...

16号

by user

on
Category: Documents
4

views

Report

Comments

Description

Transcript

16号
i:え学会Ji{き
~
1
6
(
11 3
東京都 文京区本郷 7 -2-2
(財) 学会誌刊 行センター内
日本薬史学会事務局
1992 年 10 月
日本薬史学会集談会お知らせ
第 1 固ヨーロッパ医薬史蹟
を訪ねる旅報告会
平成 4 年 11 月 28 日 (土〉
ところ
昭和大学 1 号 館 7 F 講 堂
1
4:
00~
き
と
( 東急池上線または 大井 町 線旗の台駅下車 5 分)
フォーラム
ロ ン ドン ,
司会
参加費
無料
連絡先
~ 113
パ リの医薬史蹟を訪ねる旅報告会
( 東京理 大 ・ 薬)山 川
会員外の薬剤師 ,
浩司
大学院生 ,
文京区本郷 7 - 2 - 2
氏
学生の来 聴も歓迎
(財)学会誌 刊行 センター内
TEL(
03)38 17 - 5825
日本薬史学会事務局
内線 121
一一一 日本薬史学会西部支部講演会のお知らせ 一一一
と
き
ところ
平成 5 年 1 月 19 日 (火)
大阪薬業ク ラブ
⑮ 541
5
14 ・ 00 ~
1
7
:00
F
大阪市中央区伏見町 2 - 4 - 6
TEL(
06)202-5633
講
演
「舎密局について 」
(大阪大学 名誉教授 ) 芝哲夫氏
「 道修町古文書の調査について 」
( 大阪城 天主 閣 主任〉 渡辺武氏
間合わせ先
大阪大学薬学部 ( ~ 556
米田該典
吹田市山田丘 1 -
TEL(
06)877 - 5111
一 1
-
6)
内線 6146
第 1 回
ヨーロッパ医薬史蹟を訪ねる旅報告会
日本薬史学会創立 40周年 (994 ) を迎えるにあ
乙の博物館は .
Sci
ence Museum の 4 階と 5 階
たり,近代薬学発祥の地ヨーロ y パ における史蹟
にある 。 Lower Ga ll ery と称する 4 階には,
を訪ねる旅として本年度はロンドン, パ リへの旅
ーロッ パ医療発展の姿がジオ ラ 7 で 示 されてい る。
ヨ
を下記の如く行った。参加会員が分担執筆した印
Upp
erGa ll e ry と呼ばれる 5 階には . 1 800 年 以 前
象記を掲載する。
については,地域別に. 1 800 年以後については,
医療領域別に,発展の経緯が具 体的な器 具 なと‘に
5 月 23 日(土)
成田発
5 月 24 日(日 )
市内見物
5 月 25 日(月 )
午前大英博物館見学 ,その前後
乙れ らの 中で 気 になったのは,麻酔について,
にセント・メリ ー病院その他を参観
エーテルとクロロホルムの適用は,詳し く説明さ
午後
れているのに,華岡 青州 の通 仙散に ついて,全 く
5 月 26 日(火)
5 月 27 日(水)
ロンド ン着
より 示 されている 。 まとめ方弘展示の仕方も素
晴らしい 。
科学博物館内のウエノレカム
医学史博物館見学
述べ ら れていなか っ た乙とであ る 。 現代の麻酔術
午前
lζ 影響を与えなかったからなのか?或いは知られ
チェノレ シ ー薬用植物園見学
午後大英薬学会 博物館見学
ていなし 、からなのか ?乙 の乙とを確認するととも.
