...

- HERMES-IR

by user

on
Category: Documents
58

views

Report

Comments

Transcript

- HERMES-IR
Title
Author(s)
Citation
Issue Date
Type
続・ビザンツ帝国における大土地所有の問題 : プラクテ
ィカ(πρακτικα)に現れた大土地所有の経済構造
渡辺, 金一
一橋論叢, 38(3): 255-276
1957-09-01
Departmental Bulletin Paper
Text Version publisher
URL
http://doi.org/10.15057/3904
Right
Hitotsubashi University Repository
丸
五
六
際
骨
名 私
ビ 年 古
の
八
ザ
屋 今
月
ン
大 回
ツ
に 食
の
帝 掲 で 畿
国 載 螢 表
の
し 表 は
封 た し
建 論
昨
佗 文
の
の
橋 九
開 横 論 五
始 縞 叢 六
は に 第 年
十 嘗 三 五
、
、
五
エ
ビ
)
′
革
・
ビ
ザ
ン
ツ
帝
国
に
■ぉ
け
る
大
土
地
所
ゴ
ス
ー
、
古
代
末
期
一
り
ま
の
眺
望
間
庵
置
私
か
る
は
べ
の
。
二
そ
琴
(
一
九
プ
ラ
ク
ロ
へ
の
大 束
所 縛
嵐
+
の
構 箕
造 態
杜
合
経
済
史
拳
ロ
繚
ゴ
テ
イ
ス
カ
・
ー
ー
の
内
容
.
+
プ
ラ
ク
テ
ク
テ
イ
史
料
的
性
格
間
び
ポ
リ
の
ろ
ク
に
そ
類
か
め
き
れ
を
る
土
地
類
似
見 と
出 す
は
す
こ
驚
く
べ
ユ
ブ
テ
ィ
ッ
、
ク
な
ベ
る
二
ラ
骨
喜
に
㌻
お
臥
に
が
出
を
来
種
栽
し
て
の
史
料
プ
。
事
賓
し
ラ
ク
テ
た
イ
カ
一
も
せ
ザ
有
力
蔓
帳
そ ん
ン
れ
に
際
ば
あ
た
土
地
が
ロ
り
ま
プ
ラ
ク
テ
主
イ
リ
す た
、
カ
。
ン
朝 西
の
ヨ
ポ
リ
ー
。
の
る
カ
と
は
封
象 一
一
の
一
種
類
っ
申
プ
ラ
ク
ッ
い
ば
ブ
パ
る
両
テ
と
者
ィ
に
そ
所
領
資
ユ
こ
な
手
修 掛
道 り
院 と
所 な
頼 る
文 も
書 の
口
で
せ
、
ツ
と
な
て
ロ
る
ビ
こ
そ
、
今
回
イ
と
り
上
げ
カ
よ
テ
大
、
か
し
た
き
だ
い
せ
は
共
た
と
申
う
み
ン
一
の
、
ビ
ガ
に
め
ザ
し
ょ
と
も
、
る
で
こ
通
ら
ぅ
す 最
、
「
、
な
り
ま
を
求
と
ン
財 に
帳 他
ツ う
封 結
建 論
社 に
食 到
の
達
経 し
済 ま
的 ・し
基 た
礎
構 そ
造 の
を 様
土
地
併
有
の
渡
達
。
と
ら
え
一
囲
れ
及
ツ
司
ヽ
現
の
ン
カ
一
1
ッ
ザ
ラ
イ
1
ビ
プ
の
の
に
プ
ー
カ
月
紀
「
土
地
へ
巷
す 第
の
ツ
ニ
+
六
有
ン
三
の
「
一
一
ビ
ザ
ロ
、
せ
四
経
済
構
造
卜
け
る
大
土
地
所
有
の
問
題
金
に
し
て
一
成
る
立
た
を
β∂∂
二
≦盛
・
チ
:子
攣
ー守 野 郡 軍
▼
.′ 野 ・ きⅣ= 、・
、ニ賢
㌣丁
賢
う
こ
ニ
こ
・
h
ニ
で
轡
郡
、
・・〉
・野
聯
モ
ド:
・,
警軍≡ 季
5 で
野
き攣
首・ - ・ -・ 、 J
-
ピ
-
ー
≒
;
き
÷
ノ
乍
う
も
チ
車
郡
叶
ぎ
す
珊
野予
′
-・ 野、・撃闘 撃j
52 、
≡
ぺ
、
′
,
憾
・
二
箋
ご
憎.
、
、
モ 品吉
こ
警嘩
→
蓋警某芝蒜
冨警言責デ苦晶冒冨
言主ょ品覧悪賢悪念豊臣・ て 穿望芸蒜き 三 重
L
.
.′
〒
…
ノ
く
二嗜
重
讐
筆
写
璧隻喜
蓋
姜
羞
真
峯
冒墨書
葦
萱
盲
三
葦恵三
表
`
一
ま
・1し
号
・・l
.
一
i
. こ濾、
r・ .
■
二
≡
書
書
蓋
書
要
重
吾
望
蓋
壷
蓋
蒼
羞
墨
書
妻
凛
吉
富
書
‥
ヽ
√
享
箋
丁
・
:
r
・
・
ゝ
一
・
し二
,
一
こ
:
■
 ̄
、
え
も
1
、
爺
■
ヽ
し
二
、
.・.
、 ̄
ノ
:
二
ヵ
●
:
ク
ス
ス
ト
監
望
ま
旨
・
の
0
道
院
ス
ニ
小
す
の
五
も
よ
コ
ア
る
殆
世
の
し  ̄の
よ
根-
書
ラ
ク
れ
た
ス
今
の
日
萄・
:
二
こl ヽ
、
′
■.
ー
\ 滋
上
→
、
つ
ヽ
jIg
べ
,
凍
ノ
ー
卓
「
ノ(
g
1
§ぎ
▲
亡
■
.
・
.■
・
.
・・、■
.三表
、′
、
・ ̄
,
:
た
◆
′
ン
三
弓
ヒ
も
ヽ
、
〆芋
\
1
竃
∴
メ
T t■j
: ミぶ
い
v
≒
、
1̀ ;
し
i
三襲
ヲ
∴
、
.
\
と
そ
十
た
ま
張
プ
ト
さ
域
、
ト
・、遠
β∂β
、
・ ̄
γ
:退
、
溌
転
■
き
■
■
 ̄
そ
1
-
♪
ぎ写
好
・
退
院
所
領
関 を
し
。
・
ビ
ザ
シ
ツ
所 吾
在 々
ら
さ
つ
れ
降
イ
大
所
有
の
問
題
ア
ト
以
み
地
は
ン
に
る
.
