...

http://repository.osakafu-u.ac.jp/dspace/ Title Author(s) Editor(s

by user

on
Category: Documents
5

views

Report

Comments

Transcript

http://repository.osakafu-u.ac.jp/dspace/ Title Author(s) Editor(s
 Title
Author(s)
セツルメント運動とコミュニティの関係について : Arden House M
eetingに関連して
三浦, 賜郎
Editor(s)
Citation
Issue Date
URL
社會問題研究. 1968, 18(1), p.1-11
1968-01-01
http://hdl.handle.net/10466/7452
Rights
http://repository.osakafu-u.ac.jp/dspace/
円
ニティの関係について
郎
セツルメント運動とコミ
g 図。50ppo片山口問に関連してーーー
│││﹀三
日次
一、セツルメント運動の役割
刷
ニューヨークでア lデン・ハウス(﹀昆
g
z
RE
二、未来社会の回
z
z
mrr2roangzg の役割
三
、
賜
gz。50) の会議がもたれ、そ
浦
ごL
セツルメント運動とコミュニティの関係について(一一一浦)
srrRmorぇzrmg と
イギリス、西ドイツ、さらには日本においてもいたるところにの。BEC巳qhoE2とか z
であったということが否定できないことも事実である。しかし現実にはアメリカにおいてはいうまでもなく、
葉を引用するまでもなく、われわれの意識の中にはたしかにセツルメント運動はすでに過去の社会事業の一形態
たことは、故竹中勝男教授がセツルメント運動の歴史的役割はすでに終ったと語った言葉であり、竹中教授の言
の報告書が﹁変動する世界における隣保館の目標しとして出版された。この報告書を手にした時筆者が思い出し
一九五八年二月一一一一日から一五日迄、
(一)
セツルメント運動とコミュニティの関係について(三浦)
か、隣保館、市民館、公民館が設置せられ、今後益々発展の傾向がみられる状態である。卑近な例を兵庫県にみ
てみると、尼崎や西宮市に所謂公民館なるものが非常に増加してきでおり、特に尼崎市では現在二二の公民館が
おかれているが、さらに今後三年間に二二の公民館を増設して地域社会の社会教育に努力するといっている。し
かしはたして将来の地域社会のヴイジョンはこうした会館をふやすだけで求められるであろうか。こうした素朴
な疑問に対して先のア lデン・ハウス・ミーティングはいくつかの重要な解答を示したように思われる。そこで
この会議で語られたいくつかの内容をめぐって将来期待されるセツルメント運動について考えてみよう。 この
ミーティングの出席者は経験豊かな地区福祉センターの職員と、一二の部問の専門家すなわち、公共福祉行政、
教育関係、公衆衛生、都市計画、都市開発、社会事業、哲学、経済学、社会学、人口調査、原子物理学等の領域
の人びとであった。これらの人びとによって語られた成果の一つは地域福祉センターの将来の役割は、地域の人
びとに喜んで受け入れられ、考えられ、必要性を感じさせ、かっ独自性のあるものでなければならないというセ
ンターの性格に帰するものであった。そのためには、地域福祉センターの職員は複雑な社会問題に直面した時に
は先ず何をなすべきかという聞をもち、それをいかにして学問と関連せしめるかということを試みることが必要
なのである。なぜならば人間はパンのみによって生きるのでもなければ、また精神だけで生きていくのでもなく、
やはり社会現衆によって左右されるものだからである。たしかに隣保館がなすべき、あるいは取り上げるべき問
題を、学問と関連せしめるように努力せよという考え方は現在の日本の隣保館職員にとって忘れられた一面では
なかろうか。