午前
私達の任務と思 っ た。
ロンドンより バ リ へ移 動
午後パスツール研究所博物館見洋
ウエルカム医学史樽物館と東洋医学
5 月 28 日(木)午前市内見物後
5 月 29 日(金)
午後
オテル・テ、 ューウ訪問,見
学後,
レセプ ションの席上,
庄司良文
フラ
東西両医学の異質性といった点に興味を持つ私
ンス薬史学会会 長 J ea n Fl
a.
hau
t
にとっては,ウェルカム医 学史博 物館の 見学 がと
先生と歓談,病院博物館見学
ても 有意義に感 じ ら れた 。
午前ノ f リ 大学薬学部博物館およ
Orie
n
t
a
l Med
ici
n
eJ としては中 国 ・ チ ベッ
ト ・ 日本・インド ・ ス リ ランカの伝統医学の展示
びモア y サン教綬記念室の見学
午後
5 月 30 日(土)
ノートノレダム大寺
に 言 っても極めて繁雑であるが,英国に東洋医学
院,ルーブル博物館見学
がどの ようなカタ チ で紹介 されているかは極めて
午 前自由行動
興味深い乙とに思え る。
午後
5 月 31 日(日)
コーナーが ある 。 東西両医学の相違,とひと く ち
植物園,サ ノ レ ベ トリエ病院
構内を散策後,
ロンドン経由帰 国の途 に
伝統的中 国医学 のコーナーでは. C
hinesePhaュ
成田着解散
r macy として本 草学 ,録灸術に関する診断法とし
て脈診が比較的詳し く紹 介されている 。ま た,
ウェルカム医学史博物館見学記
そ
のような具体的な治療法に関することのみならず;
岩井鎖次郎
それらの背景となる考え方としての陰陽 (Yin and
約 2 時間の予定でウエルカム医学史侍物館へ入
Yang ). 気 ( Chhi ) に ついても簡単に解説されて
いる 。 例えば
っ たが,医療の発展の軌跡が豊 富な資料 に もとづ
いて興味深 〈展示 されており,時間内には,至IJ iß:
生体の中の 陰陽は ,血 (陰)と気
(陽 )の 二 種の循環システムとして説明され, 気
は 生命活動のエネル ギーとな るものである"云々
見終わる乙とができなかった 。
博物館の 見学 には,体力と時間がい る。
と述べら れてい る。
内ノ臼
日本における医学の歴史のコーナーでは,漢方
(Kampo;t
h
et
r
a
di
t
i
o
n
alme
di
c
i
n
eo
f ] apa n )
側 にある。
私達が最初に案内されたのは展示室であった 。
が
そ乙には数世紀にわたる調剤,製剤の用具がなら
中 国より移入された,といった記載で始まり,杉田
玄白の『解体新書』が高く評価され西洋医学の
び,乙の技能の伝統の重さを感じさせた。我々の
教育が 1 870年より採用され た "と紹介されている。
一 人が容器に焼付けられた紋章に関し質問をした。
Chi
l
d
b
i
rt
hi
n] apan の. -,::ネルでは賀川
案内者は胸を張って答えた。それは協会の紋章で
玄悦の 『 産論 』 が取りあげられ, また, 三里なと・に
すと 。 紋章は識別 と敬意の象徴である。その回答
その他,
灸をすえている婦人の図が展示されている 。 ただ
に私は英国薬剤師の職能の社会的ステイタスを想
乙のコーナーに Netsuke (根付け)の説明 とその彫
像できた 。
刻物があったのは,いささか奇異に感じられた 。
次に見たのは DI である 。
医学史博物館の全体から見ると,たった 5 コマ
の日本医学の紹介であったが,
4 万冊の蔵書を持っ
て活動しているという 。 患者に直接触れる調剤薬
とてもおもしろく
局にとって必須のものである 。 患者の問いに答え
見学できた 。
信頼をかちうるには医学,薬学を駆使できねばな
ら ない 。 乙のためには DI は重要である 。 協会は