キ
プ
ラ
ク
テ
紀
の
、
専
、
れ
ら
ま
大
し
ょ
う
プ
ラ
ク
所
領
ヽ
一
。
般
(
ら
ら
こ
正
云
々
し 地
す く 域
べ
. は 的
き
制
の
で
経
済
的
基
礎
修 約 構
ヽ
、
と
が
許
さ
れ
る
で
し
ょ
も 関 等
と 係 本
と し 質
し て 的
い
て
な
ビ
・る
ザ
に
ン
す
ツ
ぎ
な
後
う 期
ヽ
)
の
に
こ
つ
で
プ
ラ
タ
テ
、
或
い
ほ
て
云
修
道 々
院 す
、
或
は
そ
の
の
所
り 史 領
訂 料 を
す と 封
し 象
を
大
部
分
と
イ
い
カ
が
ド
べ
ラ
ク
ウ
き ラ
足
雨
着
テ
ス
イ
の
プ
ラ
タ
テ
す
。
し
違
す
る
時
期
る
こ
と
は
の
に
テ
プ
長 嘗
さ 然
を
る
も
も
こ
な
違
か
カ
と デ
し ィ
ま ケ
る
に
の
る
わ
と
で
の
要
か
い
若
干
キ
プ
ラ
タ
の
ま
、
に
次
ら
か
か
る
に
で
思
す
相
違
鮎
い
た
何
る
、
。
を
し
、
。
■
カ
相
似
ン
(
一
〇
七
三
年
が
、
ア
ン
ド
は
同
ー
グ
ラ
に
み
て
O
∽
く
コ
ら
プ
ラ
ク
テ
-
N
る
役
人
カ
イ
ス
カ
が
が
一
の
プ
ラ
タ
テ
失
、
t
N
e
∽
ス
ゥ
が
修
脚
ど 道 フ し
P
仁
院 修
㌔ 所 道 そ
蔵 院 れ
な P
に
に
こ
ド
匂
同
人
t
れ
・
岩
p
、
ニ
三
三
三
文
書 寄
中 進
A
マ
ロ
g
岩
勺
F
芯
含
ま
e
仁
∽
封
付
象 年 言
と
作 O
す 成 村
y
る
}
t
れ
る
件
っ
さ
れ
る
に
て
及
′
イ
ア
が
嘗
プ
ロ
び
に
、
至
嘗
る
プ
関
オ
存 性
か
し に
て
可
し を
な 濠
の
な
蜃
地
展 う
ィ
エ
ー
集 五
ヵ
中 世
同 し 紀
志 て に
イ
は
お
り
ま
す
。
わ
た
り
、
。
す
で
に
ふ
れ
た
そ
如
く
し
の
か
間
、
し
で
プ
も
十
ラ
ク
三
テ
コ
も
ば
の
紀
ス
驚
相
の
・
く
る
プ
ラ
世
紀
末
)
所
コ
の
ニ
ゾ
ロ
鮎 所
で
属
も 年
内 代
容 を
の
異
鮎 に
で
す
ド
ン
O
g
ら
た
せ
、
の
に
ン
N
P
、
コ
e
十
ロ
か
記
ィ
d
P
最
初
の
の
域 F
的 2
に
時
期 形
的 式
ア
)
O
た
吸 後
収 代
(
テ
紀
、
コ
地
t
e
ク
す 較
。
に
O
プ
の
を
示
し の
ま 此
ィ
A
¢
う
若
干
十
し 四
そ 世
い
の
其
修 他
道 若
院 干
領 の
関
す
. 就
以 中
上
、
に
り
方
、
し
重
在
、
島
在
ル
し
て
ス
g
O
更
、
関
係
ノ
社
食
経
済
史
的
研
究
か
と
し
レ
ム
、
し
材
料
せ
な
く
け
ば
て
の
が
て
て
底
が
カ
。
申
特
殊
鮎
イ
諸
修
道
院
と
相
の
そ
所
有
は
カ
も
。
カ
を
で
す
の
距
の
の
に
と
ヽ
所 事
領 情
カ
ス
山
イ
ぬ
ヽ
一
般
イ
流
域
て
お
テ
河
に
ふ
れ
る
い
(
三
っ
ユ
鮎
ヽ
。
を
も
こ
の
カ
か
の
存
世
け
除
の
が
て
カ
ア
ジ
ア
に
々
許
お
小
東
る
こ
い
北
す
れ
に
外
を
十
域
は
イ
種
制
約
が
ゥ
目
と
き
海
領
リ
す 帝
る 国
一
例
ン
く
現
て
っ
ゲ
如
ト
の
云
の
ラ
ク
テ
に
地
プ
ラ
ク
テ
ス
上
着
と
\
タ
∴
ら
ン
こ
は
の
諸
ザ 鮎
ビ
ツ
云
オ
て
が
鏡
造
に
イ
カ
は
十
能
。
い
な 地
ら 域
し の
め 修
道
院
あ 所
り 領
る
で
潰
し
ょ
ぅ
。
(
二
)
に
つ
一
。
測 域
す に
ラ
の
事
る
土 賓
こ
地
.
と を 更
に
に 有
、
よ
っ
て
、
直
接
て
関
も 係
或 の
程 プ
度 ラ
い
所 め
ら
属 推
十 世 年 論
周 紀 代 を
世 か に 吾
か
ロ
?
ク
テ
イ
カ
の
国
庫
し
ょ
。
し
か
し
ビ
デ
し
は
ン
て
同
ツ
い
た
一
世
修 界
事 道
箕 院
で
修
道
は 相 院
修 距 制
道 る 度
院 こ が
経 と と
済 遠 げ
、
の
が
い
等 幾
質 つ
・
た
極
端
之∂7
迦
′、 ヌ 寧 ̄ 講
-・ ぎヲ琴一
蔓
才 軍チ
・′
・一軍一
ー
幸
一腎 一字 準 腎 撃一
・一撃′三:ぅ′
- 誉ンニ、・ 万-・÷-て琶幣
・【≡腎 警≡
、 ′千野 羊…▲
,・評・ ノ
′
「-・一主「三今- ̄
ヒ
号皇
一
≡
∴
デ
・
、
∼
こ曽て
◆
r
≒∴
モ
こ
つ
「
一
J
ニ
}
′
三
′
ミ
パ
、
∴
予
ーノ1
〝
こ
㌻
研
、
芦号・′野 三
・・・・
ぎ
一
ご
与:
閤
き≡
訂
 ̄
・きr
・ラ
二
ニ
l
メ
■
5ヰ
' 1
二
∵召
∴
倉 す 経
●
0
∽
済
に
据
べ
以
ク
の
口
上
テ
ゆ
ラ
ク
ス
代
ル
・
の
・
■
r
★√
と
ア
よ・
ン
と
し
・
た
如
さ
れ
ア
は
と
俗
声
L
嘗蕾蓋三壷誓言言三富農三三言責壷… 羞蓋 三
塁
旨冒慧
雲
要
三
警
夏至至
言
軍
毒
羞蓋 書
蓋
≡
姦
義
量
一
′■
・
.
■
∴享
毒
≡
.
乙;
ひq
÷
ニケ
■
善
警
蔓
蚤
喜
誓
書
喜
霊
重
重
緋
蚕
葦
量
書
喜
義
;
箋
′
ぺ
へ
■
..
ー
ー議
一
∴ ヰ
ロ
よ
喜
一
.
0
\
一
′
〇
観
…
葦
書
警
芸
暮
牽
誓
蓋
蔓
夏
毒
慧
羞
…
彗
羞
警
重
臣
義
.
、'_・
■
/
ゼ
、
を
真
濁
餓
淵
ン
t
・
し
/
2∂∂
■
一
功
転⊥__
二 節
て 雫一
二
撃、 左 ご琴・∴幸一
、
:
ざ
、- ̄
で
、`
く
);
-・∪撃ぎ㌍・ー
1 野
こ
≡野 翠 ・▼
軍⊥撃ご三
;「
・
∼
与
ユ
Jさ
,・・号軍軍・一等・; 野 草デ軍票 き妻・,:デ 弊 習軍・
.
ぎ冨
∼
‥
イ
こ
フ
ミ
∫!
′
さ
‥
野
・「苧苧
二
・
l
耶
≡
一
・ 鷲
ち
腎・欝
こ
瞥
、、・′ 、-
芦き;
≡
ゝ′ て
ちこ
ヾ已
て
「
7
ユ
.
古
ご
55
酢
:′
一
整
′
′
着
記
缶
邑
ネ
 ̄
く
イ
落
一
●
●
′
二
・け
. ̄
l る
.
賢き・ 大・
≧さ
登
::
′
ず
ユ
ス
プ
)
ラ
.
ミ・
転 ̄
矧
題
臣.
、
∴
も
、
l
ー
タ
ン
に
テ
の
従
ご笈. 言
・
r■
 ̄腎.
.■
.■
妻
0
も∴
2
皇
訂
'
旦‡
■
l
′
に
祝
 ̄
■ー
策 ニ?
ぎ∼
し
j
L
▲
l′ ̄
■
 ̄
■
ご
二
萱
妄
藍1
L
サ
ー
r
\ ム
声
こ
 ̄.・
方
一
ニt
ヾ
∼
言
.
六こ
-
i
もぷ
湊
、
■ネ
・ノ
・
∴
)
.毎
び
ず
に
背
.
_・-
一
半
β∂∂
、
す
/
■
、
ヰ
)
l
・
苧
誉
琴
耶
,
寛巧ご
-・・
′
∼㌧常式
ナ
三
星声
準
た 二
t
>
照
こ
琴
一・
,一一
一、 干 さ
叩
て
′串
1
、
隻- ムーこ
・・考、ノ ̄
堀
モ
ゝ
イl
- 一 ・二・r
・く
-
と
こ ニ
′
y
ー
よ
】
幣冒
■野
■
;謂撃 -一
′
㌘
封
一
照
∫
一
′
・野
ヲ
コ
h
1
謂照
コ三
∴
■ 56 ■
-
.._
,
デ璧 巳 ; 去雷 貞一言芸 轟音 孟宗 言 孟墨書書芸 ・
-
は
■解
で
あ
彼 租
等 税
す
ご
(
0
家
ヅ
メ 所
、
し
て
ア
ス
従
キ
族
ノ敷
口
ゴ
数
字
0
の
均
数 家 績
・
圭・
の
と
、
`
′
子
凄
凄
羞船首
薯
■
l
豊
ル
外
の
小
た
お
と
よ
れ
を
を
裕
怒
夷
る
山
わ
'
し
家
し
か
管
し
ど
お
た
カ
ロ
い
面
て
他
な
て
コ
の
農
は
呂 椀 頑
な
と
な
・
て
一
、
か
い
唯 ま
り
オ
0
の
の
に
際 役 言
役 畜 及
た
れ
帯
螢 任
は
地
し
で
、
、
こ
i
\
._
\
_
い
以
ら
及 エ
0
富
苧
い
の
反
れ
そ
有
、
直 居
j 好ク
虹
___.
+
5ア
,
■
用
て
、
い
シ
ツ
に
け
る
大
生
地
勺
e
官 及
盲
れ
て
○
ヒ
の
い
占
ま 駕
計
岩 如
O
。
P
葡
ぞ 甘
萄
司
。
比
こ
司
巾
巾
率
れ
計
計
(
記
、
園
つ
中
を
き
の
声
な
〉
一
ー
巾
.
