...

橡 - 末日聖徒イエス・キリスト教会

by user

on
Category: Documents
2

views

Report

Comments

Transcript

橡 - 末日聖徒イエス・キリスト教会
「ホ ー ム ・テ ィー チ ン グ 」 の 重 要 性
聖 徒 の 道 霧樽
予 言者 の こ とば
・
・
大管長
デ ビ ド・0 ・マ ッ ケ イ … 374
末 日聖 徒の 責 任
1964 年
7月 号
伝 道 部 長 メ ッセー ジ
・一 … ダ ウ エ ン ・N ・ア ン ダ ー セ ン … 379
メ ル ケゼ デ ク 神 権 はな ぜ イ ス ラ エ ル
か ら 取 り去 られ た か
質疑応答
ジ ョ セ ブ ・フ ィー ル デ ィン グ ・ス ミ ス長 老 … 382
末 日 聖 徒 イ エ ス ・キ リス ト教 会 歴 史 粋
ジ ョセ ブ ・
1
フ ィー ル デ ィ ン グ ・ス ミ ス長 老 … 386
主 の 慈 悲 に よ り十 一 基 の 石 燈 籠
無 事寛 永 寺 に還 え る
(
.
建 築活動 と証詞会
402
投
405
稿
.幽
398
特 に ハ ワ イ.
神 殿訪 問予 定 者 に告 ぐ
408
系 図 の道 しうべ
410
翰.
伝 道 部 扶 助 協 会 長 メ ッセ ー ジ
0’ペ ギ ∼ ヒ ュ イ シ ・ア『ン ダ ー セ ン … 412
ジ ョ セ ブ ・ス ミ ス の 生 涯 (20)
415.
支 部 だ よ り ∵・391 伝 道 本 部 だ よ り … 396
輪
柳
沢
俊
男
兄
弟
の
家
族
⊃
北
海
道
地
方
部
、
地
方
.
部
長
表
紙
墾
_響
。 叩調 _ ・㍗ ち欄 蟹
む げっ
叩ま ㌦
』
ピ
叩
鳶
8
臼
P
臼
6
己噂
ε
幾ド
㌦;田 ”
蘇
’ 吾叩,
漿
醒難認1
ぼ詑
聴
匹
ε腕ε
’
腕 恥
・誌 覧ピ灘
幅
や_殊
㌦
田
叩分
声
叩
や
藷マ
冠
置
驚 雪 略蠣
恥
め
購
躬
5
の
』6 為
・、
町
罫
叩
恥”
R6
皿
恥
㍉ 認 ,,
践
壕
難
事欝
整
覆
・
譲、
}
日
愈
懲
衡
き
毒
臣
照 ,
6
守
憲嘘蝉嚢 譲騨鷺
と
一
373一
噸’ 》 魅噺 ノい 卿い
o
庫
今
朝
じ め
う
よ 催
て 兄
弟
私
は
神
権
の
権
能
に
つ
い
て
に お
喜 さ
ん れ
で た
居 こ
り の
ま よ
す う
。な
集
り
巨
∼
デ
ビ
ド
・
O
・
、 マ
ツ
ケ
イ
大
管
長
の
述
ベ
ら
れ
た
話
の
摘
要
で
吾
蒲
お
な な
o
た
が
た
に
会
ぢ
蓉
麹
・萎
感
じ
を で
ひ 始
闘》 襲蜘ハ 塑画・、
騨・
あ 会 庁
る 合 舎 こ
。で で れ
姉
妹
た
ち
よ
’
私
は
ご
の
歴
話
し
た
い
と
」
出
来
事
す
な
行 は
な 干
わ 九
れ 百
た 六
「 十
ホ 三
1 年
ム 五
・ 月
テ 十
イ五
1 日
チ ’
ン 水
グ 曜
L 日
の ’
代 教
表 会 .
者 総
た 本
ち 部
の の
灘靱
P L
.. 、
、
,て
考爆 ,
㌧
コ
っ
て
居
ま
せ
ん
L
た
が
お
き
き
に
な
と る
答 前
.え に
噸 お
す 答
と え
’ し
そ
の
細
君
は
不
思
議
と .細 て な に
た 君 話 く あ
ず が し ’る
ね や か 同 わ
ま や け じ が
し 弁 て 船 教
た 解 き に 会
。的
そ に
ご 「
で 一
私 つ
が お
「 き
ま 結 き
し 構 し
よ で て
う す も
。と よ
私 も ろ
は ’ し
一 し い
ま 乗
し っ
た て
。い
私 た
た あ
ち る
が 男
話 と
を そ
ま の
じ 細
え 君
て と
い が
1
・
ス
テ
[
キ
部
ホ
を
受
け
た
と
思
つ
1
ム
を 長 て
ま の い
わ ヒ ま
つ ユ す
て i O
い ・ 千
た 」 九
と ・ 百
き 力 二
’ ノ 十
私 ン ー
た 長 年
ち 老 に
が と ’
港 一 私
大
管
長
デ
ビ
ロバ “飼 牟.
殉
重
要
な
ド
.
0
基
マ
礎
●
ツ
「 妻 は う ’介 と ’バ
多 を あ か そ を ま 各 テ
妻 持 な L の し も 地 イ
噌 L{
と
ば
●
1魏 互鵜 軌實
、
話恥 髄‘㌔暉が ㌔戸 魅 閣
ρ、
卿嗣∼ 7袖 ・
圏,
㌔
予
言
者
の
こ
ケ
イ
鴫げ∼
一
374 一
ア
イ
1.
チ
ン
グ
L
の
ギμ
へ が 亀.ハ 。
へ
ゆ
る
教
会
の
偉
大
な
頭
首
_
す
な
地
位
を
退
い
た
と
き
に
次
の
よ
う
〆恥 鷺.
西 ・岬訓ヘソ哺…
も
今 つ
か て
ら い
数 る
百 教
年 会
前 は
’世
ア の
メ 申
ワ に
カ ー
へ 四晦 ρ恥 ・・
ゐ.
… 飼∼6
両
あ 教
る 会
と も
主 そ
張 の
し ほ
て か
い の
ま 教
す 会
が も
’み
「 な
て ス
い ト
ま 教
す 会
。も
こ ま
の た
よ 自
う 分
に の
’ と
ロ こ
1 ろ
働・
へ ・緬、 《 目
、・凸 ・瞬 q
・幅
が し で
あ て 生
る い き
と ま て
主 す い
張
。た
し こ 五
て の 人
い 二 の
ま つ 使
す の 徒
が 教 か
’会 ら
能
L
が
あ
る
と
主
張
し
て
い
ま
す
・ダ㍉ 炉 司」が ・
・晦グ、・岬 、・
・踊 ・・
、φ
{
あ
つ
た
と
断
言
し
て
い
る
聖
ぺ
テ
ロ 「
1.神 私
マ 聖 は
・トで ’
力 な ほ
ト い か
リ 権 の
ツ 能 教
ク ← 会
教 に .と
会 つ 区
は い 別
’て を
』
画 ・・ハ ・・
謳 v 臼司
。・・’
謡・・
Fr 卿 ・・!旨
、
・・
‘へ 〆 喚自・ハ.
顧へ
啓
示
に
よ
る
神
聖
な
権
能
が
あ
る
つ を 私
も し の
あ ま 教
り し 会
ま た の
す
oち
が そ が
’こ い
お で と
も こ い
な れ う
ち に の
が 答 は
っ す
た わ
特 L
色 と
と 答
い え
う た
の ぞ
は’ 細
の
チ
ヤ
ン
で
す
L
と
言
い
ま
∫
痛 』・
何
で
ご
ざ
い
ま
す
か
L
と
結
婚
が
あ
な
た 、
の
宗
教
の
そ 君 す き 目
れ は と い 的
で そ 「 て で
隠
へ ㌧
、.
1
謳撫 遜 蕪 糠 鑓 l
l
饗
・
キ
り
ス
ト
)
は
正
し
か
つ
た
プ ま に
テ せ よ
ス ん る
ト 。神
教
会
能 リ 権 に
L シ 能 あ
が ヤ L る
自 教 が エ
匪
を
伝
え
教 伝
会 わ
は っ
ぺ た
か
に
も
ロ
を
し
た
い
と と の ち か う な リ 私 な
は 言 教 が L か た ス が ら
な い 会 い と 。の チ 「 ’
ら ま に と い あ 教 ヤ 私 目
影禦 ll魏 鮮 讐 1嚢ll
が 。の
新 「 頭
し あ 首
い ら の
L ろ
プ 張
を に
ト し リ L 張
っ 人
て ヘ
大 の
祭 手
司’ 紙
四
リ
ス
ト
の
満
ち
致
と
彼
を
知
る
七 〇
十 十
人 一
’ 1
み
ち
た
徳
知 た と
識 し の
の た え
一 ち て
長 十
老 三
等 )
が と
あ 昔
り の
ま パ
す ウ
。 ロ
の
高
さ
に
ま
で
至
る
た
致 す
と べ
に て
到 の
達 者
し が
”
全 神
き の
が
言
つ
た
こ
ろ
に
「
建 聖
て 徒
さ た
せ ち
わ’ を
と
キ 能 主
で
回
ア 復
ロ し
ン ま
神
し
権 た
ネ ヤ を の
の ン 受 世
三 で け に
人 あ た 生
が
っ バ
ま
来 た
プ れ
司
す
な
わ
ち
一
る
人
を
牧
人 ケ の の
の ゼ 会 中
大 デ 長 に
管 ク 会 は
奉 師 と 長
仕
’ し と
の 教
’二
わ 師 あ 人
ざ と る の
を し 人 副
さ て を 管
せ お .予 長
’立 言 で
め 人 子 キ
で と を り
あ な 信 ス
る り じ ト
て
に
な
つ
者
と
し
ハ
あ
り
ま
す
す あ
ま 権
道 し
者 て
と 彼
し は
あ’ あ
る
人
を
使
徒
す が
。ア
ま ロ
た ン
メ
ル 神
権
と な 督
神
権
の
神
権
者
を
管
理
の
長
の
権
能
を
も
っ
て
す
る
者
は
ご 職
れ が
ら あ
を り
接 い 質 会
。の
の
く 間
し 者
た は
。「
こ こ
れ
に は
わ
愛
子
と
が
予
言
目 い
り の
千
八
百
二
十
の 人 を 使
を も も 徒
私 な つ た
は い た ち
今
を
待 し
’教
会 つ
。て ら テ て つ が 者 年 っ ま も か
予 そ ス 以 ず 愛 ジ ’ て た ’わ
言 の マ 来 い 子 ヨ神 い そ 教 し
者 権 の 教 て な セ の る.れ 会 た
ジ 能 ヨ え 神 り フ 使 の が の も
ヨ を ハ を の ’ ・ 者 だ あ 儀 う
セ 疑 ネ 受 使 彼 ス が L る 式 ま
フ う が け 者 に ミ 本 ロ は を で
・ 者 ア ’た 聞 ス 当 ジ ず 行
’
ス も ロ ま ち け に に
ヤ も な こ
ミ な ン た が L あ 来
[ な う の
ス い 神 「 神 と ら ま ・ い た 地
に ぺ 権 救 権iい わ し ウ 。 め 上
メ テ を い を う れ た イ そ の に
ル ロ 回 主 回 神 た 。 リ の 権 一
ケ
’復 L 復 の ま 神 ヤ 使 能 つ
ゼ ヤ し か し 御 い 御 ム 徒 を の
デ コ ’ら ま 声
’自 ス た 認 正
ク ブ ク 直 し を 少 身
oち め し
神
’ リ 接 た 聞 年 と
の ら い
権 ヨ ス 承
。 き 予 そ
く れ 組
を ハ チ 認 こ ま 言 の
る た 織
祭
司
と
教
師
と
執
事
の
農謡鶴叛謳毒
に ぺ に の だ れ を 一1 大
従 ソ キ ー を は 伝 そ 祭
吋
ノ㌣
馬
睦
酵「
・
ノ㌔
㌧
藺
“
・
㌦
し 監
ま 督
ハ
へ
、
・
〆
一一 375 一
〆
気
㌔
』‘
L
七
と だ ま ス は
四畢
・ノ
ハ
》
鰭
’
ヘ ダ㍉ プ㍉ へ ’
噸 ・・
ハ ・
・へ ’軌 ・・
ハ ・朔 ’画 ・
爵b
岬 r‘R 曝∼ ・藷
∼ 軌 町∼ 画 ’ロ
㍉ ’∼ ・タ、ザ繭・・へ ・
訊 押 …∼’∼ ㍉ ・[甦・
・角 .・
・醜嘲 ∼ ・画 .【 竃巳
《 .・姻 。{ 、ゴ楠.岬 炉 唖
↑
o
A
源
と
「
指
導
者
の
組
織
L
監
以 督
上 会
の の
よ 指
う 揮
に を
’受
教 け
会 て
に
伴
な
っ
て
組
織
さ
れ
ま
で
あ
る
職
を
も
つ
て
居
り
の
中
に
あ
る
二
つ
の
区
分
(
ス
テ
1
キ
部
と
伝
の い す
’督 権 長 た 示
中 ま 。祭 は の か ち に
に す 教 司 按 会 ら は よ
は 。師 定 手 長 直 ス っ
「
も 員 聖 会 接 テ て
定
執 会 任 の 指 i 任
員
事 の に 権 揮 キ 命
会
も 会 よ 能 を 部 さ
ご 長 つ を 受 の れ
の
組
れ 会 て も け 会 た
織
と は 祭 っ て 長 特
L
同 監 司 て い 会 別
に
様 督 定 い ま と の
よ
ワ の 員 る す 言 会
る
i 按 会 監
。わ 長
権
ド 手 の 督 ま れ 会
能
部 聖 会 会 た て が
の
の 任 長 の ア い あ
員 ト
り の
同 教 秘 ま 意
志 会 密 せ 味
の と 結 ん ま
協 の 社 。た
力’ 関
は
係 対
社
そ
の
兄 は 会
弟 同 の
充
分
愛 じ 関
亀 も 係
な
お の と
意
よ が ’
義
ぴ あ 定
を
団 り 員
今
日
体 ま 会
と す 対
全
し 。末
部
て す 日
の
の な 聖
教
愛 わ 徒
会
員
を ち イ
育 各 工
は
成 定 ス
理
す 員 ・
解
る 会 キ
し
て
義 は リ
務 会 ス
居
’
聖
、
♂
指 ロ
揮 ン
を 神
受 権
け 者
て は
居 ア
て ロ
’ン
監 神
る
「
指
導
者
の
組
織
L
の
り ま
ま た
す 「
〇七
そ 十
し 人
て L
’に
長 は
老 啓
職
が メ
あ ル
り ケ
’ゼ
こ デ
れ ク
ら 神
は 権
教 の
’
も
、
す 導
。者
そ の
し 組
て 織
ス L
テ と
1 は
キ わ
部 が
テ 「
[定
キ 員
部 会
と の
伝 組
道 織
部 L
と が
が あ
別 長
に 老
’の
前 定
に1員
私 会
が と
言 が
い あ
ま り
大
祭
司
の
定
員
会
と
「
七
さ
せ
る
た
め
に
L
教
え
る
.
た
ち
を
と
と
の
え
て
奉
仕
私
た
ち
は
今
日
’
聖
徒
定 居 力
員 り を
会 ま 尽
に す し
。て
は
’
い
前
る
に
人
私
々
が
に
言
助
々 い
け
の
ま
を
定 し
与
員 た
え
会 よ
る
と う
義
務
、に
の
わ
ざ
を
さ
た
ち
を
と
と
メ
ル
ケ
ゼ
デ
ク
神
権
の
の
あ
る
方
々
に
話
を
し
て
会 中 ド の 教
の に 部 中 会
大 は 長 に に
管 使 と は お
長 徒 が ス け
会
’ あ テ る
が 大 り i二
直 祭 ま キ つ
接 司 す 部 の
管
’ 。長 大
一 き
理 七
を 十
人’ な
区
い 人
た
’
副 分
し 長
ス で
ま 老
テ あ
す 等
1 り
。の
キ ま
織
L
と
「
指
の
中
に
は
ス
組
織
で
あ
る
け 係
で の
あ あ
り る
ま 「
す 指
o導
者
組
織
の
権
能
L
す 会
さ ’員
て と に
’も そ
会 う の
員 一 義
が 度 務
定 く を
員 り 教
会 返 え
で し る
一 て こ
団 申 と
と し L
(
こ
れ
は
大
切
で
あ
り
ま
す
か
ら
)
に
そ
の
義
務
を
教
え
る
こ
と
は
為
さ
は
ス
テ
i
キ
部
長
と
し
て
の
権
能
だ
な ま は
っ す 為
て 。 さ
出
ね
席
ば
す
な
る
ら
と
ぬ
き
、
彼
ら
に
り
関
ま
私
は
「
会
員
と
共
に
ね
ば
な
ら
ぬ
こ
と
で
会 ち 体 定 後 按
は は L 員
’手
ス ま の 会 大 聖
テ た 長 の 祭 任
} そ で 会 司 さ
キ れ あ 長 の れ
部 ぞ る が 会 た
長 れ の ス 長 三
会 自 も テ 会 人
の 身 ふ i の の
指 の さ キ 長 人
揮 組 わ 部 は 々
を 織 し と ス に
受
.を い 言 テ よ
に け も こ わ 1 つ
集 る つ と れ キ て
ま で て で て 部 管
り あ 居 あ い の 理
’ り り り る 部 さ
会 ま ’ま 「 長 れ
議 し 長 す 指 に て
に よ 老
。導 な い
全 実 席 会
教 に し で 大
会 守
’ も 祭
を つ 会
’司
通 て 員 定 の
し い ’に 員 定
て る そ 会 員
あ か の の 会
ま ど 義 会 で
ね う 務 長 ・も
く か を 会
’
見 .に 教 の 「
ら 気 え 義 七
れ を て 務 十
る つ
’は 人
独 け 会 定 L
特 る 員 員 の
の こ が 会 定
組 と す の 員
織 で べ 会 会
で あ て 員 で
あ り 正 と も
り ま 規 共
’
ま す の に 長
す
。義 会 老
が こ 務 議 の
’れ を に 定
そ は 忠 出 員
L
部
長
二
人
と
数
人
の
ワ
[
唖
あ り し ま 十
り ま た す 人
ま し よ .。 L
す て う ま と
。 ’に た 特
こ 「 ’教 に
の 指 わ 会 呼
「 導 が の ば
定 者 教 「 れ
員 の 会 指 る
会 組 独 導 人
の
組 織
L 特
の 者
の
定
員
会
の
各
会
長
会
が
会
員
と
共
「
妄lll婆 離
.
席 す 会
し o員
旨
一
組
織
L
と
は
376 一
、
せ の
’え
キ る
リ た
ス め
ト に
の 訪
か 間
ら し
だ ’
を 「
建 聖
て 徒
道
部
)
に
よ
る
権
能
の
源
と
が
あ
つ
て
’
各
定
員
会
は
公
ll
会 L の こ か さ
長 た 団 の ら れ
、
、
、
.F
r喀‘膠
A ノ噛
r闘聰’
㍉ 岬∼ {
’
隔.
へ 評
、{
.’∼ヂ、 茜r巳眞’
[、・
ゆ 、酒 馳 置A 画
・・冒
㍉ 【 馳 《 圃圃
“ .{
・ハ 國A
レ町 冒
ヒ闘《 ・
,内 圃β㍉ 馳
《
岬仲 ヒハ
贈’
∼
.
評㌔ {
ノ㌦
㌦r
、 四
戸
、
ゆ べ 中 て で 彼 は の の
る て で た し は 私 属 で
面 霊 こ い た そ の し 星
ピ も 手 た こ や 男 に
ン 失 法
。 と つ に 乗 こ
に 礼 ) 彼 を て 会 つ こ
で
も
互
い
に
助
け
る
こ
と
の
で
き
る
よ
う
と が の 手 て と
思
’手 を い 新
つ 彼 を し る 月
た は 急 つ 結 と
の ぞ に か 社 を
で の 放 り の 組
し 結 し と し み
た 社 ま に る 合
。の し ぎ し わ
私 し た り で せ
た る 。ま あ た
ち し 私 し る も
も を は た と の
何
と 認
め 彼 が 認 で
に ’め し
す か て と 私 た た
。 し 会 つ は の 。
定 て 員 て 彼 で 彼
員 教 同 全 を あ は
会 会 志 く 知 り こ
の の の 知 ら ま の
会 定 協 ら な し ピ
員 員 力 な い た ン
は 会 を い の 。が
す の 育 人 で 彼 彼
目 し で は
を ま し 私
つ し つ の
け た か 手
て L り を
い と に あ
ま 言 ぎ る
し い り 種
た ま ま の
。 し し に
そ た た ぎ
れ 。が り
は 彼
’方
私 は 急 (
の 私 に 秘
妻 の ぞ 密
が つ の 結
前 け 手 社
に て を 同
私 い 放 志
に る し の
贈 ネ て 特
つ ク 「 殊
た タ ど な
も イ う 握
知 き つ て の す の ぞ 織 服 ま ’
り た た い と
。会 の の 従 す 会
ま と の た こ
員 定 権 す 。員
し き は と ろ
に 員 能 る 会 の.
一
会 L も 員 一
た
’そ き を
致 の の の た 人
が 私 れ に も
’は が 起 つ
協 会 下 で ち 一
私
’始 つ と
力 長 に あ は 人
は .彼 め た 説
を 会 在 り 教 は
彼 が て こ 明
さ の る ま 会 教
が 私 で と さ
せ 権 も す の 会
何 を あ に せ
る 能 の が 会 の
の に で
’員 各
者 何 り つ て
で 者 ま い い
あ で し て た
る あ た 再 だ
か る 。び き
会 の ま の て 奉
の で せ 会 「 仕
わ か そ 言 ま
か を の う し
会 あ ん 員 指 を
り 認 男 と よ
長 り 。 と 導 す
ま め が ’ う
会 ま 各 し 者 る
せ た 私 私 。
の す 定 て 組 義
ん と の が あ
義 か 員 は 織 務
で い 方 あ の
務 ら 会 「 の を
で
’の 指 権 負
し う へ の 船
氏
に
デ
1
ヴ
十
人
L
の
定
会 う よ 関 も の
の 。 う し 大 下
指 し な て 祭 に
令
「 督
監 司
に か
し 指
も 監
督
に
結
び
合
つ
て
い
な
け
に れ
関 と
す 同
る じ
ご 精
と 神
ば を
か も
り つ
で べ
な き
く で
’あ
財
政 ,り
ま
の
面
で
も
そ
の
ほ
か
あ
ら
い を
う 見
ち せ
に’ た
る
水
路
に
つ
い
て
話
を
し
な
い
で
教
会
の
組
織
に
つ
い
て
話
し
リ
と ふ 会 す
ン こ を さ は こ
氏 こ や わ
’ピ
と で
し の
そ や
を
か
私 め
る く
め イ わ は
に ス し 市
同 ・ た 民
行 工 会 組
し ン 話 織
て ド の に
い ・ こ 関
た ウ と す
の エ を る
で i 思 権
し バ い 威
た 1 出 で
。 ・ し あ
私 力 ま る
た ウ す チ
ち ン 。 ヤ
は テ 私 i
遠
イは ル
く の ぞ ス
も 水 の ・
行 路 と ズ
か 系 き 1
な 統
’ブ
Pヤ‘
’
叱鴫} ㌦ 響 ㌧
《
賑
権 な 人 め 員
限 る を た 会
は ま 破 と の
実 で 門 い 会
際 「 す う 員
に 兄 る 例 が
も 弟 権 を 「
っ 同 .
限 知 兄
て 志 は つ 弟
い L も て 同
た と つ い 志
の し て ま L
で て い す と
あ の な 。 し
り 協 か こ て
ま 力 つ の の
す の た 「 協
。手 が 七 力
を ’十 の
伸 そ 人 手
ば の L を
す 人 定 伸
こ が 員 ば
陶
・
恥
人
に
ふ
さ
わ
格
を
停
止
す
の
規
格
に
反
あ 定 会 導 能 っ が
り 員 員 者 L て あ
ま 会 は 組 に い り
七
欝頻纒
し る し 服
’導 の ワ
く こ た し 定 者 支 1
な と 行 て 員 組 配 ド
い は 為 い 会 織 に 部
行 そ を ま の L 服 の
為 の す す 会 の し 会
が 定 る 。員 中
’員
あ 員 と 従 と の ま と
つ 会 き つ し 地 た し
た の に て て 位 日 て
た 権
”
働 に 曜 「
め 利 そ 定 ら 召 学 什
に で の 員 く さ 校 分
’あ 会 会 と れ
’の
そ り 員 の き る M −
の ま の 会 に ご I L
人 す 会 員 は と A を
の 。員 が 定 も 等 納
属 私 と そ 員 あ の め
す は し の 会 る 管 る
る ’て 定 の で 理 こ
「 あ の 員 会 し 者 と
七 る 資 会 長 よ の に
」 噸
一 ∂77 一
℃
㌧
定
員
会
の
会
の 員
支 は
配 や
と は
導 り
き 監
と 督
を の
受 も
け つ
て て
い い
ま る
す 「
o指
長 導
老 者
も 組
「 織
七 の
十 権
人 能
L L
! 妬
祭 ・
司 私
の は
と
こ く
り
ろ
へ
行
つ
て
指
図
を
す
る
権
能
を
も
っ
て
い
な
い
け
れ
ど
も
完
全
な
意
味
致 れ
協 ば
力 な
の
り
精 ま
返 が 神 せ
し わ を ん
て .か 得
。
申 り た も
し 始 と し
ま め し も
す た だ 私
o と な た
監 い ら ち
督 う ’が
は も 私
’
長 の た 教
老 で ち 会
「 す は の
七
。教 定
十
会 員
の 会
人
神 の
L
も
権 中
し
者 で
く
組 そ
織 の
は
の 一
大
酬 鮎炉 ‘
.㌧猷 、 曜
風砂
’卜
”亀
陶・・
謡
陶脳/、
一 ∼ β噸
o
o
果 三
が 百
あ 人
る か
に ら
ち 成
が る
い ワ
あ 1
り ド
ま 部
せ で
ん も
。五
既
」り ’、
、価 喚♂臨’ 硬
で
も
し
.
も
こ
の
組
織
を
旨
く
運
営
さ
私
た
ち
の
教
会
の
組
織
は
神
の
命
陶
♂ 脚
で 「 な
す わ ら
。か な
し .り い
か ま で
も せ す
そ ん か
れ
。 L
で し と
大 か 氏
へ し が
ん そ 言
旨 れ い
く は ま
千 え に 行 私
人 す よ つ ど
か れ つ て も
ら ば て い に
成
’組 ま と
る 全 織 す つ
ス 世 さ L て
テ 界 れ と は
[ ど ま 答 宗
キ の し え 教
部 国 た ま 上
で に 。 し の
も あ そ た 利
効 る れ 。益
御
名 神
に の
よ め
つ ぐ
て み
お が
祈 あ
り な
い た
為 が
し.た
ま に
す あ
。る
よ
,
つ
に
さ
せ
る
よ
う
に
な
し
た
ま
わ
ん
こ
と
を
か
く
し
て
す
べ
て
の
人
に
「
神
の
御
子
。L
か
ら
直
接
イ
エ
ス
キ .
リ
ス
ト
の
に
来
る
神
権
を
自
覚
ン 任
グ 務
L の
を 精
こ 神
の を
「 全
ホ 教
1会
ム 員
テ に
イ も
[ た
チ ら
ン し
隔
晶副 画
》 ・
日一 b
噸り》 聰晒ゾ 』‘蔭
∼ ’》
「
そ
の
通
り
’
し
か
し
そ
の
共
通
の
で 「 で に
し わ
’導
よ か
入
う り
す
る
」 ま
こ
と せ
私 ん
と
が
o
が
答 し
で
え か
き
ま し
ま
す
’
す
と 何
か
’か
L
し 利
た 益
。は
そ 宗
こ 教
で 上
私 の
は 利
’益
で
な
く
て
は
共
通
の
利
益
が
な
く
て
は
な
ら
な
い
を
与 私
え は
’あ
霊 な
感 た
を が
与 た
え に
て 祝
’福
あ を
な 与
た え
が ま
に る
任 こ
務 と
を に
わ よ
り つ
あ て
て そ
る の
こ・ 「
と 指
が 導
で 者
き 組
ま 織
、
ψ 卿∼ 9職
亀軌ノ}
の 「
考 市
え の
を 中
’に
ど あ
の る
よ 各
う 集
に 団
し に
た そ
ら れ
ア ぞ
と メ
大 リ
き 力
な 合
声 衆
で 国
昌 に
い あ
ま る
し す
た。 べ
て
れ
責
任
が
伴
な
つ
て
い
る
と
い
そ の う
れ 市 こ
任
を
も
た
せ
る
の
は
正
し
い
こ
と
で
あ
v 卿∼ 随剛 )
rM印幽
} ㌔印
一 ㌧・
’幽
噸 ‘
、
一炉∼ 舶曜
す つ と の
ま の
と け き ワ す し 組
答 て r l る た 織
え い ワ ド と 。 を
ま ま i部 氏
h
す し ド の は
指
と た 部 中 「
導
氏
。L に あ
者
の
は 私 と 保 な
’が い つ た
組
各 う て は
織
」
ワ こ い
、
1 と ま 教
に
ド ば す 会
よ
部 を か の
り
は あ L 会
ま
そ る と 員
た
れ 種 た を
定
そ の ず ど
会
員
れ 公 ね の
責 共 ま よ
に
任 組 し う
よ
つ
を 織 た に
て
説
て と は そ
明
い 結 こ れ
を
ま び の ら
し
も区殿
二 の
r l高
ホ 十 さ
[ 三 に
ム .