Chelsea PhysicGarden を訪ねて
全力をあげて実行しているという 。 医薬分業にお
渡辺護三
ける薬剤師とはとれなんだなという乙とを実感し
ロンドンの西南部,文化人や知識人に好まれた
住宅街,
Tこ 一 日だ っ た 。
C
h
e
l
s
e
a(チェル、ンー) のテームズ川畔,レ
Pasteur 研究所の博物館
ンガの塀に固まれた金持ちの屋敷,入口は 屋敷の
勝手口とい っ たところだろうか 。 これが,
松波紀子
1 673 年
に Society o
f Apotecaries によって作られた,
Chel
s
e
aP
h
y
s
i
cG a rden
5 月 27 日,芸術の笥レ f リの中に,石と煉瓦の静
の外観で,ヨーロ y ノ fで‘最
かな建物が有り屋根の時計が 4 時を指していた 。
も古い植物園の 一 つである 。 英国薬剤師会 (Royal
芝生 には少年と狂犬の像があ っ た 。 中は画廊のよ
Ph
ar
m
a
c
e
u
t
i
c
a
lS
o
c
i
e
t
yo
fGreat Britain , 1
8
4
1
うに絵が多 く ,実験台の上の厚い本に左肘をかけ
年創立)と較べても歴史の長さが窺い知れる 。
気密容器の中を見つめるルイ ・ パスツールの肖像
内部は植物達が自由に育った雰囲気ながらも ,
よく整備された薬草園で. ほかに H i storical
画から「自然発生説の検討 と発酵現象の研究は,
Walk
内面交渉を保って乙そ発展したのだ 。 発酵は生き
というイギリスの著名な博物学者によって持ち込
ている・ー」と聞乙えてきそうだった 。
まれた植物の区画がある 。
訪れた日は ,
測角器,白鳥フラスコ,細菌培養器の蓋,葡萄
酒研究器具 ,蚕に関する器 具,真空ポンフ\ 銅製
ロンドンの各所で見かけたジギタ
リスが乙乙でもひときわ立派な花を咲かせ, 魔女
顕微鏡等。 哲学や思想,因襲や臆断からの解放。
伝説をはじめ数々の逸話を持つマンド ラ コヲが,
プーシェとの論争。
リ スターの生物学的予防法へ
と,実験科学は希望だと語りかけた日々を偲ばせ
『 悪魔のリンコ ' j と呼ばれる実を付けていたのが
印象的であった。また,ハーフr の区画に 三 つ葉な
fこ 。
所内のモザイクタイルのクリプ卜の中の彼の遺
どの日本の野菜類が植えられ紹介されていたのが
骸に全員 で黙待しなが ら ,敬度なカトリック教徒
興味を引いた 。
であった彼が,
R
o
y
a
l Pharmaceutical Societyo
f
GreatBri
t
ain を訪ねて
黒湾
科学に宗教を持ち込まなかった
"意志"とともに,今なお"気配"を感じたのは
嘉幸
私だけであったろうか 。
協会はテムズ川をはさんで,国会議事堂の向い
η。
沿いに進み,右折して大司教橋を渡り,左折して
パリの Hðte ト Dieu を訪ねて
河 岸通りを 100 m ほと、東 へ行くと M us ee
末康雅也
A
s
s
i
s
t
a
n
c
eP
u
b
l
i
q
u
ed
e Pari s
古い伝統をもち今日猶お leading hospit a l とし
の「医療事業歴史博物館」では ,内容を把握し か
ねたが,事務局より標記の題名を聞いて,成る程
てヨーロ yパの医学史書に必ず記されている Hotel
- Di eu (1 神の館」の意)を訪れたのは 5 月 28 日
と感心する迂澗さである 。
(Ascens i on の 祝 日)の午後 3 時であった。薬剤
部長 F .
deL'ュ
がある。案 内 書
5 月 28 日(木)は何かの
休日であったが,係の方が特別に便宜を図って下
Ch a st 先生の 出迎えを 受けたロビ ーには.