ヒ
、
(
有
の
問
題
、
へ
何
u
i
へ
・
の
所 す
有 が
群 す
み
る
て
由 如
い
の
る
如
が
例
世
き
存
襲
的
種
え
ば
々
し
ま
の
す
上
(
コ
ヘ
六
る
一
、
)
(
種
類
モ
き
合
の
村
農
。
、
七
C
血
保
有
色
の
地
は
形
容
、
詞
時
が
に
示
こ
す
如
れ
に
く
附
、
が
-
▲
N
ト
土
地
硬
に
い
つ
て
き
集
約
的
ー
課
税
率
て
い
し
に
て
そ
仇
m
す
ど
種
顆
P
か
が
ら
関
係
。
個
ヨ
き
敷 上
、
を
下
し
地
葡
の
萄
農 栽
家 培
々
が
の
の
数
十
の
地
い
保 優 現
有 勢 存
す と プ
(
ま
る
・
計
用
→
3
て
す 葡
ヨ
萄
音
且 其 園
司
と 地 の
訂 科 鳥 面
積
ぎ さ 家
の
、
。
伽
(
熊
な
れ
で
い
う
同
じ
事
賓
を
ラ
ク
テ
イ
カ
う
面
て
績
単
位
、
P
告
訂
。
到
底
否
定
す
ン
ロ
ゴ
ん
ス
て
事 骨
案 敦
で
の
す 農
示
も
す
べ
き
概
念
で
、
宅
息
℃
へ
。
に
る
く
ら
従
べ
の
み
が
賓
際
ヽ
或
ヽ
る
地
土
地
味
が
か
上
く
の
に
行
わ
れ
っ
て
て
の
、
べ
ベ
き
が
で
の
の
っ
幾
も
の
t
の
は
如
す 呂
べ
㌻
く
、
N
-
て
葡 村
乱 萄 A
園
昔
ぎ
と
な
る
名
稀
は
、
の
で
名 優
付 秀
す け 性
イ
家
後
述
(
Q
て
あ
、
し た
て
と
も 解
、
の
ヽ
ヽ
の
盛 蜜
ん
蜂
て
葡
萄
栽
培
枯
こ
な
で
、
る
家
で
実
威
き
い
っ
、
地
。
ト
相
侯
と
は
て
の
。
ゥ
こ
し
際 練
償 き
億 土
、
リ
有
き
、
ぺ
と
。
等
修 い
道
今 出 院 と
問 来 所 説
題 な 領 く
の
い
で 見
カ
現 の 解
ル
箕 葡 も
キ
萄 あ
デ と 栽 り
ィ 思 培
ま
ケ
わ の す
地 れ 廣
方 ま 般 が
及 す な そ
び
普 れ
ス
オ
及 に
他
姓
目
を
方
、
。
す 存
在
地
と
は
の
ま
す
Q
亡
)
に
ン
其
へ
椀
畜
ロ
ス
租
の
る
(
q
q
そ
)
す
旦
首
(
蜜
蜂
群
七
る
、
す
Q
.こ
ト
ば
れ
ま
は
キ
ー
の
の
て
村
、
の
い
〇
も
家
ま
園
す
し す
き
述
-
農
べ
宏
-
関
に
が
て
む
○
押
の
と
し
っ
後
、
を 一ユ
モ
比
讃 較
の
が
ぁ
さ
し
飼
育
財
産
こ
構
と 成
に 要
な 素
家
か
. な
個 養
々
蜂
れ
る
は
給
八
〇
)
殆
間
β
い
こ
O
い
の
々
と
割
出
と
り
(
さ
ら
ス
さ
そ
は
へ
い
オ
F
叫
剖
研 流
究 域
、
ー
耕
作
れ
デ
イ
の
ま
笥
か
計
っ
モ
に
O
の
乳
と
の
高 所
い
有
葡 状
萄 態
園 が
記
個 さ
廣 農
一
は
の
に
勺
民
-
嘗
)
〉
さ
れ
て
所
有
葡
日 萄
O
園
P
中
(
ら 司
お
指
歴 農 叉 園 す ビ 等 之
倒 民 曾 地 言 リ
勺
地 と
を
的 所 勺Q
同
葉
は
指
で 有
の
種
は
す の と す
収 旨 類
言 音 益 ヨ の
種
例 々 数 葉 乱 率 OP
ヨ
え の 多 も が
Q
ば 土 く 司
亡
通 二 に
の
食
用 二 つ
居 地
音
二
に 表
い
巴 司 さ
ぎ あ 現
?
れ 等 て
が
ル
相
、
と
で
ト
に
さ
れ
へ
の
の
ず
額
)
ー
地
苫
甘
そ
に
へ
メ
が
の
河
内
方
先
)
、
O
、
慧
く
す m
勺
q
(
平
地
、
の
び
ま
慧
す 宅
る
に
?
ー
め
地
は
)
ぶ
文
は
穀
物
諾 後 栽
述 培
∼
る
○
訂
司
ら
葡
萄
園
・ザ
〇
亡
ゝ
が
ワ
ら を
れ 表
か
く
名
付
)
を
そ
の
内
容
芯
あ
っ
て
、
と
農
し
家
ま
す
)
。
臥
け
ら
よ
れ
デ
所
有
地
の
合
り
計
た
ル
訟
土
地
ガ
日
ー
P
O
■・、 ■
■
㌘
-ー
・ 賢率`蒜 ・- ・、】
一撃 禦 -′
ニ与
一ざ′
▼幣
・ 彗、 ミ賢 ■
J
㌻渾 ≡
…
ミ 野
琴・′
三
三 、÷・ぎミ
モ!
さ
∫さ
町
野
静
こ二撃
竪ミ
狩
▲
妄こ
ユ
√
れ
∴: こ
†
、
ゴ
ノ
こて
ご
・
腎二
≡受
・ 責ノ∋盲
・
′
二
言
ト
l
郡
二
■軍モ
■
Lノ
 ̄ア軍 警 ぎ ̄苧≡
、′′
・ ニ繁軍享琴_.
58
- ・弓
!牢l
ム
1
ニ
つ
着
' r
ニ
コ
'
二
(
J
主仁
、
道
 ̄
`
■
賃質与 ミ警姦悪手 鼻 琵栗丘窟吉基三豊 蕊 莞 ・
・
F
'
う
ノ
l
ト
トー
●
N
り
費
差 孟孟 て漂言質警警嘗裏芸警憲 さ ぎ 言 各 号
一
右
種
け
が
定
イ
に
す
れ
呂 畜
を
の
の
な
記
テ
貞
で
つ
t
つ
\
・)
ノ
之β2
監+ _
⊥
れ
ノ
59
.
あ
た
甘
戻
し
る
て
基
し
ま
し
本
て
如
、
き
名
ー
N
古
、
●
ど
シ
勺
宇
を
占
め
税
ぎ甘
-
甘
巾
岩
亡
て
い
ま
の
払
戻
に
例
の
す 宣
。
附
加
.
H
Q
す
p
.
税 に
を 封
構 し
を
と
り
ま
す
勘
£ 定
)
、
方
の
苫
「
q
m
喜
巾
ヒ
一
男
く
構 合
へ
Q
e
→
て
い
計
1
ま
す
。
と
附
成
附 加
す 合 加 椀
る
税 に
故 は 話
の
、
i
邑
2
∼
岩
、
、
長
老
(
プ
ラ
性
樽
ク
を ん
。
ヽ
も
テ
イ
カ
A
い
3
の
は
、
)
最
村 長
備
せ
で
の
は
い
こ
る
で
て
事
こ
と
し は
に
で
す 魔
。
女
即
へ
ち
の
こ
暴
行
れ
ら
二
島
、
を
、
声
く
は
こ
れ
(
司
き
て
)
殺
人
息
芸
の
)
、
ら
の
Q
屯
内
(
爪
巾
へ
i
e
こ
一
こ
て
O
、
S
.