参 ま
・ 照 で
テ % 至
る
イ
」
[
チ
の
ヤ
で
{
あ
L
り
に
ま
’
す
グ ’ た すo すo L が、 り 各
(
エ
L 私 が
の
ま 個
ペ
の た こ 神
義 自 す 人
ソ
計 ち の が
画
務 分 。の
の 新 あ
を の 直 福
人
ヘ
に 「 し な
認 持 接 祉
よ ワ い た
め つ の に
の
つ 1 計 が
る 権 啓 気
て ド 画 た
よ 能 示 を
活 テ と に
う
を に
’行
よ つ
け
気
イ新 め
四
ず 1 し ぐ
適 使 .つ る
○
け チ い み
切 す て 責
十
1
吻 1
.・
加 岬画
㌔ 曲 亀輌ρ
「為・
6潤 /肖
司恥 e
凸
来
る
権
能
を
帯
び
て
い
る
す
べ
て
の
者
∼1
∼
ま 会
す 員
が を
’教
小 え
神 る
権 こ
者 と
と の
て
管
理
を
さ
れ
て
い
る
の
で
す
ド ワ 合
部 1 つ
に ド て
は 部 い
祭
’ま
司 左 し
’の た
教 方
。
師 に 私
’あ は
執 る 氏
事 の に
L 等 が 指
と が 第 し
言 あ 九 示
い つ ワ し
ま て i て
し ’ ド 「
た。 れ
そ 部
右
で の
そ そ
し れ
て 会
私 長
は 会
’に
教 よ
会 つ
す 方
。に
こ あ
れ る
ら の
の が
ワ 第
1 一
識 に
の、私
一 た
致 ち
と す
に べ
到 て
達 の
し 者
る
」
た
め
に
働
い
て
い
を
と
と
の
え
て
奉
仕
の
’が
全 神
き の
人 子
と を
な 信
り じ
’る
キ 信
リ 仰
ス の
ト ー
る
兄
弟
た
ち
(
大
神
権
者
た
ち
わ す
ざ べ
を て
さ の
せ 会
’員
キ た
リ ち
ス の
ト 助
の け
か を
の 致
)
ら 得 い 会 老 者
重
要
性
は
さ
き
に
強
調
し
て
お
」
ム 指 あ
・ 導 て
テ 者 は
イL め
】 ワ て
チ i実
ン ド 行
グ 部 し
L の よ
あ
な
た
が
た
は
こ
れ
に 監 巧 を
参 督 と ど
加
’ し の
し 大 て よ
て 祭 い う
い 司 ま に
ま 「 す 「
す 七 か ホ
か 十 。 】
。 人 一、 ム
定 L 指 ・
員 長 導 テ
イ
煮難 縫 董雛 耀 去
ち 知 「 て 徒 で が 「 幹 グ
た る つ さ た あ そ ホ 部 L
徳 知 い せ ち り の 1 の に
」
i臼∼ 』商
rr陰’
マ』画 ノ》 曳 司・
∼ 酵ρ 》 一
尋.聰・
∼ ノ「
亀’殉亀朋〆蘭 田∼ 町 臼
噂嘲「
、崩獅・珀
r」角 町・㍉・圏炉㌔ 例 繭・
ハ 顧訴 穐ノ剛q・噛
角 ・炉 ㌔ 恥 闘・
・
ろ這炉 フ㌔ β㍉ .へ 顧調
へ 声 ㍉ r∼ i
一 378一
が
正
し
く
運
の
で
あ
り
ま
い す が よ
ま 。 ’ う
す 日 こ に
。本 の つ
日 の よ っ
て れ
’つ
そ す
の る
針 対
る
ど
い
う
な
伝 道 部 長 メ ッセー ジ
あ
か
つ
き
野 交会翫 肇竃謡
末
行 そ は は し で す 火 で
な し ”
て 行 こ を や
日
聖
け
さ
¢
蒼
瞬 縫 跡 捕 徒
金 国 も が 若 し か と ま そ
の
三難 昊猿 鉾 嬢 暮
こ
と
が
で
き
る
よ
う
に
税
金
い
国
の
指
導
者
た
ち
を
支
持
ら
そ
の
生
命
を
す
て
て
も
祖
で
あ
る
こ
と
に
大
き
な
誇
り
祖
国
の
た
め
に
さ
さ
げ
た
の
人
で
は
な
く
何
万
と
い
う
若
敵
艦
の
横
は
ら
め
が
け
て
人
ま
っ
す
ぐ
に
飛
ん
で
き
ま
し
神 神
風 風
飛 飛
行 行
士 士
た の
ち (
は 操
’縦
ま す
わ る
難
霧噂
篇 人離 騨
さ 政 守 つ り た 雷 そ さ の
め 府
る て ま
ち の
そ 申 永
の し 遠
身 ま の
に す 王
受 。国
け そ の
る し 一
た て 員
め ’に
に あ お
’な な
ま
し
た
(
工
ぺ
ソ
人
へ
の
手
く パ
’ウ
聖 ロ
徒 は
た 「
ち そ
と こ
同 で
じ あ
国 な
籍 た
神
の
王
国
の
民
と
し
て
守
る
べ
き
義
紙
二
章
十
九
参
照
%
の が あ
者 た る
で は 神
あ
’の
り も 王
’は 国
神 や の
の 異 一
家 国 員
族 人 に
な で な
の も っ
で 宿 て
あ り い
た
が
た
が
こ
こ
に
そ
な
え
て
あ
る
完
り
に
な
つ
た
こ
と
に
対
し
て
お
祝
い
テ
ス
マ
と
に
よ
つ
て
地
上
に
知 に
っ ま
て た
い は
ま 沖
す 縄
。人
日 で
本 あ
と る
沖 た
難
雛
し く す
何
さ よ
て り
’の
愛 証
す 拠
る で
兄 あ
弟 り
姉 ま
妹 す
難
て
い
ま
す
Q
ま
こ
と
に
日
本
た 。縄 め 国
ち
が に ま
よ
す ’た
ば 或 は
。
あ
ら る 沖
し 義 縄
な
た
い 務 の
が
発 と 人
た
展 責 々
私
は
を 任 は
し と ’
は
信
あ
仰
て が 日
い あ 本
な
と
る る 人
荏
悔
こ こ で
と と あ
が を る
任 福 ば こ 申 も 使 バ
そ よ た
の く め
と を を の し な 徒 プ
響蓋窪棄船 磯
一
輪
伝道部長
ダ ワ エ ン ・N ・ア ン ダ ー セ ン
379 一
。蔚 顧 諺 詳 爵 嬬 鷺 濃 縮 茎.契 塙
灘
鷲が 早轡
雰製 乏よ髪蕨 激 垂量這言 .奮鐸
が 人
参 天 進 る ’ れ こ 功 っ ’ ち る つ 霊 の 肖に す
o
ご
私 モ る
た
に す
て こ は 。 て .を 命 入 れ
は 対
な 神 照 の み か 神 か と 徳 ・
た ン よ
の % 御
、ら と ら さ に キ ら こ さ 入 受 令 つ ば
ち 経 う
.
父 終
’す も え 全 リ ん の て る け に た ’
「 す わ 王
の に に
私 る ち 国
蚕 り こ ベ キ で く ス そ ま 私 な た 従 の あ
為 の お
の 責 e の
言 ま の て り き た ト う つ の ら の う で な
す つ 助
い で 後 の ス な よ を で す 愛 ば で 行 あ た
個 任 自 一
べ て け
人
’分 員
た 堪 も 人 ト か ら 清 は ぐ す 聖 あ い る た
き .
い す
的 が 自 と
責
も え た と を つ な く な で る 霊 る を 。ち
こ る る
そ 身 し
う 忍 え を 確 た か 信 い せ 兄 を 。 し す は
と 予 の
任 れ に て
た ぶ ず 愛 く の っ 仰
。 ま 弟 受 そ
’で す
に 言 が
と で 対 為
、 な キ し 信 で た し あ い た け し 天 に で
つ 者 私
は あ す さ
_ ら り て じ あ な
’な 道 ち る て の ぞ に
い 二 の
二 ば ス 強 て る ら 人 た へ よ と 聖 御 の 永
何 り る ね
て r 最
で ま 責 ば
l r ト く う 。 ’を た 入
oい 霊 父 門 遠
は フ も
す す 任 な
フ 杢 の 進 た そ あ 救 ち っ わ う が と か の
つ ア大
ア遠 こ ま が れ な う が た た 神 降 そ ら 生
か
。口 ら
イ の と な わ
. き イ き
L
自 ・
ぬ
で た 大 も ら く の る の 入 命
り は な
と
分 責
第 生 ば け ず あ た き し ’ し 約 の 御 つ へ
と ’ね
お
の 任
二 命 を れ
’る ち な も そ は 東 は 子 て 行
説 バ が
き
家 に
書 を よ ば 完 か は 能 キ れ た が
’の 天 く
明 プ い
き
族 三
三 受 く な 全 ら こ カ リ で ず 履 汝 こ の ま
を テ で
に
に つ
十 け 味 ら な あ こ の ス 万 ね 行 ら と 御 つ
し ス あ
な
対 の
て マ
る
す 面
葦 盈 脈 奮 塗 建 毒 奮 あ 妻 在 窟 奮 塞釜 享 お を り
か
る が
十 か な
。 の た 進 キ こ り
。 る し か そ で
り 受 ま
て は 教 子
り _ わ せ 壇
て
う 「 織
あ ま 権
う り う 知
な た を
も
叢1
嬢 1.
蕪 雛{
鍵
へ.
鱗 雛織鱗1
撫
諺纏 l
l
難 縫繕驚 l
l
鷲
一 38Q一
え り
ら と
れ し
’て
任
は
責
任
私 い
照
た と 神 %
ち 思 の
が わ 王
次 終 で 回
の り な 復
れ 国
ま の
を
い
ま
し
を
隣
人
に
ち
は
一
旦
お
互
い
を
は ん た 良 い
全
’・め い ま 私
き 教 に 模 す た
人 会
’範
oち
む 語 福 強 .と の 自 に 第
る る 音 め ’
な 指 分 な 一
は
神
う
こ
と
で
う
に
準
備
つ き 者
家 る は
族 よ 「
の う 什
事
物
に
対
二
十
五
参
そ
の
子
供
あ を 責
’分 す 照
り す 任 収 の る ×
た
ち
◎
lll慧1雛 1鐸難 縫 鍵妄鱗
昇 忍 な 音 実 て
栄 ぶ 好 の ぞ 私
L な 機 光 の た
と
「
永
遠
の
生
命
L
ら 会 に
’で 照
私 あ ら
た り し
ち ま て
は 、す な
此
。が
世 も め
と
を
与
え
ら
れ
る
に
ち
で
成
功
と
幸
福
と
を
与
し
も
私
た
ち
が
し
っ
か
責
任
は
大
き
い
の
で
ち
の
負
わ
な
く
て
は
る あ な
と り ら
き ま な
’す い
そ 。責
れ し 任
ら か は
の し 大
責
’き
」
り で で
令
ま あ 働 (
エ 支
を で は ち 一
あ な は 員
警樋 無 種 呈耽
壺ぎ繋 又納 莞踊
’ と 生
先
祖
の
た
め
に
で
き
る
’活
そ を
れ し
は な
機 く
会 て
が は
来 い
た け
欝
識
黙
1
更犠 莞羊麓 襲鐙
鰻
十
の
ら
。一
。 る
に
子
な
丁査謹 士建窪塞纏
藩 案癒 鷲 享蘇
参 人
し た
’ち
う る の
レ
一
381 一 ・
て
ほ 念
ち を
か
主
に
対
す
る
財
政
上
は
み
な
ご
く
幼
な
い
と
を
教
わ
ら
な
く
て
は
な
教
え
る
責
任
を
も
q
ち
(
霧鍵
騰 霧 謬
求
を
行
な
行 に こ
け も と
る う が
よ 一 で
た
家
族
の
一
や
神
聖
な
六
十
八
章
る
次
第
で
あ
り
ま
す。
み
な
こ
れ
ら
の
す
ぼ
ら
が
い
あ
り
ま
せ
ん
が
す
こ
と
な
く
利
用
す
る
よ
う
に
祈
呈
十
_
章
二
十
参
昭
O
。
私
た
ち
が
二
し 1
い フ
好
ア
機 イ
会 第
を 二
の 圭
◎
十
o
嘔
o
一
、“
ン
ヨ
解
質
答
疑
使 セ
徒
者
ム
ム
フ
●
フ
長
イ
.
応 .
答
○
二
十
五
1
二
十
六
参
照
)
も
つ
よ
う
に
な
り
ま
し
た
(
つ
L
ア
ロ
ン
神
権
と
肉
体
に
「
天
使
の
入
を
助
け
る
鍵
と
デ
ク
神
権
が
取
り
あ
げ
ら
れ
に く 「
は ら 教
’か 義
モ 誤 と
i解 聖
セ が 約
の あ 」
死 り に
後 ま 述
イ す べ
ス 。て
質
私
た 問
ち
の
ク
ラ ’
.
ス
に
出
て
難騰
つ 八
て 十
い 四
と 鍵 エ ル L い 間
だ を ル ケ の て に
け も は ゼ 中 い
’
ら 「
出 な
た ぜ
も な
の ら
で 予
な 言
く’ は
昔
ま と
せ き
ん 聖
で 霊
し を
た 授
。け
そ
る
れ 職
i
ル
デ
イ
ン
グ
●
ス
こ
「
教
義
の
聖
約
L
の
こ
ケ
ゼ
デ
ク
の
神
権
が
必
勢、
指 書諺
署 ε鰐 勤
正 と
し い
い う
な こ
ら と
’で
教 あ
会 り
の ま
モ
}
セ
の
律
法
だ
け
で
る
の
は
’
イ
ス
ラ
エ
ル
禽耀 整
潅 も葱 乞
が て わ 人 し ま 認 私 こ て
聖 人 ら は い す す た と ア
霊 間 ず 一 な
・る ち が ロ
繍
辣 短 礁 藷
じ 志 ロ あ そ し メ え た 権
て か
は
り の
も ル が か
と
る に
人 在
な つ
し て
に 福
’音
ど の
う 儀
し 式
て を
居 テ
り ロ
ま の
す 第
。二
私 の
た 手
ち 紙
は 一
’○
語
っ
た
も
の
だ
か
ら
で
あ
メ ニ
ル 十
ケ ー
ゼ 参
デ 照
ク )
神 と
権 言
の っ
職 ’
て
る
L
(
欽
定
訳
聖
書
’
ぺ
、
ス
長
老
お い
教 て
え は
を つ
ね き
が り
い し
ま た
す ご
o と
ば
が
言
つ
て
あ
り
ま
す
か
一
か
理
解
に
苦
し
む
の
で
あ
り イ
ま ス
す ラ
。工
こ ル
の が
問 存
題 続
に し
つ た
382 一
行
な
う
権
能
を
も
つ
て
い
藩
磯即
ラ
メ
エ
ル
ル
ケ
か ゼ
ら ア
取 ク
り 神
去 権
は
れ な
た ぜ
か イ.
} の 》
ス
代 興 て わ 工 切 み る
L を あ し ル と を と 主
人 に 捧 れ な い デ 主 だ こ と ら 守 主
に 興 げ ’ っ ’ ク な 準 の 申
’ り な イ
解
躁 蕊搬
㍗
を嬬 麓
搬 鷺
惣 聴
蠣 搬
製 縫
ど否階
纏轟鳴
雲錨占纏警鋸
宥織
答
売
駐誘
鶴
齢エ
わ
’ 皇鋳ギ
ル し お 多こ
終 ラ 謹
教 あ 解
行 ス 繍
ま 権 霧
授 工 碑
な 受 亀鶏
と 全 ん イ
れ に
・わ 人 て 示 く り 工 訓 つ な ラ た だ け ル い け こ な だ ス ジ
の , れ が 恩 し の ま ル に て つ エ レ け る の こ る ろ 権 契 ラ ブ
旅 ー わ 荒 知 に 奇 で 人 な
’た ル ビ を こ 族 と 値 が 能 約 エ ト
路
と
責
任
の
「
最
後
れ
が
主
な
野
の
中
を
ら
ず
の
態
な
つ
た
が
蹟 い が
を つ 荒
あ も 野
ら 豊 を
る
は
ず
で
近
。の の の と の が の
代 こ た 族 こ を 男 わ な
の れ め に し ひ 子 か い
イ は に だ て か に つ こ
イ
ス
ラ
エ
を
彼
ら
に
に
忠
実
で
ル の
人 地
が を
神 出
.
た編 蝶 掬 雛 鶴 擁 膳 ・誘 以 量あ鍵
と 権
つ 時
あ
な
た
が
た
を
住
ま
わ
せ
よ
う
と
手
を
あ
げ
て
誓
っ
の
末
よ
っ
あ
ら
ス
ラ
て
親
め
ぐ
ヌ み な の て た わ
ン な わ う ’に た
の 倒 ち ち こ す し
子 れ ”
の る の
ヨ る す わ 荒 で 耳
シ で べ た 野 あ に
ユ あ て し に ろ 語
ヤ ろ 数 に 倒 う っ
の う え む れ
。た
ほ 。 ら か る あ よ
か エ れ つ で な う
は フ た て あ た に
’ン ニ つ ろ が わ
わ ネ 十 ぶ う た た
た の 才 や
。は し
し 子 以 い あ 死 は
が 力 上 た な 体 あ
か レ の 者 た と な
つ ブ 者
’が な た
て と は す た つ が
の あ め
中 ら に
で わ 折
マ れ 々
ナ を 主
を 理 な
め 解 る
ぐ し 神
み な が
た か あ
ま つ ら
い た わ
’ 。 し
て
約
反 イ 東
抗 ス の
の ラ 地
精 エ へ
神 ル 入
を 人 る
示 は こ
し 四 と
た 十 を
。年 許
彼 問 さ
ら 不 .れ
肉
が
欲
し
い
と
さ
は 平
’を
自 言
分 い
ら つ
の ず
た け
主
な
る
神
は
荒
野
た
も
う
た
大
き
な
て
い
れ た の
る 。人
r あ 々
わ な が
た .た わ
し は た
は 彼 し
生 ら に
き 匹 む
て 言 か
い い つ
る な て
Q さ つ
あ い ぶ
な oや
た 「 く
が 主 の
た は を
が 言 聞
’わ い
ん の 来
で ぞ た
し き と
ま ’ き
つ エ に
て ジ は
い プ 誠
た ト 実
oを を
モ 出 か
i て え
セ き な
と た か
な ア
か ロ
つ ン
た で
。 さ
え
も
お
と
な
た
ち
は
死
o エ
ル
つ
た
二
人
の
男
を
三
そ 参
れ 照
で %
あ
る
か
ら
’
ヨ
ル
ダ
ン
川
を
わ
た
る
時
が
よ い
う を
忍 に
ぶ む
こ か
と つ
が て
で つ
き ぶ
よ や
う く
か こ
。の
わ 悪
た い
し 会
は 衆
イ を
ス い
ラ つ
工 ま
ル で
知
る
で
あ
ろ
う
ヒ
(
民
数
記
十
四
○
二
十
え
ら
き
に
た
ま
ヶ
ゼ
る て に
「 し 現 警
主 て わ 告
は あ れ し
モ る た て
i 。 Qお
そ 置
セ
れ き
と
は に
ア
ロ
次 な
の つ
ン
通 た
に
言
り こ
「 と
わ
れ
民 が
た
数 事
。
記 実
L と
わ
に な
た
し
し っ
で
’ に
’ ま は
き
’
軸
来 ン
た 川
と を
き こ
’え
か て
つ 受
て け
主 嗣
な ぎ
る の
神 地
が へ
予 入
言 つ
を て
以 行
て く
理 に 供 い
解
’の た ま
し 主 も 間 た
て な っ ’イ
い る て 始 ス
な 神 い め ラ
か が る か 工
つ モ 性 ら ル
た i 質 終 人
oセ を り は
従 に 示 ま 荒
っ 与 し で 野
て え た ’の
’た
。甘 申
彼 も 彼 や に
ら う ら か と
が た は さ ど
ヨ 教 明 れ ま
て
為
に
な
る
教
訓
に
す
べ
き
で
あ
る
。
彼 時
ら が
ル え ら た つ
ダ を か 子 て
い 一 ぐ 罪 だ の
’年 つ を 荒 死
わ と た 負 野 体
た し 四 う で が
し て 十 で 羊 荒
が ’ 日 あ 飼 野
あ 四 の ろ い に
な 十 日 う と 朽
た 年 数 ○ な ち
が の に あ り は
た .あ し な
’て
を い た た あ る
遠 だ が が な ま
ざ 自 い た た で
か 分
’は が 四
つ の ぞ か た 十
あ な
う た
う が
。た
あ は
な 死
た 体
が と
た な
の つ
子 て
た こ
ち の
は 荒
’野
あ に
よ
う
る
な
命
を
め は 言 し た
た い っ ’地
地 る た あ に
を で あ な は
知 あ な た い
る う た が る
よ う が た こ
う 。た が と
に 彼 の ’が
な ら 子 え で
る は 供 じ き
で あ は き な
あ な
’に い
う た わ な で
う が た る あ
。た し で ろ
〒鉾
2僻 雛 鵜 譲 熱
三 と を 日 を 信 あ が る し や い う し
十
を 負
一 383一
を
さ の い た で あ
し て
と か
◎
◎
な う
か で
つ は
た な
。か
9
現
在
ひ
ろ
く
世
に
行
な
わ
て
あ
つ
た
こ
つ と
た と
。同
必 じ
ず こ
し と
も が
全 の
部 つ
同 て
二 の 神 モ に っ ま れ
度 上 は 1 関 た っ ら
目 に セ セ す か た の
の し [ が る
。 Q石
石 る セ こ 数 そ そ の
の し
板 た
に 誠
は 命
’を
最 お
初 授
の け
石 に
の な
を .の
山 石
へ の
よ 板
び を
返 く
し だ
’い
二 て
度 か
々
の
誠
命
が
し
る
し
て
あ
の
石
の
板
の
上
に
は
「
完
の
石
の
板
の
上
に
は
何
が
そ た し
む Q る
い モ し
て } た
邪 セ 或
板 神 は
を を 山
地 礼 を
に .拝お
な し り
げ て て
つ い 来
け る て
て の イ
く.を ス
る
誠
命
を
モ
i
セ
に
お
授
山
に
の
ぼ
っ
を
礼
拝
す
る
ル
人
は
、
そ
む
四
十 と
日 こ
間 ろ
お が
て よ い り ’
行 う て ’
て モ
っ に
’来 }
た な エ な セ
と っ ジ か が
き た プ っ シ
’ o ト た .
ナ
神 モ 人 う イ
は 】 の ち の
石 セ い に 山
鷲 暴弩裾 皇擁 捗 甕 鰯 鞠 縫
9
る
聖
で
は
o る ・こ
そ し の
の
板
な
る
の
こ
と
ば
を
そ
れ
に
書
く
し
は
あ
な
た
が
砕
い
た
は
う
な
石
の
板
二
枚
を
切
つ
「
主
は
モ
1
セ
に
言
わ
あ
ら
わ
し
た
改
訳
聖
書
の
神
の
命
に
よ
つ
て
予
言
で
あ
ろ
うo
じ
め
の
板
に
て
つ
く
り
な
れ
う 中
た に に
。 し は
あ
る
な
し こ’
者
ジ
ヨ
セ
フ
た
は
前
の
よ
・
ス
ミ
ス
が
し あ さ
か
つ い
し た
。
そ 律 わ
れ 法 た
・
か
ラ こ 神
石
の
板
に
つ
い
て
次
の
よ
て
あ
る
。
の
ニ
度
目
の
イ 福 人
参
ろ
で 権
を
ス
が
ラ を
失 神
そ
れ
小
神
権
と
肉
体
に
か
人
は
完
全
な
る
神
権
あ
つ
た
こ
と
を
忘
れ
エ
ル
人
が
忠
実
で
あ
に
そ
む
い
た
た
め
に
で
あ
る
か
ら
’
わ
れ
わ
る
「
俗
世
の
律
え
ら
れ
な
か
つ
た
な こ
ら と
な が
い 神
。 の
イ み
ス こ
な し め
ら か 提
’ し 供
完
’ さ
全 も れ
な し た
る も 祝
は
’
イ
ス
ラ
工
ル
イ
ス
ラ
エ
ル
人
に
与
な
つ
た
こ
と
が
わ
か
て
あ
り 権
去 が
ら ど
れ の
て 男
し 子
ま に
っ も
た 授
。け
ら
れ
る
と
い
う
祝
福
が
と
ら’ エ
ル
か奪蓬 老是溌}
隷
e
だ 音
。 L
て
し
’ 人
こ が
な 上
っ に
る わ な す 工
通 れ る る ル
り わ 神 明 人
の れ は 瞭 は
誠 は こ な メ
命 今 の 原 ル
を 「 誠 則 ケ
も 出 命 と ゼ
つ エ を を デ
て ジ と も ク
居 フo り っ 神
り ト か て 権
’記 え 居 の
メ L た た 祝
ル に も で 福
ケ し う あ と
ゼ る た ろ 福
デ し の う 音
ク て で
。に
神 あ
’主 関
イ
の
初 し
の も
石 イ
の ス
板 ラ
を 工
喜 ル
ん 人
で が
受 真
け 面
と 目
つ な
た 信
な 仰
ら を
’ も
イ っ
ス て
ラ 最
の
神
ラ
工
に 初
か の
か 石
わ の
る 板
福 の
音 上
の に
権 は
能 メ
が ル
し ケ
る ゼ
し デ
て ク
あ 神
っ 権
た の
。祝
も 福
つ
て
ス
改
わ
た
.訳 し
聖 の
書’ 前
に
出
エ
ジ
プ
立
ち
な
さ
う あ
ち
な
つ 来
つ い
た
な て
ま ら
に
に た か い
’ し
シ に ら よ 彼 め
ナ
ら か
に
イ 命
じ で
あ う’ が
山 た る わ
に 通
。 た
の り そ し
ぼ ’れ の
こ
の
世
に
(
’
ジ 山
ヨ の
セ い
フ た
そ る
な か
え ら
を
.’
し わ
に
入
ら
ぬ
よ
与 か
え し
る わ’
で
か あ た
わ う し
る う は
律
。は
う あ
ち る
わ
。
た わ
し た
[ ・ だ
’ た う .の
ニ ス き 朝
し に 前
一
384 一
し
’
そ
れ
は
し 肉
は 体
た な
もお
う イ
た ス
o ラ
エ
ル
人
を
愛
し
て
大
き
な
う め
た に
。 あ
主 ら
な ゆ
る る
神 方
は 法
こ で
れ 愛
ほ と
ど 力
に と
し を
た あ
は セ
’フ
こ ・
の ス
ニ ミ
度 ス
目 に
の 下
石 っ
の た
板 啓
の 示
上 に
に よ
は っ
’て
最 わ
初 れ
の わ
石 れ
る の 権
「
し
詣 ど ぞ塑 蓋 餐 奮 辱 よ £
三
十
四
○
一
ら
わ
し
た
も
い の
た 板
わ の
け 上
で に
は し
な る
か し
つ て
た あ
こ っ
と た
を こ
知 と
つ が
て み
い な
る の
。 っ
最 て
ミ で の が 誓 に 怒 の 彼
照
%
約 も
東 う
を た
結 上
び に
の
よ
う
な
律
法
を
。 中
へ
行
つ
て
彼
ら
が
ほ
う
ぼ
さ
れ
な
い
た
め
で
あ
の
ラ か わ
エ つ い
ル た だ
の と と
た き き
に に
泉 ウ
を ズ
奇 ラ
蹟 を
的 与
に え
見 た
つ ま
け い
さ ’
せ 水
’が
イ 欲
ス し
し の
る 石
し の
て 板
あ の
っ 上
た に
と し
述 る
べ し
て て
あ あ
る っ
が た
’ と
予 同
言 じ
者 こ
ジ と
ヨ が
書
に
は
’
こ
の
二
度
目
の
石
の
板
の
上
に
は
’
最
初
っ は
は
て
儀 わ
式 た
と し
は の
彼 聖
ら な
に る
与 神
え 権
な と
い 神
o権
わ の
た さ
し だ
が め
彼 と
ら 神
そ
は
の じ
中 め
か の
ら 板
神 に
権 あ
を っ
取 た
り 通
去 り
る で
か は
ら な
で い
あ 。
る わ
。 た
従 し
に ジ て ら ク ひ .は
任 ヨ メ ず 神 う な
命 セ ル 居 権 く ら
し フ ケ な が 与 な
を揮
毛醗
る ら
法
神 ず わ L
権 っ れ を
の と わ 与
槍羅屡鵬
◎
1
蕪 難 錯
塾 融 鶴 響 秀雰
蕨
癖 塁カ
ミ奨 縫
て 只 が 言 な メ エ と ま の
い 神
’者
る が 予 は
令 と 言 す
予 く 者 べ
も
め
の
息
子
を
蘇
σ
踵
ら
火
を
呼
び
下
し
い
権
能
を
も
つ
て
い け
る ら
。れ
エ た
ラ 最
イ 後
ジ の
ル
ケ
ゼ
デ
ル
の
族
に
を で は
忘
’ じ
れ 聖 め
て な か
時 能
は と
な を
い 帯
。び
工 て
ラ い
そ
の
ほ
か
の
儀
式
髄
照 言
イ % 者
ス
ジ
つ
ヨ
エ
セ
ル
フ
の
・
筈霞
譲 錘 欝
せ も 。天 予 ヤ 言 り を
で
ス
る め エ
権 の ラ
能 食 イ
を 物 ジ
も を ヤ
つ ふ は
て や ま
い し た
た ’天
Qや か
の
教
え
L
百
八
十
一
頁
参
れ な
た る
の 福
で 音
あ L
っ と
たo な
型
4
男
が
か
な
を 言
閉 者
ぢ で
る あ
と る
雨 と
が 言
降 わ
ら .れ
な て
は
「
完
全
な
神
権
L
を
授
る
権
神
た く 時 入
。一 に つ
し 般 至 た
か に る と
し こ ま き
「 の で か
救 能
権i イ’ ら
い
「
主 が ス 救
L 与 ラ い
が え エ 主
来 ら ル L
り れ の が
た て 族 降
も は の 臨
(
大
神
権
凝
者
が
一
人
も
居
な
か
っ
た
行
な
う
神
聖
な
権
威
と
権
こ の
と 予
が 言
で 者
き は
た 民
が の
、中
イ で
ス 神
ラ 権
エ の
ル 儀
人 式
が を
い躁 鮎
見
る
と
’
確
認
の
儀
式
や
メ
ル
ケ
ゼ
デ
ク
神
権
を
授
け
ら
れ
て
い
エ そ
ル れ
’で
ダ あ
ニ る
エ か
ル ら
の
、
よ イ
う ザ
な ヤ
ほ
’
か 工
の レ
予 ミ
な薯竺
回 「 な は も の 行 こ た 工
復 完 か ひ う 地 な れ ち ゼ
さ 全 っ う た へ う ら も キ
一
385 一
鯉
e
ジ ョ セ ブ ・フ ィ ー ル デ ィ ン グ ・ス ミ ス 著
9
欝鍵髪
難
難欝難
褥 「 ㍉ 弛「
が
紺
謡 〆
舞ゴ
鑑
ロリ
、 爵
ぬ
よ翼
蕊糞
羅聾
噌ブ ー
響鍵 蟹
斗嘔
、
9
9
ズ
羅
琴
’
・
手’
.
