...

子どもの教育における 動物の役割

by user

on
Category: Documents
7

views

Report

Comments

Transcript

子どもの教育における 動物の役割
子どもの教育における
動物の役割
平成18年3月25日
ヒトと動物の関係学会第12回学術大会
国立教育政策研究所
鳩貝 太郎
話しの流れ
• 学校における教育課程と目指すもの
• 生命尊重の心を育む指導の必要性
• 学校飼育動物の現状と課題,その改善
• 動物飼育の事例と飼育の意義
1
わが国の学校と教育課程
教育基本法、学校教育法
○学校教育法施行規則第24条 小学校の教
育課程は、国語、社会、算数、理科、生活、
音楽、図画工作、家庭及び体育の各教科、
道徳、特別活動並びに総合的な学習の時間
によって編成するものとする。
○同第25条 小学校の文部科学大臣が別に
公示する小学校学習指導要領によるものと
する。
小学校学習指導要領
教育課程編成の一般方針の概要
1.児童の人間として調和のとれた育成を目指
す
児童に生きる力をはぐくむことを目指し、自
ら学び自らから考える力を育成し、基礎的・基
本的な内容の確実な定着を図り、個性を生か
す教育の充実に努めなければならない
2.道徳教育は、学校の教育活動全体を通じて
行う
家庭や地域社会との連携を図りながら、豊
かな体験を通して児童の内面に根ざした道徳
性の育成を図る
2
学力のとらえ方
• 学んだ力:知識・理解,技能
• 学ぶ力=学び方:問題解決力,思考力,
判断力,表現力
• 学ぼうとする力:関心・意欲・態度
「確かな学力」
+豊かな人間性+健康・体力
(豊かな心) (健やかな体)
生きる力
小学校学習指導要領「生活」
○第1学年及び第2学年の目標
(2)自分と身近な動物や植物などの自然とのか
かわりに関心をもち,自然を大切にしたり,
自分たちの遊びや生活を工夫したりすること
ができるようにする。
○内容
(7)動物を飼ったり植物を育てたりして,それらの
育つ場所,変化や成長の様子に関心をもち,
また,それらは生命をもっていることや成長
していることに気付き,生き物への親しみを
もち,大切にすることができるようにする。
3
4
小学校学習指導要領「理科」
小学校理科の目標
自然に親しみ、見通しを持って観察、実験な
どを行い、・・・・
3学年,4学年の目標
(1)・・生物を愛護する態度を育てるとともに,・・
5学年,6学年の目標
(1)・・生命を尊重する態度を育てるとともに,・・
5
低学年理科「自然の観察」
1年から理科を実施(昭和16年国民学校令施行規則)
「自然観察」設定の理由
1)児童は、自然の中で自然とともに遊び、自然に驚異
を感じ、自然から色々なことを学びながら、経験を積
み、生命を発展させている。このような指導は当然の
ことである。
2)理科指導の目的を達成するには、自然に親しみ、自
然を愛好し、自然に驚異の目をみはる心が養われな
くてはならない。知情意一体となってはたらきかける
には、この時期の学習を疎かにしては、ほとんど不
可能といって良い。適切な指導をしなくてはならない
時期である。
6
小学校学習指導要領「道徳」の内容
3 自然や崇高なものとのかかわりに関すること
○第1学年及び第2学年
(1)身近な自然に親しみ,動植物に優しい心で接する。
(2)生きることを喜び,生命を大切にする心を持つ。
○第3学年及び第4学年
(1)自然のすばらしさや不思議さに感動し,自然や動植
物を大切にする。
(2)生命の尊さを感じ取り,生命あるものを大切にする。
○第5学年及び第6学年
(1)自然の偉大さを知り,自然環境を大切にする。
(2)生命がかけがいのないものであることを知り,自他の
生命を尊重する。
7
「生命尊重・自然愛護」の趣旨
• 低学年:自然に親しみ,生きているものに
優しく接する。
• 中学年:生命や自然の素晴らしさに感動し,
自他の生命を大切にする。
• 高学年:自然を愛護し,自他の生命を大切
にする。
*各学校は,各教科等のすべての教育活動で
活用できる具体的な評価規準を作成し,評価