諾 喜
ロ
+
e
∞
J
い
た
租
税
、
所
で 領
農
あ
民
ロ
)
る
と
い
い
の
基
本
き
せ
叫
(
i
t
e
税
如
て
Q
き
い
入
で
な
の
は
な
い
事
茸
か
㌻
叫
の
っ
Q
っ
た
か
、
一
。
金 息
は や
音
巾
亡
Q
て
と 残
し 額
て
分
い
に
ま
封
、
)
Q
す
。
す
る
(
後
述
)
と
む
す
び
つ
け
、
第
一
(
)
種
の
同 延
じ 滞
。
s
旨
卜
穿
n
こ
同
日
で
全
が
計
…
ヒ
)
、
れ
る
に
き
ヒ
払
…「
召
集
七
ま
す
。
係
首
岩
の
年
二
排 度
て
隻
し
司
き
q
Q
訂
e
亡
=
ヒ
各
農
㌢ 家
〇
七
異
に
つ
て
、
、
、
の
一
せ
ん
が
、
租
ル
税
ガ
た
る
ー
は
に
次
相
の
嘗
す
四
、
る
息
で
計
べ
こ
そ
の
の
泰 租
税
す が
意
味
く
陰
訂
Q
旨 首
∞
の
句
(
㌢
は
り
は
っ
巾
岩
て
七
一
の
租
声
Q
つ
む
、
こ
㌔
家
族
構
基 各 成
本 農
税 家 所
と の 有
し 椀 財
た
薇 産
を
デ
と
を
、
い
は
つ
㌻忘 主
Q
→
、
い
立
3丸
a
岳
に
て
に
む
し
た
構
思 関
2
の
記 様
&
至 忘
り 岩
ば
な
R
上
に
ば
な
へ
Q
を
㌻
せ
ね
巾
を
記 合
さ 算
わ
ね
ぎ 邑
岩
の
負
り
首
こ
が
注
目
お
、
加
税
髄
、
ヒ
一
2
で
す
。
分
割
納
附
加
が
e
→
子
が
、
ロ
利
告
ら
税
く
、
甥
♂
れ
e
に
と
(
山
税
と
旨
て
箆
と
ー
り
ま
(
A
d
e
冒
S
今 芝
ロ
度 e
苧
こ
て
こ
し
村
村
如
く
村
落
n
、
い
(
の
こ
、
、
巳
の
.
合 租
算 税 以
の
と 自ヽ 日
し 由ヽ 巴
、
本
宝
つ
問 ろ 改 来
い
題 な め 罰 首
の
く 毎 金 岩
て
注
定 年 を
目 長
期 恒 意 の
一
す
的 常 味
も に 的 し ○
べ
訳
き こ 定 に ま
は の 額 計 し
後 を 上 た 首
河
徴 さ が や
の
内
集 れ
意
が
さ
後 に
二 味
れ
代 相
つ
で
こ
る 般
嘗
の
す に の の の
除
至 租 罰
二 蔑
條 見
三 岩 項 財
唱
の
に 賓
署
犯 叉 加 の
罪 已 え
に
′ て 囁
対 せ 第 匿
三
す
る 挙 の
音
罰 げ 除 q
外
て
金
外 の
保
乃
至
対
髄
ま
巾
(
)
t
P
連
中
期
う
の
所
で
領
し 村
ょ
落
た
記
し
邑
ツ
囲
、
と
⊥
し 何
さ
れ
る
こ
と
老
看
取
は
。
の
び
て
定 の
額 言
と 葉
七
i
の
お
え
等
異
き
e
ら
な
補 が
債 切 足 行
税 は 的 わ
こ
附 れ
本 が
質 有
た
こ
国
H
て
僕 晋 項 長
一
項 q
と
る
代
ぬ
ン
再
は
い
-
○
ザ
の
に
を
ヽ
e
て
と
し
は
合
冨
ち
m
ロ
て
「
内
ヽ
所
現 領
象 村
と 落
言 に
を
蒜
-
て
e
国
-
い
e
2
、
に
こ
て
や
2
間 自
い
治
巳
あ
e
ば
な
り
ま
芯
G
に
こ
ね
ピ
内 コ
P
っ
の
は
味
し
=
邑
こ
興
ビ
わ
の
に
、
同
時
。
e
毛 封 髄
、
す
止
、
は
か
-
3
(
を
示
う
(
司
汀
税
す
。
(
1
)
○
訂
Q
甘
m
冨
亡
の
ー
き ○
り 択
(
し レ
て
定
い
の
ま
首
ワ
)
ββ3
議
ミ
ニ上
ー
冊
・・ 照 デき・
一
.・
完毛
ノ
ノ
首
憫
・ ミ・一一
・ ・・・・′ず一
郡 ≡野
幣 モ撃琴
二
モ
チ
1
号ごr
ご
っ
軍
茫
う
二ノ 蛋
写 萎苧∴′l
-- 一
・一
、∧-、ノ・■
- ノ
-, ′郡′写っ
1
ト訴
「 ・
∼
1
√
㌔
ちく
ご
モ
ク
・
二
港
メ
㌢
三ご
一
〉 r 、 ・-・
ア
て
\
狩
っプ
こシ
\
野
、二
部
・
首
こ
・
r
㌧
密
ミニ三吉モ
■
 ̄
■
;て
乍○
モ
′ 司
ゝ1
l
-
う
以
●
租
蜂
飼
れ
以
微 意
集 味
こ
を
の
原
立
し
題 法 判
た 上 橙
れ
の
ト
移  ̄ま
を
俵
然
す 嶺
0
旦
は
恥
■
等
轟
葦
要
音
要
童
差
芸
量
誓
書
義
書
警
壷
軍
誓
言
、
、
忘、.
し
享
■
墓
慧
蔓
裏
書
誓
書
姜
喜
蓋
彗
蓋
潮
喜
く凸
 ̄
、
‥
■
・
一
れ
.
所
.
.
.
t
ト
も
と
○
の
リ
一
q
、
ノ
J
β♂≠
■
・
.
卓
_一
三
三
う
、
準警望
野
一撃軍三野
野 野 幸
′仇
琴平1■
′
、
与苧
ネ
ミニ
軍き
ヲ
鴛
ンご竿 撃
手ミ
一
、
i
二
一
'き■
野 :′
.
′
野
'
■
ンメ
芝ア
ナ
a
れ
二
′
間
望
デ
・・・・・■実
ー
・ 野 ・-′
誉…
ノ
7
コ
キ
一
・撃
弼
へ
慣
・■・
・・ L で ̄
`
}
:
わ
-
叫
ご木て
く
1
一
ニ′ごゝ
▲ぎ
h
¥
f
監 二・
幣
働
日
支
を
の
l
、・
堅:ミ
ニ
せ.
フ
ア
ア
ビ
事 慶
、
ザ_ 情
′
ン
る
ッ
た
す/ ば
'
の
で
け
に
の
支
で
も
全
を_ 三
四
現
以
葺革琵藁葺貰蓋き膏
警
警
菩
吉
苦
言
嘗
嘉
羞
曇
転義
二
賢
…・,
…
′
・
,
し
ぺ
、
は
,
囲
り
い
。
囲
と
オ
.
ツ
る
オ
ツ
複
に
ノ
d
わ
ま
_
.
t
ヽ
れ一
の
0
プ
ラ
ク
テ
 ̄
て
イ
カ
に
お
済
蔓
蔓
蔓
重
言
要
藁
誓
書
窒
蔓
音
重
蓋
毒
蓋
墓
/
も
・一
ヽィ
ヽ
㌧
て
も
れ
を
、
貸
螢
う
セ
裏\
一
ル
テ
は
と
、
の
制
ザ
す 倣
を
幣
わ
か
蜃
て
イ
ま
こ
る
系
す
祝
く
ヽ
宴
ソ
蔓ニ
・、
・一
ノ
ー
と
む
解
課
ア
臣
董
墨
毒
筆
葦
蔓
墓
喜
芸
謂
墓
室
蔓
蓋
壷
壷
滋
、
▼
・
ノ
・
d
▲
至芸 〔 孟窟 孟菅皇孟警 三雲芸才■霊宝 ご慧 聖
望書
…青
垂
買
妻
要
蓋
芸
雪雲き
葉
筆
彗
墨
凄
姦
悪
堅
1
-
・
三
・
、
■
、-藍/
: 鷲言 語蛋
一驚雷雲琵完 三富完璧 主藍
蒜・ とミ 宕 孟
も
う と 的
生 現 は 以 白 蟻
カ
二
∫
ゝぺ∴
分
争
罠
こ
に
税
、
ガ
粗
0
産
金
支
て
ら
'
l
相
と
ス
の
地
だ
し 諸
キ
、
ビ
の
優
`
≡警牽
匿
至
宝
書
苦
毒
重
葦
撃
藁
毒
筆
管
掌
書
歪
要
、
も
ヽ
・
ヽ
一
こ
堅「
・ 萄・
書
聖芽三 吉 ち 雷完誓三言晶子姦毒芸 よ 忘
宗ミ
ニ
・、;
皇
 ̄
一■
、
月∂∂
i
こ
.