∴
・懇
まコ
ミ
・ 鞍
㍉
ぢ
戎
二
懇
嚢壕 鑑 撒
灘細 彊 瀞幡
魯 蕪
誌一
恥
.
騨
観=賢 ・
= 二}漣 虻「
酌 こ融 蝉
沸
灘
・3齢
噛
末 日聖 徒 イ エ ス ・キ リス ト教 会 歴 史 粋
か
ら
わ
し
は
ウ
イ
ス
唱
キ
i
へ せ
つ て
れ 次
て の
行 よ
く う
な に
’言
ま っ
た た
頭 た が
の ち い
代 は い
金
護 ㌔
は 衛
自 た
分 ち
た か
ち ら
の 馬
紙 を
幣 二
で 頭
支 買
払 い
を
た
つ
ぶ
り
や
つ
て
寝
て
し
ま
け
つ
し
て
移
送
令
状
を
見
せ
る
つ
、
た 一
。頭
四 の
人 代
治 し キ 所 し レ イ と
安 て i で て [ マ な
官 み を 野 そ の ン っ
は’ な
営 の 五 ・ て
こ ジ
ヨ し 日 人 ワ い
と れ ツ た の で イ た
ら を キ 。 う あ ト 兄
わ 飲 に あ ち っ ’弟
れ ん 一 く に た カ た
に で 杯 る ダ 。 レ ち
。な
.
「 つ
バ て
i い
チ た
判 兄
事 弟
は た
君 ち
た に
ち あ
を の
酔
つ
ぱ
ら
い
寝
て
し
ま
っ
た
っ 送
し
移
る
と
手 日
に 一
入 行
れ が
て ニ
き 十
て マ
’ イ
護 ル
送 ほ
す ど
う。け.繕
か
ら 言
と
’
っ
君 た
ら よ
は
o
し だ
て
ブ
[
ン
郡
令
状
L
を
見
の
こ
っ
た
郡
は
一
人
だ
け
の
こ
了
メ
竺、一 ・
一 蓬
弩
叢
金
た
は 九 い
洋
’と
服 逃 思
で げ う
は る こ
ら 。 と
い
を
’兄 す
一 弟 る
・
し
蓼
鑛
縄 編… 総 騨
孕藷
譲
糞
、
.
嚢叢難
誌・
1洗
「
「
臨
露蝶
説 離
謬饗 萎
鯉 _ 総
繕
−㌔、
㌔
ー ㌔一慧
・
…
縛驚 驚 ・
ぬ
瞳
∼ぜ
斗
転
、そ・
“
イ こ
ア の
i 五
マ 人
ン を
ま つ
で れ
行 た
き 一
’行
そ は
と
で
ブ
1
ン
郡
へ
護
送
さ
は
二
頭
立
て
の
馬
車
と
そ
は
月
日
も
姓
名
も
場
所
も
事 ビ
か 1 八
ら ス ’
受 郡 裁
け か 判
’ ら 地
ま ブ の
た 1変
判 ン 更
事 郡
o
ブ は れ れ 何 は
・ ジ る に も 「
ボ ヨ支 必 の 訴
[ セ 度 要 っ 訟
ル フ が な て 記
ド ・ と 馬 い 録
ウ ス と と な 移
イ ミ の
’か 送
ン ス っ 郡 つ 令
”
た 治 た 状
ア ハ 。安
。L
へ
裁
判
地
を
変
更
す
る
と
い
衝鶴
揚
晶
た
と
き
’
ウ
イ
ス
ザ
ン
ダ
1
・
マ
ク
は ガ
モ ラ
リ テ
ン ン
判
を
事 出
の 発
一
湯
ム
・
ス
ミ
ス
’
ラ
386 一
と
き
と
ら
わ
れ
人
嬬
ほ
か
に
四
人
の
男
わ
れ
た
兄
弟
た
ち
46
く
っ
た
が
’
そ
れ
ら
せ
を
バ
1
チ
判
千
八
百
三
十
九
年
四
月
十
第
二
十
六
第
三
部
オ
章 ’ イ
・・
(
千
八
百
三
十
八
1
ミ
オ
ズ
お
1
よ
り
び
か
ミ
ら
の
ズ
1
追
リ
天 放 時
’
兄
弟
た
ち
は
デ
百
三
十
九
年
)
代
く た ろ .た 取
放 言 が
派 軍
「 加
加 が
態
あ に
と は 時 弟
の の
野 カ
ミ擁 鵬 誤 響 馳 粥 士寝 響暑姿鑓 濡
櫛 鱗 鄭 鴛 準製 1盤 莞1讐 灸藻
◎
鵜 灘難難
1
鱗
市 情
に の
っ も と る へ
に 郡
の 組
ら
っ テ
の
し く 裁
。 と 助 機
鷺 勲 鷲 藷 聾 翫 舗 針
訴 急魏漣 弊
皐勲
鍵 黙 趨 態 甚蔭突講 強さ 家霧ダ 窒
.
騎 影
を た る が う が 知 ぬ じ の 徒 初 謀 に に 吏
更 い 徒 た す
与 た と す ん
え め か 計 陰
あ 事
。 き で た 計 L 至 よ で
る は 知 前 あ ち 画 で る る あ
ま と つ
携 甥 難 籍 髭 齢 あで ・た
手蕊
る 。 で 辛競
な は で 瀧
ま ち 窺
リ 弟 狩
た
’ 傷迫 落
た ラ
自
分
は か お 囚 で を 1 た め 市
な つ ど 人 の 釈 が ち に 民
ミ
ス
と
そ
事
で
さ
え
ち
に
影
響
の
仲
間
の
囚
人
た
ち
を
喜
ん
で
釈
放
し
よ
う
と
す
る
’を す て
州 与 す 彼
に え め は
あ ’た ア
び 彼 。 イ
せ ら こ オ
ら を れ ワ
れ し ら 地
る て の 方
非 恐 こ の
難 怖 と 境
に に は 界
い ふ み の
や る な 内
気 え ミ 部
が あ ズ に
さ が 「 家
し ら リ 庭
て せ 州 を
’ た に つ
そ 害 ち
の に に
リ
[
徒 た け イ し
第
.
た 。た オ ’西 を し る 五 け か 支 維
ち
ワ 聖
ら ぎ
に そ
し モ
ル 州
徒 部
イ す
る ま。 責
任 条o れ
り 配
干 持
さ
モ
ン
教
徒
の
取
り
あ
つ
か
い
に
反
対
す
る
と
激
し
い
の た
知 ち
事 に
ロ 自
バ 分
i た
ト ち
・ の
ル 間
カ で
ス 家
は 庭
手 を
紙 っ
を く
寄 れ
せ と
て す
.
’』
す
ミ め
り
ノ
イ
の
市
民
た
ち
は
さ
す
ら
い
の
聖
徒
た
ち
を
温
こ た
と 法
を 律
得 は
ず い
。か
な
る
教
派
も
し
く
は
礼
拝
の
様
式
に
も
あ
る
も
し
く
は
利
益
の
あ
る
職
務
に
つ
く
資
格
を
失
な
何
人
と
い
え
ど
も
そ
の
宗
教
上
の
意
見
の
た
め
に
こ
の
”
干 何
渉 人
さ と
れ い
’え
拘 ど
東 も
さ そ
る の
る 宗
こ 教
と 上
な の
し 告
o白
も
し
く
は
感
情
を
一 に
き
と お
ず
つ
な け
鯵 1瓢 1辱 蓬摺
で ・ ス 者 を 語 で
な ス 知 た 聖 っ 受
’歓
ア 迎
ひ
い
き
一
387 一
れ 族 ム を て 歩 ち り
た の ス イ ハ で を 眠
た 者 郡 リ イ こ 出 つ
め
に
貧
困
は
み
健
な
の
状
康
で
の
ク
イ
ン
シ
1
ノ
イ
州
で
あ
る
ラ
ム
・
ス
ミ
ス
れ
に
つ
ず
き
’
発
さ
せ
た
。
兄
て
し
ま
う
と
’
憩
第
た た た
し つ つ 四 註 っ ミ ち
’礼
て の
き 条。 ミ
。 た。 ズ
の
も
リ 憲
渉 せ し 拝
す ら く の
る る は 場
こ る 強 所
と こ 制 を
な と に 建
し な よ 頂
。 し っ
ま 。て 支
た い 福 え
人 か 音 ま
が な.を た
他 る 説 は
人 人 く こ
の の 教 れ
宗 権 職 に
教 能 者 出
上 も も 席
の 良 し さ
礼 心 く せ
拝 の は ら
を も 宗 る
妨 つ 教 る
げ 権i 々 こ
ざ 利 師 と
る を を な
破 す
り べ
得 て
ざ の
る 人
権 々
利 は
を 自
有 己
す の
る 良
。心
従 に
っ 従
て い
何 全
人 能
と の
い 神
え を
ど 礼
も.
拝
強 す
制 る
に 生
よ れ
ズ
1
り
州
の
憲
法
に
は
次
の
通
り
に
し
る
さ
れ
て
い
る
r
}
の
役
人
た
ち
の
卑
れ
つ
な
行
為
は
ほ
か
の
州
に
も
ひ
ろ
く
知
れ
わ
法
を
支 .
持
し
尊
重
す
る
と
い
う
誓
い
の
こ
と
ば
に
よ
つ
て
誓
約
を
し
ご
、
「
、.戸
.
ク フ い え は と ら が ト ダ キ こ め 三 の を
と オ で
”
思 れ す を } ン の て 十 牢 受
[ ス の
ウ ・ 仲 十
あ の ヨ っ う
ら 結 セ た た
㌢
イ フ 間 一
わ 果
レ い 背 ギ
つ ま で 囚 ウ グ
陪 審 九 獄
け
フ と が
聾 華鶉 稜 量.
愈斗製聾 饗 轟;
’
雪巽偉 芸運 房
(
老
八
の
前
マ
の
れ
簿
鷲 皇影 薇 陥
倒 就 毫享雪昊硫
ス オ 年
長 ル 七
を
ス
チ
あ
団
け
月
は
を
エ ス ’1テ
レ
を
フ
ス
と
よ
淫 簾 費 鍬 ∴ イ憶 購 揺
歪カ
ミ借詮呈窪勇舞↓讐?麟 繁凝
つ ス れ で 。 を ほ
と が ら ’そ 釈 ん
て
い
レ で う を 長
イ 六 些 待 老
ン ら プ
・ れ ラ
。 た が 釈 を
ち 逃 さ す
勇堀 牲 募繰 芽磐零甥 管嚢 弼 奉ζ 奮塞 重
、
圏
}
人
の
こ
と
羅 撫饗 蕪響㌶l
_
’逃
l騰 駄 ll欝 1貨 llll穿
ら
得
て
’
手
そ
の
う
ち
に
四
W
プ
・ ス
ク お
ラ よ
の
中
に
つ
い
た
と
ぽ
い
役
人
た
由
を
得
よ
1 び
な
吾
ち
う
の
春
に
な
ら
な
ン 更
ビ す
ヤ る
へ こ
送
と
略 1 と ウ イ ハ が
奪 に が ン 、 ン 設
さ 集 冬 デ テ チ 置
れ ま の イ オ ン さ
て り う ’ ド ト れ
い
’ち ジ 1 ン た
・ シ チ
フ
ヤ ン
オ ラ
・
レ
i A
ッ と
・
こ
ら
れ
た
。
め
g
計
画
を
ね
1 れ 草 ト た す 獄
証
ル た し で 。重 に 十 明
’ 。 ’開 千 荷 入 二 さ
ジ そ 方 か 八 が れ ’ れ
ヨ の 法 れ 百 十 ら 追 て
ン 兄 を
’三 二 れ 放 一
た
o
こ
の
委
員
r
レ
i
’
ジ
ヨ
こ
の
日
始
け
’
千
八
百
れ
た
。
こ
こ
と
1 ツ
同 お
ト
じ よ
’
告 び モ
訴 ダ
リ
ス
ミ
ス
と
そ
こ
と
’
自
前
に
法
か
ら
逃
亡
し
た
者
と
し
て
の を 分
で お が
き そ 前
る れ に
よ た し
う 。た
に そ 行
手 こ 動
配 で が
を ’不
し 彼 法
’は で
そ ジ あ
ト
長
老
は
ま
た
辛
苦
を
経
て
イ
長
老
は
再
び
捕
に
汗
を
握
る
よ
浬ぢ楚 絡昇τ萎縫 盆じ 碧覚窪究擁三森言翻 凝
縫 濠窺鋤 罎 舞 乏鷺 奮麓 撃 蕨 黒覇 i額 .
た■退
端 切
た
・ レ
’員 働 入
ス
1 は め を 月 長
た
々
徒
た
ち
を
ミ
ズ
1
リ
州
大
管
長
会
を
組
織
す
に て へ が な
の 去 に な の H l チ の き る
”
ブ に ミ ニ ブ と の 訴 鎖 着
’方
.
蒐 婁驚瓢 貯 今墾
存拷
芳萎杖
芳ミ塁鄭
茗繁隼
悪
こ に を 多
1 ニ ル は た の
・ ン ム 員
リ 日 ム 聖
。 却 な 々 の 逃
質
と な
な の
っ
暴 で て
民 き い
た な た
誰
り い か
は 教 ら
四 会
’
月 員 千
受
け
た
o
彼
ら
は
前
に
く ル
の
。
聖 と
徒 こ
は ろ
イ が
リ ミ
ノ ズ
イ
[
エ
ル
・
シ
ヤ
ラ
1
’
シ
ス
・
バ
i
ド
、
ア
ラ
ン
次
の
通
り
で
あ
っ
た
。
。
後
に
な
っ
て
移
動
に
財
カ
産
ル
を
ロ
集
ス
め. ・
、
ス
貧
ミ
し ス
い
の
ソ
ン
・
リ
プ
レ
イ
’
テ
・
ヤ
ン
グ
’
ヒ
i
バ
1
会
が
組
織
さ
れ
次
の
兄
州
か
ら
ほ
か
へ
移
す
た
一
般
市
民
の
集
ま
り
が
・
ヤ
ン
グ
長
老
の
肩
へ
下
さ
れ
た
。
書蒙鐸 御 ;縮 鍛 郊 ぐ雛 予纏 美
に つ 十 盗 イ 出
会 た 九 ま ン る
議
。年 れ シ こ
ク リ ヤ 委 移
・ プ ム 員 す
ラ レ ・ 会 た
で ア キ が 議 ウ つ か が
あ ・ ン 選 を エ て え 全
っ タ ボ ば 起 ス き 移 部
一
388 一
が
れ
た
が
’
の 二
家 人
族 は
と 逃
め 亡
何
ぐ
の
り
と 会
が
つ
も た
な
。
い フ
こ
オ
と レ
が
ツ
を
つ
ず
け
’
多
ノ
へ
の
患
難
亡
を
し
た
。
逃
げ
て
か
ら
フ
オ
レ
ツ
ト
L
ち で :
委 モ 教 で の レ 危 の 長 .
、た 守 た ヤ ま マ ン 聖 る の ウ を
ボ は 急 .
員 ン 会 ヒ ほ .
[ 険 仕 老 千 ち ら 。ン で イ シ 徒 教 で 工 開
ツ ま .
い 会
ド 会
の バ
1 の
か 射
を 瀕
に 事
は 百
八 居
の ね
グ フ
1 た
会 る
き 郡
ル い
.
グ だ で
の と
を 委
ば 彼
の 十
ア ル
の へ
ち 員
て
ス
知
事
と
彼
を
助
け
る
者
た
ち
は
大
勝
利
略
奪
を
受
・
け
.
な
い
で
の
こ
っ
て
い
る
家
.
の
持
て
る
だ
け
の
品
物
を
か
き
集
め
て
立
ち
会
員
は
一
時
間
の
う
ち
に
そ
.
の
場
を
立
ぢ
.ミ 員 】 会 殺 し う 員
ズ は 』 員 す て ち 会
} み C た る い 切 の
リ な ・ ち た た り 会
川 フ キ に め か 退 員
を ア ン も に ら 去 た
経 1 ボ 取 彼 で す ち
て ウ i ら の あ る に
ク エ ル れ 家 る よ 移
イ ス 長
’へ 。 う 動
ン ト 老 多 行 武 に に
シ を を 数 つ 装 命 関
i 立 殺 の た し じ す
へ ち そ 暴
。た た る
行 去 う 徒 こ 一
。通
つ っ と が れ 部 彼 告
を 家 去 去 た て し フ と
収 財 つ れ
。 ’た ア 同
め を た と ま 多
。 1様
た 略 o言 だ く こ ウ の
。奪 す わ の の の 工 行
末 し る れ こ
日 始 と た っ
聖 め 暴 。て
徒 た 徒 そ い
は 。.
た こ た
べ
っし
.
う
1 は
あ。 レ
i ず
が
な
い
み
者
は
り
ッ
チ
「
と
き
す
で
に
ス
ト
の
路
上
つ へ
よ。 十
二
た
ら
き
て
隊
が
テ
オ
ド
ら
の
生
命
が
三
十
九
年
四
月
十
八
日
(
木
曜
日
)
ヒ
i
キ
ン
ボ
i
ル
就
ち
の
た。 の
啓
は
こ
戻
っ 使
徒
そ
う
ジ’ た
ま
ご 示
の は
と 成
れ ..
か て は
を ら く 世
聞
’ る 界
し
な
く
ヨ る
セ も
フ の
を
テ
っ
さ
イ の ち
リ 怒 去
ノ り ら
イ か ざ
州 ら る
1
ウ
工
ス
ト
に
の
こ
っ
て
い
た
が
テ 向
ネ う
1途
ス 中
・ 四
グ 月
ロ の
i十
ヴ 四
へ 日
移 ま
つ で
た に
は
ミ
ズ
1
リ
州
か
ら
旅
路
に
つ
い
か か
ら ぎ
の り
助 曳
け 車
を 用
ね の
が 牛
つ 馬
た を
上 集
’め
、
フ
か
ら
出
て
行
か
せ
る
と
.
決
議
を
し
凸
モ
ル
モ
ン
教
徒
を
一
人
の
こ
さ
月
の
半
ば
こ
方
’
委
員
の
i
ウ
工
ス
ト
そ
し
て
三
十
.
ウ
エ
ス
ト
に
に そ
イ れ
リ で
ノ
’
イ 手
月
の
十
二
日
ら
聖
徒
生
命
を
な
か
っ
ガ は 二
ム 最: 午
・ 後 五
バ
十
命
日
と
も ’を
同
受
に
フ
聖
約
さ
き
様 け
ア L
に た
1 第
四
。 ウ 百
方 四 工 十
へ .月 ス 八
1 九
・ 日
’ て
ク い
イ る
ン
ラ
・
テ
[ ’ 十
ド ジ 三
i
C に イ
・ ヨ
・ フ ラ
リ ン
キ
ア 1 チ
・
ン
[ と
ヤ E
ボ ウ ジ 1 ・
’
予
言
の
成
つ
て
い
る
こ
と
力
ル
ド
る
ら
知
者
た
追
い
事
の
ち
だ
け
で
あ
出 命
さ に
れ よ
て
つ
し て
騨 錨 馨賑 婬 慌 携 撫 導 、
し量蕩 樺 ぞ鰐
ヨ る
ン の
飛
び
・ だ
ホ
.
%
は
も
殺
さ
あ
2
れ
が
信
る
散 な
つ ら
て ん
し
ミ 大
ス 笑
と い
ζ 縁
に
タ と
} き
レ 委
・
ホ
イ
1 員
た
つ お
。 て け
の
中
四
聖
で
ッ 月
徒
る
神
使
に
よ
ト ・ 使
で E 徒
つ 開
て
か
・ に
ぺ
召
ジ
’千
’た 一
や
彼
。 し
ウ
八
ら
ま
に
イ 百
を
だ
さ
鰺 鐸 霧 諭 碁鷺 1書窪讐難 蝪 1省輝 ξ蒙
マ .
ー
は
見
て
い
。
。
’ が
で
用
そ
’ 四
地
は
任
り 二
う
i 年
る
て
’
齢 た秀繧 鶴 継 留 罰 婁 鍔 査票脂 駝 莞
灘鱒 雛 鰭 1
霧1
繋
馴 ・有磨 な.
ぞ講 鰭
鯵 錆 示強 な歓 £醐
伏 [ つ た 就 て 言 い と 示 れ を
せ を て 。す き つ な ご が
’伴
て 軽 言 タ る て.た か ろ 成 こ な
1 会 よ こ 令
ト 員 と 十 教
は た の 六 義
一
◎
鮪 薄縛 書裂 舗 蓬
て’ き
に
背
.
教
オ に し
ド 移 た
1 動
ジ
二
使
徒
会
長
も
フ
ア
1
ウ
エ
ス
ト
七 毫 笠 三 二 3 な r宅 な茜
を バ
行 1
な ・
い C
’ ・
動 i容 直
が ア 易 ち
委 ・ な に
員 タ ら 各
会 1 ぬ 自
し 啓
て
示
る な 命
べ ら を
き な ね
位 か ら
置 つ っ
を た て
指 か い
令 ら る
し で ミ
た あ ズ
。 る 1
。 リ
そ 人
389 一
と 十
ヒ ニ
i 月
び テ
ジ ウ ィ
ヨ イ ラ
。れ 境
て 界
い か
禦
ガ 妻
ソ
1 ’ ン
ウ
イ
よ
び
ウ
イ
ト
ン
ク お
・ よ
ア
員
と
決
が
フ
昇 婦 剰 雛 寝 蝉
,
1
。 マ
ン
・
イ
ナ
ム
・
r ワ
ジ
ヨ ム
・
1
ッ 妻
の
ロ’ ト
ド バ
ギ
ド 1 ジ ウ
プ
’ ノ ・ ソ
ス ジ ッ ネ ン
’ ヨ .ク ル O
”
1 ヤ ヤ
ト コ コ
・ ブ ブ
ワ ・ ・
理 徒
し は
「
へ
や
四
だ
L
以
下
ウ
工
百
三
つ 敷
た
地
き 十
二
た
・
さ
の
ス
十
。 に
。 六
ラ
ッ
セ
ル
る
こ
と
な
者
た
ち
は
ト
に
て
開
九
年
四
月
そ
の
時
の
集
り
’
命
二
十
六
日
っ
た
ト ト
O (
リ 教
・ 会
9
た
L
上
に
僕
は
あ
か
会
話
と
は
言
し
が
う
。
あ
の
を か
し わ
た さ
こ れ
日
が
く
る
「 言 両
あ
っ 面
の て に
版 か こ
日
聖
会
議
日 に
・’ は
た
通
く 徒
’ た
ム 姉
・ 妹
ド
’
ウ ア
ソ ン
’
ア
ン
・
ス
お
よ
び
そ
の
ル
’
ジ
ヨ
ン
門
さ
る
o
氏
ス
・
キ
リ
ス
て
次
の
決
議
徒
’
大
祭
司
う の
に 使
し 命
る に
し 関
の
兄
弟
た
ち
ア
.1.
ウ
エ
ス
絃鱗甕礁 繕 ll
轍
ン よ
’ び
[
時代
L
/
i
ヴ
1
の
創
立
の
と
こ
ろ
か
ら
始
ま
ネ
ル
母
’ ス ワ
’ お
’.
ル
る 聖 命 て 歌
o徒 を ひ が 十
り (
ま 予
す 告
%
。
次
は
「
ノ
I
o
ヴ
9
ネ
ル
ソ
ン
お
の 果 と 唱 二
歴 す ま わ 使
史 た ず れ 徒
の め イ て 会
頁 に り か の
は 旅 ノ ら 会
’
・立 イ ’員
い つ 州 使 た
つ た に 徒 ち
の 。お た 一
日 こ も ち 人
か の む は 一
再 よ き そ 人
び う ’こ が
開 に 後 に 声
か し そ 集 を
れ て こ つ あ
る ミか た げ
ま ズ ら 聖 て
で 1大 徒 祈
閉 リ英 ら り
じ州 帝 に を
ら に 国 わ さ
れ お へ か さ
た け 彼 れ げ
の る ら を ’
で 末 の 告 讃
あ 日 使 げ 美
ザ ソ
ツ ン
ン
ド
の
獄
舎
よ
り
釈
放
の
ニ
人
は
イ
エ
ス
・
キ
し 正 .る 司
。会
。 等
ス
と
ノ
i
マ
ン
・
シ
ヤ
諾 す
さ た
れ め
”
教 さ
会 き
員 に
に 大
よ 管
さ リ ラ り 長
れ ス
1て 会
し ト の 承 に
ば
か
り
の
者
な
員
会
の
会
員
と
せ
り
。
フ
と
ジ
ヨ
1
ジ
・
A
・
を
処
の
聖
テ
イ
ラ
l
。
キ
の
ン 十 隅
ボ ニ 近
l 使 く
ル 徒 ヘ
こ
’の 転
の オ 出 が
う ル 席 し
ち ソ 者 行
二
人
「
七
十
人
認 よ 人
さ り は
れ て さ
た 指 .き
る 名 に
者 さ 背
り 監
%
禁
L
の
職
に
按
手
聖
任
さ
る
o
こ
職
長
ア
ル
フ
ユ
[
ス
・
ず
十
ニ
使
徒
の
使
命
に
評
議
会
は
次
に
神
殿
力 関 建
ト す 築
ラ る 地
な
り れ’ 教
し 職
に
ウ
イ
ン
・ き
・ ヤ
な 示
の
唱。 次
の
。十
ダ ニ
ル 使
ウ 徒
イ 会
ン に
・ よ
チ り
エ て
i受
ル
フ
オ
l
ド
・
ウ
ッ
ド
ラ
E
・
ペ
l
ジ
’
ジ
ヨ
ン
・
つ 事
ず 務
い 処
て 理
’さ
神 れ
殿 た
建 り
築
。
の ま
一
390 一
と
ば
は
今
で
も
真
実
か
L
と
聞
い
た
の
て
い
た
う
ち
に
タ
1
レ
l
が
「
君
が
モ
た 話 で 見 え シ
の し さ た て 経
ラ
ッ
ト
’
ジ
ヨ
按
手
聖
任
し
十
ニ
使
徒
定
り 殿
。の
ブ 基
リ 礎
ガ を
ム 置
ら ま と
’か き
ど い 僕
の 字 は
よ が 本
う 刻 当
に み に
輪 こ あ
で ん の
と で 版
じ あ に
て つ 手
あ た を
っ 。触
た 僕 れ
・
テ
ィ
ラ
1
は
た
る
二
人
の
者
の
席
を
充
を
十
ニ
使
徒
の
は
或
る
超
自
然
力
に
よ
つ
て
僕
に
見
せ
纏 竿て塞
敷
地
こ ス ジ ン 次 き
の ミ ヨ ・ の て
ニ ス ン プ 通 神
の
福
音
の
た
め
さ
れ
居
た
り
し
り
ツ
チ
モ
い
た
た
の
鶴 警 1遁 蟹三虚聾 譲 触 l
I ヨ サ
お ン ン
よ ・ ・
び ク .メ
ブ リ ィ
に
つ
。 ち
享÷罫 葺賃 諺 鹸 ’
髪曇欝 脅養
ミ 妻
ジ
”
ラ
’ ヨ ウ カ
わ が 彼
っ
’ は
r天看簸綿 告奪三努蝦 カ
ミ
ッ 待
ク
遇
、
ン
・
て
き
i讃
長 美
老 歌
は 一
’部
啓 合
ン お 通
グ し り
’た 一
ヒ り 箇
1 。の
バ
大
1
石
・
を
C
東
・
南
点
に
移
さ
れ、
人
が
破
門
さ
れ
た
ム
ス
’
ト
マ
ス
・
。 B
・
マ
註
ヨ大
。
ン 会 千
・ で 八
コ
’亘
リ ジ ニ
ル’ ヨ 十
1 九
旦 ジ 年
1 ・ 三
ド M 月
1
i
シ
ユ
パ”
・ ・ 十
ペ ヒ 七
ッ ン 日
ク ク イ
ル リ
フ
、ノ
1 レ サ イ
・ デ ム 州
リ
ッ
グ
ズ
’
リ
ツ
ク
・
G
ソ
ン
・
ア
ヴ
ク
イ
ン
シ
1
そ
の
ほ
か
数
・ アで
ウ 1 開
イ ド か
リ ’れ
ヤ ジ た
一
支 部 だ よ り一 一
私 も旭
大 す 後 灰 ソの 今
が 姉 川 今 い oは 色 プ 家 ’皆
姉 妹 支 日 に お 明 の か の 旭 さ
智
静 欝諜藷懸 旭
す が 全 旭 ス て の 過 か 色 は 日
か
ら
そ
う
盾 体 川
発 を 支
な な部
よ が の
ル 会
し員
て達
お の
ひ き も
の て の
ひ 雪 顔
と解 に
とつ は 川
りつ o
と じ旭 支
りか 川
の 受 る 会
繋
ド
セ
寮 ギ跳 ご
.㌦ 請
駁
矯 鎗抑贈醗 部
る 見 見 協 す 明 夏 ロ ほ す て お
一
蹴
臨 ご鰐 ㌦・
㌔
塁譲鯵
。る が 道 こ み す 便
鯛 ζ籍 姦醜 撰 愚
雛 蹴 ぞ稲 罫 捻
ま す よ ま
せ
。りす
’い る す i 各 す
皆 ま と 。リ 々 。
藩
た。つ
手 う
との
女 ん
や会
事 れ
け あ
の ラ
[ち
も特
の
に雰
囲 す。声
で
も
時
間
か
な
き し作 の て
で て つ縫 は
し も た い 太
た そ か く 田
け れ わ る原
れ をい み 姉
とや ス ろ 仕
。し に ん 事
て い な て 会
も人 るす の
’は 時 け 時
こ少 も れ は
気 お は
に い ’
な の 本
=蓮
つ り当
て が に
’済 す
1
饗
認
=一砧
縫籔 難豪1灘 饗 灘繰
の 懸 く を 事 師 月 り す 美 す レみ い
て 命 て 見 に に の い 。歌 。 ノた 讃 た 会 わ ら 多 歌
完 縫 ’る な よ 第 ら 仕 か お ス ま 美 い の な ’い の
成 い た と り っ二 つ事 と し ン に 歌 ま 時 く讃 も 上
し は ど ’ま て 火 し の ひ や を 満 に す に て 美 の 手
た し た 姉 し ’曜 や 方 出 べ 受 た
人 め と妹 た ワ 日い の し りけ さ
は ま し達 。ン の ま お て は ま れ り 女 々 い う す 妹
少 し い は 彼 ち 仕 す 腕 コ ’す た ま 達 う 集 た か が
鑑煙 墾
す 名 す 扶 わ れ
。平 。助 け る
声 均 毎 協 て か
か で 週 会 ’な
くす 察
と oす
兄 こ る
弟 ん 事
兄
弟
の
事
ん
け
れ
と
な鵡 欝 で編 騰 瀧 』臨 に餌
の 1が に 的
指 為 兄 四 喜 熱 G
次 チ ー な に 又 導 に 弟 の こ心 1い
の 滝 致 り 山汗 に今 達 両 ん に パ つ
い れ 日発 ろ い く を し く度
で ま 十 て ん う ま 書 ま 観 は
知 度 り 助 妹 行 す と さ な と しい し な
ら は ホ 協 は な 。 ’ま い い て 縫 た く
せ 兄 メ 会 ’わ こ 有 ざ 子 う お い 。 ’
鰹 捻 鶴 塁 齢 課 控 山 錺 歪擬 墾黎 耀 畷 繍 崇
す 事 ま 展 若 お う使 結 に チ す み で な
縮
麗 傑 准 雌 蕊 諮 形 て。を良 いま する 行く まり 旭に われ 局は いと 型リ バ。の使 姉も かつ
い 妹 と な 花 後 つツ は え な 兄 開 の
た を とい 笠 は て 三 み て ん 弟 幕 二
い 嘆 勝 ’お 十 い ツ た 一 の が と 時
支
遷
蕩 鯖魏蟄 護耀 部
の て 事 て ” の らい と もな た ま も
は く し と動 す 川 る ま うか サ 用 妹 た
又。察
観 か
た 思
ら に
1途
い 派
て そ。の
扶 事
た た
決 奉
仕 施
に 達
は 人
は
こい を も を M な 部 な 多 い な す な
と ま い な 披 1 ん 屋 く く 六 あ 。れ
て す つ い 露 A て を 押 仙 月 }近 は
す 。て 。す の す 長 し 台 十 と 頃 賑
も 「 は 手 る 時 よ 老 こ支 三 思 い や
の 練 名 と こ 大 。達 め 部 ’ つ や か
生 習 コ 足 と々
の る の 十 て に に
し 兄 ま す し 助 け ま ロ 設 出 つ ’次
て 弟 す の て 協 は つマ を品 い ま 回
兄 も 。て ’会 わ て ン 訪 し て た に
額 露 錯 盛 耀甜 響
変手睾嚢噌 ぞ鐘 藷 鉄 窪
て 。は だ 条 発 い け な ま 得 ぐ い し
お 今 か 扶 姉 に ま れ ど れ る ら な ま
一
391 一
3
9
3
一一
一 一一
部 っす こ の い 央 方 す 態 入 す が い
の ぱ 。れ 会 教 地 の oで を o開 日 東
会.