日本でも地域開発その他により地域社会の性格は変容しつつあるが、アメリカにおいても一九六五年から一九
七五年の十年間に予想される最も大きな問題は地域社会の性格の変化と二O 世紀後半における社会的経済的背景
に応じてのセツルメント運動の役割の変化であり、このような変化に伴う最大の課題は地域社会をつくり出す
ことである。 ではつくり出される地域社会はどんなものでなければならないであろうか。それは住民一人びとり
にとって、われわれの生活の場としての帰属音山識の高いものとしてのコミュニティであるということができよう。
この占川、 日本の場合自分達の地域社会という意識が果して求められるか疑問である。こうしたセツルメント運動
rmHOCロ仏について
の役割をより明確化するために、すくなくとも一九七五年迄に予想されるアメリカ社会の回R
考えてみる必要がある。
セヲルメント運動とコミュニティの関係について(三浦)
もし民主主義が存続することを望むならば、貧困が民主主義への最大の敵となる。過去七O年の平均した割合で
ろうか。 アメリカの経済学者は一九七五年がすぎる頃には、アメリカは貧困をなくすことができると云っている。
籍している問、彼女達によって収入を家族にもたらすのである。では家族の収入はどのように変化していくであ
じこめられ、その結果既婚老婦人の労働力化がみられるようになってくる。このことは、子供が高校や大学に在
家庭の主婦が新しい労働力となったが、しかし早婚や大家族の形態が増加していくにつれて若い婦人は家庭に閉
年令層とは関係なく児童や老人に対寸る社会的責任がかかってくるわけである。かつては労働力が必要な場合は
に家族や地域社会の社会的・経済的責任も増加してくることも予想せられる。一般の労働可能な二O I六五才の
る死亡率は増加するともいわれている。 しかし、増加傾向をたどっている若年者や老令者のニ lドの増加ととも
在の状態を保っとすれば現在の人口の弘を超える人口増加となるであろう。それと同時に精神障害者やガンによ
口統計学者の推測によると一九七五年には合衆国の人口は少くとも二億人を超えるといわれている。出産率が現
の慣習や状態によって益々都市化され、また都市生活の力動性によって支配されることが予想せられる。ある人
一
O年、二O年経過するうちにアメリカの人口は増加し、 また国際収支も大幅に改善されて、生活様式は都市
(二)
一九七五年には毎年少所得分配の中で、税金を支払い、ドルの
セツルメント運動とコミュニティの関係について(一二浦)
アメリカ経済の生産力が増加するということは、
一家族の平均年収入は七000ドルになるであろうといわれる。過去における生産力
一九七五年にはおそらく年
﹂のこととセツルメント
ある。 カール・フェイス(門員二り巳g
)は V叶rop rBgzzvBZOBtso--P82rcFE。Z H F片岡ロえ与。目。。g
qw
門
ロ
その地域自体の複雑な変化、 および都市中心部と周辺部に居住している人びとの激しい移動性がみられることで
達は成長して何処かへ移動し、新しいグループに参加していった。しかし現在はセツルメントのおかれている
に建てられたがここ六l 七0年 間 に セ ツ ル メ ン ト 利 用 者 の 性 格 は 幾 度 か 変 化 し た 。 す な わ ち 初 期 移 民 者 の 子 供
の移民集団や農村からの都市流入者によってその事業は発展していった。多くのセツルメントは都市の中心地
活動との関連であった。 ア メ リ カ に お け る セ ツ ル メ ン ト は 知 ら れ る ご と く 都 市 の 発 達 に 伴 っ て 生 れ 、 海 外 か ら
ン・ハウス・ミーティングで活発な討論の一つは人口の移動性という問題であって、
都市となってきている。このことは経済学的にも統計学的にも国民の都市化という結果になる。 ところでア l デ
大都市の地域で、それも中心地ではなく、むしろ周辺地域である。そこには雨後の竹の子のように家が建ち、郊外
