...

アリとキリギリス ある夏の日、一匹のキリギリスが葉っぱの上に寝転んで

by user

on
Category: Documents
6

views

Report

Comments

Transcript

アリとキリギリス ある夏の日、一匹のキリギリスが葉っぱの上に寝転んで
アリとキリギリス
原作
: イソップ
アレンジ : ヤマチャピ
ある夏の日、一匹のキリギリスが葉っぱの上に寝転んで、歌を歌っていました。
ギーチョン、ギーチョン
そこをアリが通りかかりました。重そうな荷物をたくさん背負っています。
キリギリスが言いました。
アリさん、大変そうだね。何をしているんだい?
アリは立ち止まると、汗をぬぐって答えました。
冬に備えて、食べ物を集めているんだよ。
アハハ、冬だって? ばからしい。そんな先のことを考えて、どうする
んだい。食べ物はどこにでもあるじゃないか。こんな暑い日は寝転がっ
て、歌でも歌っていればいいじゃないか。
キリギリスはそう言うと、ギーチョン、ギーチョンと歌い続けました。
夏が過ぎ、秋も深まってきました。キリギリスは落ち葉の上を跳びはねながら、
相変わらず陽気に歌を歌っています。
ギーチョン、ギーチョン
そこをアリが通りかかりました。いつものように重そうな荷物を背負っています。
キリギリスさん、大丈夫ですか。もうすぐ冬がやって来ますよ。雪も降
りますよ。
キリギリスはフンと鼻を鳴らして、
何を言っているんだい。こんなにいい天気なんだぜ。遊ばなきゃ、損じ
ゃないか。
そう言うと、ブーンとどこかへ飛んでいきました。
秋が過ぎ、寒い寒い冬がやって来ました。
アリはどうしているでしょう。暖かい家の中で幸せそうに暮らしています。夏の
間に蓄えておいた食べ物があるので、飢える心配もありません。
では、夏の間遊んでばかりいたキリギリスはどうなったでしょうか。キリギリス
は寒い冬を過ごす家がありません。夏の間遊んでいたので食べ物の蓄えもありませ
ん。
キリギリスがどうなってしまったか、皆さんはおわかりですね。
Fly UP