い そ か 員 会 方 大 又 私 必 教 きの 京
一一支 部 だ よ り
う お て て
で 足 つは ま を に ろ 徒
。ど い ま 六 し で ぱ も で 一 は う で
り るす 月 よき に う も 目一 と あ
審 齢 離 欝 議 隷 擁 2東 羅 蘇 墓鰻 難 嬬 臓
雄
漏 卿 套離 諺 舗 誰 京 . 翼
疎 合射襲 繕 耀 欝
ま 云 の を し ば が と こ の け 成 な ’の 東
い よさ も に と( り に に が で い
蕪 難 恵躍 纒 罷 疇 難 支
拶 霧 纏 線 櫨 盛富皇讐 ・
部
茎震 隻餓 鹸 織糖 離
論 窯麗能 致 黎儲 詫黛
事 o東 つ
の ぞ 支 か
な し部 ん
い て の だ
で
は
又
会
手 た 会
を 時 員
取 ’は
り私 指
きな
に 教
よ 会
つ堂
じか
て な
い い
る ζ
の
建
物
が
い て る
を あ 当
程 る支
.
しつ 部
緊 解 蟻 薯讐 次鷲 配 管.
しの
’地
ぞ方
の 部
為 大
一 会
進 部 お の し様
歩 が.
礼 お か に
し出 申か 経 小
て 来 しげ て 岩
行 る上 で 居 の
き 様 げ ’り 地
る等
事 の
と新
期 し 祭 教
待 い 司 師
し兄 グ グ
わ
け
で
す
し り働 な
よ ’い っ
ア
美
三
箋
神
権
員
会
第
ニ
副
会
長
穆 鑑 蝦 簿 杏季離 難 薔
石 大 秋 根 石 若 石
原 島 葉 岸 川 松 川
智 義 高 俊 義 則 保
開 こ置 穴
しろ い に
て で て’れ
入
焼 ’
石 ブ更 て
第
ー
顧 会 書
間 長 記
代 和 仁 江 弘 雄 雄
決
心
で
す
の
で
1指
御
き露 支 の
く し部 京
す た は 浜
=
る様 二 地
為 で 年 区
一
に す 連 の
全 o続 運
員
こ を動
支 .フ 導 一 れ 遂 会
工下 つ か げ で
沢 先 タ神 デ記 感 二
山 ず の 権 イ念 謝 ユ 兄
の 広’丸
[弟
大
焼 者
達 ナ
}行
事 致
しス
姉
き さ き の ・の ま を 妹
隔 溺 諾 魯菱 偉 繍 莞 宮・
そ め 全 の に を ’の よ テ つ 五 ら 気
し ’身 上 数 真 深 作 つ イ と 月 せ で
て 金 に に 本 赤 さ り て 1 し十 出 す
ん で 天 に う
で す に長 ず
す 。な 老 で
が こ つ達 あ
り支 る て も も員 ふ
ま 部 様 頑 っ私 よ ん
し長 お 張 と 達 く 意
た の 願 っ進 の 自 気
の もい て 歩 先 覚 に
で と し 居 しぱ し 満
お で ま り よ い た た
知 ’す ま う で と さ
ら 支 oす と あ 思 れ
せ 部 又 の 会 る つた
第
ー
致 の第 で 員 各 て も
副
し 補 三 よ ’支 居 の
会 会 ま 助 日 ろ指 部 りで
長 長 す。織
組 曜
の ま
日 し
く導
者 助
す あ
つ
1
ξ
欝灘 檬
串
に
入
れ
ま
々
が
そ
の
載 ) を記 あ る ど わ
る 満 り 事 く顔 り か
第
ニ
顧
間
を 終 もで 又 互 テ 重 な の 存 進
貯 つ活 努 三 い 1ね 助 月 知 歩 昌 高義
え て 発 カ 月 に キ て け 日 の す 治 仁 雄
花
笠
お
ん
日
曜
学
校
嬬 騰 婿 手難 無 町 襟
ル 大 シ皆 ま 口早 た の か 部 一
に
聖
徒
の
蕪 鶏 .
蘇 翫 郷 懸
霊 達 で じて 支 で 東 さ 第 た 行 り の 暖
的 支 い で ’部 広 中 ま で 状 く ま 花 か
又 に
互 行
い な
に わ
ハ れ
ツま
もに 於
こ忙 て
の しの
変 く大
が に 御 一 け 。た
部 は 指 丸 を こ事
一
変 新 導 と借 れ も
し下 な り か 各
わ い さ って ら 会
た 親 か 一 に レ 日千 る
。睦 ら 日 日 1 ざ 葉 の
又 を 四 を や ボ し県 に
五 深 十 過 け iの に 四
月 め 分 こ しル 下 あ 月
に る ぐ し て ’で る 二
入 の ら ま し相 美 谷 十
っ に い し ま 撲 し津 九
て 絶 で た い ’い 遊 日
’好 す oま ゲ 花 園 の
謬
襲巽 霧雛 踏豹 部購
猛 て揚 禦 鑑 耀 鰹
ツ様 つ 神 見 ’の 所 ’遊 が を 見 行 誕
か ブ す ロ き る 1御 れ し ち ’機 ま
ら タ り を な
バ を こ数 バ
ナ 包 み 枚 ナ
ナ ん 腹 敷 ナ
の で部 い の
葉 穴 を た 木
で の切 とを
ま ト紹 た ま よ ア
で ル 介 ハ し つロ
焼 の 致 ワ た と ン
き 穴 し イ 。風 神
’を ま 流 料 変 権
そ堀 す の 理 り回
の り と ブ は な 復
会 た
の ’
あ 我
るが
こ支
と部
を の
一
「ピ お て の 事 昨 行 の 会 園
ン願 努 御
グ い 力 国
委 し しを
員 ま て 増
記 す 行 々
1 。く大
392 一
若 年 事 様 員 地
々 優 は に ’ま
し勝 五 感 求 で
さ し日 じ道 は
を た の ま 者 支
披 当 日 しの 部
’し た き 生
本 て
当 皆
に ん
楽 な
し真
い 赤
り ’日
又 暖 に
野 か は
原 に 全
で 春 員
バ の で
支 部 だ よ り 一一
が’の
内 り
ピ四 て
お室
蘭 全
こ観
ッ月 り 支 国
一 一
て 達 弟
品 つ稲 協
本 寝 て わ 出 師 し さほ 百 な焼 お
い 。達 ブ 格 て 垣 会 ま 当 し 十 ざ さ 達 ま か ど 名 つ き お
る そ 。タ と ’兄 で た に な 五 わ れ は つ 持 し く た に .
い
磁 算 朝 覧室 殿 鍍 錦 鷲 謬 潮 景芙詰 羅 叙 遍
は ) ッ九
す に ク 日
〇兄 .
弟
肇 錨垂
し時 球 こ
い 間 岬 の
春 ほ と 日
日 どチ は
よ の ヤM
り道 ラ 1
で の シA
彫
捕
山 で 八 に
もす 市 よ
弟・
鋸囲 欝
瑳銭
雛重 縁
’姉 蘭 ㌔
で 妹 讐
習 に 磨
の ラ 紫
月 サ 灘
を ら 鰐
ら o日
そ 味 争
’込
こぶ
姉
妹 妹’ 支
は
う す
ンて
し泊
こ の
の で’す
さ ん
ま達
に 我
る い
て 気
の も
と ス
を か
ら !
り来
らの
間 後
で 六
十 の
日せ
て
綾 部 襟つ 霧
雛翻 篁
部 支 ま 日 十 ’曜
気 嫌
にい
教 か
会 が
に で
出 す
席 か
し ?
もの 部 す 本 名
や 優 の 。女 の
り雅 ガ
性 姉
こ な メ
と妹
め る ツ
し達
ら姉 イ
て が
れ 妹 兄
の 集
末 日
生 の
流 夕
の 方
先 ’
生 扶
’助
くが れ
れ け た
た で べ
多
く 夜’ル
長
の
兄
弟
達
に
料 ’始 料 が い キ ’約
理 三 末 理 の た ロ 人 四
の 度 を が サ の も 問 時
指 食
導
の つ 半 ム で あ共 間
け分 ラす り の か
も 老 を 卓 る 近 イ が ’イ か
寝 達 す に た く 達 ’出 ケ つ
ず ’る ブ め 残 も 七 席 二 で
に そ た タ 宣 つい 十 者 工 蒸
昼 しめ を 教 て さ 名 も と し
ス 誘 ど
分 歌 レ妹 春 新
女 惑 で す ほ を を 及 の芽
王 し女 ぐ ど う 引 び 光 で
の ま性 バ で た き会 を 創
声 す は レ 目 っ ’員 な 造
に o昼 1 的 た ま 以 げ 主
は さ食 ポ 地 り た 外 か は
か す に 1に し管 の け 自
な が しル 着 て 理 人 て 然
わ の ま を 。約 者 々 お に
一 で と る還
ず’性
男 し
始
よめ
時 あ お 青 れ
さ諸 う る
問 る 話 空 と
つ君 と と
の 川 しの い
そ も連 男
道 上 を 下 わ
の 輝 しを ん
くあ 発 性
適 の しが
り 男 ’兄 ば
当 ウ男 ほ
を 兄 ウ弟 か
な グ性 と
四 弟 ク ’り
場 イ を ん
十 と レ姉 に
とす 新
鞭 の し今
御
で い 日
錘 ど役 ま
の う 員 で
ほ ぞ で の
ど各 活 働
お 支 気 き
鯉
Y
W
.
M
I
A
前 前
Y Y
W M
M M
I I
A A
の
謝
Y で 今 せ
M お 度 ず
.
M 知 M に
や城 二 の て 顔
れ 谷 ’よ お 全
こ 登 力 い り体
み 志 イ こ ’が
員 場
は 所
十 も
二 な
目 が 行 ン所
も ’く テ を
くな と ナ 捜
ら ん た の し
詮 講 耀 亘蟻 雅 雛 ζ頴 鏡
しの ら た 妹 な ぞ 会 で 監 で か そ に い か
ま 役 れ 。と ど の 長 き 視 し り の 三 い る
願 部 あ を 書 第 会 書 第 第 会 第 第 会 す 員 な本 池 と後 とて ) か の裏 十 わ と
耀 罐 謡 長記訥 長翻 長 .
郭
謹 逐殖 額 纏 膿 謙
し 日 健 サ り ラ 養 よ 宣 く絶 「 ど つが
ま さ 1す
すoよ
んに
Aる
岡末
平神
永.
小末
平
と崎
野井
用
ろ育 と
して も 和 邦 房 一 直 和
くて に 子 子 公 代 子 子
御行 ’
指 き今 姉 姉 兄 姉 姉 姉
導 ま後 妹妹 弟妹 妹妹
中藤
佐橋
高向
日
村
幸正
子喜 弘宏
姉兄 兄兄
妹弟 弟弟
一
組
く で 康 枝 ’シ 子
しで 姉 歌 ナ姉
織 たい 妹 を イ妹
さ 。る は う の の
う 教 そ 壁 サ の た .’
な 師 の ’サ 広 の 「
顔 の場 しヤ い で あ
を 塩 で か ブ 場 ’の
豊
謬
場 綾 馨 擬 所撫
し
を と た で ビ 食 老 ( 当 隔 で 所 い
た
393 一
感 し り ウ ス ベ は 役 な て す に ア
一一 一一 一一 一 支
部
だ
よ
り.
心 を トい ン ○ ま い 型 る 手 毎 共 ま
清 根 か 成 もそ が に り進
を .
づ 誘 は に ボ十 す た ( とで 週 に す 私 純 に ら しの れ ” に を 今 感 建 全
か う ’飾 1 四 。り ト思 助 金 働 。達 な 真 そ て で が や ど 見 し ’じ 築 国
5
い の ソ り ル 日
か が 1つ L の
ら’ず
恥 シ
ヤけ
ま で
は M1
自 か ル し 、A
分 し ・た 黄 「
( い ダ 。色 ゴ
性
男 だ ン そ と 1
ろ ス の 練 ル
達
な の
日 色
) う
と の
で ド
・
の の
持 会
つ長
て さ
い ん
る の
で オ ホ
男 } [
性 プ ル
は ン を
女 ナ き
性 イ れ
部
韻
綴 松
9
紹
本
す さ
。ん
支
信 お
蔑
部
大 で
町 す
市 か
と }
い 僕
う達
と の
兄 支
.小
野
寺
記
.
エ
ン
ド
グ
り
i
擁
ぞ婚
辮し ∫
雄の 難
’) い
こ も翻
会 九 懸
週 さ壁
工宣
真 ん 郡
る ま 榔
モ る を
言 冤
弟 群
そ
れ
は
そ
を ま と働 が 時 火 を は い デ 教 も 白伸 の す ンか う ’ 馬
作 す こ こ あ ま 曜 持 心 家 イ師 の な び で が は を .
こ姉
っ 。そ う る で 日 っ の を ス 宅 に 壁 て す ’全 ’と 妹 支
た 私 ’と の 建 ’て 奥 使 タ に な に 行 。私 世 お に の
欝 灘 誉 翻 野 ぞ藍塞 縫 譜 嵩智2簑.部
楽 ブ夜
し 口 の
い ッ仕
時 ク事
間 の 会
を 壁 で
過 を屋
し磨 根
の て 。場 仕 す ま い 督
喜 い 私 で 事 。で ま 夫
’す 妻
び ま 達 建 会
をす は 築 を
し 。が
み 茶 五
持 。こ 宣 持
つ自 れ 教 つ
と色 月
て 分 か 師 て
う の初
い の ら とい
る屋 め
住 び て す ッそ に せ ん ん
宅 は 教 。ク の 建 致 な ’
は 非 会 そ の 事 築 しに 群
’常 堂 し 壁 実
す に と て は を
で 大 な ご 日 眼
に き りの 増 の
完 い ’壁 し 当
に ま 大 馬
非 す き支
常 。な 部
な
喜 が
躍
び今
教
会
堂
の
付
属
図 を十 た生 .
1
し
て う か 節 う姉 トラ との 最 ○ つ ち女 物
書 へ 四 。ま ・ ウ て こ い が ら を で 妹 で サ で 姉 初 十 コ 主 性 で
員 て 入 七 れ チ オ み こ た ) 鉢 熱 し は 讃 ク 笹 妹 か 五 iの は ’
等 今 居 人 ’ エル た で よ が 植 心 た 讃 美 ラ 井 達 ら 日 ル 男 そ 目
を は り の ぞ デ タ い 少 う 夫 の に 。美 歌 な ’で 最 は し 性 の じ
し大 ま 子 れ イ 1 と し で 妻 木 見 ま 歌 を ど 飯 作 後 チ な が 中 る
の て 祭 す 供 か ス ・ 思 チ す の ( て た を 吹 の 野 ら ま エが パ か し
住 い 司 。全 ら タ チ い エ 。手 本 い 琴 見 い 日 ’れ で デ ら 1 ら に
宅 ま で 督 部 力 1 エま デ
に 当 ま の て た 本 唐 た 日 イ ’ トー な
に し す 監 が リ 姉 デ す イ わ は し 音 い 時 の 沢 ’本 ス 楽 ナ つ る
住 た oは 結 フ 妹 イ 。ス
た 花 た に る な 歌 姉 日 的 タ し 1選 物
タ
ん ・姉 い 婚 。.・ス
さ 東 。耳 な ど ’妹 本 で 1 く 。ん を
「
れ を そ を ど ’今 の 的 ’監 踊 会 で 一
で 二 妹 う しル こ タ
’わ し 傾 ’チ 井 コ な 初 督 り 長 取 つ
居 人 は い て 二 の [
監
りは ス ろ居 アニ 監
督
夫 た て け 本 工 兄 1食 め 夫 ま さ り づ
ま今 テ な り に 人 督
夫
妻 す 萩 た 当 デ 弟 ラ 事 に 妻 し ん ’つ
す ’ 1教 ’移 は ’ 妻
は ん 本 り に イが ス ’扶 の た が そ 出
を
感 で 支 ’楽 ス フ で そ 助 歓 。一 れ し
。.
新 キ 会 孫 りユ デ
し部 の は ま タ ル
激 し部 八 し タ ル サ の 協 迎
つ の て
紹
い の 職 二 しで タ
し よ長 木 そ 1 [ ク あ 会 会
一 持 ’
介
を 持 事 す 熱 は 月 れ 会 分 う後 あ ご た ま 新 松 兄 が 誇 兄 モ達 流 プ の七 プ 思 弟
ん ち を 。だ 二 間 程 を 悩 時 の り れ が す ら 本 弟 神 れ 弟 ル の ’ス 峰 千 ス い 姉
な ’話 考 と 人 続 ま 受 み 親 レ ま ま ’ 。 し 支 の 権 ま が モ 街 高 連 ま 人 の ま 妹
身 疲 合 査 思 の け で け ま の ッしで い 遂 い 部 家 を す 誕 ン に 瀬 峰 で 余 登 す の
の れ い の い 長 ら に て し 反 ス た に ろ こ 求 か で 持 。生 と は 川 を が り 山 が 皆
上 て ま 前 ま 老 れ 雪 い た 対 ン 。な い の 道 ら 毎 っ こ 出 な ’の ビ 大 で 口 ’さ
相 婦 す 後 す は て が る 。で が 三 る ろ 程 者 ノ 週 て の 来 つ 去 ほ ヨ町 す の あ ん
談 る oな 。勿 来 降 三 し 止 終 ’に の ま の 1金 い 計 ’て 年 と 1市 が 街 の 思
で の 何 ど 僕 論 た つ ’か め り 四 は 都 で た ト 曜 ま 九 そ 以 の り ブ に 面 で 有 い
も に 時 小 達 ’こ て 四 し て ’回 ’合 は め ン 日 す 人 の 来 九 ’の 含 積 す 名 出
深 ’も 林 は 又 の も 人 今 し イ 来 今 で 毎 に 支 の 。の 活 早 月 こ 様 ま の 。な す
い 明 自 姉 ほ 小 素 雨 の 尚 ま ザ て ま 一一週 家 部 夜 そ 兄 動 く 小 の に れ 中 人 黒 方
経 る 分 妹 と 林 晴 が 兄 一 う ! 消 で 回 火 庭 長 家 し 弟 ぶ も林 環 バ て に 口 部 が
験 い も を ん 都 ら 降 弟 生 人 バ え い に ’集 リ 庭 て 姉 り ’繁 境 ッい は は ダ い
と 笑 忙:中 ど 代 し つ が 懸 等 フ。て う な 金 会 i集 僕 妹 は も 治 に ク ま 遠 わ ム ら
,
謹灘継 嚥 乏纏 肇1夏碁1
講 黙 輩養響 稀 礁
の 達 め 々 生 の 集 十 。庭 も と ’事 た で て 招 き 小 四 い 人 家 た え ア ケ 三 ア る
中 の を な で 情 会 力 こ 集 随 言 最 が 。し い き ’林 人 と の が 僕 清 ル 岳 万 ル と
一 394 一
一 一 支 部 だ よ り一一
◇
松
本
最 神 の
す 集 お
謝 人 ( 後 秘 素 ど oま い
つて
し も僕 に き晴 う
て 会
’員
爺甲 諜 難 貌 冤
鑑 府 手翻 雛 鋳
区
大 支
会
)事 兄弟 い達妹
が 弟姉黒 の の
出 姉妹部 街皆
票部
璽 銘 猛
る
素 春
晴 の
し東
い 京
大 大
会 会
に に
感 五
・
・
バへ 援 一
リ御 に 度
ま案 来 是
し内 て 非
よし下 こ
う ま さ の
!!す い 環
〇 。境
の 嗜 る ゲ ロ活 経 工
印 好 た 1 [動 つ ロ 新
象 を め ム ラは た [し
を 知 ’で [ ス 。シ く
語 る 多 楽 ・ ム 宣 ッ若
つ こ く し ス 1教 ピ い
た との ん ケ ズ 師 ン兄
。が 質 だ 1 に の グ 弟
す の 家 で す 毎
。日 に い る 月
そ が 引 る事 の
れ 僕 越 事 に 第
ま達 さ は 決 一
の
で
毎
週
教
つ トー リ 弟
て ( 日 ン姉
’田 を グ 妹
教 植 過 を の
会 ) し し親
い て
’小
又 林
き姉
び 妹
に か
’ら
何 助
時 言
で を
魅
長 を 様 く で に れ ’め 安 会 建 を ま ’睦 し の も 与
老 探 に な に とて 九 て 息 に 築 や しハ を い と少 え
の し 団 る 大 つ行 月 あ 日 は 資 り た ン 計 母 こ して
家 て 結 ! 勢 て く 小 り に 出 金 ’ 。ゴ る 上 ろ で く
庭 い し と の は 事 林 ま は 席 に そ 又 オ た で へ もれ
集 ま ’僕 会 淋 で 姉 す 特 出 し の 農 ス め も 行 何 ま
会 す モ 達 員 び す 妹 。別 来 ま 申 繁 イ 皆 あ き か す
の 。ハ は を し 。一 僕 で ま し の 休 サ で り ま あ 。
後 又 ン 今 作 い お 家達 な せ た幾 み ン木 ま す る 自
で 其 的 ’ り 日 祝 が が い ん 。分 皆 を 崎 す 。と 分
萸
銘 藩 留 郵 鍍 鍛 婁騨 諜 鯖ド
口 を の イ を る べ さ 番 り.る は 出 ル 楽 サ の の れ i
い 毎 中 ト 作 の き れ 悩 出 べ 遠 し バ し イ.頃 優 う の
ま 週 に の ら で そ る ん 席 くい 合 イ い ク兄 し っ様
◇
六
月
六
日
(
土
)
門 按 の兄
に 手 姉 弟
入 礼 妹 は
ら に の 長
れ よ バ老
た り プ に
σ新
し テ
ス聖
任
こ 出 間 。 ト行 大 会 ’ る フ
の来 を午 が わ き が 姉 。エ
機 た 出 後 雨 れ な 作 妹
ロ
穀 輪憂耀
か な
た け
ま れ
りば
の 弱
鰍 吾牲 触 嬬 ピ
套矯 鯉 あ質竺畜 萎
駅 讐 離 勇鰐 票
同 と れ 稲
五 れ ン六 こ大 りか
五
の に た 垣 東 月 楽 ス 十 の 分 ’ら M 月
心 勤 。姉 京 二 し ’名 意 刺 そ オ 1 二
を 労 特 妹 よ 十 い 日 余 気 激 の iA 十
強 奉 に が り 四 一 本 の が さ 心 ト大 三
く仕 松 い 渡 日 と舞 参 M れ 意 バ 会 日
動
加 A
1た
イに
か 宣
教 本
支 ら
つ部
兄 (
日時
で 踊’を
よ気
に で
先 (
土
》
し 師 部 し 弟 ) し寸 得 の う 甲 や だ )
た と の や ’ た。等
劇 ス’大
つ親
ち
会 で
し府
支 て
。な 小 つ 田
’ピ に た 部 来 睦
甲 ら林 て 申
府
兄 力’兄
時 1 は 。の ら 会
:
支 れ’弟
弟
閲 チ 発 よ 若 れ が
の ’揮 し い た 開
真 。終 ’部 そ は 強 ’
の渡 了 こ に の 大 い 小
経 フ さ〃 兄 兄 か
つ オれ や 弟 弟 れ
幸 部 后 の あ 証 決 証 室
の 1て る ’達 ’
福 兄 ’時 つ 詞 心 詞 兄
へ 弟 三 笠 て は の を 弟
も クか ぞ 姉 も松
の圏
の 人 井 神 一 も さ ’
忘 ダ ’1
!妹 あ 本
1
い マ
姉 が
妹 行
達 わ
は’た
れ
権
者
の
少
な
い
の
を
さ 嘆
れ い
た て
。い
大 が
た
会
◇ と
キ し見
宣 げ 主 リた え
教 る は ス こ有
師 。小 ト の 意
転
勤
さ の 会 義
な精 は な
新
山 ア部 甲 東
手 神 ’も
シ宣 府 京
段 に 前 の
長 ユ教 へ 中
第 に 燃 途 と
一
よ え 多 な
老 ビ師
央
’つ て 難 つ
長
支部
ハ 老
二 て 皆 で た
ウ
へ
[違 は は
Q
フ 大 り あ 高
工 二
ア
な
き
ろ
校
ル 1
イ こ つ う 生
長 ル
’と て が を
老 セ
ン
十 を い
’中
長
六 遂 る 真 心
老
現
在
甲
府
支
以
上
(
吉
村
記
)
一
395 一
新
山
長
老
べ
ア
長
老
し
。の
と
母
井
上
誉
長
谷
川
浦 新
福
横 戯
馬
村
岡
井
ひ 憲
ろ
子 子
洋 誠
之
子 助
藤
西
沢
山 本
み
ち
子
ノ
ボ
ル
丹
松 吉
富 光
三
郎 夫
原
洋
旭
松
筒 塩
藤 川
下
本
秀 裕
安
二
子
宏
千 容
津
子 子
横
立
舟
金
カ
ザ
井 川
見
田
沢
ガ
ワ
久
洋
知
清 子
子
夫
白 楠 藤
野 井
つ
群
堀
橋
名 鈴 関 佐
古
屋 木 上 藤
田 本
孝
朝
雅
子 徹
一
枝
坂
斎
田 谷
蓉
啓
生
子
喜
、
本
井
部
令
だ
子
遠
室 平
崎 本
藤
蘭
登
美
子 子
伝
道
バ
プ
テ
ス
マ
亀
岡 岡
正 和
瞬
小 阿
倍
谷 野
サ 広 斎 北
カ
キ 島 藤 爪
び
ヒフ
克
ロ
コ
勝 己
ヒ
ロ
コ
野
大
九
六
四
年
村
麻
利
子
定
よ
り
月
男
中
安 札
川
達
幌 元
藤
三 小 加
の
賀
宮 野 谷
康
郁
澄
哲
昭 副
秀 敏
年 津
満
遊 和 .
亀
邦
光
博
子
子
子
子
子
人 男
子
子
子 子
美
夫
束 篠 篠
尺
東 原 原
島
小 松
村
鈴 菅
村
口
松 小
岡 出
和 ・
田
小 渡
平
岡 奥
中 松 北
岩
樽 辺
岩
山
田 尾 「
村
間 野
河 萩
遠
合
原
藤
節
東 塚 佐
呆
申 原 藤
央
松 孝
雄 子
江 志
京 文
清 黎
き 雅
幸
富 竜
子 子
一
子
夫
高 大
森
山
山 安
清
沢 奥
橋
’
成
野
谷 形
内 井
水
渡
野 嶋
夏
義
治
高 美
栄 代
哉
忠 子
覧 政
子 美
正 ふ
み
義 子
野
小
木 木
村 村
村
由 紀
美 世
宏 子 子
か
ね
子
.