に居住しており、残りは人為的な田園に住み、極めて生活様式は都市化されている現在もっとも変化したのは
つあることも事実である。次に都市居住の問題である。今日のアメリカ人は一 O 人 中 七 人 以 上 は 都 市 と そ の 郊 外
あり、世界の人びとの間での格差は隣人とともに分ちあうというセツルメントの指導者達の努力で縮少されつ
めの目標の設定でもある。これとともに未組織労働者に対しても国家保障により貧困からの開放が実現されつつ
考えねばならない目標の一つであり、このことは貧困をなくすための経済力による最大限の可能性を実現するた
内における労働力価値分割の効果といえる。このことはセツルメントにおける指導者達を含む社会的指導者が
間分配所得は各家庭に八五OOl九000ドルになるであろう。こうした国民所得水準の意味することは、家族
の増加は、労働時間の短縮とか児童婦人労働の廃止に影響を与え、実収入は増加し、
価値が不変であるならば、
四
昨日ロ
仏 何
10spot2
mHHF吋問。子忠君。 mqomrrs-vgiι 。向者m
巧めのロロ∞丘町内可 -55250ω
百円山官。J
弓5
q 。片足。岳山片山∞
Z202rSF主 君rrrgロゲ。官。ipLSmE可。F 2 8己∞-222EB--ig同巴BHLU12m 自己仲良。同唱。円ωE
。こEBSZEmωROF020∞二EMVREE
肖正。。ロ。口同一32E25f
o
g
z
ω 命名oro--202rcBBroEmzz
H
℃r
F042
A
そ 5・
巳
σBg
と述べ、民主主義と人間のニ lドの関係を問い、地域性の意味を取り上げたのであるが、移動性ということは定
住・定着を強調してきたセツルメント活動に大きな変化をもたらす動機となったのである。都市に居住してい
た家族は郊外へ家を移動させ、郊外に興味をもち、その後には。フェルトリコやメキシコから新しく移住してきた
スペイン語族によって占有され、あるいはヴ lジニアの南部農場から来たニグロによって占有された。たしかに
新来者を同化せしめる驚くべき受容力のあるアメリカ社会でも、これらの移住者の同化は非常に困難な点が多か
った。それは生活様式の相異と生活のスラム化および移動率の高いことがそれであった。この意味において他国
語と有色者の都市移入は移民者とは異った問題をもっていた。特に移動率の高さは今日におけるセツルメント
運動の直面した大きな課題といわなければならない。こうした問題はアメリカだけではなく、イギリス、特にロ
ンドンで、も、 日本でもみられる現象である。筆者がロンドンでトインピ l ・ホールを訪れた時興味をもったこと
は、その地域にアフリカ系黒人が非常に多かったことである。 トインピ l ・ホ l ルのレジデントとして多くの学
生の指導に当っていたロンドン大学のバ i ミ ン ガ ム 教 授 の 言 葉 に よ る と 、 英 語 の 会 話 が 自 由 に 出 来 な い 人 び と が
スラムに居住し、 しかもその移動性は非常に高いということであった。ア lデン・ハウス・ミーティングでの発
表者の指摘したことは、移動性ということは現代都市の基本的性格の一つであるということであった。たしかに
定住した人は、そこに根をおろすために少くとも三年はかかるといわれる。多くの人びとは自分達の身の上にお
そってくる変化に直面した時は狼狽し、援助を求めるものである。人ほ変化の中では自己決定の力が弱るので
セツルメント運動とコミュニティの関係について(三浦)
五
セツルメント運動とコミュニティの関係について(三浦)
q 者巳問問円。
あって、移動性のマイナスの面を強く感じさせるのは収入の見込みのない人びとである。 の。日ヨロロF
︽
UOE2 が特に気をつかわねばならない人びととは、。フェルトリコ、メキシカン、保留地のインディアン、孤立し
た国の奥地から来た南部未開拓地の人びと及びその家族であるといわれるのも移動性のマイナスの面として考え
る必要があるのである。
﹁問題地域があるのではない。むしろすべてが問題である。ある面では全地域社会に問題がある。われわれは