=
丁:
を
■
、 覿′
言∴
萄
.窺
ノ
■
Jノ
‥
t
:
ニ
; `
∴感
■
幣轡 冒撃
ニ
ー等
・--.′
(
ノ
†
三
, でヂ・:ー
ラ .
で
▲
ン
r
-
ー
ニ
)
首
、,竺賢芋・ 軒・一
筋・
さ
二
,
ー
野
野
マ琴三 ㌣
ァ
・
野 草苧≡
、
緊h・・ 子-′
一
・
ご
タ
′
一
・・ ー
ン J
、 ヤ
三
野 ぎ準
⊥
㌘
・
J
〉
一野 ・う  ̄
星く
幣 土
ヌ
ゝ
野 野
琴,・・・′雲√・
■
6乏. - 箋
、
妄巻
毒
1
'
イ
、
{
.、
-ノ"還
J
享子 言蒜喜嘉島是箸岩窟霊 芝 苦言 冠雪三. ミ
、
事
、
.
・
ニ
賃
妻
・ ̄
-''・
一
†ニ;
 ̄
■
7
小
・
・
L ゝ
ぐ
ー
∼
▲
一
・
,
′
テ
三 丘
ト
 ̄
▲
.
こ
′
由
、
イ
こ
′
の
、
三
遷
ら
、
-
∴巧
■
で
,
ニ
ト
l
・
ニ
′ち
室
・凄
チ
-
言
ノ
⊥
∫
炒
主う
人
、∨
・■
・≠雫
_,一
、
r
し
l
か
l
モ
、
し
ブ
ニ
!
≠
・萱
・
ノ
轡
三ゝ
一
,■、
J三
蓋
\
-
1
恵
む
ミ
;
、
書
てミ壷
`〉
.■i態
、
、、・)
ノ主
・-、く
、
さ・
∴
q
ヤ
こ
:
ミ
/
∼
J
、
ー
 ̄
ー
ヲ
セ
し
. .睾
・
ー
人
+
1
;
乍
1
ごゝ
'.
=
之β6
●
戸
・iT一
望
■
一_
/
転二 _____
L
二
:丘
一
也
】
J
W
。
オ
ビ
ヂ
る
大
土
地
所
有
の
問
題
キ
き
は
. 同
、
様
こ
)
、
の
種
部
分.
的
移
譲
の
示
す
ご
と
く
、
(
よ
り
0
0
邑
全
日
(
A
保
讃 身 念
巾
し
ま
q
の
中 除
N
浅
、
N
息
粁
R
い
た
(
全
入
日
巾
叫
■男
を
農
民
数
か
に
ら
つ
司
残
額
す
p
ラ
ク
テ
こ
ィ
コ
ン
は
、
.
の
様
学
芸
尽
請 き
求
い
の
へ
地
額
(
の
、
)
に
、
Q
C
ββ7
し
訂
宍 笥
丸
丸
記
き
ヒ
山
及
は
び
め
他
胃
○
の
払
t
修
道
院
冒
亡
品
(
乱
。
り
巾
)
爪
。
ヽ
へ
巾
∼
∼
。
∼
へ
C
仙
へ
へ
○
-
ィ
コ
と
且
の
(
A
岩
か
て
れ
ま
り
た
す
賓
収
し
り
よ
り
の
も
ゝ
e
C
)
や
固 萄
よ
園
り
金
額
に
し
い
て
る
は
こ
僅
(
A
2
∼
鼓
弓
甥
異
ヽ
(
家
三
収
)
入
今
の
ふ
れ
し 健
、
ビ
、
十
ザ
三
ン
世
ツ
紀
末
政
府 以
民 い
を
た が 降
昔
と て 記 如 打 急
司
の
激
概 載
鼓 問 観 す く た に
司
緊 加
莞 満 を る プ
と 得 筈 ラ 急 わ
3
ク 措
り る で
即 む こ す テ 置 た
ィ
の
ト
ち す と が
ル
領 ん も ■ 一
主 だ 同 所 ン 環
人
私 私 時 領 は
有 的 に 圭 本 と の
の
契 卦 が 来 説 脅
粉 約 爽
移 明 威
に
る 所 譲 さ
挽
場 例 よ 領 さ れ 封
・
一
)
。
国
の
恕 所
司
領
計
主 入
賃 ぷ 喜
が
に
3
.
貸 3
て
農 つ
記
れ
よ
に
ち
へ
の
さ
ぅ
、
㌫
に
入
え
ば
て
・
-
み
巾
コ
、
、
(
る
特
赦
が
、
の
囲
家
さ
れ
て
印
す
吏
に
よ
璽 り
附
い
皇 0
る 帝 訂
鮎 文 思
○
に
書 ㌢
存
、
、
】
○
小
究 国 現
を 家 存
通 収 プ
じ
て
入
の
移
申 譲
ラ
ク
テ
イ
し が
ま あ
す く
。
ま
カ
そ
で
し
も
原
わ
ば
て
っ
一
の
な
黄
金
ヽ
コ
に
免
札
保
護
、
、
改
・
っ
て
p
附 二
輿 種
へ
、
テ
て
1
り
も
プ
ラ
ク
叶
を
以
1
っ
1
、
仙
∼
定
謹 品
書 mp
空
音
、
ヒ
巾
其
河
く
、
定
、
望
e
の
山
に
こ
仏
指
に
の
七
る
ミ
㌢ と
司
勺
Q
q
盲
、
ミ
、
中 ‡葡
記
し 事
切
型
、
椀
ン
封
紋 葛
叫
息
り
益
の
結
果
声
く
-
℃
∼
修
道
院
主
た
彗
計
哲
白
ペ
収
年 居
具 す 訂 間 い
健 る 甘 慣 て
的 権 巴 習
の
プ
教 利
て
て
で
は
の
限
ら
え
を
な
領
3
と
さ
れ
に
か
は
額 部
無 分
岩 指
。
賦
役
っ
き
R
℃
と
と
収 ず
キ
す
直 収
罫ー
属 入
勺
の
)
へ
附 文
興 書
が
る
へ
を
.
負
息
e
旬
F
。
言
本 の 宍 監 息 叫 訂
み
換 来 再
乳
…
守 冒
司
叫
亡
丸
る 言 修 現
e
勺
ぷ 恥
に す 道 を 岩
計 岩
ふ
至 れ 院 想 営 司
文 ヒ
ご
q
き 矧 岳
「
ば が え
き 司
ヨ a
七
た 国 国
q
司
焉
3
喜 旦
ゴ
か 家 家 つ
e
e
喜
ヒ
に
け 収
㌻ 音
乳
ま
甘
で
入 封
ヒ
り
と 歪 遥 昌 ヨ
す
し
熟
い
Q
免
て
…
が
て
う 監 至 叫む
.
固 修 納 租
宅
R
訂
ヒ
の
e
芸
q
よ 道 入
叶
q
誉
七
打
ヒ
計
り 院 の 特
笥 ぎ 司 息
そ
そ 義 櫨 岳
e
e
む
邑
の
叫
の
務 が p
更 と 已
と
∞
修 ㌢ 制
道 で 賦
院
役
に
家
玉 辟
属
す
分
p
あ
、
を
好
く
を
の
国 辟 い
家 屠 た
も 収 が 租
F
で
は
の
全
も
場
合
0
0
)
ル
ー
る
に
指 y
や あ 入
蔑 定
分
と り が
額
移
分 及 い 得
う た 譲
に
こ
び
さ
つ
国
れ
ゴ
に
N
た
ロ
ス
、
の
い
行 際
わ
常
.
り れ
へ
し
ト
帝
国
お
け
よ
ス
ン
ッ
中
や
す
廣
が
修
道
を
院
さ
首
り
ま
河
内
則
だ
、
っ
声
く
た
の
と
、
中
の
い
例
外
現
象
で
あ
り
、
部 そ
分 の 全
指 比 面
定 較 的
白 研 な
・ 撃・
腎 苧野、琴‡ニ琴′
-
三
さ
L
茫チ
声
軍 野・ 幣
=
三
-
賢 7㌣
一
間
撃照腎■野
∴
■
\
う
;
野 軍 鷲幣攣琴 ・き・ 軍曹攣′̀
‥ ヂ争
、
ゝ
言
`
i
′
、一
l
寸
ノ
じ
怒
'■琴∨
■実演 -デ空■璧■
、■
・・ 喜璽
ゝ
′
、
1
く∴
・
・ ・ 糾、
/
、、・
甥
\▲⊂
′
芋
.