(
一
木
396 一
東
示
西
石
西
の
宮
猪
阿
仙
木
野 又
倍
台
秀
謙 節
紀
美
雄
一 子
子
夏
大 柴
川
市 東
尿
河 南
島
田
鉄
素
義
倶
一
夫
和
男
新
田
見
新
広
室
片
京
萩
甲
野
松
福
木
旭
向
潟
田
蘭
山
都
原
府
間
岐
岡
下
川
井
茂
ヒ
幸
竜
和
呈
武
重
正
幸
_
_
則
男
雄
教
)
執
)
執
)
執
)
長
)
教
)
教
)
教
)
神
田
薬
樋
小
近
尾
西
溝
秋
有
岡
折
口
樽
藤
野
原
内
山
之
町
成
巻
師
弘
健
茶
昭
主
一
祭
)
祭
)
浅
東
尿
南
野
大
申
矢
夫
明
一
己
信
清
i
義
執
)
執
)
執
)
執
)
執
)
シ
ヨ
ウ
ジ
東
京
西
吉
川
柴
申
服
砂
穂
赤
札
沢
口
田
田
部
川
刈
間
幌
烈
修
和
徹
男
男
彦
仁
昭
豊
洋
紀
執
)
祭
)
祭
)
中
東
尿
北
克
夫
之
介
長
執
)
)
執
ル
)
田
勲
典
正
祭
西
の
宮
秀
時
)
権
義
博
口
さ
俊
之
野
喜
神 ,
・ 克
泰
山
戸
安
久
津
阿
倍
野
タ
ダ
ノ\
祭
当
下
西
那
滝
山
水
呉
間
地
銘
覇
沢
形
口
橋
祭
執
執
)
執
日
教
)
執
)
執
)
国
執
祭
執
祭
)
)
)
)
)
)
)
)
原
横
坂
関
長
河
関
水
江
田
口
根
瀬
野
口
野
藤
健
正
紘
良
一
弘
義
洋
勝
二
二
務
一
茂
誠
茂
助
武
灘
明
平
幸
圭
文
祭
)
祭
)
祭
)
祭
)
執
)
執
)
執
)
執
)
執
)
執
)
教
)
執
)
)
教
教
)
執
)
一
和
397 一
犠
隆
魁
つ
欝撫
す。 代
名 燈
籠
び
ン れ
ら 参
感 誠
に 上
野 意
に 伝
道
が は 謝 め
献 川
奉
徳 さ で
れ た
し 三 た く
た 代 の 寛
由 将 で 永
諸 軍 あ 寺
あ 家 り 側
る 光 ま に
も 公 し 於
の に た て
で 当
o も
あ 時 こ 大
り の の 変
ま 諸 石 喜
⊃
寛
永
寺
に
還
る
こ
と
が
出
来
た
こ
と
は
よ 道
り 部
’長
無 を
事 通
そ じ
ろ 大
つ 管
て 長
我 会
が の
家 理
で 解
あ と
る 好
た の
十 中
一 央
基 支
の 部
石 の
燈 庭
籠 に
が 鎮
’坐
ア し
ン ま
ダ し
1 て
セ 居
鍵
’
ン
は 内 す .
タ 備
え 我. 印 一
に べ 主
i ら は 度 つ い て は
の れ 道 に で ま の i
建 ま な 生 あ す も i
築 し り れ る 。の す
さ た 多 た ウ す を べ
べ 貫 て
れ が と お
て き の
ん
’宣 釈
の
’ も
と 近 言 迦
し く さ さ
も す の
の べ の
て ス れ ん
居 テ た は
の て 上
り 1 主 道
父 の に
ま キ の を
な も あ
す 部 道 説
る の り
表 セ を き、
神 の
’
“ …罰
」憧
へ
王
の
慈
悲
に
無
よ
轡
事 ♀
う
ド
し
寛
整
欝
◎
永誘
滅鋳叢
熱盛
肖
,託
げ
一
寺
阿
に
る
、 ,
籔
i
一
398 一
馳
、
聰
燈
籠
還
」
…
、
馳
」
陶
、
馳
、
亀
馳
コ
天
に
ま
し
ま
す
.
父
な
る
神
よ
祈 丹 ン
り 羽 伝
を ’道
捧 渡 部
げ 部 長
ら 三 又
れ 評 寛
た 議 永
の 員 寺
で 列 側
あ 席 か
り し ら
ま て 林
し 返 光
た 還 院
o式 住
を
挙
∵行
し
佐
藤
兄
弟
は
次
の
よ
う
な
諾 山
ね を 寛
が 得 永
わ
’寺
く 本 に
は 日 寄
’を 進
か
つ
て
福
音
を
十
一
基
の
石
燈
籠
を
ア
ン
ダ
i
セ
ン
伝
道
弟
は
こ
れ
を
宗
教
会
議
に
か
け
売
却
す
れ
あ
る 地
石 方
燈 部
籠 評
に 議
着 員
目 の
し 丹
’羽
同 三
じ 吾
く 兄
評 弟
議 は
員 こ
び 部
と 長
な を
つ 通
た じ
の 大
で 管
あ 長
り 会
ま の
す 許
。可
を
得
ば
時
価
数
千
万
円
と
言
わ
れ
る
こ
の
の
佐
藤
竜
猪
兄
弟
に
相
談
し
佐
藤
兄
の
庭
に
入
つ
た
時
直
ち
に
こ
の
由
緒
こ 万 す
の し い れ す て 入 三
と の o過 で て
’て る 信 し 月 青
は 寺 当 去 す い 先 来 日 者 た 十 山
。 ま 祖 た 米 宣 も 一 北
双 院 教 帳
方 仏 会
’
し の の 親 教 の 日 町
に 閣 が 石
た 霊 で 善 師 で
’六
と に 近 碑
が’ 慰
を た
し ボ
た
あ
ア
丁
ン
ち
り
ン
目
つ 協 い
’
こ め oダ の ま ド 三
て 力 将 石
の る こ ン 注 す ラ 十
誠 を 来 燈
に 頼 に 籠
程’ 盆
の ス 目 が ス 四
踊 庭
・ を ’伝 番
喜 ま
’な
ば rね 寛 ど
満 り に パ 惹 そ 道 地
し ば 永 を
足 に 十 1 き の 部 の
い な 寺 貴
し 睦 一 テ ’ 日 長 こ
こ ら 始 重
て み 基
イ毎 本 の の
と な め な
古 合 の な 年 式 時 中
で い 広 系
堂 う 由 ど 夏 な に 央 駈
・の 日 緒 に に 素 当 支
あ 時 く 図
り に 日 資
寛 米 あ 絶 伝 ・晴 教 部
ま
’本 料
永 会 る 好 道 ら 会 の
し こ 国 と
寺 員 石 の 部 し が 敷
に を 燈 場 系 い 井 地
た の 内 し
。美 に て
戻 黙 籠 所 図 庭 端 は
つ 念 が と 委 園 基 昭
挙 散 重
が 在 視
て と 鎮 し 員 は 之 麺
な す し
さ る て
れ 数 い
れ 参 し し 主 に り 五
た 千 ま
た 観 給 ま 催 し 購 年
購
入 父
し な
た る
と 神
き. よ
”
て
ら
れ
る
こ
と
を
る ぐ
こ み
と に
を よ
得 つ
’て
そ こ
行
く
こ
と
を
感
謝
感
謝
し
奉
り
ま
の の し い 御 く
上’
・
立 奉 み 神 こ
に 派 り わ が と
近 な ま ざ つ を
く 敷 す が ね 得
教 地
。日 に し
て
六 無
月 料
十 で
五 本
日 籍
午 の
前 寛
十 永
時 寺
’に
最 返
後 還
の す
一 る
基 運
職 を
の 搬
古 出
宇 す
田 る
亮 に
宣 当
師 つ
を て
迎 ア
え ン
’ダ
佐 1
藤 セ
で 徳 こ
’川 れ
わ 家 ら
れ の は
わ 家 .
そ
れ 臣 の
一 が 上
も
と
東
京
都
台
東
以 す 同 そ に 区 こ
て る そ の 刻 東 こ
十 こ れ 霊 ま 叡 に
一 と ら を れ ・山 十
基 と を な て 寛 一
を な 考 ぐ あ 永 基
わ
が
教
会
が
こ
鮭 坐繋 鰻 羊
部
を
祝
福
し
た
ま
め
父 に
な 喜
る ん
神 で
よ 働
’ ら
ら
の
健
康
を
守
り
ら
び
に
宣
教
師
一
し る
奉 の
り を
ま 目
す に
o し
ね て
音
が
日
々
に
高
ま
を
感
謝
し
奉
り
ま
が 心
わ か
く ら
は み
’め
大 ぐ
管
み
長 を
え の ’族 ん 会 感
oた 彼 な ご を 謝
り
御
国
が
日
々
建
設
さ
れ
す に
。か
こ し
の こ
国 み
に て
お み
い め
て ぐ
福 み
’同
災 を
を 祝
さ 福
け し
’た
と 始
を め
。幹
ま 部
た の
伝 方
道 々
部
長
お
よ
び
そ
を
祝
福
し
た
ま
難
皇鴨 霞 総 塗の 猷
鮎 露 課 わ
し 移 し た る り 属 燈 地
入 み 伸 伝
が
受
け
入
れ
る
こ
と
の
で
き
な
か
つ
し た 結 た
終 。果 め
る し 大 に
運 か 管 寄
び る 長 進
と に の さ
な
’認 れ
り 寛 可 た
ま 永 を も
し 寺 得 の
た 当 て で
。局
’あ
の 東 る
快 叡 の
’ し 籠 を
徳 て が
川 い あ
三 た り
代 こ ’
.将 と そ
軍 が れ口
家 わ が
光 か 調
公 り 査
の ま の
墓 し 結
前 た 果
に 。 、
建 れ
め び 道
叢
一
399 一
わ
れ
ら
今
日
御
前
鰹
◎
じ 妙 塔
て 果 を 上
さ を 造 野
し よ る 寛
も ろ に 永
の こ 当 寺
大 ぼ つ ご
石 う て 開
を 。 ’山
二 妙 探 の
ケ 法 し 慈
月 蓮 出 眼
ば 華 さ 大
か 経 れ 師
り ” た ’
で と 不 天
目 唱 動 海
的 え の 大
の “大 僧
場 そ 岩 正
所 れ 石 は
に い を ’
ひ つ 。 日
き き 石 光
宝 に に の
塔 ひ も 東
を け 霊 照
立 多 あ 宮
派 と ら の
に 命 ば 宝
o
o
議 責 責
案 任 任
役 役
員 員
二 N 奉
ユ H り イ
l K ま エ
ス テ す ス
に レ 。 ・
又 ビ
キ
各
’
リ
新 朝
ス
聞 日
ト
に ’
の
報 毎
御
道 日 ア 名
さ 各 i に
れ 社 メ よ
た の ン り
の 記 L 祈
で 者
り
代
表
役
員
・
出
席
役
員
氏
場 日 一
所 時 回
責
東 昭 任
京 和 役
諸 ら 寄
人 か 進
こ な さ
と る れ
ご を た
と 得 人
く ’ と
祝 福 寄
福 音 進
を の し
得 光 た
ん に 人
ご 照 々
と ら の
を さ 霊
’れ が
て 安
乞 事
い 業
願 に
い 当
’ っ
文
中
の
宗
務
テ 佐
ツ 藤
ド 龍
ダ 名 都 三 具 会
ワ
港 十 会 議
工
区 八 議 に
・
ン
プ
猪
・
ラ
エ
イ
ス
ヌ
・
ア
ン
ダ
1
=
セ
ノ
o
メ の
ラ 美
マ 挙
ン は
が 稀
駈 有
け の
つ 事
け、 て
と
第 註
三’ ニ” ー 十
四 本
四’
嶋
し 及
た。 び
カ 尚
こ
麻
布
広
尾
町
十
四
番
地
年 々 於
十 事 け
一 録 る
月
決
十
議
五
事
日
項
は
次
の
通
り
で
あ
り
ま
す
o
伝
道
部
系
図
委
員
会
長
渡
部
正
雄
の れ 心 現 い と
属 に に 世 る い
し よ か の こ う
た り け 人 と マ
る ’て 々 を ラ
所 こ い の 知 キ
に れ る み り の
婦 ら こ な
’予
り の と ら わ 言
’燈 を ず れ が
ま 籠 知 ’ ら 現
た が る 死 が 実
こ も よ 者 福 に
の と う の 音 成
燈 も に 救 に 就
籠 と 。い よ し
を そ こ も り て
子
供
た
ち
の
心
を
そ
の
父
に
向
け
さ
せ
る
L
々 れ と 界
が を な に
「 見 ら 於
父
’ん て
の こ こ 福
心 の と 音
を こ を を
そ と 祈 受
の を り け
子 耳 奉 入
ら に り れ
に す ま る
向 る す 一
け 多
。つ
さ く ま の
せ の た 機
’人 こ 会
大 教 の
私 き 会 系
た な は 図
ち 好 喜 協
は 意 ん 会
録
の
永
遠
な
ど
に
よ
つ
て
且 て 今
つ
’回
心 神 の
か 社 美
ら ’挙
祈 寺 が
る 院 機
も 仏 縁
の 閣 と
で す な
あ べ つ
り て て
ま が 将
す 動 来
。員 私
協 た
力 ち
さ の
れ 先
る 祖
よ の
う 救
に い
切 の
に 大
一
400 一
ア
ン
ダ
i
早
く
本
伝
部
た
人
々
の
上
に
’
こ
の
行
な
い
が
彼
ら
に
霊
か く 完
。 こ 成
寛
永
寺
を
の さ
十 れ
一 た
を で の セ に 保 次 始
基 と
約 フ マ ン も 存 々 め
の の
東
イ イ 伝 開 文 と 多
石 こ
さ } ク 道 始 庫 失 く
籠
燈 と
れ ル フ 部 さ で わ の 1
F
で
た ム イ長 れ あ れ 神
を す 、
の 写 } は ん る て 社
霊 が
で 一 ル 式 こ 系 行 仏
界
’
あ 部 ム が と 図 く 閣
で 今
り を 作 終 を 協 恐 に
如 主
何
の
ま 寄 業 っ 切 会 れ あ
し 贈 に て に が の る
に 慈
た す 寛 か 願 マ あ 貴
見 悲
。る 永 ら う イ る 重
て に
で 寺
’ も ク 時 な
居 よ
し が 古 の ロ ’系
ら つ
よ 卸 宇 で フ 世 図
れ て
う 協 田 あ イ界 資
る 寛
と 力 師 り 1 中 料
こ 永
轟 購 鷲 餐
・責
に る
将 な
来
ら
の 当
で
し
よ
う
来
当
教
会
。の れ 災
作 ら 戦、
業 の 災
を 記 な
戻
つ
て
行
11
10
9
8
7
6
5
4
3
2
銘
刻
銘
刻
銘
刻
銘
刻
銘
刻
銘
刻
銘
刻
銘
刻
銘
刻
銘
刻
慶 従
安 五
五 位
年 下
四 分
月 部
廿 ’
伊
日 賀
守
滋
源
朝
臣
信
治
政
慶
安
四
年
十
二
月
十
日
不 五 慶 従 慶
分 島 安 五 安
明 次
孫 五 位 五
年 下 年
郎 四 脇 四
源 月 坂 月
朝 廿 淡 廿
臣 日路 日
盛
守藤
次
原
宏
㌔ 兀
水
野
出
羽
守
源
朝
臣
忠
職
慶
安
四
年
十
二
月
廿
日
従
五
位
下
但
馬
守
多
良
姓
山
口
氏
弘
隆
慶
安
五
年
四
月
廿
日
鳥
居
主
繕
正
慶
安
五
年
四
月
従 廿
五 日
位
下平
忠
春
従
五
位
下
真
田
内
記
従
五
位
下
藤
原
姓
稲
葉
氏
慶
安
五
年
壬
辰
年
四
月
廿
慶
安
五
年
四
月
二
十
日
従
奉
献
石
燈
籠
両
基
武
州
東
慶
安
五
年
四
月
二
十
日
従
1
銘 石
燈
こ 記
と 石 東
。燈 京
刻 籠
十
奉 一
献 基
石
燈
籠
武
州
東
叡
山
籠
を
東
京
都
台
東
区
上
野
桜
木
町
十
番
地
寛
永
寺
に
無
償
供
箋 聾日翻
藩
守 ・松 大 下 院
信
通
平 猷 内 殿
備 院 蔵 :
尊
前 殿 助 前
守
藤
源
原
隆
姓
綱
加藤
氏
明
友
・
都
港
区
青
山
北
町
六
丁
目
三
十
四
番価
地
の
教
会
境
内
地
内
に
与 あ
す る
る 下
鯉
鯉
セ
一
401一
顕 籟 づ笏撫
o
』
懸 瓢 馨
「職 謬
建
工
築
活
,
、鐘’
織。
霧 京
ノ コ
ノ
匿∠
・
・鷺
機 1
塑
・
紫
動
と
浜 証
灘腱 翼
o
・
順
.ン
;.
;
1 .
’、
1
.
蹉
’
、
ロ
』
・
1∠
潔’…
ド
. ン
.
騰 ・
神
i .
権
/
1 ‘一
’
吐
‘
・
ガ
I
l藩
船
∠
’・
「
.
記
月
念
十
祝
六
会
日
.
/,
1
/
「
/
.
’.ヲ
縮
.
グ
o
告
・
・
F
》
「
1
.,
し
’
一
402 一
せ す 勤
ん 。労
、 き 宣
つ 教
と 師
’は
て け
働 る
く こ
為 と
’を
会 心
奉 信 社
仕 仰 を
の を 辞
業 強 め
の め て
中
’今
に 進 そ
あ 歩 の
る’ す
る 準
備
喜 よ
び い
の チ
時 ヤ
と
’ン
ス
な
る
に
違
だ
と
田
覚
か
ら
喜
び
と
し
て
い
ま
す
が
生
き
て
い
ら
っ
し
や
る
一
人
の
青
年
が
立
っ
て
云
。が こ っ 暮
私 浅 と た の
は い を
Qた
今 の
’
た
度
ず
.
勤 で
す 心
か
ま
い
Q労 が ら
の
私 .
奉
’信
に 仕 教 じ
中
に
と 宣 会 て
’問 敷
静
’ き
か 目 そ
な に の
さ し 上
さ み に
や る 腰
き 程 を
を に お
か 青 ろ
を
し
て
い
ま
す
鞍
い
ま
こ
の
つ
け
た
若
き
長
老
が
引
き
奉
仕 当
の 日
後’ の
現
と で
し 働
葵桃
衣 業
や に
シ 励
監 兄 浜
督 弟 支
は は 部
そ 歌 の
の の’
.
Y
名 指 兄
も 揮 弟
誉 を は
れ 受 そ
高 け の
い も 日
i っ の
専
任 て
く 司
会
母
さ
ん
は
若
い
神
権
者
の
為
に
ジ
ユ
ア
ロ
ン
神
権
主
事
K
兄
弟
は
五
十
人
宣 れ を
教 、
た 受
師
0 け
1 分
ス の
一 1「軽
日
に
は
充
分
支
部
の
支
部
な 長
バ
ネ
ル
板
を
隅
々
ま
で
感
じ
の
証
詞
を
聞
く
私
彼 は
の 心
頬 か
は ら
赤 感
ブ コ と て 人 々 謝
ラ ン り い 々 と い
下 ク は た は 輝 た
つ り ず
。 ’き し
て [ し
全
’て
身 そ お
い ト た
る .の
’
か の り
ら 目 ま
。床 荒
で に す
そ
の 窓’ い
素
て は 、
電 も 地
く キ
る ラ
球 な の
の に ま
固 リ
い と
光 も ま
の な の
信 光
下 い コ
仰 る
で ガ ン
の も
’ラ ク
表 の
わ が
た ン リ
く 洞 1
れ 見
ま の ト
を’ た
え
し 室 の
く に 壁
心 o
の 彼
若 裸
、
も
ら
う
責
任
の は
方 手
に わ
は’ け
し
ア
ロ
ン
神
権
に こ て 者
与
え
ら
れ
て
い
れ
る
こ
と
を
確
与 が 私
え 確 は
ら に 神
れ こ 様
て の が
い 時 真
る.
代 実
こ に に
の
’生
神 私 き
権 た て
に ち お
’に ら
建 部
築 ア
現 ロ
場 ン
で 神
決 権
定 委
し 員
た 会
の が
は 「
’建
四 築
月
活
の 事 道
回 な 者
復 ど を
を 総 含
祝 勢 め
っ 五 た
て 十 六
の 九 支
集 人 部
い 程 の
と で ア
し あ ロ
て’ る
ン
。神
協 大
力 変
し 短
て か
下 か
さ っ
つ た
て” が
の ア
趣 ロ
旨 ン
を 神
説 権
明 委
し 員
’の
主 三
事 人
健
治
兄
弟
と
(
伝
道
部
の
の 動
末 へ
で の
あ 参
っ .
加
た と
o証
詞
会
L
京
浜
地
区
の
ア
ロ
ン
神
権
参
加
し
た
北 附
支
し
部 て
の く
一
403 一
に
と
っ
て
本
当
祭
司
の
職
に
あ
一
人
璽
局
毯
こ け つ塾
れ て た
ま か
。
で ら 「
’の 私
こ こ は
ん の 今
な 一 ア
に 年 ロ
進 間 ン
歩 は 神
す
’権
る 私 の
を’ 者
ア 人 兄 日
そ
の ア ロ ’弟 の
の 伝 為 ロ ン 若 た 午
時
ン 権
神 干
か 道
本 に
地 神
の ち’ 後
の
ら 部 方 権 主 求 副 休
地
方
部
の
ア
ロ
ン
神
権
委
員
長
田
中
れ
ぞ
れ
の
支
部
が
行
つ
当 各 て
機
会
を
持
っ
た
勉
る 信 事 に り 二
こ 致 は 進 ま 年
と し あ 歩 す 生
を て り の
。の
知 お ま 年 バ 兄
つ り せ で プ 弟
て ま ん し テ が
い す で た ス 立
ま 。 し 。マ つ
す 神 た 私 を て
。権 。は 受 云
’が
各 そ
支 の
部 責
の 任
部 を
長 兼
会 任
に す
会 る
い )
こ 地
の
会 方
部
持 缶 食
ち’ 寄
を 準
を・
備
し
て
く
ザ
ラ
ザ
ラ
し
た
準 会 つ の
備
’い プ
が ア て ロ
な ロ 話 グ
さ ン し ラ
れ 神 た ム
た 権
。を
の の 準 推
で 主 備 進
あ 事 す す
る は る る
。 ’期 為
良
く 問
は に
そ
た に ヤ ん と
が’ れ
分 に
ツ い
で て
し
て ’る 二
活 名 1年
動 札 菊 間
し を 地 の
電
球
が
ニ
三
個
・
し て し て
て い て い
す
o
執 だ れ
事 さ た 申
で っ 。央
あ
る た〇 彼
の 支
部
な 場 T 横 お の
弟 け お
達 て 勤
が 下 労
’さ 奉
彼 り 仕
の ’宣
指 色 教
揮 と 師
の り と
も ど し
と り て
に の 奉
五’ 作
業 仕
の
で つ
あ の
つ 班
マ
を
受
け
て
か
ら
ま
だ
日
た 々
。 し
あ い
た 数
り 十
は 人
も 暮 の
’色 兄
今 に 弟
は つ が
薄 つ 床
や ま に
み れ 板
の ’ き
中
に 昼
の れ
を
り
ま
。兄 受
活
動
し
た
時
間
は
二
時
間
程
の
も
の
く る い
「 る 。た
私
。時 緑
は 1 折 の
神 ま り 木
様 た 自 々
動
車
の
走
り
さ
る
音
が
夕
塞て謙
た
の
で
あ
る
私
は
バ
プ
テ
ス
轡
が
’五
今 月
建
設 十
六
中
日
地 み の (
方 を 伝 土
部 返 道 )
長 上 本 五
田 し 部 月
中 て 建 晴
健
’築 れ
治 協 現 の
兄 力 場 午
弟 し に 後
’て 集
’
地 下 っ 京
方
浜
部 さ
つ た。 地
権 ア た 集 区
者’ ン
ロ 労
勤 た
つ ア
の
そ 神 宣
れ 権 教
客奢麟
入
た
ロ
ン
纏
支 貝 六
’者
部 の 人 土 た
の 二 の 曜 ち
鰹
人 れ
の 持 ま え よ ぶ ら ご ざ り た だ 居
顔 な に と 気 て 雰 き 兄
.も た 証 息 つ た て う り 即 の か 寿 人 け に 記 で か は 感 一 記 囲 た 弟
3
の
英
語
で
証
素
晴
し
い
証
詞
会
は
次
々
吹 .
た ’は
き 1 ソ 証
が 東 1詞
感 支 ヤ 会
じ部 支 へ
な を 席 少
’示 的 な
六 し に い
人 て コ 食
の く } 物
り
の
若
い
兄
司
が
二
個
と
々
の
心
の
中
だ
と
は
い
え
入 念 撮 つ カ じ
る 撮 っ た ラ ら
。影 た の 1 れ
お が の で フ る
そ 終 で ’ イで
杯
の
ア
ロ
ン
念
撮
影
を
し
気
の
中
で
行
。た
作 ち
業 は
は 熱
真 心
碧黎銘 寛数 禦 重甥 ゴ匪 惣 雑 玄躍 鶴 脂
薯擁 講 籍 瞭鞭 婁謹 蕪
譜 贈 勲 講 鱒 撰 好懸 御
蕪羅 1
癖灘
婆
謬 醸轡 響 樂 雛
綿
繕 纏 禁 糊 霧誘 考ち覇
す 時 霊
、
言
葉
の
意
味
も
暖
い
潤
い
に
満
ち
て
く
吻 る
の
を
感
じ
た
o
)
代 に
’満
九 ち
十 あ
数 ふ
灘謙l
l
響 鶴
:
部
支 数 た に い 歌 部 皆 食 い 集 骨
を 。栄 る い か は べ な っ 組
の
新
O
歎 温敷 餓
1
写
真
用
の
顔
(
?
)
つ
て
い
た
の
で
あ
る
が
)
後
に
聞
い
た
と
こ
う
ち
の
張
り
き
り
よ
う
が
ラ
マ
ン
は
田
中
健
治
副
。声
作 と
業 同
の 時
後 に
’笑
屋 い
上
と 声
も
で
は
な
く
白
黒
写
真
用
の
’に
’地 な
残 よ あ 方 る
念 る な 部 予
な と た 長 定
が
’に に の
ら 彼 も あ 場
誰 の は る 所
も カ つ 。に
.
知 メ き ( 上
ら ラ り 元 っ
聞
え
て
く
る
な
ご
・
や
か
な
く
れ
た
の
で
’
予
定
の 「
作
業
分 .
を
終
え
る
事
が
で
幸 い
教 い る に が が そ
め た の
大 い 労 見 に
1 の ア が
別 わ る 幸 会 う ’作 建 ま の 「 て.が 職 こ き う 奉 ら 行 「 二 神 ロ 良
れ せ 目 福 に 輝 神 ら 築 た 価 私 い 今 務 の な 精 仕 れ つ 私 十 様 ン く
の な ’で 集 し 様 れ に 教 値 が る は に 会 力 神 宣 る て は 五 の 神 解
歌 時 私 は い い の た 関 会 を 再 1そ あ に だ が 教 程
’あ 才 御 権 ら
を 間 た ち ’宝 贈 こ し に 知 び が の り 出 と な 師
’コ る の 霊 者 な
歌 を ち き 家 石 物 と て 来 ら 教 立 妻 な 席 証 し の 立 ン 建 建 を た く
い 過 は れ 族 を で ’は 始 さ 会 っ ’が し 詞 た 人 派 ク 設 築 深 ち て
な し モ そ 中 確 あ ご 全 め れ に て 子 ら た を 業 た に リ 会 設 く の も
が た ル う が に る の く た て 来 云 供 ’中 強 だ ち 良 i 社 計 憾 述
’
ら 。モ な 皆 見 こ 私 の 頃 か る っ の 神 で め と は く ト に 士 じ べ 強
ン 兄 ’る と に 素 ’ら よ た 二 様 最 ら 思 皆 で の 働 の た る く
、
私
と 弟 喜 こ を 与 人 地 で う 。人 の 年 れ い ’ き 打 い 兄 の 証 神
た
し た び と 聞 え で 方 す に
が 持 長 ま ま 素 て ち て 弟 で 詞 様
バ つ の し す 人 い 具 い が あ 会 の
ち
て ち に が い ら は 部 。な
モ の 満 で た れ あ 評 新 つ
プ 力 兄 た 。だ る 合 ま 立 る の 御
は
、
ル 顔 ち き 時 て る 議 し た
テ に 弟 、 本 と の い す っ 。中 霊
モ ’ た ま ’い が 員 い の
ス 証 1
当 聞 は を が て
に を
押
ン 神 生 し 私 た ’の 西 は
マ 詞 十
し
に き 見 見
’云
も 感
だ 様 活 た の 神 神 W 支 ’
を が 年
神 ま た ま そ っ
あ じ
寄
の た
せ
け の を 。心 権 権 兄 部 神
受 な 程
権 し こ す の た
け く 前
に た と が 関 。
る
が 御 営 私 の が を 弟 の 権
時 時
’て ア
つ
が
が
’
係
感
味 霊 ん は 目 ど 持 か 教 の
を が
そ 教 ロ
謝
う を で 今 は ん つ ら 会 持
け ’あ 今 で
同 あ
こ 感 い ’開 な 若 ’堂 つ
れ 会 ン
る こ り 日 時
じ つ
突
と じ ま 家 き に き こ が 真
は を 神
ヨ
ぽ
業 れ ま こ 々
よ た
の て す 族 ’か 兄 の で の
は’奉
は せ
の 建
熱 離 権
う が
に
ん 建
築
」
ひ
で 輝 、 と 神 価 弟 教 き 意
心 れ の
に
、
、こ
に て 祭
も
き い
共 権 値 た 会 て 義
大 仕
変
。物 現
る て
に も あ ち 堂 私 と
と 勤 に 場
目
勤 い 司
真 の
一
404 一
お
勧
め
し
た
い
の
で
す
か
に
し
か
ず
)
特
に
私
の
様
の
お
方
は
遠
慮
な
く
お
越
倖
で
あ
る
か
を
御
存
じ
で
様 て 喜
は 居 し
’ま 感
私 す 謝
の o し
家 こ て
の こ 自
モ に 然
ル 集 に
モ つ 起
何
一
つ
不
足
は
な
く
思
う
謝 る
で ご
送 寵
り 招
つ を
つ 蒙
’り
今 朝
日 な
ま 夕
に
勤
で
ま
い
り
ま
し
た
の
信
仰
を
続
け
て
参
り
ま
し
プ
テ
ス
マ
を
受
け
ま
し
て
私
は
ー
九
○
七
年
に
(
私
(
此
は
去
る
五
投
の
あ・
稿
か
壕の 績
お麓 諮 編 勃 浬 野 し
さ う 家 ら こ 実 ル 毎 に 此 今 四 日 垣
何
ん
で
も
お
暮
し
を
皆
い が 庭
(
’ と
百 若 し
聞 し て
れ
る
大
部
ろ 現 モ
の す ン
感 る 家
謝 し 庭
日
感
謝
に
神
様
よ
り
の 日 十 に
永 迄 年 )
い 五 六
間 十 月
祐
知
也
搬 結凝 窮 譲濃 麺鋪 賃 震・
み
な
さ
お
夜
お
早
よ
・
つ
か
あ
中 さ
螺
い
ま
美
禰
台
す
嘉
ば
)
は
必
ず
教
会
に
出
席
す
る
ま さ
す す
。れ
以 ば
上 私
御 様
子
の
Qイ な
丁謹
様 奉
に 仕
心 す
掛 る
け 意
ま 味
し で
よ 安
う 息
。 日
ん 原(套リ 学
神
文
の
ま
ま
)
究 子
こ
の
り
申
上
げ
ま
た
し
ス
ト
の
御
名
に
様
よ
り
与
へ
ら
よ れ
コ
そ
涙
璽
に
こ
つ
ち
を
見
て
い
涙 る
で
す
何
に
も
い
わ
ず
に
お
ふ
く
う
の
涙
で
す
二
番
苦
手
な
の
は
頓.