さり ,
1 時間 余も 親切に 案内 ,説明 の上,最後 に
Re
c
o
n
t
r
e Fr
a
n
c
o
-j
a
p
o
n
a
i
se HlSTOIRE DE
は展示品の目録とともに署名をも頂戴した 。 病院
LA PHARMAC1
E のプラカー
の博物館という発想そのものに改めて感銘を受け
ドが立てられてい
た。開館は 1934 年の事だが,それ以前に救療施
た。
早速 中庭から階段を昇り 3 階の歩廊で デュピュ
設の中央薬局が併設されていたので,多くのフェ
イトランの立像を 眺めてか ら病棟の一室を見学し
イヤ ンス焼の薬剤容器など数多 く所蔵するよ うだ
た 後, 薬剤部内を案内された。
が,休日のため,
ノー ト ルタ8 ム寺院に隣接するとの病院は,現在
乙れの見学 は別 の機会に譲らざ
るを f尋なカ〉った 。
550 床で・年 聞に 2 万人の入院患者と 20万人の外来
パリ大学薬学部を訪ねて
患者を診療しているとの乙とだが,病人と貧困者
辰野美紀
の救済のため 65 1 年に創立された乙とからも,そ
の過去は宗教と深いかかわりがあった 。
今回の旅では(短期 間 ではあるが)ウィーンと
並んで 1 8C 後半 ~ 1 9C にかけての医薬学の学問的
中世紀以後,臨床教育,研修の場 としてアンブ
ビ シ ャ 一等の有名 な外科医が乙 の
中心地であ ったパリで ,近代薬学発祥史の資料原
病院から巣立つていった。 1 8世紀以降はパリ大学
ロ アズ ・ パレ ,
本を手に入れることを目標として期待と不安一杯
医学部と密接な関係をもっている 。
で\大学を訪ねた。二日聞は,パリ南大学図書館
はじめは院内に薬局はなく市中のハーブを売る
薬店から購入していたが,
と法学部図書館を訪ね,
学会会長で,パ リ 大学百年誌 ( La
コロンフスの新大陸発
Ht
elDieu
であられた j.
の 薬局は長いこと
他 の 小 さい病院にも薬剤l を供給 し ていたが,
1
79
5
Fl a haut
F
a
c
u
l
t
d
e
元パ リ 第五大学学長が,
自ら図書館の古資料を コ ピーして下さり,御指導
下さ っ た ζ とには,感激した 。
年にそれぞれの病院が薬局をも つようになった 。
また,
見学とスラ イ ドによる説明 の後,全く予期しな
かったレセプションがあり , シャンパンを御馳走に
なった席上,フランス薬史学会会長の j.
フランス薬史
Pharmaci
edeP
a
ri
s:1 882- 1 982 ) の編集責任者
見以後梅毒患者が増えてきた 1495 年に 薬局が設
置された 。 以来,
三 日目は,
17, 18C の著名な薬剤師連 の肖像画のかぎ
ら れた講堂(
Fl
a
ha
u
t
Flahaut 先生は,
Sa1ed
e
sa
ctes)
や,薬史博物室
C
Musee),講義室(Amphitheate r
) など,学内
先生(パ リ 大学薬学部名誉教授〕にお会いした 。
を御案内下さった 。大 学のエントランスの広い廊
歓談の際に予定外のパ リ 大学薬学部の見学をお願
下のギ リ・ンャ 風柱の 下に置かれた多数の机や,図書
いし,翌朝御案内頂いた 。
館でも,学生がわき目もふらずに 勉強し ている姿
に,
「パりの病院博物館」印象記
Dipl'iうme や D octeur をと るのにきびしい試
験が諜せられている乙とがわかった 。
大橋清信
オテノレ ・ ディユ病院を辞してノー ト ルタムの正
面を過ぎて左折し宏壮な建築を 左 に見ながら 川
-4-
体は日本薬剤師 会 lé 厚生省の権限を付 し たような
H
e
n
r
i Moissan 教授の記念室