の
-
に
も
・
な
除
・・二蛋
〉
ま 字
こ
′
ト
J
ぐ
与
/
裏
書
芸
ヽ
小・
L
う
・
彗
・
に
一
二
イ
、
・
コ
c
.
〟
ノ
一
っ
が
■′
箋
責
芸誓彙三 ≡
墨
書
書
、・
・
う
,
■
■
し
つ
上
署長 …箋
、∴
芸て芸事
孟警堅蓋芸蓋嬰芸葦警晶
モ
r
`
妄言,
雲量普遍慧 写警写 空言 慧
孟 宗量
・
舅
二
蓋批重
葦
羞萎
要
羞
裏
芸
章
昔箋
三
■ ・…・
∼
一
丁
1
有
ば
へ
を
一
有
し
た
植
と
て
か
一
昔_ 合
六
`
ま
ぺ
モ
、_
、
J
享董墓
泰
墓
要
室賢
喜 蔓当
牽套
壷
馨
芸
重
 ̄
室
・
■
し
…
琶
至
芸
要
妻
意
芸
茎
警
重
壷
墓
義
至
歪 喜箋
・
-
ここ
1
.
・ ■
'-・j
〆
乍梨
βββ
ー
∴
く
■
巨
-
ノ
s
㌻。
∴七÷
▲
一
・
-■
:巨
ミ
■
ミ三
、プ、、.
一 ̄
▲
ヲ
J
払 与
■
r
鮎
・
.
.
司
書
曾
乳
煮
・
ビ
ザ
ン
ツ
帝
に
■
お
け
る
大
土
所
有
の
問
題
邑
計
訂
邑
○
の
藍
お
論
の
の
色
上
家
計 息
に
お
族
二
ま
十
い
で
(
年
間
そ
く
と
も
十
但
の
芯
「ヘ
e
…
q
計
ヘ
て
q
叫
へ
ヒ
一
こで
司
q
q
気 葛
土
ぶ
地 り
ヽ
岩
へ
ヒ
に
乳
邑 昌
〓
て
さ
れ
る
計 已
土
地
〉
「
土
地
へ
の
、
(
N
)
(
、
の
も
こ
へ
人
の
束
縛
一
人
を
の
前
線
農
民
と に
し つ
な い
け て
の
れ
ば
さ
れ
て
そ
も
所
領
他
に
に
で
で
の
束
縛
登
す
い
ま
す
。
そ
一
般
原
圭
を
さ
れ
て
い
い
ン
う
な
中
の
い
。
さ
つ
れ
ま
り
、
、
主 義 そ
人 務 の
と を 結
し 果 果
裏
か
ら
申
も
則
て
さ
嘗
せ
ナ
詳
細
そ
は
も
記
ン
述
ス
自
で
. 髄
す
し 農
プ
ラ
ク
テ
プ
ラ
ク
テ
ね
ば
な
ら
ば
な
え
ら
プ
ン
イ
イ
セ
、
、
民
逆
の
q
U
カ
に
お
、
カ
の
ヰ
ぶ
権
利
ぬ
が 農
剥 民
奪 に
き
れ
ラ
ク
テ
は
、
ナ
コ
ン
の
所
有
へ
)
働
の
ー
、
宗
建 の
経 官
済 記
は
○
け
の
る
保
有
と
ほ
地ヽ ぼ
に
つ
い
同
ー
へ
N
択
)
の
み
が
、
一
一
の
、
計 3
も
、
何
れ
か
の
プ
ラ
ク
テ
へ
て
》
)
三
り
く
に
四
得
べ
つ
る
五
き
も
て
七
の
一
年
に
お
戸
が
い
の
て
農
あ
り
吏
ラ
ク
テ
篭
巾
苫
へ
い
ず
れ
)
で
な
け
れ
に
も
一
切
義
ば
務
な
を
ら
ぬ
、
負
っ
司
長
勺
喜 音
七
ヨ
苔
叫
の
さ
鼓
ヒ
巴
・
邑
竜
払
岩
唯
一
一
も
。
イ
カ
の
六
河
田
比
戸
よ
較
た
も
に
。
農
ゼ
民
を
至
り
地
の
文
の
か
農
に 書
受 中
は
後
期
ら
地
追
を
で
新
に
お
い
れ
の
し
け
た
得
次
い
る
て
放
棄
す
移
如 住
こ
る
る
の
こ
こ
「
と
と
も
、
し
、
の
所 新
領 移 き 民
主 住 紋 受
の 者 切
入
プ
ラ
ク
テ
ィ
音
コ
盲
ン
q・
三
、
農
堵
(
《
中 す
ン
る
㌢
家
ツ
な
へ
巾
、
依
然
す
入
の
、
プ
示
如
何
も
い
る
い
、
所
有
い
他
(
土
地
が
其
へ
れ
る
領
内
な
.
点
領
主 葛
巴 の 篭
+
に
え
ら
も
い
の
の
欒
動
た は
ど 驚
輿 ま
え
賓
に
さ
れ
て
巾
を
す 考
現
て
ン
「
一
連
横
た
と
て
録
「
に
の
が
示
領
主
登
コ
《
邑 ま …
り
⊇
由
「
な 国
、
、
且
、
家
ち
ィ
》
つ
も
テ
、
】
声
く
ち
+
わ
け
か
か
る
宝
民
り
(
即
t
と
録
へ
へ
る
。
そ
写
に
お
「
コ
す 所
領
も
乱 農
勢 封
制
は
。
(
そ
-
一
部
れ
六
ん■ 年
せ
「
の
嘗
然
反
映
。
。
そ た
し 農
て
奴
し の
ま 種
し 強
た
よ
農
う 民
-
者
ィ
。
、
そ
も
え
ら
今 彼 旦
巨 て 土
降 問 等 ○ 所 に 看 地
題 の
所
邑 謂 つ■ 取
さ
有
古 の 土 ○
い
ロ
経 て れ を
代 ゼ 地
を 済
る
保
末 ザ
も
期 ン 切 そ 外 云 と 持
ツ 凍
の
的 い 同 す
- 後 縛 本 強
様 る
ビ 期
に 質 制 得
の
に
+
る 事 過
に
そ
ザ
と
ン
つ
の
し を で 態 ぎ
い
ツ
端 ま 加 し は ま
も
に
る
農
し
た
以
い
け
叫
見
出
紀.
て
Q
を
世
少
)
へ
表
現
一
も
と
Q
苧
苧
一
、
束
し 定 縛
+
現 住
賓 を の
芦 は も 原
く 兎 う 則
宝 も て が
再
㌫ 角
と 自 び
し 己 顧
ご て 白 を
身 化
Q
後
訂 述 は し
。
e
束
縛
な
あ
爪
、
も
く
と
も
音
宝 邑■
邑島 き 声
)
的
少
笹
m
q
…
て
そ
ミ
亀
司
?
民 初
は 期
、
へ
へ
∼
よ
り
く
と
も
理
ミ
記
き
に
は
、
り
型
れ
の
国 の 特
家 句 権
を
の
で
プ
す 所
領
即 主
ラ
ク
、
ザ
土
地
へ
の
束
縛
+
を
何
に
が
、
そ
出 出
爽 束
な
な
け
く
れ
な ば
り
ま 領
し 主
、
野
間
与ゝ 琶
・・・
攣琴野圃野 ′芦・・、・・_ヌ野 琴
:
ヌ㌘
<
ノ
攣野
野 軍≡デ.・′
・・ ・
人
乍
・
ぅ
間
・、一撃攣雫′′
・ 警・、一
-・一・■亨 ̄
…
・′
l L■
66
・.蔀
_モ/宗
・′二謹
㌧
∴
∼
声
ミ
J
ごブ
▲
乍
∠
一
Ⅴ
コ
,
:
さ
∴
竺を喜巨芸喜喜三買三雲革誓言責苦与嘉冨
t
一
・′
、 室
.
■・
当
=
:
哲
‡
奮
室
警
妾
蔓
蓑
喜
嘉
夏
塁
蔓
妻
羞
重
要
彗
萱
≡
書
墓
至
箋
…真
警
書
離
葦
室
筆
蓋
霊
書
誓
歪
室
董
芸
喜
喜
i. 壁
■
ー
ト
・ ・
一
・
去さ
J
二
;妾
ぺ
ヽ
ノー
/
■
さ
ま`
0
.