ふ
え
て
行
つ
た
L
シ
ワ
が
ふ
え
て
行
つ
た
そ
の
代
り
母
の
手
に
肩
を
な
ぜ
る
回
数
は
へ
つ
た
一
入
が
消
え
去
り
二
人
の
子
供
の
肩
を
な
ぜ
る
た
め
に
あ
つ
た
一
405 一
母
の
手
は
.
チ
ロ
L
の
詩
集
の
中
に
こ
ん
な
詩
が
な
心
を
清
ら
か
に
神
様
に
謝
し
て
常
に
謙
遜
で
柔
和
ど い そ
も 時 れ
く ’は
り 楽 み
か し ん
え い な
す 時 の
名 ’大
前 ふ 好
。 っ き
私 と な
の 心 お
好 に 母
き 浮 さ
さ
ん
ウ
.
こ
の
世
の
中
で
一
番
や
さ
し
を
守
つ
て
朝
な
夕
な
に
感
お
互
信
仰
を
強
め
神
の
誠
理
や
奥
義
は
程
々
に
し
て
て
下
さ.
い
。
然
し
神
の
摂
ご
と ら
ぞ み を し
ん な 心 い
じ さ か 母
で ん ら の
す
’感 日
か こ 謝 に
? の い 話
i 世 た す
i の し 機
そ 申 ま 会
う で す が
’一
。与
そ 番
え
あ な か ん い れ 美
ら
れ
り
’ぶ
。人 は
し
ま
ま サ 顔 私
’ 。 い
す
ト
’の ぞ お 名
し
。 ウ な 悲 う か 前
た
ハ ん
し
’ あ を
こ
お
か
あ
さ
3
鬼
お
か
あ
さ
髭
り
ま こ
す の
o世
の
中
に
絶
対
的
な
す
ば
ら
声
を
大
に
し
て
叫
び
た
い
気
持
で
す
つ
,
ナ
ク
ル
合
唱
団
準
オ
ル
ガ
二
ス
ト
)
の
パ
イ
プ
オ
ル
又
タ
バ
ナ
ク
ル
に
於
け
る
ア
ス
パ
1
博
士
(
タ
ベ
。九
お 入
か も
あ の
さ 子
ん 供
ψ を
と か
い か
つ え
て 働
肩 い
を て
た き
”
と
げ
た
れ が
て さ 私
い し は
る た ふ
シ ひ つ
ワ ふ と
i と 母
i ’の
あ あ 横
の ま 顔
終 り を
戦 に 見
後 も て
’は み
ボ 躊 鍔 藍 諒 酵 説
詣 誇 畷 鯨 砿 充奮鉾
が
有
ガ
ン
独
奏
会
に
は
皆
様
が
大
変
感
嘆
し
て
お
り
ま
し
あ い て で つ す い
さ 出 い も た 。け
ん し ま
’頃 お ど
。て し そ の 母 胸
私 く た ん 自 さ が
は れ
。な 分 ん い
本 て 私 時 と の つ
当 い に に ’そ ぱ
に ま ’ も 母 の い
心 し 心 母 の 横 に
か た の は 苦 顔 な
ら 。 と い し を 、
つ
“私 も つ か 見 て
あ の し も つ る し
の く
為 知
に つ
な て
る い
と た
信 事
じ に
て 対
い し
ま て
す い
oつ
か
こ
の
事
は
教
会
も 灯
見
し
出 代
席 表
’ し
私 て
は ヒ
日 ユ
本 }
の ・
知 B
事 ・
又 ブ
婦 ラ
人 ウ
方 ン
々 第
に 一
個 副
人 管
的 長
に が
て 迎
挨 昼
拶 食
の 会
言 で
葉 は
を 長
述 野
べ 県
た 知
。事
こ が
の 全
昼 知
食 事
会 方
に を
教 代
会 表
を し
ブ
ラ
ウ
ン
長
老
を
紹
介
し
教
会
の
事
を
少
し
で
も
多
お
か
鴨
写
左 諸 真
一 一
〃
人
置
い
て
(
私
)
人
置
い
て
(
長
野
三
二 氏
人
人 と
目
目 ユ
( ピ ( タ
岐 ン 白 州
阜
髪 高
知 氏 )
官
し
ご
か
義
雄
県
知
事
)
西
沢
知
事
事
)
松
野
知
事
説
明
ソ
ル
ト
レ
ユ の [
タ 交 ク
大 換 空
学総
港
長
レ
イ
オ
ル
に
て
日
本
知事
i さ
i か
ホ
テ
ル
・
ユ
タ
に
於
け
る
日
本
知
事
又
婦
人
方
々
歓
の
で
。 し 刻
’ ま
市
で 為
は 特 い に
長 に ま 少
野 皆 す し
県 様
。な
松
’
り
本 御
と
市 承
も
と 知
教
姉 の
会
妹 様
都 に
市 当
に
の ソ
立
関 ル
て
係 ト
た
が ・
事
有 レ
り 】
ん
’ ク
有
名
人
や
政
府
の
方
々
に
ね
て
両
国
親
善
の
為
に
鋤
i
i
i
こ
れ
が
一
番
苦
手
で
だ 灯 そ
ん り う ゆ 灯
だ が し れ り
ん
て た が
ふ
り
く
し
ら
て
ん
い
で
る
く
と
る
芝 与
が
さ
人 イ
に ド
な 氏
る (
様 教
’会
依 員
頼 )
の よ
手 り
る
と
す
ぐ
私
の
所
へ
ユ
タ
レ
[ 四
ク 月
市 二
を 十
訪 四
問 日
さ 日
れ 本
た よ
ア
メ
リ
し
ご
力
便
麩を 翻
果嬬 纏 り
会 と 知 事 の 県 雄
知 が ど 事
つ あ き 歓
て り 通 迎
い
’訳 委
ジ 訪 知
・問 事
i が が
ジ 計 ソ
(
ソ
窒
・
叢 く 呆鶉
多獣 ・ )1
の 兼 一 ラ れ
北
み の
せ の 学
す。 来
出
海 な 出 出 こ 且 言 総 又
道’ 訪
お す
来 の
つ 葉
教
と 事
度 大
を 長
レ ユ
タ
会
宮 問 私 は び 変 述 イ 州
に
と
城 知 は 必 の 喜 べ オ 政
。事 信 ず 九 ば た ル 府
つ
て
長 は じ 日 日 せ の ピ 又
野’ 手
岩 い
て 本
本 ま
に 氏
ン 高
諸
良
に 県
し は
い
熊
’ま 於 知 た 知 が ・
官
事
で
本’ 取
て 又
事 。事 流 を
鳥 す。 将
あ
又 調 代
つ
栃
’
来 諸
婦 な 表
人
日 し
た
木 岐
良 関
で 阜
い 係
方 本 ユ
と
し 、
を 語 タ
結 訪
果
者
思
た 宮
驚
で
州
。崎
い
を 当
生 市
、
一
406一
嘆 歓 立
さ迎 大
帰
日 私
後
ぜ
ひ
教
会
に
来
ら
れ
る
様
御
話
す
し
る
事
ま が
漆 堂
大
い
た。
印 が
象 教
を 会
持 の
た 開
れ 拓
た 者
様 達
で に
す お
。い
て
造
ら
れ
た
事
り
に
特
に
金
属
性
の
物
を
一
つ
し
か
使
わ
ず
に
こ
の
も
知
事
又
婦
人
方
々
に
教
会
の
出
版
物
を
贈
■
舞 諜魏
鰍 翻蜘
鋤翻 訟
鴎顯
購
灘懇
尊鯉 幣 』
謹磯
短 勘 脚
晦 菊oa
躍 聯 鶏 撫噸 鑑
圃瞬 繊 魏
聯 噸 轟静
灘i
野騨 麟 蜘 噸 癖恥
㌦
守
糊 書鱈
鐡 鞍 榊鋤 蘭 釦路 セ
.
:
甑 紳 鱗 幡『
轟嘲 噺難 構 ・
蓑
轡 鰍 蝉 韓 ・
糞
轡鯵
給』
禰 細 趣癖 鞠 麟 瞼 轟
欝
難
・
廟麟 藤 蔀 舞 鞠 檎親良蜘 .
撫 撫激ゴ
墾翻 謬
聴 く 「
緬 鋤舜魂 翻 蜘 蹟 蛍
幽 h
難鎌贈 ・
聰 審・
細蜘 燃 勢 鋸・
繍 儲 勤鵬 撫 ・
敏 恥 鮎奪轍
瞬 属 .蘇.
竣 鞠 囎 β鞠
囎鍛糠 驚
噂
職 、
鍛盛
蟹鴨謎
麟 鱗 醗欝
磯 鵬 載蜘
難撫 嘘 難
・
.
晦1
襯熱 滋 こ
窒L∵取≦
二
『
響『
蕪 灘 羅輌 蜘碗噸 榊鵠臨臨 鵡総
雛 麟 醸癬
セ
一
407 一
3
,
た に れ ま 如
な 与 ま す し
ら え す か と
ば’ れ
ら 。ら 言
後
“ ’い
て 永 ど ま
か い 遠 う す
ら る の ぞ が
夜 現 来 今 半
の 世 世 か 年
よ の に ら の
う 生 行 始 月
な 涯 く め 日
暗 の 準 て は
や 光 備 下 あ
み 陰 が さ っ
の を で い と
生 有 き o云
涯 益 る 主 う
が に よ は 問
や 用 う 言 に
っ い に っ 過
て な 私 て ぎ
き か一た 居 去
て つ.ち ら り
す の の の
こ 為 者 犠
と に を 牲
に も 救 を
な 誠 う し
り に ’て
ま 惜 救 は
す し 主 る
か い の ば
ら 機 お る
ど 会 手 神
う を 伝 殿
ぞ 逃 い を
努 す を 訪
力 こ 出 問
し と 来 し
て に ず て
下 な 自 も
さ り.分 亡
い 千 の き
。載 為 愛
光 に に す
陰 悔 も る
矢 を 先 身
の 残 祖 内
出 直 り
さ 系 ま
れ 傍 す
る 系 か
よ を ら
う 含 来
に め’
年
お て ハ
願 な ワ
い る イ
致 べ 神
し く 殿
ま 多 訪
す く 問
Qの の
そ 系 予
う 図 定
し と 者
な 家 は
い 族 本
と の 年
切 記 末
角 録 位
多 を 迄
く 提 に
か
ら
次
の
よ
う
な
手
紙
が
ア
ン
ダ
1
セ
ン
伝
道
部
長
宛
に
来
て
居
ま に り ヤ キ こ け
成 問
す。 平
大 す
ま 人
ン 委
の 系
る の
こ 提
当 新
部 姉
出 計
画 系
愛
,
洋
地
域
に
於
鳴 て
生
ず
る
で
あ
ろ
う
諸
問
題
に
通
じ
て
居
り
o・の 妹 員 図 計 方 に 図
ジ エ も に の 画 に 対 協
エル こ 任 発 の 就 し 会
ン ヴ の 命 展 為 て て の
セ ・
イ委 さ を に 提 関 担
ン ン 員 れ 期 委 .案 心 当
兄 ・会 又 待 員 し を 者
弟 W で 会 し が 度 持 た
は ・働 つ て 任 い っ ち
新 ジ い て い 命 と て は
し エ て 日 ま せ 思 居 日
く ン い 本 す ら い り 本
仕 セ ま で oれ ま ま 伝
事 ン す 伝 私 ’す す 道
を 兄 。道 は 私 Q 。部
始 弟 そ し過 た
日 の
め の れ た 去 ち
本 ハ
人
ワ
る 管 は ダ の は
地 理 ポ ウ 経 東
に イ
区 下 リ ン 歴 洋
記 神
’に ネ ・ か に
録 殿
特 あ シ ポ ら 於
作 訪
な
る
ア
ン
ダ
1
セ
ン
伝
道
部
長
ソ
ル
ト
レ
1
ク
系
図
協
会
’『
日
本
人
記
録
係
の
マ
ド
セ
ン
委
員
そ
こ
へ
マ
ド
セ
ン
委
員
の
手
紙
一 408 一
入
つ
た.
ら
何
の
働
き
も
で
き
る
は
ず
が
な
ン’
特
に
ノ、
ワ
伝
道
部
系
図
委
員
会
長
渡
部
正
雄
イ
神
殿
訪
問
予
定 、
者
に
告
ぐ
C
生
き
て
い
る
夫
と
妻
は
結
ば
れ
ま
すo
若
し
方
が
死
ん
B
ち
が
立
ち
ま
す
親
に
結
ば
れ
ま
八
才
以
下
の
四
’郡 に ダ
執
’在 ラ
行 市 っ イ
さ 又 て ン
れ は は を
る 町
’引
結 村 市 い
A
親
と
子
供
た
ち
oす 死 が
。 ん 共
親
に
結
ば
れ
ま
若
し
両
親
が
す 死
o ん
び
固
を
記
’て
区 下
式
に
姓
を
先
に
書
い
て
三
’そ
す ろ
べ え
て る
の 迄
名 に
称 最
’低
月 四
こ だ に 若 で め 入
’ さ 下 日 ケ
の 子 神 し い は し 丁 い さ は 月
死 供 殿 両 る
’ て
’ 。い 漢 を
ん は に 親 場
出 生
が 合’
∴
汰だ 神
殿 席
た
ち
の
為
に
代
理
者
た
に
出
席
す
る
生
き
た
両
せ き 生
ね て き
ば い て
な る い
り 場 る
ま 合 子
せ は 供
ん ’は
。両 両
下 又 又
成
保
存
し
て
所
等
の
場
字
の
姓
の
て 合
は 大
県 都
’会
’道
各 本
支 部
部 に
会 到
し ’員
て 各 全
お 支 部
い 部 の
て 記 提
下 録 出
さ 提 状
い 出 況
〇現 チ
’付 て
四 下 和
半 さ 文
期 い 用
報
。紙
着 .
告
に
す 書
各
る を
英
よ 四
和
二
う
’
に 七
部
提
’
宛
ー ○ る
’ “人
す 神 た
べ 殿 ち
て 訪 に
の 問 次
家 者 の
族 の 説
な の
り 記
マ
字
の
両
ま 式
す の
。為
に
下 方
に で
ア 日
ン 本
そ
の
名
を
の
上
に
’
主
の
系
図
祝
協
福
会
ポ が
へ
り あ
提
ネ り
シ ま
出
の ヴ ヤ す
分
人 よ
は ア部 う
英 ネ 日一に
何
か
質
問
が
あ
り
ま
し
た
ら
喜
ん
で
知 明
つ を
ま ま 録 て
せ せ
’ お
’ん 系 か
o図
は
ソ
ル
ト
・
レ
1
ク
市
系
図
ロ と 要 殿
1 ロ と の .
マ } し 儀
註
来
る
よ
う
に
を
す
。字 必 神
さ は 出
い 町 生
。 、場
県
に
在
つ
ニ
’協
記 会
録 を
の 通
諸 さ
手 ね
続 ば
も
の
に
す
る
よ
う
に
手
伝
う
こ
と
が
出
ら 開
が 始
今 す
始 る
め よ
る う
な に
ら 命
ば ぜ
’ら
私 れ
た る
ち よ
は う
彼 に
ね
ば
な
ら
な
い
事
”
私
た
ち
は
貴
方
が
神
殿
訪
問
計
画
者
出 十
し ’
輪 ・交聴 鶴 轟
況
工
を ッ
常 ク
に り
’ス
て 一
下 各
さ 月 ・
い 十
。 日
系 紙
図 に
委 伝
員 道
’
鍛
判 ト
明 を
出 作
迄
に
伝
御
送
・ 記
録
マ 委
ド 員
て え で
居 ・し し
り ま よ
ま す う
セ
触
と ン
し
訪
問
を
素
.騎
仕
事
し ち
ま に
す 記
。録
窪
し も 成
い 彼 を
す
べ
き
か
が
最
も
大
い
と
承
知
し
て
い
ま
っ
て
な
さ
れ
る
す
べ
過
去
の
経
験
か
ら
触
き す て 私
な
。 の た
し 問 如
て 題 何
い で に
こ ち
と は
を 伝
た あ 記 理
だ り 録 解
け ま を し
た す 作 て
ら o成 い
幸 神 し な
で 殿 ’い
あ に 何 か
り 訪 処 も
ま 問 に 知
す。 れ
さ 出
提 れ
な
て
当
方
に
提
出
手
続
を
終
え
る
よ
う
に
注
告
致
㌔ し
ま
す
む
D
計
画 成
す 人
べ で
き 神
で 殿
あ に
り 入
ま る
す 者
Qは
す 亡
べ き
て 両
の 親
死 に
者 結
の ば
記 れ
録 る
は よ
ムム
剛
以
道
部
の
聖
徒
た
ち
は
神
殿
に
入
で
い
る
場
合
は
代
理
者
に
よ
つ
て
執
行
さ
れ
ま
す
っ
セ
ン
つ
に
、
一
409 一
%
,
%
系図の道 しるべ
9
の
外
に
「
本
定
戸
入
を
す 二 籍 従 ら ③ 同 ②
る ’に つ ぬ
じ
基 又 二 て 者 配 く 配
準 戸 組
’に 偶 す 偶
と
「
氏
L
て
「
婚
姻
第
六
条
は
を L
か 及
か び
げ 「
て 親
い 子
る 関
。係
L
戸
籍
編
製
の
単
位
を
決
ヒの
要
点
一 (
の 単
区
域
内
に
本
規
定
し
て
い
子
ご
と
に
こ
る 偶 を 村
に
と 者 氏 の A つ
き が を 区
い
は な 同 域 一 て
’い じ 内 戸 学
婦 が て 子
が 戸 は も
記 籍
’な
載 を そ き
き 及 は た 編 定
者 び 次 の 製 め
は こ の に す る
’ れ よ 対 L 者
な
お
旧
法
編
製
す
る
者
及
び
こ
さ 異 の
れ に 者
る す
こ る
と こ
は と
な や
い
’
。一
者
で
父
・
母
璽
籍
に
そ と う し と に の 」 れ
の 氏 に
’「 付 戸 と と
者 を な 新 家 き 籍 戸 氏
及 同 る 法 L 戸 が 籍 を
び じ 。の を 主 「 法 同
こ く
戸 単 を 市 第 じ
れ す
籍 位 本 町 六 く
と る
編 と と 村 条 す
氏 子
製 し し の に る
○ 関 本 き
条 し 来 か
’て 戸 を
七 は 籍 決
六
’法 定
言 あ ※ る 編
国 限 は ば
す る 参 者 製 三 人 ら ’か
れ ) 考 で さ ’ は れ 日 り
ば は 3 な れ 戸 本 る 本 で
あ
”
け る 籍 籍
。国 な
①
て
編
製
さ
れ
て
一
戸
毎
に
思
い 前
ま 号
す で
。戸
2
答講 錆 謹 孚麟 際 葎 鱒 罷 探 籍嬢 擁
「
徐 を ○
籍 受 条
等
け 等
の て )
手 氏 に
つ る 籍 編 み 戸
い 子 を 製 ま 籍
て こ 定 の し 編
あ と め 単 よ製
ら に る
た 編 一
に 製 の
戸 ’す 夫
籍 る 婦
を 。及
編 但 び
製 し こ
す 配 れ
本
籍
は
日
の
戸
籍
編
製
個
人
が
記
関
し
て
わ
編
製
の
単
位 う 単 か
を 。位 っ
と て
「
戸
新 載
戸
籍
け
は
籍 た
の こ
’
市
編 と
町
製 と
位
及
び
基
準
※ に
参 せ
考 ね
2 ば
’な
ず の
’区
又 域
同 内
一 に
戸
籍
に
記
器 馨耀 縫 壷籍.
竪 鞭 讐 塁長禽羅驚霧緯 鷲
,
。に 有
こ
あ
る
者
は
ま
ず
本
と
の
で
き
る
者
は
す
る
者
で
な
く
て
撫灘 鷺 灘 l
l
な 編 民 一 民 氏 籍 に で 人
い 製 法 条 法 の と 記 あ の
。 ’の
’
( 変 と 載 る 個
入 規 八 七 動 も す
。称
籍 定 一 五 に に べ 換 で
を
同
じ
く
す
一
と い 及
そ
oば
の
な
子
い
を
外
410 一
く
)
だ
け
に
が
で
き
る
者
と を 定
が い す
で う る
き 。た
る
め
讐蠕
共 な 町
通 ら 村
(
4
)第
十
入 九
籍 条
又 第
は 一
復 項
籍
)
製 が
を 除
申 か
出 れ
た て
時 い
は’ 時
る
す
る
者
に
配
偶者
新
戸
が
あ
る
場
合
る
(
戸
籍
法
籍
を
編
製
す
入
る
こ
と
)
す
る
時
が
復
氏
(
従
前
の
氏
’は に
又
’復
は 元 す
そ に る
の 入 者
者 る が
が が 従
新
’前
戸 そ の
籍 の 戸
編
の 戸 籍
籍 に
(
3
)
婚
姻
又
は
養
子
縁
組
に
よ
つ
て
氏
を
改
め
た
者
戸
籍
の
筆
頭
者
い
て
新
戸
籍
を
編
製
れ 三 籍 た 同 及
た 代 法 時 一 び
規 同 第 そ の ぞ
定 籍 十 の 氏 の
の 七 親 を 配
戸 条
籍
) 子
に 称
す 偶
者
す
る
(
戸
籍
法
第
為
に
設
け
ら
注 籍
を
編
第 製
十 す
七 る
条
は (
戸
を
防
止
す
る
子
を
有
す
る
に
至
つ
婚
姻
に
よ
ら
な
い
で
②
(
1
)う 時
。は
婚
具
姻
体
の
的
届
に
ど
出
が
う
い
あ
つ
う
た
場
時
は
そ’
つ
い
て
新
戸
る
子
又
は
養
以
外
の
者
が
十 の
六 夫
条 婦
) に
つ
に が
つ な
き い
新 為
戸 こ
籍 の
を 二
編 十
製 二
す 条
。の
き
父
又
は
母
の
氏
及
び
入
る
か
の
戸
籍
に
就
籍
す
べ
き
者
(
但
し
父
母
が
明
ら
か
な
為
は
母
の
氏
を
称
す
る
場
合
は
戸 事
B 籍 項
は 欄
そ 編 に
れ 製 婚
で さ 姻
は れ に
次 な 関
に い す
’ 。 る
新
記
載
鋸
耀
鷲
父
又
は
母
が
日
本
人
で
あ
つ
籍
棄 を
児 記
’載
日 す
本 べ
に き
帰 場
化 合
し (
た 戸
が
さ
れ
る
だ
け
で
新
(
6
)(
戸
入 籍
る 法
べ 第
き 二
戸 十
籍 一
の 条
な )
い
条 べ は ’除 て 者 籍 者
項
き 除 父 く 帰 ( 法 に
に 父 く 又 ) 化 但 第 つ
( 従 又 ) は 就 届 し 二 い
慰 蕪 警 転 麦垂
男
る魔
) の
者 戸
籍 す
べ ず
れ 者
又 者
の ) に
戸
生 ず
む 外
る 国
ご 人
と と
が の
な 婚
く 姻
単 を
に し
そ た
の 場
者 合
が に
戸 も
籍 氏
中 の
’変
身 動
分 を
の
届
出
を
し
て
新
戸
籍
を
編
製
す
る
こ
と
が
で
き
る
い る
。規 そ
す 定 し
な は て
わ
’本
ち 外 籍
日 国 同
本 人 様
人 に 民
で つ 法
あ い 及
る て び
当 は 戸
事 す 籍
者 べ 法
が て の
男 適 氏
女 用 鳳
間 が 関
わ な す
ぞ (
5
)法
の
第
配 分 二
偶 籍 十
者 の 条
以 届 )
外 出
の に
者 よ
は る
成 場
人 合
に o
達 戸
す 籍
れ の
ば 筆
’頭
分 者
籍 を
は
そ
の
夫
婦
に
つ
い
て
塑
月
籍
を
編
製
す
る
触
セ
倉
籍
亀
曾
一
411一
\・
3
ル た
た の に に そ け ★ が 心
。で あ ひ し て
な 。 し
「 た の わ
し 彼 か
き る じ て 見 i に か た
の は し
る 壁 を 彼 え i お て く
生 か 酒
大 を つ の た そ わ を し
活 つ を
問 見 き 両
。の け 与 が
を て の
題 す あ 手 彼 男 し え 一
し そ む
に え ご は の は た て 度
た の こ
直 て を 労 髪 実 い お 読
い 問 と
面 い 片 働 の さ と り ん
と.題 は
し た 手 の 毛 い 思 ま だ
て o に た は に い す こ
思 に 彼
い
彼 支 .
め 白 年 ま の と
う 直 が
ほ 面 直
た は え に く を す で の
。世 て め な と o ’あ
ど し 接
そ る
強 た ぶ
彼 の す つ り つ
い こ つ
の 或
は 中 こ き か て
ア の し り け は
気 と か
物 る
ル 人 前 弱 て い
持 が つ
語 物
コ が こ つ 居 な
の 語
に あ て
1 だ こ て り か
な つ い
伝 が
つ た る
ル れ み い 腰 つ
え
’
て が 問
る わ
中 で の た は た
い ’題
毒 も 姿
。ま が
こ た
た 今 で
串 直 勢 彼 が ’
と く
ば し
を に
で る こ 卓 い り
日 ル な
あ 大
あ ご. う の た も
な き
彼
コ か
つ と 側 上
。 ふ
の
1 つ
た な
聾
警
は
暑孕甜
ぞ隻
伝 ミ
道 ツ
部 シ
扶 ヨ
サ畠.