記録を積み重ねることが必要。
8
指導要録の行動の記録「生命尊重・自然
愛護」の評価規準を作成しているか
6.2
作成している
作成していない
93.8
長崎県における児童生徒の「生と死」の
イメージに関する意識調査
• 対象:公立小学校の4年,6年
公立中学校の2年
• 調査期間:平成16年11月~12月
• 回答者数:小学校4年=1,196名
小学校6年=1,241名
中学校2年=1,174名
9
身近な人の死の悲しみを感じたことあるか
0%
20%
40%
60%
80%
死んだ人は生き返ると思いますか
はい
いいえ
100%
0%
20%
40%
60%
全体
81.3
18.3
全体
15.4
84.6
小学4年
84.7
15.3
小学4年
14.7
85.3
86.9
小学6年
78.7
21.3
小学6年 13.1
中学2年
80.5
19.5
中学2年
動物が生まれるところを見たことがあるか
0%
全体
20%
40%
50.3
60%
80%
49.7
はい
いいえ
100%
18.5
80%
81.5
死んだ動物が生き返ると思いますか
0%
20%
40%
60%
全体 12.7
87.3
小学4年
54.8
45.2
小学4年 12.7
87.3
小学6年
49
51
小学6年 10.6
89.4
中学2年
47.3
52.7
15
85
中学2年
はい
いいえ
100%
80%
はい
いいえ
100%
命を大切にする教育の充実
文部科学省「児童生徒の問題行動対策重点
プログラム(最終まとめ)」(平成16年10月)
1.命を大切にする教育の充実
• 命を大切にする心を育む教育の充実
• 伝え合う力と望ましい人間関係の指導の推進
• 社会性を育む体験活動の充実
2.学校で安心して学習できる環境作りの推進
3.情報社会の中での情報モラルやマナーにつ
いての指導の在り方の確立
10
命を大切にする心を育む教育の充実
○生命を尊重する教育の推進
・教育課程全体で自他の生命のかけがえの
なさ,誕生の喜び,死の重さ,生きることの尊
さ,自信や夢をもって生きることの大切さなど
を取り上げる場や機会を増やす
○家庭における命の教育に対する支援
・命の大切さを実感させること,基本的な生活
習慣を身につけさせること→新家庭教育手帳
配布,子育て講座のための手引き配布
生命尊重の心を育む指導
*基盤は家庭教育で体験的に学び育まれるべき
*学校教育で計画的・意図的に展開する必要有
「生き物から学ぶ」:体験的な学び
生き物とのかかわりを体験的に学ぶ
生き物への興味関心を高める,豊かな感受性を育む
「生き物について学ぶ」:科学的な学び
科学的・体系的な学び,観察力,科学的な見方・考え
方,判断力 *実物を通して学ぶことが重要
「生き物のために学ぶ」:地域の自然や地球環境
生命を尊重する活動を通して実践する態度
11
小学校における飼育動物の現状調査
本研究は平成13~15年度科研費「生命尊重の態度育成に関わる生物教材
の構成と評価に関する調査研究(課題番号13680219)」
(研究代表者:鳩貝 太郎)により実施したものの一部である。
• 調査時期:平成15年11月17日~12月1日
• 調査対象校:全国の小学校から866校を無作為
抽出し,飼育担当者宛に調査用紙を送付
• 回答方法:Webまたは郵送
• 有効回答数:579校(66.9%)
• 回答者の性別:男性=50.6%,女性=49.4%
• 回答者の年代:20代=8.1%,30代=18.7%
40代=50.1%,50代=23.1%
哺乳類・鳥類の飼育状況
飼育している
飼育していない
11.8
飼育の場所
2%
88.2
野外飼育舎
教室
廊下等
特別教室
2%
2%
94%
12
飼育動物の種類と飼育している学校の割合
ウサギ
78.7
ハムスター
3.6
2
モルモット
1.6
その他のほ乳類
ニワトリ
65.5
小鳥類
17
4.3
アヒル
7.7
その他の鳥類
0
20
40
60
80
100
飼育の課題(得点制)
720
長期休業中の世話大変
561
土日の世話大変
495
飼育舎清掃大変
344