■
ヰ
_
ごく
二
琶
量
二
羞墓蓑歪旨雲 芸買謹言蓋 冨童蓋琵冬蓋 ‡
室
.
.
._
イこ
∴
…
箋
彊
賢
毒
至
蔓
萎
毒
室
圭
蔓 重書
芸
毒
萱
喜
藁言
姜
√
∼
芸芸 吉宗慧且 芝宗吾 三悪寓 言 竺 言学習真 言
要
・
ノ
■
、′
室
■
≒
十
濁
重
芸
葦
掌
蓋
書
貴
葉
喜
言
董
吾
重
誓
享
蓋
蔓
-
・
・
.
ペ
ニ
る
._
ま
詩
27ひ
、
7 1
∴
転
⊥
芯
奄
r
こ
妄
虹
_____
三
三
 ̄
琴亨ぎ芳軍■弊習、 、′
ん
∴6 7
′
一
.一
←
1
ア
ノ
 ̄、r 一
-
澤≡ ちヤ
ぎ賢
三
ご
或
く
、
′
,
▼野 ′
㌢て
-
ヨ
=
ミ
・、 ̄弓三撃雪'弓・ ・
ー軍■
・
榔 モ
野
ト
三
∼
コ
`
鞋一
、
慣
転
・
モ
Y
コ
・_-・ミ野手
・ 警・・ご幣
†
ご
屯
・二
㌧
轡
ユ
∴
ー
…` 芋ぎ▲
■
ヌ
≡
L
攣 攣 攣野
・
】
緊 淫̀
,
、
二
査∴
武 ヽ
。
`
雪
書霊
蔓
悪
雷
雲
芸
…至
書
羞
毒
薯
壷
臣芸
雲
軍
・
,
演
 ̄
拓
財 身、
一
.
'
四
○
芸三義 香羞写警芸芸冨誓言誓言
一
_
_
喜
二
賢
妻
者
凄
書
を
重
号
富
羞
曹
嘗
雲
量
嘗
毒
壷
芸
毒
董
・
_
ゴ
l
■
/
さト
こ
き
才∴
;
:
■
・
ざ≡
く
京
く:
こ
羞′
、、
∴
心
甘
)
′
・
こん
、
,
も二 :
\
㌧ダ
、ネ
罠
く
二
ざ
、
こ
き
_∈ ̄
■
■
ち
\ケ
■
_ー
■
、
\
遼
ニ
聖二
ペ
ミ
レ
ゝ
。
ェ
'
;妻
一
1
≠
-
く
晃
一
苛こ て
許 ゝノノ
7
討
・
主
一.
完
、′
■
二\
■
∼
望
訂
一
β〃
′
\
夢∴
'
一
々
′
\
′
三途
,. 一
・ 一
・ 咋一・∴
濃
ゞご芦
.
青も
?
溺
-
ー■ ̄' ̄■
7
;
メ
ア
こ
こ
■
'■
■
、
■
野
㌍
で エふ
∴
〉幣一
■ヂ亨
・芋
撃 ̄
丁
 ̄≡
珊
:
ゝ
1
→
F
し
宅
て:
彗 ;
・ 華甲 野≠
・・三
・ 、1 ̄
・
亡
i
ぎ 卓
7
澗
・′
野
・
野
野
野
冒
三
■
、ミ三
・ 準胃
・ ■
、-㌔了
・・一
郡
芸
芸
一
l
美
∴
与
.
㌃
お
を
凍
と
お
有 有
は
毒
害
 ̄
妾梯賢
枇妻
毒恵箋
墓
警
喜
●
馬
、
二も
,賢
孝
・′
二⊥
き
ノ
ゝ
ぐ
I
∼
へ
ノ
し
乃
い
せ
ざま
土
に
_
.
、
y
・
L
て
る
\
を
然
′
. ′_
…
き義貢喜芸琶蓋誓言書雲
く
こ
;
′
ニ`
芝
苦
責
至
蔓
宣
誓
妻
霊
墓
董毒
告
が
-
も
F
,
蓋志三遷
蔓
警き蓋孟
O
、
お
誓
毒
歪
宣
書
蓋
妻
吾
室
か
・
ュ
雪盲
キ
′
少
、
葡 を
萄 有
く
・ ↓
■
モ ? デ蒜よ;
持 所
・■
?三菱
1 p
第
ヨ
(
、 ・
莞二
ゝ
義・・惑
, ∧
て
芸
書
警
義
嘉川
芸
芸
蓑
毒
萎
蓋
暮聾
嘉
重
裏
芸
 ̄
_
っ
 ̄
r
れ
は
ラ
加
め
ば
生
地
以
或 乃
た
上
上
意
れ
疑 点
。誘
嘗
箋
要
彗
重
芸
窒
喜
重
義
書
芸
写
蓋
睾
書
彗
量
三
責
葦
垂
駁
警
嚢
書
姜
雑言
牽
三
 ̄
一
!
・
ノ
ミ
し
…
.
■
忍摺
■
・′芸ま
毒
.′
ゝ
、_
. 写■
.
積
'.
、■
、
く
卑
々壱
;
、
Y
阜 き
転
⊥
‡
言
⊥
一
_
′
野▲ノ
笹
∼
_::
墜一
蔓
草
サ ・■;
ヨ♭i
〉
〆
.
郡
モ
 ̄6 9 ・
野
、 ′・
れ
・ ・・苧¥三・ --・
聯
メ
卿
7
:
L
ノ
・
聯
ゞ
ご
・・- ブ・学芸・・・三草胃
`
与
ミ
丁
、
ノ
咄
マ
警
:j
▼ 】チ
郡
ナ
7
勤
、
郡
ッ
一望, ・ ・
▲
せ
′
≠
▲
・
′
--′
.
慣
㌔∴、
哲
こぅ
エ〉
宗
丁
ノ
で繋 -㌣ご
ヤ
、▼
1
≡
1
て
r
1
∼
「
二
聞 入
題 ほ
と の 記
思 解 入
;
た
以
上
て
蔓
、
墳
三
襲
三
′
●
ノ
い
芸
容 如
ブ
を
き
ラ
ク
記
す
プ
ラ
現 記
賓 事
、
、
に
は
'
も
稀 小 珍
に 作 挽
言 料 場
及- を が
魚 造 成
一
民 院
に
の
っ
ヰ
き
言,
一
ヨ
っ
へ
の
て
の
六
小
○
享
五
か
て
ら
臣
壷筈
・
∼
き
 ̄
莞
:・`
ぉ
姿∴ け
■
'
:
キ
一
ぉ
り
・
賢
重吉
濾
き _
- プ■所 `
-ノ
妄・
■
■
へ
芸
蔓
墓
喜
妄
墓
志
芸
葦
喜
雷
雲
言
意
書
藍
. 芸. 豊
′
.
 ̄
′
㌧
ン
墨
重
臣羞 要義姦
量
喜
重
要
羞
萎
蓄
毒
姦
筆
、
、
・
、
r
露
;
暴言夏
筆
写
重
喜
茎
真
警
違
量
書
窒
雲
羞誓
書
賢・ 喜
萱
■
政
上
を与
覧∴
一
-
の
己
た 恩
の
っ
く
大
う
か
今 く
'
一
く
と
と
ツ
圃
、
に
イ
カ
る
お
、
ぺ
ら
、
、
と
ヨ
て
封 飴
琶
'
か・
ら
、
写真警悪習芸琴芝豊票書芸 書 聖琵晶g 王 墓
、
【
∴
′
匡淵蓋
蓋
梯
要
て
・
.
′
、r′
、
ン
こ
■′
.'一
.
′
、-′
r
. ノ
○
来
郎
力
目
項
0
讃
の
賓 敷
の
だ
到
0
く
の
た
、
弓孟
ナ
\
戸
き㌣
β7 3
妄
二
冒
基
・賢、ィ
;
≧→ :
ご
題
.
、 ■
. ., ・・ 一
′
.
▲
汰
l
亡
唱r
ぎ
ェ
くl
= +
ニ
宗 モ
訝
∼ 要撃
琴
1
J
軍 芸・.テ誘撃轡≡・サー
′哲;亡. 苧
・
i
ス
†
琴
・  ̄
・■
・ 苛 んモl
寧
冒 ぎ
・ 昂
ゝ
仁
■
ぎ
- 賢㌣夢 ;二■声 二言:■ ・ て 三
ん_ー■
穐
l宇
顎
ワ〉ゞ
もてて
;
ご
て
∴ア
苛
二
ンゝ
ノ
-
し
=
l
∴
t
ノ
∴
漂鷲
ご
.