★ 手 わ や ★
間
も か
ら ら
ず む そ
ほ の
な が
’ど 問
く っ 彼
’題
彼 く は 彼 は
の り 今 は あ
妻 と こ 妻 ま
は 食 そ の り
や 卓 彼 ゆ に
鳴っ の 女 る 大
こ し 彼
と て 女
が 彼 を
で は 必
き ’要
る 自 と
だ 分 し
ろ の て
う 妻 い
か に る
σ与 が
て 上 が し き
き へ 最 を す
た。 落
も が
ね た
ぎ
ち 必
え
た
断
腸
の
思
い
と
悔
辱
そ た 要 う 。
し 。で 権 彼
あ 利 が
三
つ が 過
た な 去
天
。か の
は
い
彼 つ 行
の た な
ら
い
頭
。い
ら
は そ を
し
支 れ 悔
て
え に や
て も め
語
い か ば
り
る か 悔
合
》
と
を
す
ベ
、
ど
う
し
て
そ
れ
が
た
の
め
る
だ
う
れ た 来 者
た 。る や
の 彼 途 病
に の 中 人
’妻 な な
彼 は の ど
は ’だ を
妻 彼
。社
を が 彼 会
の 最 は の
こ も こ 一
妻
は
’
彼
に
会
う
た
め
こ
の
し 暗
て 黒
家 の
を 状
出 態
て に
行 居
つ た
た と
の き
だ 苦
Q し
今 み
と を
「
リ
ハ
ビ
リ
テ
1
シ
ヨ
ン
・
セ
ン
タ
れ
か
ら
む
か
え
る
新
生
活
に
彼
女
が
員
と
し
て
働
け
る
よ
う
に
回
復
さ
せ
募 蝿 嘘 己
ぐ 。て し し 設 (
な ど 彼 て か ) 不
う う は く つ へ 具
一
412 一
助 ン
ペ
ギ
書
●
ヒ
ユ
イ
シ
●
ア
ン
ダ
1
セ
ソ
姉
妹
協 マ
会 ザ
長 1
メ
ツ
セ
.
i
ジ
に
あ
る
一
つ
の
燈
台
に
心
を
ひ
か
れ
ま
し
た
と る
り 任 「
に 命 英
あ を 国
る 受 に
ぞ け あ
の て る
家 い ス
に た テ
た 間 i
ず に キ
ね
’部
ま 私 の
し た 大
た ち 会
oは (
( 成 三
は ★
’扶
次 助
の 協
よ 会
う 中
な 央
出 管
来 理
事 委
を 員
話 会
し 第
て 二
く 顧
だ 問
さ の
め
ま
し
よ
う
、
そ 湾 を )
と の 北 に
へ ほ 海 出
出 と の 席
て り ほ す
別 新 の 「 い り 機 .る 教
の し 弱 天 ま ま 会 の 会
話 く 点 の す す に で へ
を 出 を 父 。の め
’入
さ 発 、
い な わ で ぐ 一 る
せ す く る た
’ま 日 た
て る つ 神 く 生 れ 一 め
い 必 も さ し き て 日 に
た 要 持 ま は 方 い ご バ
だ が つ L こ を ま と プ
き あ て に の 変 す に テ
ま る い 感 特 え 。 ’ス
し か ま 謝 権 て わ 善 マ
よ ら す し に 新 た い を
う で の て め し く こ 受
。す で 居 ぐ く し と け
。 ’り ま 出 は を た
も も ま れ 発 こ 行 と
つ つ す て す の な い
と と oい る ま う う
よ 完 わ る こ こ た か
W
く 全 た こ の と め が
・
説 に く と 特 の に や
明 誠 し を 権 教 生 か
を 命 は こ に 会 き し
イ
す を 人 れ め の 方 い
ソ
る 守 間 ま ぐ 会 を 事
た る と で ま 員 変 実
ン
め よ し 度 れ で え が
姉
妹
に う て 々 て あ る あ
ち ★ え ら ★
の 私 ま す 私
よ は し 強 は
う そ た い 地
に れ o光 上
’が
線 か
明
で
あ
る
と
考
し リ
た ズ
。 ム
す (
ベ ガ
て ラ
械
か
ら
落
ち
る
建
物
が
き
わ
め
数
の
少
い
燈
台
北
海
の
荒
波
を
こ
え
て
航
海
を
し
て
い
る
船
に
と
つ
て
う
れ
し
え か
ま が
し や
た く
。光
は
福
音
の
光
で
あ
よ 正 く ’ に た ’の ス
う し 考 燈 な 。装 の
に い え 台 つ
置 角
は 柱
そ ま ま と て
そ ま し 光
’
即 )
座
の
り の た と そ
に 表
立 扶
。扶 の
助 燈
運 面
ち 助
’協
協 台
転 に
す 会
会 の
が は
べ (
( 大
ま き
て ま
た な
の た
燈 は
は 光
台 教
教 が
の 会
会 を
暗
に’ つ
も
)
よ )
の
つ
う は
ち い
や て
に
、
象 ら
ん い
’か
徴 ぬ
岸 が
し い
と ま
て て
準 せ
を や
い い
か く
備 ん
で む 光
る る
が で
ー
滴
の
油
も
目
に
つ
き
ま
て
清
潔
で
あ
る
こ
と
に
目
の 仕
一 か
つ け
で に
あ よ
り る
ま お
し も
た り
oの
羅謂 黙
島さ離
誓
私 私 会 開
た た の か
な鎗
’
真
理
が
心
を
照
ら
し
た
と
き
に
あ
ら
わ
れ
る
う
れ
し
い
心
持
鷲
は ら
’空
永 を
遠 さ
の し
生 て
活 光
に の
至 道
る を
ま つ
つ く
す つ
ぐ て
な い
せ る
ま ’
い そ
道 の
で く
層あ
る ま
な
と く
考 照
;
★ 組
私 織
は さ
’れ
そ た
の 団
り、
暗
黒
を
て
ら
す
教
育
の
光
大
波
に
も
微
動
を
放
つ
燈
台
の
★ 意
私 味
は を
’つ
清 く
く づ
の
を
見
た
と
き
. し
そ て
れ あ
か り
ら ま
夜 し
体 し
L な
で い
あ よ
る う
と に
考 し
え つ
ま か
し り
た と
。腰
を
す
え
.
. て
. い
る
「
神
の
啓
示
る 重 と ★ つ か よ は つ
将 要 こ 以 て ら す 絶 た
来 で ろ 上 不 で る 望 が
で は で は 可 あ の の ’
あ な あ
’能 る は も と
り く り わ と 。や や つ
ま て ま た 思 そ め を ぜ
あ す ’す く え れ ま 消 ん
な 。大
。 し た で し し あ
た あ 切 あ が こ ’ よ て つ
が 「の な な 今 と そ う し さ
た 男 の た 月 が れ
。ま り
犠 の は が あ
’ ま 新 .つ と
妻 今 た な 今 で 規 た (
こ が 日 に た や 不 ま 。す
の 言 と と が 可 可 き そ ら
イ つ ’ つ た 能 能 直 れ す
エ た こ て に に で し は 命
ス ま れ 過 お な あ で 彼 と
・ う か 去 伝 っ .っ 始 女 で
キ に ら に え た た め が な
リ 「 築 起 し の こ ま 「 く
ス 新 き つ よ で と し 昔 あ
ト 規 た た .
う あ が よ の つ
の ま い こ と る ’ う こ .
さ
ま き と と す ! い L と り
フ 直
は る
や と を と
一
し 思
つ も 大
彼 言 く )
と で て は 切
に つ よ 彼
の 始 い や な
と た く 女
て ★
’そ
大 こ
時 の
計 燈
の 台
の
ぼ
つ
て
ゆ
き
ろ
か
ら
ま
わ
り
◎.
◎
岩
だ
ら
け
の
岬
守 ま の へ
の し 景 行
話 た 色 き
に Qを ’
見 あ
よ
る
わ の
た 大
と
’
す き
た な
こ
め 燈
の
に’ 火
を
ぎ;脇 ε囎
霧 嶽 箋
一 413一
し た
私 い
ら 化
電
ま。 た
た
あ
の
大
き
な
プ
。 ち
あ は
の ぞ
大 の
き 燈
な 台
機 の
て
い
る
全
国
で
も
さ
れ
て
い
な
く
百
五
十
段
の
階
段
を
頂
上
ま
で
見
る
と
同
時
に
そ
の
高
い
と
こ
セ
3
よ と た 仕
う ’は 事
に 新 こ を
す し れ し
る く ら な
こ 働 の か
と き 資 つ
が 始 格 た
で め で こ
き な ’と
る さ ま は
で い た 重
し 。は 要
よ ま ど で
う
o た’ の
役 は
あ
将
神
訪 力 そ
問 し れ
教
’を
師 燈 忘
と 台 れ
し か て
て ら ’
ま く 新
た る し
は 光 く
「 を 始
ホ し め
1 つ な
ム か さ
テ
イ り
と い。
目 り
i ら あ
か
の
役
員
と
し
て
あ
な
た
の
地
位
を
高
め
が を 過 の
前 忘 去 道
に れ に と
’て
’い
教
’規 う
会 新 則 の
の し 正 は
組 く し イ
織 集 く エ
の 会 教 ス
一 に 会 ・
つ 規 の キ
の 則 集 リ
中 正 ま ス
で
り の
ト
指 し
く に
る 導 出 出 福
れ な
て た
ま が
た 過
新 去
し に
く し
始 て
め い
ま た
し こ
よ と
う は
。 も
燈
台 は
や
め ★ か よ
に さ か L
’て う と
こ わ う い
の た と う
二 く も 燈
つ し ’台
の は 光 守
話
’ に の
を あ 気 信
わ な を 条
た た つ を
く が け 思
し た な い
の に
さ 出
話
は い
し
は 重
に げ
L
務
を
つ
く
す
.
燈
台
守
に
く
ら
べ
て
み
ま
し
会 ★ に
( 私 の
ま は っ
た ひ て
は じ い
支 よ る
部 う こ
’に と
地 多 を
方 く 知
部 の る
) 人 光
の 々 で
役 の あ
員
た 心
を る
と
ま た ち て 考
光 ★ い
線 私 な
で は が
あ そ め
り れ で
’が あ
船 「 る
員 さ と
は あ 考
そ
’え
の こ ま
光 こ し
と に た
燈 安
。
台
と 全
が
を あ
辮 若 llll欝 縫 糞 露 lll奪1
つ
3
.
、
℃
す
け べ
て .て
新 に
し つ
く い
始 て
め 同
な じ
れ
将
来
に
て
こ
こ
に
よ
そ
う
と
た
の
ま
れ
よ
う
れ 教
を 師
忘 ・と
れ し
て て
’立
あ 派
な な
召
し
を
さ
て
し
た
こ
の
で
示
そ
う
。位
あ を
な 高
た め
が る
過 よ
去 う
に に
’努
で
あ
り
ま
★
そ
れ
で
は
信
者
で
し 教
て
い
な
か
っ
た
な
ら
師
と
し
て
ま
た
は
何
な
な
ま
★ い せ 中 ★
人 。び に 私
間
ら し た
は
か ま ち
し つ の
て’て
お 宗
教
顕 崖擁 惣 蛤
蕗1
羅
索鰭 皆天膿
発
し そ
い れ
た は
し 過
ま 去
すo忘
を
す
な
わ
ち
そ
の
ま ち は 日
せ か ’こ
ん ち 過 と
か ’去 ば
。自 に と
私
は 分
の お
い 行
い
く
し
た
ち
は
信
者
り
た
と
。
★
デ
ビ
ド
・
0
・
ま く は あ を と 家 質 マ
を 庭
ッ
.た
次 外
と 日’ る
o私
た 忘
の 的
の ケ
の
と
き
ま
で
防
虫
剤
で
く
る
ん
で
お
く
も
の
で
も
な
う 曜
で 日
も だ
な け
け 体
れ に
ば ま
’と
国 つ
民 て
が あ
あ と
る の
時 六
に 日
だ は
け た
人 ん
に す
見 の
嚢蜜 l
l舞 籠 享篇
て
さ か す い ま い ば
い っ 。ま せ と を
。た も す ん 思 さ
も な し 。 。い し
し ら あ そ 過 ま あ
あ
’な し 去 す げ
な ぞ た て を 。る
た れ が そ 忘 あ た
一
を
無
視
し
が
ち
で
物
の
つ
く
り
主
L
が
大
切
で
あ
る
こ
ち
は
自
分
の
心
と
ち
の
生
活
の
.
中
れ
が
ち
で
あ
る
中 成
に 功
r や
万 快
物 楽
の を
心
に
す
る
ご
と
が
大
切
で
あ
る
こ
と
。つ 得 の
ま く た よ
た り い う
私 主 と に
た 』 毎 お
ち が 日 つ
は お 思 し
社 い う や
交 で と つ
の に き て
中 な に い
で る ’ま
「 こ 私 す
万 と た 。
414 一
「
私
た
ち
が
物
イ
大
管
長
は
次
責
守
何
ご
と
が
身
に
ふ
り
i 私
は
「
光
に
気
を
つ
け
任
を
負
つ
て
そ
の
義
る
人
で
あ
る
扶
助
協
。 自
々
は
新
し
く
始
め
る
こ
と
行
く
人
々
は
幸
福
で
あ
り
う
に
感
激
を
お
ぼ
え
ま
す
多
く
の
幸
福
な
会
員
た
ち
神 る 今 さ
殿 準
’い
へ 備 各 。
行 を 々 今
く し の
’
準
’義 全
備 扶 務 伝
を 助 を 道
し
’協
会 ㌧忠
実 部
を
が ま 。の
で す 燈 か
き 。台 が
ま い は や
す ま 道 く
。 ま を 目
で 示 と
そ し 顔
の て と
光 い を
に ま 見
従 す て
っ 。わ
て そ た
い の く
な 光 し
か に は
つ 従 ひ
た つ じ
人 て よ
教 の に 通
師 プ 行 じ
と ロ な て
し グ い 大
て ラ ’き
忠 ム 教 な
実 や 会 驚
に 神 堂 く
は 権 を べ
た の た き
ら プ て こ
い ロ ’ と
て グ 新 が
い ラ し 起
る ム い つ
ひ を 組 て
じ 実 織 い
よ’
行 を ま
う し つ す
に
’ く 。
分
が
今
正
し
い
航
路
つ
て
合
図
を
し
て
い
る
’
彰 ’・
覇
.
鶏
’
1
塾 露
.
象
.
」
≒
・
謙
り 察 し 働 ず
ま
’た ら エ
せ エ 。 き マ
ん マ し ま は
で は か し そ
し ど し た の
た。 ん
な 体
肉 の た
で め
私 に は
’に
は つ 疲 と 自
こ ら 労 う 分
の い の と の
人 状 極 う 身
の 態 に 働 を
よ に 在 ら い
う 在 つ き た
に つ て す わ
何 て も ぎ る
る
ま
な
い
勇
気
と
熱
も
け
つ
し
て
精
神
に
神
は
す
こ
し
も
衰
え
な り 姉
こ か 妹
と か た
で り ち
は ま は
あ し こ
り た の
ま 。伝
せ そ 道
ん の の
で 衣 た
し 服 め
た の に
。大 特
工 部 に
マ 分 任
は は 命
当 原 を
た
(
教
義
と
聖
約
第
三
十
二
章
を
参
照
%
γ
一
カ バ て
ウ 1荷
ド レ 物
リ 1 を
た ・ と
ち P り
は ・ よ
’プ せ
行 ラ ウ
く ツ オ
行 ト 1
く ’タ
教 ザ 1
え イ ル
を バ 1
説
き ピ
・ お
に
な
1 ち
チ
工
ス
タ
i
な
ど
で
福
音
を
宣
ベ
伝
え
て
居
が ま
’ し 前
そ た の
れ
。章
か ジ で
ら ヨ述
ひ セ ベ
き フ ま
つ は し
ず こ た
き こ よ
マ で う
セ 福 に
ド 音
’
ン を ジ
’伝 ヨ
コ え セ
り 1 る フ
気 と 病
の を 弱
発 せ で
作 ず あ
を に り
招
’ま
き’ 手
し
あ た
く
り
出
.
さ
な
け
れ
ば
た
ち
に
必
要
な
衣
服
受
け
る
.
や
啓
や
工
】
リ
州
に
伝
道
を
せ
’た ’ル 始
ピ 。 と ’め
i そ う ウ て
タ れ と オ し
1 か う 】 ば
ホ
・ ま
ら 人
を タ
1 ら
く
イ も ペ ル の
マ
ン
チ
エ
ス
タ
i
を
せ
ッ な
あ 去
ん 心
と 衰
え て
い そ
れ た
り が’ な
ら を
こ マ
・ よ
と ト
く ン
シ i
、い
つ
。忍 を ま が 次 そ な し ス い マ 神 ル パ だ て
エ 耐 見 せ 四 第 れ か ら ミ う [ の ベ ル つ マ
マ と せ ん 週 に に つ え ス 命
’啓 ニ マ ず セ
は を た で 間 力 も た る ほ を オ 示 ヤ ィ け ド
鰐 詐 妻毫縫 麹 裂 鞭 弊 碁
や
年
あ
実
ま
.
ザ
難 懇 .
,
.
鞭 写 董燥 禁超 欝 書叡 讐皇
会麗 籍溝三勉 突変}究 彪 藻
見
た
こ
と
が
あ
り
ま
織毒医
鍛 翻 議孟 嘉轟
ヨら
の
疲
れ
と
困
難
に
た
え
て
壌
翰
鳩 磯 ご.
讐
毎
年
あ
ら
ゆ
る
種
類
’
羅 ..
.
て
ら
易
と
の
し
・ て
し
一 415一
ン
た
き
.
。
》
魁
・
母
親
型レ
ン
イ
第
十
七
章
力
1
ト
ラ
ン
ド
へ
移
る
最
後
の
西
部
伝
道
「
ジ
ヨ
セ
ブ
●
ス
ミ
ス
ジ
ヨ
セ
フ
●
ス
ミ
ス
の
生
涯
セ
マ
ツ
ク
そ
ミ
ス
の
語
る
〇
初
代
)
十
)
セ
,
3
3
人 衆 二 を
た の 1 す ご
ち 間 ・ る の
縁彫
の リ 長 ヨ 管 前 の り プ 伝
よ へ に セ 理 に 会 す テ 道
う 行 し フ す ジ 員 ぎ ス の
毒隻 篇荏む蟻 誌
ほ 命 ト し 言 】
ど を マ て い ト
こ 果 i カ ま ラ
し す が 1 し ン
ま た 着 ト た ド
し め 任 ラ Qに
た に す ン そ 組
。出 る ド れ 織
か と 支 に し
け
’部 応 た
’ ミ の じ 支
以 ズ 支 て 部
前 i部 ジ を
プ
い 「
テ 註 こ つ ジ
ス 。れ な ヨ
マ エ に り セ
を ド よ と フ
の 「 ジ ら
と パ
ヨい
こ [ セ つ
ろ ト フ で
は り が も
仕
事 パ
を 1
し ト
て り
.
1
ト
リ
ツ
ジ
た 施 出 示
が こ か で
’ し け 指
そ ま ’名
こ し 機 さ
で た 会 れ
し oの た
ば こ あ 兄
ら の る 弟
く 人 ご た
福 た と ち
音 ち に は
』ぞ喜
こ 説
れ 教
と を
同 終
時 る
に と
パ 考
1 え
ト を
リ 述
ツ べ
ジ た
氏 い
れ と
を つ 十
調 ∫ 二
整 読 月
す み の
つ
支
部
を
一
つ
組
織
し
ま
、
し
カ た
手2詰奮観
よ 月 よ て ど れ マ
う 一 う は め は は
に 日 に な ひ 大 迫
。に 。 ら ど て 害
応 万 ぬ い い の
じ が か も の 嵐
て 一 も の 女 に
”
知 で で 吹
工 そ れ し あ か
マ の ま た っ れ
の よ せ
Q た 人
時 う.ん そ ら 間
。を は 行
’
に な 。れ ひ と
ー 宣 旅 く 出
ぞ 事 ど で と 悪
行 べ の 行 .
発
う が う も た .
魔
は 伝 途 く の
で あ そ 多 ま ら
カ え 中 福 用
あ り 、 く り の
} た 力 音 意
つ ま そ の も 怒
ト 末 1 を が
た し の 人 な り
ラ ’ ト 宣 で
通 た よ は く に
ン ニ ラ ベ き
り な う ま う う
ド ・ ン 伝 る
お ら な だ ち ぢ
を 三 ド え や
め ’こ 同 倒 叩
去 十 を て 否
ぐ そ と じ さ か
る 名 通 バ や
み の の 目 れ れ
ジ
ヨ
セ
フ
は
私
た
ち
の
家
で
集
り
フ
に
一
通
の
手
紙
を
書
き
芒萎蜷
音
を
宣
べ
伝
え
バ
プ
テ
ス
マ
を
フ
が
説
教
を
し
て
い
る
間
に
シ
ド
た ヨ老
。 ン を
そ ・ 一
し .
ホ 人
て イ お
ジ ッ く
ヨ ト っ
ン マ て
・ 1 ほ
ホ を し
イ 派 い
ツ 遣 と
が 人 あ に て ま ま み り
あ た り あ し し し な ぬ
り ち ま わ ま た た 知 い
な を ド に 千
話 と ン し 八
す り と ま 百
機 ま エ し 三
会
し ド た 十
を た。 ワ
与
i. o 年
.そ )
え ジ ド し の
ま ヨ ・ て 十
し セ パ ジ ニ
た フ 1 ヨ月
oは ト セ ’
リ
ツ
ジ
が
部
屋
に
入
つ
て
き
て
会
命
を
受
け
た
一
行
は
彼
ら
の
使
さ
き
の
証
し
を
信
実
な
こ
と
に
に
ぎ
せ
い
に
ご
と
を
あ
ら
上
を
歩
い
て
は
何
ら
非
難
家
の
人
々
は
い て
る い
か ま
ら す
で
。
す 私
o.
は
エ エ
マ マ
は が
波 耐
風 え
さ な
わ け
ぐ れ_
大 ば
海 な
の ら
上 な
に か
な つ
げ た
出 こ
さ と
れ を
で い
’と
あ い
な う
た 考
が
立
ち
上
り
鑓 筍婁謹 ㍑ 操 鷺 電’
馨 警 鰺 ξ嚢 藻
に
助
け
て
も
ら
い
た
い
と
書
い
て
あ
り
ま
し
た。
カ
1
ト
ラ
ン
ド
支
部
で
問
題
が
起
き
て
い
る
の
ジ
ヨ
セ
フ
が
ジ
ヨ
ン
・
ホ
イ
ツ
ト
マ
1
か
ら
手
紙
ジ で を
ヨ ’受
.セ そ け
な ・が
り 出
た 立
く す
さ る
ん 前
の に
服
’
を 私
も の
っ 夫
て は
家 監
へ 獄
戻 の
つ 庭
て で
き お
ま
け
し を
た 作
。 る
・
. パ
1
ト
リ
ツ
ジ
は
千
八
ρ
i
ト
リ
ツ
ジ
氏
は
翌
日
バ
ス
マ
を
受
け
る
用
意
が
で
ー
番
よ
い
と
思
う
通
り
に
耳 ;ミc
議
一
し
ま
ε
日
に
バ
た し
Q
。 た 私
。 は
明
日
バ
プ
テ
ス
マ
を
受
け
ら
れ
よ
」
弟
’
あ
な
た
は
今
大
そ
う
疲
れ
て
お
≧ ら
言 れ
い る
ま か
す ら
と ’
’今
パ 日
.
一 4 16.一
用
意
が
で
き
て
い
る
L
も 疑
し が
ジ う
ヨベ
セ き
フ 点
兄 の
弟 な
が い
の い ’点
を .
る そ は
見 の れ な
’を は か
あ 見 き っ
な た ち た
た 。ん と
方 そ と 言
の し 耕 つ
セ
フ
が
モ
ル
モ
ン
経
に
格 ン あ
に 」チ な
つ エ た
い ス 方
て タ が
隣 】 宣
り ヘ ベ
の 行 伝
家 つ え
と バ
言 プ
い テ
ま ス
し マ
た。 を
授
こ 信
と じ
を て
聞 い
い る
た.
。宗
教
て
あ
な
た
方
が
そ
や
さ
れ
て
居
り
耕
た つ の た
oい 人 が
そ て た あ
こ わ ち な
で れ に で
あ
た 方
な わ
れ ず
が
た
教
え
に
つ
い
て
こ
れ
を
聞
い
て
私
は
あ
な
た
方
の
信
仰
の
た
め
作
者
の
勤
勉
な
た
方
の
農
場
の
も
つ
と
知
り
た
け
て
く
れ
る
な
以
外
に
何
ら
真
を
だ
ま
す
ま
で
ね 居
た な
。か
隣 っ
り た
の の
.
然
自
あ
る
に 奇
力 妙
を な
出
し 力
に
し
た
が
’
ぞ
の
中
つ
せ
く ジ ま
つ ヨ し
て セ
た
い フ
。
る は
の
カ
所
の
一
つ
一
つ
で
( ン
マ
・
[ ス
テ タ
ン
ッ
・ ダ1
ハ
あ
る
私
た
ち
の
家
た 大
り そ
の
数
を
知
一
行
は
数
人
リ ト
ス .の
の 家
兄 説
弟
で
で
福
音
の
説
の
者
に
バ
)
の
家
で
や
旅
立
と
う
教 教 と
を を す
し し る
’ ま と
マ
を
に
を
施
こ
し
教
会
に
加
入
さ
し プ
ま レ
し ザ
た i
。ヴ
こ ド
れ ・
ら ハ
の リ
場 ス
す
る
状
態
が
彼
ら
の
間
に
.一
あ
ら
う 人
ま は
ど 或
わ る
さ ひ
れ じ
’ よ
顔 う
を に
奇 誤
妙
に ま
っ
わ ゆ た
れ が 考
て め え
い た を
ま り 受
し ’け
た 突 入
。然 れ
そ 不
り ラ
ま ン
し ド
た へ
。着
こ い
の て
会 見
員 る
た と
ち 百
は 人
一 近
般 く
に の
善 会
良 員
な が
兄 支
弟 部
同
こ
と
こ
と
く
喜
ん
だ
一
月
の
下
旬
註
。
ジ
ヨ
セ
フ
1 ッ
ト ジ
ラ
’
ン エ
ド ズ
ヘ
ラ
む
・
1
ジ ト
・ ラ
セ ン
フ ド
と .へ
工
同
に
ウ
オ
1
タ
1
ル
1
を
と
エ
マ
は
’
オ
ハ
イ
オ
か
つ
た
の
は
そ
れ
か
ら
テ
i
ル
’
ニ
ユ
l
エ
ル
マ
が、
い
ト
シ
ド
ニ
i
・
リ
る れ
ま
’
で 一
待 方
っ 私
て’ 二
と
じ ウ
く オ
移
1
っ タ
て
i
ゆ ル
く 1
は の
ず 支
最
も
都
合
の
よ
い
せ
よ
と
い
う
命
令
引
き
受
け
さ
せ
直
ド
へ
行
け’
ブ
は
主
に
お
ま
た
た
ず
人 受
の け
息 ま
子
し
( た
ウ
。
イ サ
リ ム
ヤ エ
所 を
で 受
ハ け
イ ま
ラ し
ム た
に
。
会 そ
い
し
ち
に
そ
こ
(
コ
】
レ
ス
ジ
ヨ
セ
フ
が
今
管
理
し
ね
し
て
’
家
族
と
財
産
よ れ
う は
に て
按 て
手 一
を
し 言
も
よ
う
と
し
ま
し
た
そ
行
。 す
’ ま
こ
ル
じ
つ
夫
)
教
さ
地
方
ヘ
伝
道
に
つ
か
わ
さ
れ
て
カ
】
ト
ラ
ン
ド
へ
行
も
ま
た
同
じ
啓
示
の
中
で
へ
行
く
よ
う
こ
と
づ
て
を
会
の
支
部
を
ハ
イ
ラ
ム
に
え
た
だ
ち
に
カ
1
ト
ラ
ン
,
し は
て セ
旅 ネ
の 力
途 河
申 の
カ ほ
ル と
ヴ り
ィに
る 一 等
た と の
め で 人
千
八
百
三
十
一
年
工 し っ ロ
ド た て ス
ワ 。い )
る と
し 々
1
た と ド
人 は
々 次
。 一
・
し パ
を の
つ 春
よ 」
に
ト
れ の
カ 来
カ リ
み 置
た。ひ
き
じ上
っ弟
の は
不 は
英 る
な も
っ な
ま き こ
よて う 似 知 ら て い
し ま の
た す と
う 話 ち 合 に ば い 不
に を の な 満 ’る 思
。と き
驚 し一 様 ち そ 。議
次
’ジ
に ご
ヨ
ろ よ 人 子 充 の し な
れ で は ま 口 が を ジ の セ
く う を を ち 人 か 言
べ と 名 見 て は し 葉
で な ’す に 家 名 ヨ 男 フ
兄 や 同 と 出 の ざ セ は の
き し ざ せ ’あ ご を
弟 ん じ ’す 中 し フ 全 依
様 ま し な た ふ れ 出
た で よ 前 こ へ て が く頼
子 し て い と れ に す
で た 話 ’え る 反 な
ち い う の と ( 話 ’疲 に
そ が を と 興 ば し ら
は た な 例 が 投 を 開 れ よ
の ’さ 言 奮 か て ば
啓 こ 二 と で げ さ け は つ
顔 す せ い を り ”
示 と 三 同 き ら せ 放 て て
と は の じ.ま れ ま し た ハ
と ぐ ま ま し の あ た
聖 あ 例 こ せ る し た 状 イ
両 に し し て 温 る し
霊 や と と ん よ た 窓 態 ラ
手 あ た た も 情 人 か
と る と 。 ’で が に
の ま 相 が で う と に で ム
賜 り㌦ま 起 し に ご 外 椅 が
指 種 こ そ す 語 神 そ
と の ろ れ こ る の の
に で っ り た ) う か 子 両
よ あ て ’
ま 。倒 .
.
’ら に 手
を け ’か し の み 人
っ っ ’し そ れ こ よ ど を
ひ い こ ら も で た は
て た そ た こ こ の り つ こ
き れ の ジ お ’ま 悪
つ ん 兄 ヨか そ に 魔
人 こ の oで み 男 か か の
ら を 弟 セ し の よ の
の と 支
前 ’も か り 男
せ 起 は フ な 人 っ 霊
子 を 部
の 全 話 つ倒 の
ら 確 の
男 く を て れ 上
ま し 立 は ま の て 気
を 信 会
の 疲 し立 こ に
し ’ち 兄 た 心 語 を
こ
れ
ら
の
事
実
け
と
い
う
命
令
を
’
義 黙 登妾鑓 屈 羅 1総 郵 騒
て で を
の 今 さ 員
で 一 せ た
あ 度 ま ち
り か し が
ま た た そ
すo け
じ そQれ
ま
な
く
も
導
き
た
も
う
神
の
慈
悲
を
ー
1
ト
こ
の
一
行
は
今
っ
て
い
た
別
の
男
一
417 一
ん
り も
ち セ
し
で つ
し が
フ て
い か も い は 彼
る れ あ を カ ら
よ て る 示 1 は
う そ 人 す ト こ
に の が た ラ れ
見 顔 集 め ン が
せ や 会 に ド 神
る 手 で 教 に の
な 足 話 会 着 力
ら を を 員 く の
ば 烈 す を と あ
’ し る 呼 す ら
ま く.た び ぐ わ
た 不 め 集 に れ
も 自 に め
’で
し 然 立 ま 神 あ
も な ち し の る
あ 様 上 た み と
る 子 り’ そ。 ま
た 思
人 で
つ
が ひ あ し と て
聴 き る て 悪 い
衆 つ 種 ジ 魔 ま
に ら の ヨ の し
理 せ 発 セ 霊 た
解
’作 フ 気
。
の 苦 に は と ジ
で し と ’の ヨ
セ
ム
封〉
書
謙
並
月
〉 謹
噌
畷
“
81ラ ー
賦
謎
M
l ll彗
P
命
一
呈
譲
譲
D
①
1
u
o
N
o
o
郷
o
サ
醤
皆
奪
ε
「あ な た
の M IA」
の お 知 らせ
魁
ル さ員 合 各
種
8
ず iれ で う 地 シ ダ 混
鋭 ト月
る ル る あ ご方 ン ブ
目選 】7
)
。る と 部 グ ル
手 ナ 日
3
セ
ツ
ト
11
点
制
菌
際
ル
1
ル
に
準
こ に か ル ス合
と な ら
。り の 一 一 一
優 ま選 地 地 地
勝 す 出 方 方 方
者 Qチ 部 部 部
に 出 】当 当 当
は 場 ム り り り
賞 資 ’男 男 一
状’は
格 選
手 女”女 チ
1
賞
品 M が
1覇
が A を
授 の 競
与 会 い
各 各 ム
一 一
チ チ
i [
ム ム
を
8
つ度
は 面
月
て い
か 臼 開 6 あ 進 と
りい 会 日 な め思
の こM
謝 も励 一
ん
御 と 1さ致 元 み 杯 若 !全
:
支 を A て し気 の に 葉 こ 国
援 感 の ’て に ご 教 に ん ’
邦 釜手磯 翻 磯 認 齢 ぢ畢誘 難 隻
i ト ) Qム び 午 M き す く す 大
ム( 午
を 歓 後 1 た 。希 と 会
に 各 後
通 迎 6 A い 左 望 共 を
よ地 4
し
会時
と記 しに 東
、
る方 時
半 プ考 の ” 京
対 部 ∼
∼ ロ え プ 素 兄 地
呈
含 9
グ て ロ 晴 弟 区
抗 か 8
試 ら時
時 ラ お グ し ’で
ム り ラ い 姉 開
合
) 抜
選 体
§ 衷 まム大妹催
さ育
示
す 内 会 ’出
器 支
れ 館
西
。容 に お 来
に 致 友 ま
た卓
誤
精 球
部
従 し達 す
た ま を存 お る は部
の す 送 じ 仕 新 。の
M 。ら ま 事 緑
兄
しす に の
1
弟、
て
。社
候
A
.
