...

Shigehiko Yoshida, MD, Ph.D.

by user

on
Category: Documents
2

views

Report

Comments

Transcript

Shigehiko Yoshida, MD, Ph.D.
ITABASHI MEDICAL SYSTEM
下肢静脈瘤
SHIN – KATSUSHIKA HOSPITAL
Shigehiko Yoshida, M.D., Ph.D.
下肢静脈瘤とは?
静脈瘤は、二本足で歩く人間にとって
宿命というべき病気・・・?
二本足で歩く人間の場合、足の静脈は重力に逆らって
流れなくてはならないため、他の静脈より流れにかかる
負担が大きく、そのために弁の機能がうまく働かなくなり
この静脈弁の障害により血液が逆流する病気が静脈瘤
です。
2
下肢静脈瘤の頻度・症状
※足の静脈が拡張し、蛇行する病気
※症状:足のむくみ、はれ、易疲労性、熱感、皮膚の
色素沈着、湿疹、潰瘍等
3
肺動脈血栓塞栓症
血栓
4
治療方法
• 弾性ストッキング
• ストリッピング手術
• レーザー治療
• ラジオ波治療
• その他
(硬化療法・高位結紮)
5
ストリッピング
ストリッピング手術は、100年も前からおこなわれている
手術である。
大伏在静脈あるいは小伏在静脈といわれる太い静脈を
引き抜き、さらに小さい皮膚切開により静脈瘤を切除する
ものです。多くは全身麻酔でおこなわれる。
手術の傷跡が残り、1~2週間の入院を必要とするが、ど
んな大きな静脈瘤でも確実に治療ができる。
当院では、1泊2日または2泊3日
6
ストリッピング手術(内反法)
7
静脈瘤切除のminimum incision
従来の皮膚切開
minimum incision
8
レーザー治療
静脈にレーザーファイバーを挿入
し静脈内を熱で焼き閉鎖する治
療法。
下肢静脈瘤の病態に応じて適切
なレーザー及び波長を選択して
いる。
レーザー後の静脈は数ヶ月経過
し繊維化する。
・侵襲が少ない。
CTEVエンドレーザー(アメリカ製)
・手術時間が短い(約1時間)
9
血管内レーザー照射による
血管閉塞のメカニズム
血管内レーザー照射
Laser
熱による血管壁の損傷
血管の収縮
血管の閉塞・血流の遮断
下肢静脈瘤の改善
10
レーザー治療
11
ラジオ波治療
カテーテル(使い捨て)
12
ラジオ波手術
高周波と980nm レーザーとの
相 違 点
13
最新の高周波(ラジオ波)
120 ℃
・低温のため周囲組織へのダメージが少ない
・血管壁に対して垂直方向であり深部静脈への血栓伸展が生じにくい
従来の980nmレーザー
800 ~1200℃
・高熱による周囲組織へのダメージが大きい
・レーザー直進性による深部静脈への血栓伸展
14
15
主な利点
○ 手術合併症である深部静脈血栓伸展が少ない
○ 術後のヒリヒリした痛み・突っ張り感が少ない
○ 術後の内出血(青あざ)が少ない
○ 静脈焼灼の焼きムラが出来にくい
16
手術合併症である深部静脈血栓伸展が少ない。
レーザー
E-HIT class Ⅰ: 8肢/456肢
E-HIT class Ⅱ:11肢/456肢
E-HIT class Ⅲ: 1肢/456肢
E-HIT class Ⅳ: 0肢/456肢
計 20肢/456肢 4.3%
高周波(ラジオ波)
全クラス 0肢/60肢
1.7% →全例経過観察
2.4% →抗凝固・観察
0.2% →血栓除去術
0%
0%
(当院における2012年4月~2014年10月までの症例において)
17
術後のヒリヒリした痛み・突っ張り感が少ない。
980nmレーザー治療後は半数以上の方が術
後のヒリヒリした痛み・突っ張り感(時にはかな
り強い事も)を訴えられます。
高周波手術(現在60肢)では痛みを訴える方
がほとんどいません。
注:統計は取っていません。外来での印象です。
18
術後の内出血(青あざ)が少ない
高周波手術後の内出血写真
淡く出ているのみ
レーザー術後の典型的な広範囲な
内出血より小さく、目立たず、少ない
19
術後
20
静脈性下肢潰瘍手術症例
63歳、男性
下肢の色素沈着、歩行困難、
足部びらん・潰瘍
21
手術シェーマ
血管径太く・蛇行あり
レーザーは適応外
TR Ⅳ°のため、静脈圧が
高くストリッピング術は困難
→
高位結紮術・分枝結紮術へ
変更
22
術後①
術前
術後
23
術後②
術前
術後
24
入院の目安
• 日帰り手術 (局所麻酔症例におすすめ)
• 一泊手術 (全身状態良好,重症例)
• 2泊3日手術(高齢者、リスクがある人)
• 原則的には、歩いて,(自転車)退院します。
25
下肢静脈瘤市場モデル
2010E
2011E
2012E
2013E
2014E
潜在的患者
有症状患者数 1)
Y/Y 成長率
8,127,792
2.0%
8,290,348
2.0%
8,456,155
2.0%
8,625,278
2.0%
8,797,784
2.0%
静脈逆流(弁不全)を有する患者数 2)
総患者数に対する%
2,031,948
25.0%
2,072,587
25.0%
2,114,039
25.0%
2,156,319
25.0%
2,199,446
25.0%
治療が必要な患者数 3)
静脈逆流患者に対する% (伏在型)
176,779
8.7%
180,315
8.7%
183,921
8.7%
187,600
8.7%
191,352
8.7%
圧迫療法数(弾性ストッキング等) 4)
治療が必要な患者数に対する%
Y/Y 成長率
67,176
38.0%
2%
68,520
38.0%
2%
69,890
38.0%
2%
71,288
38.0%
2%
72,714
38.0%
2%
静脈ストリッピング術数
治療が必要な患者数に対する%
Y/Y 成長率
26,517
15.0%
2.0%
21,277
11.8%
-19.8%
18,392
10.0%
-13.6%
17,822
9.5%
-3.1%
17,030
8.9%
-4.4%
707
0.4%
7,213
4.0%
920.0%
11,955
6.5%
65.8%
15,008
8.0%
25.5%
19,135
10.0%
27.5%
治療に関する市場
血管内治療数(レーザー&高周波)
治療が必要な患者数に対する%
Y/Y 成長率
1)