活動中に地域社会の福祉計画を樹立するための方法を発見しなければならない。私は近隣社会の力動性を感じう
るための機関としてセツルメント以外を知らない。われわれの問題は、権力をもっている者と持っていない者が、
共に働き互に理解し合うようにすることである。ほんとにわれわれが地域の人びとを隣人という基本的概念でと
らえる限り、セツルメント運動には特別な活動というものはありえない。﹂
要するに現代のセツルメントは人口の移動性という問題と直面しているが、その移動性のもつマイナスの面を、
回
SEEm) の言葉に﹁陰欝な人よ、
隣人という人間観でとらえ、 たとえ数ヶ月であろうとも、 セツルメントはわれわれのものであるという認識を多
くの人びとに与えることではなかろうか。 ケネス・ボ l ルディング(同85F
無邪気な人と友人になろう﹂というのがあるが地域社会の住民に対して真の意味で無邪気である人こそセツルメ
ントの指導者ではなかろうか。
戦いであった。その戦いが彼らをして保育園や乳児保健所の建設となり、さらには遊園地や住宅の建設のために
ことを多くの人に想起せしめた。初期のセツルメント運動の指導者は、都市のスラムのもつ惨めさと窺乏との
アlデン・ハウス・ミーティングにおけるある発表者は﹁セツルメント運動は非常にすばらしいことである﹂
(三)
努力したのであった。それのみではなく児童労働や成人の労働問題とも取りくんだのである。また疾病と貧困の
原因、関係を研究し、社会病の予防に努力し、それを根絶するために公的活動の援助を導入した。同時に彼らは
﹁必要とされているものは、古いセツルメント・ハ
地域の個々人のもつ誇りと人格的価値を、会話クラブ、市民学校、訪問看護、母親クラブ、音楽教室、美術・芸
術活動等の活動を通して高めることに努力したのであった。
ウスの活動ではなく、新しいセツルメント活動の企画内容である。ここ数年間セツルメント運動よりもより広い
活動をわれわれの社会は必要としたかもしれないが、問題は人間の価値を業績だけで決めることはできない。セ
ツルメント運動は新しい運動の中で真の価値をもつものでなければならない.また地域社会が公共事業を通して、
あるいは公的私的諸サービスを通して地域の組織化をするのに、 セツルメントは大きな役割を果すのである。役
割を果すというところにセツルメントの地域社会に対するリーダーシヅプが問われるであろう。さらにセツルメ
L
このようにセツルメントが地域社会に対する役割をもっところに、 その現代的性格が問われるの
ントは都市の下層社会、都市開発中の地域、郊外住宅地等において、人間と共同体のあり方を指導する役割も果
すのである。
であり、このことは先述したごとく、地域社会をつくることにもなるのである。現在多くのセツルメントの目標
は、セツルメントが公的サービスや専門機関の諸活動と一体となることである。例えば公立学校は幼稚園と連結
し
、 P T Aと母親クラブの活動は一体となるごとく、貧困とかスラム改善の問題は都市行政や都市再開発の諸活
動と一体となることである。特にアメリカにおいては生活構造とその性格が急激に変容しつつあるなかにおいて、
O年先の近隣社会はどのような姿をするであろうか。その時におけるセツルメントの独自の役割は何であろう
一
か。さらには何が社会福祉施設やセツルメントの事業を存続せしめるのであろうか。ここにわれわれは地域福祉
一般的という意味は人間の全生活部面に関係するということ
センターを取りあげねばならない。地域福祉センターは現在活動すべき多くの機能をもっている。 セツルメント
は社会事業の専門家の間では一般的な活動である。
セツルメント運動とコミュニティの関係について(一一一浦)
七
中ふ弐穴入,.L.・ 1
型掻 AJ 1 rr' t
¥ 11
トヤ Q mE雄主10ム
ド
(
1
1
1
7
1
5
)
千
)~0~J Q ~J"吋竺倒;>l[:cj:司会~,....) .{J や mQ~ 相飾帯保湿経千J
、
、
。/
i