頂 私 会 と
の
姉娃
表
け 共 の な
る
’た
り
題
こM め ’ お
の
と 1に 皆
友
下
を A 日様
達
に
の
神 の 々 も
此
に役 を元
夏
皆
感 員 お 気
さ
も
種
役
ス 8
編 }よは 支 各
課
員 出 一
自
提 ピ月 い成 ム る他 部 地 自
に
選
支
単
方
由
チ
ン
題
目
と し 地 10由 解 「 出 [ 8 。
一 は 抜 部 位 部 曲 1ビ 曲
モ 池 午
の て 方 分 課 しあ 課 チ 日
チ 賞 精 とで 当
ム ア
ン袋 後
B ブ
の 東 6
i状 鋭 の す り フ
ム ’チ 混 。一 オ
K ル
人 け は 神 テ 午
部 部 料
蹟
泉
口
時
会
い
り
’賞
1成
若
種
}
)
) 半
。各
76 1
々 容 どの ス前
レ パ
テ
の れ の 律 ト 8
4品 ム で し目 ク
兄姉
東北
∼部 午
コ シ
9
i
上 ’よ 法
時
カ が を も一 一 ダ
弟妹
中海
後
マ
ツ授 出 結 支 チ ン
1 フ
!
に 実 う と
∼
央道
時
11
ド ィ
フ。与 し 構 部 1 ス
地地 ’
時
に
強 践 に 学
) ツ
ル さ て で で ム
∼.
. 就
く し し問
時
方部
部
方
豊
島
ー
ク
3
て
以 れ 下 す 編 で 各
訴 た て L
半
えか 神 ま
上 ま さ 。成 す 6
地 ワ
公
時
に す い 支 不 が 分
方 ル
会
名 .る L の た
衷
の
霊
律 は
県
し 。 。部 可 ’間
部
当 ツ
堂
墓
て
優 対 能 編
(
県
弁
的 20法 ’ 西
り.
コ
土
な 分 を
支
下
勝 抗 の 成
菌 西
ー
口
さ
チ に 時 は
電
支
を
話 間理
部
宿
東 東 泊奇 モ
ル
京 京場
婁螺
演
劇
難選 髄 鍍 鞠 ε
一
419 一一
フ
オ
i
ク
ダ亥
コ
≧
ア
ス
ト
態
T he Story.一
A
I)og to.P u11 Their H andcart
9
.
O n
June 6
, 1860,.
H 8πη
N 8うη 鋭 α,.w i
th
O nl
y
o鋸
six
丁 勿 ψ 65’ an d
his
tw o
sons
l
eft π or6ηど8,
a com pan y o f ov信r tw o hμ ndred people to
of these peoble
η to pull th骨m .
w ere
H enry
for伽 ηαte
enough
tQ
.gQ
have
t6
p t
ah.
w ag6hs w ith
an d the boys w ere than k ful to have one of
th e 43 ,ha η4 α zrts i
ll t
h e com pany。 A l
l the food, d i
shes, clothing an d bed−
di
ng for all three of them
w as i
n
k new .
they w oul4 h ave to
w al
k
thei
r
and
tτσo 一τ肋
pull the
6θZed
han d
cart over
cart.
T hey
t㍑ fls, .
up
hi
lls
and ’d ow n ,
hun dreds of m 量
les to U tah .
T hey had Hot gone very far w hen
th at C ψ ’αin
w ent b ack
captai
n
H enry l
)ecam e il
l. H e .
w as so s1ck
t
h ought i
t w ould be best if H enry
to N ebraska. H ow
to Iet h i
m
com pany
not get better. M ore t
h an
anyt
hi
ng
be able to
p%μ
stay ’w i
th
dis@ ρ oゴ
nted
th e
w Qu l
d
to
R o腕 πson
配 5 64π
an d go
H εn ry
one
and
his
son s
w as ! H e b¢g:
g6d
m ore
else in
day
to
see
the
if he
the w orld, he w a五ted
on w ith th e o t
h ers.
9
ε
T hat night H en fy p rayed and
asked
ワ tah . T h e n ext m ornihg he w as m u ch
to
help Ja駕 6s .
and
W
hen
Jo加
w ith
i
t w as tim e
to
things out of thei
r carts.
t
h e .L ord
to
hel
p
him
get to
better. H e travel
ed al
ong
trying
c碑
the cart,
p
E ach
t
h at even i
ng, th e
person had
w ork
Pi
oπ 6ers, took
to
do.
Th(
そ
γ
thei
r
∫如 π ed
ガ プ6s and cook ed som et
hi
ng to eat. T hey m ade t
h ei
r beds on th e groupd
so th ey could
rest an d
be
ready
to
go
on
again.
T h e b oys
w orked ;
H enry エested,
の
『
A
1
且rge grの 乃o観
4
ゐ
another u nti
l it cam e to
A ft
er i
t sn伽
d
8
ca卑 e i
n to cam p. lt ran .from
.a
round, i
t l
ay
d ow n
T h eア .tal
k ed
and
boys w ere
deZ匁 玩 ed .
allow ed in
t
h e com pany. F ood w as t60
did 且 ot eαm
to Iook
to
seem ed
i
t and
to
be
petted
scαπ θ
to
at hom e.
i
t. N o
g呈ve
to
to
m ade.
T h6
p ets w ere
anim als that
it by w ork i
ng .
H enry had an idea, and
gan
one group
the I
ittl
e ・
cam p H ehry and h i
s boys h ad
i
t pr6ved to b e a w on derful idea !
aroun d to 丘 nd r(
4)
8s and
str砂
a haプη6ss. T h e dog .did not m ind w h en
an d hi6‘乃θd him
to
th e
handcart,
H e
befbre,
一
426一
s.
B e{ore long
H e 1
)e.
he had m ade
H enry put th e h arness on
acted
as if he
h ad
p翼11
ed
him .
cart島
T he next day th6 dog hel
ped pul
l the cart. N oW
the l
arge grey.
hound zθα5 ‘oπ5ゴ
漉 プθ4 α.乃6な)6r,not a peち so h6 .τ
θα3 αZZoτσθ4 ≠o ∫如ヒ
ソ.
H enry T em pes㌻ and his boys, 読 窃 漉 4 彦舵 〃 ノbo4 from
dog. H ow
t耳e cartw it無 the
夢.
t
hey loved the big greyhound !
D ay after.day, ・
宙 heth er the sul
l w as h ot or w h,t
h er the w ind blew ,
.明
the dog h el
ped.
.
In
fact, he pul
led .
th e h and cart.
m ost of the
dreds.of m il
es across
the
p読
η5.
H enry
w as bl
essed 曽 i
th
w ay, hun .
stren gth to
噸
w alk
along w i
th
his b oys.
A fter nearl
y
thプ68
.
1
駕 o沈 ゐ s of w alk圭
ng
and . pul
ling
th e
cart, they
駈
ar1
加 ed in S alt L ake C ity.
w here they
A
f6w
could 5彦
απ .∫6 伽
days after they
H ow
happy
f
J4
α ゐ o解 θ ∫
arrived, the
th ey
w ere.to
,
bi
g
get to
.
the
pl
ace
・
greyho血n d
d護5砂
ρθαπ ∼
d
and
ロ
W aS neVe「 Seen
agaln・
T old to Lorna C..A lder by M rs. H enry B odel
l of H erri
m an,
Ut
ah, granddaughter of H enry T em pest. 且 5 プ8ω プ漉 4 勿
H 6ππy
T 6解 ρ65〆∫ブ0%rπα乙
讐
1 st W eek =
1. Introductions.
S tudent
conversati
on
as :
such
i
n trodu ces
n ei
gh bor量ng
Person
M y nei
ghb or’s n am e is
H e
H i
s
H e
(l
eft)
usi
ng
o
(she) 1量ves in
o
(her) h obby is
.
(sレe) is a
‘
. (stqdent, w ork i
n g Person, etc.
.
)
(L et students.use ab out 2 m i
n ut
es to get acqu ai
n ted before introduci
n g.
)
1
2. R ead w h ole story
i
n
E ngli
sh
an d Japan ese.
T alk about di
f丑cult or cat
ch y w ords or ph rases and discuss de行n i
ti
on s
i■
E ngli
sh
an d Japan e臼e、
H ave .som eone try u si
ng
the
w ord
in
a
sentence.
H ave class repeat.
after t
each er Ii
n e by line of th e 丘rst secti
on of story.
3. Sh ow .and explai
n route of piongers on U 、S .m ap. Illustrate by picture串
.or draw i
ng s han dcarts, covered w agons and com panies.
D iscuss }easons the
功 θ M
pl
oneers had
or彿 oπ52 in 耳 ngli
sh and
for
going
to
U tah6 (U se W 「
加
Japane6e ; church
’ げ
m agazines, .
etc.
)
4. L isteni
ng:
W
セ.
i
th out use of b ooks choosi
ng any w ords 丘 om
一 425 一
the story h ave teacher
spell the w ord and student and or students pron 6unce ; then teacher pro.
noun ces
.
9
w ord
and
students spel
l; have
a students
spell; stu dent spell, teacer pronounce.
.
pron ounce, teacher
’』 .
,
C onson an t sounds :
1. p −
voiceless.
・ 2
.b −
voiced、
L isten and
from
1−
pen, pi
ece, pl
ay, speak, I
am p , sha士p , picture.
be, b oy, blue, bl
ack, B ett
y , bedroom , b l
ackboard.
repeat af
ter teacher.
10.
曽 ri
te # ①
if 虻
更p” w ord , # ②
the di
fF
erence i
n
2nd W
C l
ose books, st
u dents n um ber pap er
T eacher p ron ounces.
.
ten
p
an d
b
w ords an d
if く
くb” .
w ∩rd to ch e6k h ow
stu dents
w ell they hgar
these sounds。
eek :
1. R ead
second
section of story in E ngli
sh and
T alk about w grd
H ave
and
phrase m ean i
ngs both
w h ole. cl
ass repeat aft
er
t
eacher
l
ine
Japanese.
i
n
by
E n gl
ish
li
ne
and Japanese..
of
t
hi
s
section.
D i
vide class in several groups and have each .
group reci
te the sect
ion
of the story.
9
2. C ardi
nal num bers. .
A . say cardi
nal num bers from
1−
10, then
lo−
1.
B . P ractice reading these num bers rapi
dly :
3, 7, 1, 5, 9, 2, 4, 10, 6, 8, 5, 3, 9, 1, 7, 98, 31, 42, 80, 91, 18, 14,
19, 13, 15.
3. C on sonant 30un ds: (repeat sam e.t
ype exerci
se as last w eek).
1. th O voiceless:
2. th
δ voi
ced :
thank, three, third, bath, m onth
, sixth。
the, they, th i
s, that; there, m other, brother, father.
4. C onversation :
O ne st
u dent asks .
a .
quest
ion, next student an sw ers.
嚇
S econ d student ask s next person
Ω uesti
orls such
1. W
、
.
.
.
et
c
.
as :
h at day is itP
零. H ow
do you
spell your nam eP
3. W
here are the keysP
4. W
h at ki
nd .
of.
w eather.is i
t?
A n sw er should be a com pl
ete sen tence.
5。 F or added
cu ssed
sung
i
n
>ariety th e’h ym n
(lnstructor Jul
y
E n gl
ish
く
℃ om e, C om e Y e .S
aints”
1961, .
W :加オ げ
an d Japan ese、
,
一
424 一
漉 6
could
be
M o初 zoη∫ 2 C h . 13)
di
s.
an d
」
r
3 rd W
eek :
1.
.
.D iscuss
and
practic.
e
reading
thi
rd
.
section
of stor夕
as
previ
ousl
y
outlined..
.H ave
信琴ch
studen t practi
ce
studen t
− pai
rさd o鉦
to
read
i
t ih
reading
the
secti
on
to
the
e
neighbori
ng
in tw os th6y shou l
d.each be abl
e to h ave a chan ce
緑bout 5 m inu t
es or .
so。
T ell them
tQ
pelp
each
other
●
w ith pronoun ci
at量
ng
w ords etc.
H ave one or tw o read aloud
W
.
、
for the cl
ass.
i
th b ook s closed di
ctate several sentences from
pass to next p erson
2. T el
l of experiences of pets bei
ng
espec呈all
y
story. W
hen 丘nished
an d have seral read.
useful etc .㌦.
any Japanese T al
es.(c耳 母ck
V区6 」妙
・
αη65の
$. H ave sli
p s of paper passed out at b6gi
n hi
ng of class. H ave such .
t
hi
ngs
as: describe the dog
i
n
the stor夕, w ha止 king.of peopl
e does the story
tell abou t, etc. H ave studen t
s stand .a耳d
4. T i
m e:
W
D raw
clock
on
talk
about the subi
ect.
b oard.
hat ti
m e is itP
・… ○
・…
1士’
s nihe o’
clock,
O
I
一
・
・
㌫
It,
s 丘ve m i
n ut
es aft
er .
nine.
H ave som eone.draw
certain
tim e ; tea¢h er draw s clock
answ ers. O he studen t asks next i
n linピ
W
an d .stu dent
hat ti
m e is it?”, he an sw ers
as rapidl
y as possible an d ask s the next person. (w ith6ut usi
n g on
the
h our ti
m e).
1.
2 :30
2.
1 :01
5.
8 :17
6.
3 :24
3. 10 :55
7.
9 :40
4.
8. 12 :30
9.
6 :15
10.
21=57
11.
8 :32
ロ
4 th
.
,
4 :45
一.
12.. 7 :10
W eek :
1. R ead and discuss rem aining part of story.
S tudents sh oul
d
be
prepared
to
r6ad
F or m Qre advanced pu pi
ls have them
2. D i
scu ss 亀bout pi
opeers; have
from
P既 α ’ げ
of it in
渉ゐ診 M
E ngl
ish .
s近ory
n ueetly
w ith
expression.
tell (not read) story in E ngl量
sh.
som eone
read
and
study
befbre
h and
orπ oπ∫ C h. 13 an d be prepared to tell som e part
H ave
som eon e
tel
l in
E ngl
ish− transl
atil
lg for eact oth er.
一
423 一
Japanese
and
som eone
i
a
セ 』
3. D iscus6:
.
,
here did th i
s story com e from
B. W
hy
C. W
hat is a journalP
do you
4. F oll
ow ing
beli
eve the story
an d do
1. A I
I b oys stahd
3. L ook
6. T o
to
voi
ced :
practi
ce
foll
ow ing
day
I lqoked to
w orm
,
as teac}}er gives di
recti
ons, e.
9 .:
school rai
se right h an d.
yes, w hat’
s, it,
s, talks
, w alks, asks, Iesson, listen .
these, those, K eys, reads, T ueSday in
li
sten i
ng .and
story and
ri
gh t, look
O ne
・.
the l
eft.
v oiceless :
2. z =
.
up.
2. G i
rl
s w ho atten d H i
gh
5. 1. s =
P
i
s true P
di
recti
on s:
S tudents 車
isten
,
,
A ..W
w hen
to
zψ
lst w eek.
)
M .1.A . ・
read
fai
rl
y .fast the
the studen ts hear left
, have them
ri
ght ; u p and
I opened
i
p trodu ce
look left;
dow n etc :
..
m y
w ind ow
the 1
θft an d to the 痩 g 肱
and. looked
1 100ked ゐ
πp
i
n to
the
τσn and saw
sk y.
a long
:
憩
W hat w as the m essage.the w orm
A ttention
tol
4?
]
M i
88ion aries =
U se y ou r im agi
n ation to introduce M .1.A , U se i
deas from
eti箪g β tories, etc. to g i
ve new
to
t
d l a story describi
ng
street 皿 e.
tw i
st t6 M .1.A 。 i
ntroducti
bn. U se pictures
M .1..
A . activiti
es.
F or exam pl
e : tell ab out a
鴨
girl w ho w as sad b ecause she w asn ’
t co卑 plete
she ・
foun d a place to
she becam e happy. w here did sh e 丘nd
cOU「
se’●’
(draw
just a
head)
b翠t
get arm s (draw ), a body (draw ) and legs and then
紺
彪
くく← 論 、
←
応 ys
A←
屍5
一 422 一
a
com plete
li
f6 ?
A t M .1.A . of
τ
’O r −
there w as a b oy
w ho
people si
nging,
,h e heard
w ent w alking
dance
on e
m usic, and
evening
heard
he cam e clos6r he deci
ded it m ust be T h ursda文
an d
peopl
e
he
h eard
reci
ti
ng −
night, about 7 :00
as
and
墨.
w hat w as i
t?
(D raw
・
一圖
.
as you
tell the story
.
)
W
here w as i
t?
(W rite M
orm on
S peech
C harch over
the
door)
M IA
囹
M usi.c
固
Dance
of course!
1
心
=
6
唇
建.
.
Li
ke 奮o dαnceξ
l
T hen com e to
T ry w ri
ting
you
ask
M .L A ,
Si
ng3
G i
ve speeches
orbe i
n pl
qys3
(trace th e letters) of picture.
M utual Im provem ent A ssoci
ati
on
usually w ri
由
w ith
w ith 一 .
w r畳 e it backw ards an d in
if they u nderstan d. T el
l them
to
attend
opp qsil
e
on e long
M 。1.A . and
h an d
w ord
thaロ
and
they’
ll un der−
stand。
N 【
X U X T X U X A X L X IX M X P X R X O X V X E X M X E X N X T X A X S X S X O X C X I−
X A X T X IX O X N . (cross out x ’
s an d w hat do y ou have P)
.
一
421 〒
教 義 と 聖 約
高 価 な る 真珠
モ ル モ ン 経
上質革製合本
.1 1 0 0 円
警農 。
『
議 躰
300 円
モ ル
(
新訳)
300 円
信 仰 箇条 の研 究
モ ル モ ン とは ? (
新版)
330 円
総 合 聖 句 の手 引
150 円
日本系 図探究要覧
100 円
ア ロ ン神 権 者 用 学 科 課 程
メル ケゼ デ ク神 権 、 教 師 と生 徒 用
「モル モ ン経 の読 み方 の手 引 」
ナ ザ レの イエ ス
正 しい 日 本史
家 督 権 の 祝福
料 理 の 作 り方
求 道 者 教 育法
神 の 王 国
150 円
モ
ン 経
150 円
200 円
100円
図
㌧
圭
日
案
内
叫
10 0 円
10 0 円
50 円
12 0 円
230 円
300 円
イ エ ス ・キ リス ト
》
日 曜 学 校 用
モル モ ン経 物 語
15 0 円
旧 約 聖 書 物語
家 族 の 昇 栄
福 音 の 実 践
200 円
奇
200 円
15 0 円
200 円
しき み わ ざ (
上 )(
下)
我等の標準聖典
古 代 の 使 徒
200 円
シ ォ ン山 の 救 い手 た ち
教 義 と聖 約 の 教 え
200 円
15 0 円
200 円
M
I A
用
我 ら指 導 者 の こ とば
我 ら は 信 じる
我 らは 奉 仕 す る
生 活 の 目 標
200 円
M
15 0 円
IA
200 円
150 円
150 円
・エ ン サ イ ン ・ ロ ー レ ル の 手 引
演説 が上 手 に な る法
15 0 円
素 晴 し き考 ・
え
200 円
讃美歌及び歌集
末 日聖 徒 讃 美 歌
(
新版)
レク リェ ー シ ョン歌集
400 円
400 円
・
・
注 文 は 各支 部 長 へ 一
㌦.
TH E S日 TO
死
天
誓
萱
署
護
榮
輩
喜
充
茜
年
ムへI
C Hl
Vol
ume 8, 」ul
y 1964, N umber 7
THE CH URCH
N O RTHERN
旱
吉
策
袈
蕩
奮
NO
O F JESUS C HRIST O F LATTER−DAY SAIN TS
FA R EAST 《AISSI
ON
14 A zαbuhi
roo−cho へAi
nα†
o−ku Tokyo 」(】pQn
東
東
京
西
東
京
中
仙
京
東 東
_ _
牙ミ尽
南
東 北
央
台
電 ノ衷 電 璽 電 衷 東
話 一 尿 話 尽 話 県 京
( 九 都 ( 都 ( 都 都
二
武 七 大 六 江 中
」
蔵 二 田 五 戸 野
六
野 九 区七 川 区
七
市 1南 1 区 江
六
吉 六 千 五 小 原
四
祥 三 束 二 岩 町
)
寺 一 町 二 町 一
電 塞
話 尽
( 都
四 港
○ 区
八 青
1山
三 北
三 町
〇 六
新 松 甲群 東
中
央
地
潟 本府馬 方
部
電 仙 電 新
話 台 話 潟
( 市 ( 市
二 光 二 中
五 禅 1大
1寺 八 畑
○通 六 町
八 り六 五
九 二 〇 五
七 八 ) 七
松 甲 高
本 府 崎
市 市 市
同 山 並
心 田榎
町 町 町
六 六 二
一 三 七
二
五
札
小
室
旭北
海
幌
樽
蘭
議
川嘉
電 札 電 小 電
話 幌 話 樽 話
( 市 ( 市 (
六 北 二 富 七
三 二 1岡 ○
1条 八 町 五
七 西 ニ ー 四
八 二 ニ ノ )
六 四 四 三
六
) 丁
目 ) 五
東 一 二 三 六 ノ七 ノ)
町 ) 四 ) 1八 ) 三
一
九
七 ノ
四
ノ
八 十
七
〇 四
室
蘭
市
幸
町
八
九
支
部
電 M 旭
話 1川
( A 市
二 集 八
1会 条
一 場 五
五
丁
四 旭 目
五 川
) 公
会
所
在
地
堂
号
建 那 普 沖 柳
築
縄
岡
ノ
肇
天 地
務 覇 間 方 井
所
部
電東
話京
(都
四港
9屡
◎ 「「畠
縄
沖縄
沖
那
覇
市
松
尾
区
=
器
互杢
聖
宣
野
湾
市
野
嵩
屡
宮 山
町
井 六
市
1篠
区 方
七
今 二 原 〇
市
六 本
三 〇 町
九 二 四
一 ) ノ
i中
一 市
二 岡
三 町
六 北
) 二
五
徒
の
名 京 金
古
広福
屋 都 沢
島岡
阿 西
中
倍 央
地
野 方
部
ノ
宮
揚穴蹴 三監 暑宅髄 坐 離 宍爵
九二
八
西
西
山 電神 岡 電大 電 兵 電名 京 金 電広 福電 大
口 話戸 山 話 阪 話 庫 話 古 都 沢話 島岡話 阪
1ノ
○ 宮
一 市
四 仁
一 川
) 町
三 昭
1和
四 区
二 北
一 山
○ 町
京
区
下
鴨
東
半
ノ
一
四 ) 三 木
ノ
ノ 町
八
五
四
四
一 河
合
方
胡
桃
町
一
一
一 田 水 二 倍
1町 町 一 野
六 古 四 1区
一 江 六 八 阪
三 四
三 南
五
二
) 〇
〇
七 町
申
≦
道
1
964年 7月 1日 発 行
得
振 替 口座
八
○
発行人兼
編 集 人
発 行 所
円
三 岡
印 刷 所
東京 16226番
ダ ワ エ ン ・N ・ア ン ダ ㌘ セ ン
末 日聖 徒 イエ ス ・キ リス ト教会 北 部 極 東 伝道 部
東 京 都 港 区麻 布 広 尾 町 1
4
合名会社
三五堂
三
え
横山
浜形
電 横
話 浜
( 市
四 港
九 北
1区
八 篠
七 原
七 町
) 九
山
形
市
七
日
町
一
一
八
英 会 話 テ キ ス ト 用
1
960年 6月 6 日、 ヘ ン リー ・テ ムペ ス ト及 び彼 の 2人 の息 子 た ちは 、200人 余 りの 団 体
と共 にユ タ州 に 向 か って 、 ネ ブラ ス カ州 の フ ロ レン スを 出発 した。 この一 団 の内 で た った
讐
6入 だけ が 幸運 に も牛 が ひ く幌車 を入 手 す る こ とが 出 来 た の で あ る。 ヘ ン リー一と 2人 の息
子 さんは 、 そ の一 団 の43台 の手 車 の 1台 を入 手 出来 た こ とに 感謝 した 。 す べ て 3人 の 為 の
食物 、食 器 、衣 類 及 び寝 具 は 、 全部 両 輪 の牛車 の 中 にお さめ られて あ った 。 彼 らは ユ タま
で 数百 哩 の 道 を丘 を上 った り降 った り手 車 をひ い て歩 か ね ば な ら ない こ とを 知 って い た 。
彼 らが 出 発 して 、 ま だ あま り遠 く行 か ない 内 に ヘ ン リーが 病 気 に な った 。 ロ ビ ンソ ン隊
長 は 、彼 の 病 気 が あ ま りひ どい の でヘ ン リー とそ の息 子 た ち は ネ ブ ラス カに戻 っ た方 が 最
も好 い と考 えた 。 ヘ ン リーは 如 何 に失 望 した こ とで あ ろ うか 。 彼 は若 しか して病 気 が よ く
な らない だ ろ うか を見 る為 に 、 も う 1日、 そ の一 団 の 内に 留 ら して くれ る よ うに.頼
んだ 。
この 世 の如 何 な る望 み に も ま して彼 は彼 の車 をひ い て他 の 者 と共 に行 け る こ とを欲 したの
で あ った 。
そ の夜 ヘ ン リーは ユ タに行 け る よ うに授 け て 下 さい と主 に 祈 った 。翌 朝 彼 の 病 気 は余 程
よ くな っ た。 彼 は ヤ コ ブ とヨハ ネの 手車 を手 伝 い な が ら旅 を続 け た 。
そ の夜 、 キ ャン プす る頃 に な った 。開 拓 者 た ちは各 自の 車 か ら品 物 を取 り出 した 。 そ し
.
,
て め い めい 自分 の 仕事 に たず さわ った 。彼 らは 火 を お こ し、 何 か 食 物 を料 理 し始 め た。 そ
れ か ら又 、明 日の 行進 に そ な え、 よ く休 む 為 に 彼 らは地 上 にベ ッ トを つ くった 。 息子 た ち
が 働 い た 。 ヘ ン リーは休 ん だ。
大 きな体 が 細 く脚 の長 い猟 犬 が キ ャ ンプ にや って 来 た。 その 犬 は一 軒 々 々 にキ ャ ンプ を
うろ つ い てヘ ン リー と子 供 た ちの 作 った キ ャ ンプ迄 来 た 。犬 は その あ た り を 嗅 ぎ 廻 っ た
後 、 我 が家 で もあ るか の如 くそ こに 横 た わ った。 子 供 た ち は喜 ん だ 。彼 らは 犬 と話 した り
又 可 愛 が った。 こ の一 団 の 中 で愛 玩 用 の 犬 を飼 うこ とは 禁 じられ て い た。 食 物 は 不 足 して
お り、働 い て食 物 をかせ ぐ事 の出 来 ない 動物 に与 え る こ とは出 来 なか った。
ヘ ン ワー は或 考 え を持 ってい たが 、 そ れ は素 晴 ら しい理 想 で あ る こ とが証 明 され た 。彼
は あた りを探 して 綱 や 革紐 を集 めた 。 そ して 間 もな くひ きつ な をつ くった 。ヘ ン リーが そ
’
あ
ひ きつ なを犬 にか け て 手車 に 結 びつ け た 時 、犬 は別 に気 に も しなか った 。 そ して 以 前 に
そ れ をひ い た経 験 が あ るかの よ うに ひ き始 め た 。
翌 日犬 は 手車 を ひ くの を手伝 った。 今 一
や、 この大 き な犬 は 愛玩 用 で な く助 手 と認 め られ
た ので 留 ま る こ とを許 され た の で あ る。 ヘ ン リー テ ムペ ス トとそ の息 子 た ちは手 車 か ら彼
ら の食 物 を出 して犬 に別 け与 え た 。彼 らは 如 何 に こ の大 きな猟 犬 を愛 した こ と で あ ろ う
か !
毎 日 々 々如 何 に 太陽 が照 りつ け よ う と、 或 い は又 風 が吹 こ う と犬 は手 伝 った 。事 実 、 こ
の犬 は 数 百 哩 の この広 原 の大 部 分 を この 手車 をひ っ ぱ った の で あ った。 ヘ ン リー は息 子 た
ち と共 に歩 い て行 く力 を祝 福 され た の で あ った 。
㌻
凡 そ 3ケ 月 間 、 この 手 車 を ひ っぱ って 歩 い た 後 、彼 らは ソル トレー ク市 に 到 着 したの で
あ った。 彼 らは そ の住 家 を建 て れ る処 へ 来 た時 、 如何 に喜 ん だ こ とで あ ろ うか !
彼 らか 到 着 してか ら間 もな く、 こ の大 きな 、猟 犬 は 消失 して再 び現 わ れ なか った 。
一 420 一
Fly UP