2)
3)
4)
7% of population of age 15-90
Equity Research 18-Mar-2008, Pacific Growth Equities.
The Japanse Vein Study: The 2nd Survey of Varicose Veins. Jpn. J. Phlebol., 15 (4): 339-346, 2004.
Prevalence and Risk Factors of Primary Varicose Veins. J Coll Ang. Vol 28, No.6. 415-420, 1988.
2011年3月作成
26
SVS/AVF final conclusion I
The Care of Patients with Varicose Veins and Associated Chronic Venous
Diseases: Clinical Practice Guidelines of the Society for Vascular Surgery and
the American Venous Forum.
‐ 静脈瘤および慢性静脈疾患患者の治療: SVS/AVFの標準的治療法ガイドライン ‐
 Because of the minimally invasive nature and
similar or better early-term and equivalent
midterm results, endovenous thermal
ablations should be recommended over open
surgery as the first line of treatment of
varicose veins associated with axial reflux.
Journal of Vascular Surgery
Volume 53, Issue 5, Supplement ,
Pages 2S-48S, May 2011
- 低侵襲的な特質や同様もしくはより良い短期結果、
そして同等の中期結果により、軸方向の逆流に関連する
静脈瘤治療の第一選択としては外科的手術より血管内
焼灼術が推奨される -
27
アメリカの下肢静脈瘤市場(2012年)
推定患者数(40歳以上):3,123万
人
診断患者数:502万人
要治療患者数:196万人
US Markets for Varicose Vein treatment Device 2011
Millennium Research Group
28
Varicose Vein Treatments,
by Technique, US
450,000
cases
400,000
350,000
238,400
300,000
250,000
200,000
150,000
100,000
50,000
155,600
181,300
208,500
Laser
RF
1,640
Stripping
9,840
152,520
0
2002
108,200
124,700
142,800
162,900
24,300
19,900
16,900
2009
2010
2011
14,700
2012E
Millennium Research Group, 2008 &292011
日本国内予想
200,000
182,000
172,000
180,000
160,000
140,000
70%
144,500
120,100
153,000
162,000
60%
128,500 136,200
50%
Compression therapy Number
120,000
40%
Stripping Number
Sclerotherapy Number
100,000
30%
80,000
Ablation Number
Ablation Ratio(EVA)
Stripping Ratio
60,000
20%
40,000
10%
20,000
0
0%
2013
2014
2015
2016
Patient Grow th
Num ber of Patients
A blation Ratio(EVA )
Stripping Ratio
A blation Num ber
Sclerotherapy Num ber
Stripping Num ber
Com pression therapy Num ber
2013
120,125
18%
40%
21,623
19,220
48,050
31,233
2017
2018
2019
7%
6%
6%
2014
2015
2016
128,534 136,246 144,421
20%
25%
35%
38%
35%
30%
25,707
34,061
50,547
12,853
10,900
8,665
48,843
47,686
43,326
Formerly Tyco Healthcare
41,131
43,599
41,882
2020
6%
2017
153,086
45%
25%
68,889
7,654
38,271
38,271
6%
2018
162,271
52%
20%
84,381
6,491
32,454
38,945
6%
2019
172,007
58%
15%
99,764
5,160
25,801
41,282
6%
2020
182,328
63%
10%
114,866
3,647
18,233
45,582
30 |
静脈瘤なぜ怖い?
•
•
•
•
•
美容的 スカートがはけない
足がだるい、つる
足の皮膚の色が変わる
潰瘍、大出血
致命的な、肺梗塞
早期発見、早期治療を啓蒙する必要あり
31
TECHNICAL & TREATMENT
INFORMATION CONTACT
IMS INTERNATIONAL MEDICAL SUPPORT VIETNAM
(IIMS-VNM)
Add: Room 512 Sun Red River Building, 23 Phan Chu Trinh, Hanoi
Tel: 84-4-3944-0914 Email: [email protected]
IMS International Medical Support Vietnam
co., Ltd.
Fly UP