死亡時の処理困難
240
餌の確保困難
122
112
104
68
49
32
18
17
29
飼育舎修理大変
病気・怪我処理困難
感染症・アレルギー
飼育方法不明
糞尿廃棄法不明
触れ合い指導不明
入手方法不明
悪臭・鳴き声
その他
0
100
200
300
400
500
600
700
800
13
屋外飼育と教室内飼育の利点欠点(得点制)
屋外飼育
教室内飼育
責任感他養う利点
思 いや り養 う 利 点
生命尊重の心養う利点
動物愛護精神養う利点
動 物 を深 く知 る 利 点
心 いや す 利 点
友達関係広がる利点
動物の死見せる欠点
飼 育 管 理 負 担 強 いる 欠 点
環 境 不 衛 生 にな る 欠 点
怪 我 病 気 にな る 欠 点
友達関係悪化す る欠点
動 物 虐 待 につな が る 欠 点
授 業 妨 害 にな る 欠 点
その 他
0
200
400
600
800
1000
14
動物飼育に関する現状と課題
• 小学校の飼育は、ウサギとニワトリが中心
• 屋外での飼育は、児童に生命尊重の心を養うなど良
い影響が期待できると考えている
• 飼育舎で飼育担当者と飼育委員が飼育をしているが、
一部の教職員や児童に負担がかかっている
• 教師は獣医師等に授業や指導助言を望んでいる
• 教室内飼育に対しては、教室の環境不衛生や授業妨
害など「欠点」と考える割合が多い
実際に教室内飼育すると「欠点」が減少する
• 飼育動物を教育活動に活用する実践進んでいない
*学習プログラムの開発、実践事例の収集が必要
アレルギー等への対応
○正確な認識と診断を
誰は、いつから、何が、どこに、どのような症
状がどの程度出るのか。その原因は何か。
○医師や獣医師との相談体制作り
○動物との関わりが何ならばできるのか、何か
らならできるのかを相談する。
○症状が出たら速やかな対応と保護者への連
絡
○日常的な児童、家族、担任等とのコミュニケー
ション・人間関係作り
15
「家庭動物等の飼養及び保管に関する
基準」
環境省(平成14年5月)
• 動物:ほ乳類,鳥類,は虫類
• 家庭動物等:愛玩動物,伴侶動物(コンパニ
オンアニマル),情操及び生態観察のために
飼養及び保管されている動物
第7 学校,福祉施設等における飼養及び保管
1.管理者は,動物の飼養及び保管が,獣医師
等十分な知識と飼養経験を有する者の指導
の下に行われるよう努め,(以下略)
16
(総合的な学習の時間)
②生きものとなかよしグループ
(飼育委員のウサギの世話を手伝いた
い)
・うさぎについて調べる。
・飼育委員がウサギの世話をしている
様子を見学する。
・全校行事の「野川のつどい」で飼育
舎のウサギをビデオで紹介する。
⑥(休み時間)
水曜日と木曜日、飼育委員の飼育活
動を手伝う
・飼育舎の掃除
・ウサギを外に放して遊んだり、毛を
ブラッシングしたりする。
(理科)
①チョウを育てよう
・たねをまこう
(道徳)
③たかはしさんちの
ペット紹介
(国語)
④「死」にふれる物語
・ちいちゃんのかげおくり
(教科書教材)
・かたあしだちょうのエルフ
(読み聞かせ)
(理科)
⑤こんちゅうをさがそう
17
筑波大学附属小学校森田学級(小4)での
室内飼育
モルモットを10人の班に1匹づつ飼育させる
18
高校で生命尊重の心情を育成するための指導
に当たり、経験しておいて欲しいこと
(全国654名の高校生物教師の回答:平成17年11月)
高校入学までに体験必要-得点化した結果
11%
7%
4%
昆虫採集と標本作り
12%
植物採集と標本作り
メダカなどの発生過程の継続観
察
魚類や両生類などの飼育
12%
34%
ほ乳類や鳥類の飼育
野山などでの自然体験
20%
生命尊重に関する内容の道徳
の授業
19
動物飼育の意義
○命の大切さを実感できる
○責任感を育成できる
○社会性、協調性を育成できる
○優しさ、思いやり、忍耐力を育成できる
○心のいやしや人間関係改善の場となる
○動物に対する観察力、探究心、科学的な見
方や考え方の基礎を育成できる
*愛着を持って継続的に育てるペット飼育
20
Fly UP