- き。ラ、、・′
∼
恥
年三i
等
70
′讃
ー
r
 ̄、
・、
二
ニ
き
、
l
ジ
寸
J 亡,
て
)
1
雪
ぐ
Lγ
■
′
ノ
ノ
・ 鸞
∴
_
′
一_
址
七
l †
\
・
)
ト
ィ
3
議
・
ニ
イ/
.・.買
- ̄
′
∼
一_
.璽
、
r
さ
二
項
)
こ
′
カ
二
三
・ば
ら 海
の
き
て
を
た
れ
る
り
と
納 憤
る
定 家
る
つ
、
占
‡
8
に
は
り
ス
_屈
貴
の
キ
う
筈
合
さ
い
た
を
れ
ま
諸
え
ば
し 修
て
道′
イ
コ
は
さ
す 貢 怠 で 私
ぺ
租 ヨ 鼓 的
J
、
■
至
当
豊
葺
掛吾
■
ご
丁
し
≡
′
し
∧
2 7≠
彗
一
、
発
l
ノ
′
ヽ
- ̄
ー
 ̄望
〟
l
ぎ
Y
71
∵
e
九
世 且
紀
)
の
以
・
ビ
☆
ン
ツ
帝
国
に
お
け
る
大
土
地
所
有
秒
間
題
り
ま
中 す
後
親
て
お
、
。
で
方
で
の
ま
で
あ
り
ま
し
場
合
参
照
せ
ん
国
家
と
農 所
戸 民 領 他
口 保 圭 方
税 有 は で
)
地 そ
農
、
ほ
に
と
共 相
嘗
に
所 の
領 部
農 分
を
民
よ
り
、
の
所
領
ょ
の
ビ
ン
ツ
中
期
の
人
る
の
徴 頭
集 税
地
如
く
主
(
、
(
乃
自 至
q
C
て
想
定
し
期
に
り
、
租
の
く
と
も
事
ビ
ザ
ン
ル
ガ
ト
も
以
上
の
如
き
H
D
e
30
コ
納
自
身
に
該
嘗
、
形 樽
帝 成 襖
国 ・の 期
ツ
に
関
そ
れ
、
し
は
、
て
何 理
故 解
い
十
た
せ
紀
β乃
隔
て
で
っ
て
は
土
地
お
問
題
+
を
内
す 容
限 的
一
え
の
と 所
し 有
て
り
も
の
箇
虚
に
同
国 時
家 に
か 記
納
ら
め
責
任
さ
れ
て
を
い
ら
ね
ば
う な
で
ら
ぬ
よ
す
き
ぬ
。
負
る
わ
所
属
さ
れ
、
「
古
代
末
ヵ
は
ム
の
述
が
土
を
し
あ
行
か
テ
ー
ト
大
部
分
べ
で
っ
は
ろ
と
せ
ね
ば
な
り
f
仁
ロ
d
に
よ
即
場
合
○
に
が
づ
き
上
げ
た
場
合
、
に
債
馨
税
妻
、
中
の
毒 古
帳 代
末
期
(
-
す
i
O
e
β
払
萱
p
∽
)
已 中
の
法
典
中
の
紀
イ
以
ム
降
テ
ー
ト
所
属
と を
な .
現
存
紀
封
が
所
紀 有
ら
で
以
し
、
下
前
未
に
つ
だ
し
ヽ
封
象
、
で
い
か
っ
の
て
:
し
め
自 ょ
由 う
は
く
全
面
て
お
完
り
全
は
見 其
解 他
を 賦
更 役
き
も
マ
+
の
の
た
せ
る
に
る
の
国
国 家
、
ブ
か
。
、
大
納 封 所 即
入 し 領 ち に
に 直 主
敷
つ
接 を ビ 街
税
に
、
ヽ
ヽ
い
に
責
も 任
国 を
家 負
に う
封 べ
て
ヽ
し ザ
て
、
ン
ツ
の
然
も
と 財
し 政
途 て 徽
行 所 人
に
し を
領
て
要 農 手
次 求 民 交
、
て
す 従
自 中 の し よ し
己 期 様 た
た
り
所 に に
貨
領 は 言 と 物 他
方
全 存 う
乃
髄 在 こ 吾 至 領
よ
し と 々
主
貨 は
り た は は
の
強 で こ 幣 自
こ
べ
っ
租
の
き
立
な
い
か
、
と
。
そ
し
し
き
保 地
護 位
を
、
力
税
な
に
て
国
家
権
力
P
ザ
宏
ン
に
、
民
、
。
て
所
場 領
農
ビ
、
つ
い
き
な
い
で
の
小
作
デ
料
ル
し
ガ
ー
ょ
の
己
に
辟
収 属
す
め
を
、
一
に
ニ
々
計 種
邑
の
骨
、
+
の
世
い
っ
税
政
上
よ
は
な
事
資
さ
れ
た
の
ず
。
財 十
に
ヽ
、
個
、
「
建
勢
力
す
附
興
世
一
は
に
お
さ
大
所 至
国 領 た
主
家
白 の
の
で
私 煙
、
ヽ
る
ま
で
こ 皇
宏 帝
が
立
つ
家
ら が
ざヽ 封
蛮
の
払
お
十
イ
、
は
は
法 十
億
N
○
を
国
そ
立
名
、
所
領
富 白
ち
e
-
き
期
i
-
-
g
し
っ
七
こ
m
へ
イ
。
た
と
t
て
古
検
封 代 の て を
建 か 地 は 果
的 ら 主 白 す
土 中
身 こ
地 世 と が と
あ 立 に
所
有 の ま 替 つ
+
す
自 帯
は
し の 由 よ と
充 て た 性 村 り 考
分 大
稗 落 の え
考 所 連
仝 下 る
の
え
膿 賜 方
領 諸 更
に
を に が
得 を
る
世
P
.
っ
乃
至
な
、
N
斗
、
ー
よ
国
-
ま
一
、
小
っ
一
+
「
め
)
・
事 的
情 な
は 譲
別 歩
っ
村
推 ど
論 訂
に 5
立 g
、
「
少
戸
の
種
大
所
領
し
(
、
ザ
倦 関
に 係
封 を
す 次
。
。
う 事 → 税
箕 訂 納
こ
O
入
デ
の
全
O
d
)
.
民
と
、
(
C
一
大 戸 軋 ・こ 農 か
所 を. 鼻 と 民
の 殊
領 想 保
主 起 護 さ 所 に
の
の
き 有 貴
せ
国 よ た の 地 族
が
べ
の
プ
ラ
ク
テ
身
が
直
接
負
揺
す
べ
き
直
属
地
よ
り
の
地
租
分
と
合
せ
て
、
「
テ
≠
ヽ
を
くも ご J
(
戸忘
琴
甲i
l
・ ・ 、・一., 軍国琴雫賢・・, ぎ ・ ′
野召さ三
ぎ
‥
ゝ
∫
'
叶
t
ニJ
-
こ
≡ご
、 ホ
才
乍書
レ
、
賢
,
、・、・ ・、
一撃-、、′
-■
妻
、
叫
≡
/ †
)
枚
ノ
〉
ミ
蔓
二芋
こ
・∨
照 準 ̄
・
′
二
・・′ 戸
ゝ
. 享、年
歩とミ
也
野≡
り
、
亭
.
1
7之
ー
l
有 構 最
有
上
■
′
ミど
以
≡
;讃
≡
要
聾
重
蔓
董
毒
歪
蕾姜
至
≡
妻
,
、・
- ■彗
ぐ
し
す
デJ
、
叫㌢
1
∴
1:
ミ覇
十重
.
望
箋
蔓
叢
書
妄
要
喜
誓
嘉
要
書重
芸
西
ロ
ン
年 報
三
■
ノ
司
■
l
二
き
室
曇
当
喜
芸綴喜
書
l
を
′′
、
㌔ン
‥
.
ギ
■
,
■
■
-′
:
一
 ̄
/
J言
√
一
喜竺 警苦言芸
子
彗
-
串左翼 言誤.法・
.
㍉
;
1
■
 ̄貢、
_表
妻 :・漕
■ヰ
 ̄
ー■
・・、ー
.■
.讃
二
丁
∴
1
式
ゼち
テ
ニ
∠こ
▲
ノ
t
t
ノ
常♪
首
ノ
t
こ
ノ
_箋
;
≡
 ̄
■
壬
ウぞ
ニ
ご
\甥
二
■号姦
′、
■
-瑠
.▼
二
き
ミ
ヽ
v
、
ち
∠
二
◆
磁
■¥
一
一
軍
一
′
=
し
≦
丁ご
こ
 ̄
.、喜
■
・一
;
ぎ
ェ
)
卓
: J
β7 抒
′去
 ̄・撃
ウ
∫
)
し
講
`_
・+- 議
`
=亡
ご
史
男
Fly UP