UP