学会である。昨年創立 150 年祭を行った。
小倉
パ リ大 学 の薬学部で,
J
e
an F l ahaut
豊
英国の薬科大学は国立 15校,私立 l 校で年間の
卒業生は 約 11 00 名である 。 イン クラン ドにはその
先生のご
好意により,フッ素の単離で有名な Henri
M
o
iュ
うち 11 校(年間の卒業生は約 700 名)との乙とで
あ っ た 。高校を卒業すると 2 年の専門教育を受 け
ssan の記念室をみせていただ く ととができた 。
た後に,
Moissa n は 1 852 年 9 月 パ リに 生ま れ,最初は植
3 年制の薬学教育を 受 け,卒業後 l 年間
物生理学を研究し金属酸化物や pyrophoric 鉄
の 実務実習 ( Prer egistra tion experience) の後,
の研究をとおして無機化学の研究へ転換し 1884
英国薬 剤師 会 に 登録し て 薬剤師となる 。 国家試験
年,当時その存在は知られていたが異常な反応性
は行っていないが目下検討中との事であった 。 ウ
をもつので単離できなかったフッ素の研究をはじ
ェーノレズはイングランドと同じ 3 年制(実質ヨー
めた 。
1 886 年,無水フッ化水素を用いて - Wc で
最 初の単離に成功しこの業績で\
ロ y パ で最も短い 5 年制 ) ,スコットランドは 4
1 906 年,ノ ー
ベノレ化学賞の栄誉をえた 。 乙の記念室は E
年制(実質 6 年常1]) 教育課程である 。
それら
5 月 28 日午後,パ リ のセーヌ 川の シ テ 島にある
の実験装置 などを陳列 ・ 保管している 。
オテル ・ デュー病院,
その後 Moi ssan は,ダイアモンドの 合成にも着
29 日午前パリ大学薬学部を
訪ねた 。 オテル ・ デュ ー病院の Chast 博士と パ リ
手 してい る 。 彼の無機化学の第二の仕事 であり,
大学薬学部の 前学部長 F l a国 ut 博士(錯体化学が
記念室 にもその実験に使ったという溶鉱炉が陳列
専 門 ) から話を聞いた 。フラ ンスの薬科大学は国
してあ っ たが,とても ζ んな小さな炉から ダ イア
立 24校,年 間の 卒業生は約 2300 名で あ る。
1 983
モン ドが できるとはおもえなかった。どうも結果
年より 6 年制の薬学教育に変わった 。
的にもダイアモンドの合成は不成功に終ったよう
年間病院実 地研修が行 われる。国家試験は 5 年次
である 。
修了後で受験できるが, 受験の機会 は 2 回限りで
しかしその時に与えられた 高 温と高い 気圧 は
6 年 次の 1
ある 。
英国及びフ ラン スと もに卒業者の 70% は com­
当 時の最高水準であり,その自製の小さな炉で ,
3000 C の高温と l 万気圧の高圧を 加え る乙とが出
m
u
n
i
t
y
来たという 。 乙の高圧を求めて Moissan は 当時 出
る者は 20% であると いう 。 日本は乙れと反対 だ と
来たばかりのパ リの地下鉄の 電圧を 利用したとい
言 っ た ら,
うエピソ ード も F l a haut 先生 の話でうかがった 。
ワーフルだからと皮 肉 ら れた 。 英仏ともに EC 統
0
Fl ahaut
indus try に 就職す
C
h
a
st 博士から日本の
indu s tr y はパ
一へ 準備をしているようであった 。
先生は Moissan の研究者でもあり,記
念室でのそ の説明にも熱が入っていて,
pharmacist にな り
Moi
s
s
a
n
医薬史蹟の旅とイギリス児童文学
の偉業がパ リ大学の 財産でも あ り,フランス人の
奥井登 美子
誇りであるととが伝わ っ てきた 。
児童文学 の世界でイギリスはすばらしい歴史を
英仏の薬学教育と薬剤師の活動に司、て
山川
5 月 26 日 午後, 私達は英国薬剤師会
もっているが,
浩司
1 744 年,
ジョン ニュ ー ベリーと
いうロンド ン の薬屋さ んか ら はじま っ てい る とと
(Royal
はあまり知られていない 。
Pha
r
m
a
c
e
u
t
i
c
alSoc
i
e
t
yo
fGreatBri
t
a
i
n
)
デフォーの「ロビンソンクノレ ー ソ ー J ,スフィ
を訪ねた。乙の会館はテムズ河の国会議事堂の対
フ ト の「ガリバ ー 旅行記J ,
岸 lζ あり ,
しぎの 国のア リス J ,
6 階のベランダからの眺めは素晴ら し
い。 学会 位名称、は日本薬学会 のようであるが.実
ルイスキャロルの「 ふ
ミルンの「クマのプー サン J ,
ポターの「ピーター ラ ビット J ,マイケルボンド
hd
p
の「クマのパデ ィン卜ン J . ト ラパ ースの 「 メア
は落ちていなし、か探したが見付からなか った。
リーポピ ンズ J .メアリノート ンの 「 床下の小人
チェノレ シ ー薬用植物園は ,
いまにもポターのウ
たち J すぐれたファンタジィと日常生活のとま乙 .
サギがと び 出してきそう な 自 然風の実 に 美 しい庭
ま した細部 の 描写は,
になっていて,私は,
イギリ ス 児童文学 な らでは
の楽しさであ る。
今回の旅行中 ,
ピアスの「トムは真夜中の
庭で」の絵本の絵そのものだと,感激してしま
ロンドンのホテ ノ レはケンジント
ン公園の隣りであった 。
っ た。
1"""ピーターパンとウェン
ポターの家は,イギリスのすぐれた自然保護政
テ' ィ」の中でウェンテー ィの家は貧乏なく せに少々
策,ナショナル ト ラス トの保護のおかげで,生前
見え っ 張りの株屋 さんで,ケ ンジン トン公園で ナ
のまま保存されているという 。 いつかイギリスの
ナという犬を拾って来て三人の 子の 乳母にするの
ナシ ョ ナルト ラ ストの現場を見て歩きたいと恩
で ある 。私も 毎朝乙の公園を散歩 しなが ら ,乳母
つ 。
がっとまるような犬はし、ないか,ダイアナ妃の涙
乙のたびの視察で入手した英国薬剤師会 の刊行パ
ンフレットより.同会の紋章 を組介す る。左右の
人物は ,
古代のアラビアおよびギリシャの医聖が
画かれている
(M. S ) 。
第 2 回ヨーロッパ医薬史蹟を訪ねる旅につL 、て
i
当会では,創立40年記念事業の一環として
みのあるハイデルベルグで,第 3'RJ 回国際薬史
;ー パ開蹟…腕企画し本
学会議が開催さ れます。乙の国際会議の第 2
l
!
年はイギリス・フ ラン スを訪問しました 。そ
次サーキュラ ー が未着なので. 詳細は次号通
i
の詳細は本通信 2~6 頁に縄げた通りであり
信でお知らせする予定ですが.概要は次のと
i
ます 。
おりです。
!
明年は,明治以来,昭和初期までわが国薬
期日
i
学の発展に大きな影響を及ぼしたドイツを訪
場所
ハ イデJレベルグ
…り
連絡先
P
r
o
f
e
s
s
o
rD
r
.W.-D 附 ler -
ギ ーセ ン .
ダノレムシ
の程で
1 993 年 5 月 3 日(月ト 7 日樹
ー
J
ahnc
k
e Deutc
h
e
sApotheken-Museum
ミュン ヘンな
どの医薬史蹟を訪ねる旅を企画しております 。
Friedrichst r. 3
Gerrn 叫;
-6-
Fly UP