1三訴もム組制千J~ t-(d ~J .-\J制~IIlH長←t-(d O
リ ~J
1lギト士火入ム
士j 謀議l哩ギギ入司氏-.-\J,....)\-J型空~~~J.1.-\J臨時以 S昼夜←t-(d題∞ Q 主己記長)..,.9 0 1lム.{Jt-(d Q 千J~ t-(d O ト -'iト入・くら K ・
げ ー
l
トヤ入、
はおム \-J~ 岩盤組IJì{ Q 闘福←t-(d 1 -'~ι 1l~←t-(dぞれえ穴入ム Q 饗濯み)~凶悪←t-(d.{J舟は 1110Q"~ 士一
I
'
¥1l令長兵.t!。法
O
1Q'~ 士一 OÏ'\竺
1.民主ユ同叶は刑蛍杓兵t-(d ~4母ト('ゎ~~J.1宕ロ遣は 0~νF 総 l1Q"~ 士一 OÏ'\ ~~京 w
Q}当選主~~J.1 Q 糊*呈主己主主 4ミ心与J 兵徒入)Q 吋れは長時閣←t-(d~~l'0ゎ 4ミ.-\J二ゎ ~m理みj 民 0~ Ï'''総 111Q"~ 士一 OÏ'\也
君空~~~J.1竺叩援はflTJg兵.-\J ムゎ十+1県民会)~話r{ぷ Q~~0 .t! O 尽 ~~~J Q'~ え _OÏ'\~ト穴:::---R,結1E Q 但袋詰明主」殺←時半
入
司
氏 - Q将軍入j令
〈
会:
!
Q再
ム
¥
t
1
>
.
¥
J
,
.
.
.
.
)
¥
JQ 中入、-Q~圏1 時記品l 鐸i思 ,....).{J
~.-\J,....)与Jj時冷ü 吾:r,....).{J..,.9 Q~ ,.
ギれえ穴入
ι
Q~~0 .{J O 時),....) ¥
J~J Q1
1
1
0Q'~ 士一不為堤
士
i
製
き1
昼
初
兵
t
(
d
.
¥
J,二れ 12 士千J~~v" ~兵 Q ..,.9 0 饗濯士三潤々主~-1く約~t-(d
.-\J二 Aれ ~J .-\J ~ ~ 0.{J 。まは ~J Q 相維はおム \-J~三女王 Q1<:
0Q 判必豊富濯も稲 4ミ兵ぷ Q~~ t-(d。←~~~
:
3 Toserveasoneofthefewagencisincontemporarysocietythati
sn
o
t“
wh
o
l
l
yf
o
r
m
a
l
i
z
e
d,
b
u
r
e
a
u
c
r
a
t
i
z
e
d,
c
h
a
n
n
e
l
i
z
e
d
.
.
.
.
.
.
"t
h
a
to
f
f
e
r
sap
e
r
s
o
n
a
l,f
a
c
e
t
o
f
a
c
er
e
l
a
t
i
o
n
s
h
i
pi
nwhichawholehumanbeingcanbe
s
e
e
nandt
a
l
k
e
dt
oi
nsomethingl
i
k
eh
i
se
n
t
i
r
el
i
f
es
i
t
u
a
t
i
o
n
.
g
Toh
e
l
pg
i
v
ep
e
o
p
l
er
o
o
t
s,
as
e
n
s
eo
fi
d
e
n
t
i
f
i
c
a
t
i
o
nwithap
l
a
c
e,o
t
h
e
rp
e
o
p
l
e,e
x
i
s
t
i
n
ga
g
e
n
c
i
e
so
ft
h
e
i
r
s
o
c
i
e
t
yand,
i
ftheys
t
a
yl
o
n
genough,
witht
h
eongoinggoodsandt
r
a
d
t
i
o
n
sando
b
l
i
g
a
t
i
o
n
so
ft
h
a
ts
o
c
i
e
t
y
.
S
Toexperimenti
nu
s
i
n
gnewKnowledgeands
o
c
i
a
lt
e
c
h
n
i
q
u
e
sf
o
rd
e
a
l
i
n
gwithhumanP
r
o
b
l
e
m
s
.
~
Top
r
o
v
i
d
ed
e
c
e
n
t
r
a
l
i
z
e
ds
e
r
v
i
c
et
op
e
o
p
l
ewhoneedh
e
l
pi
na
r
e
a
sc
l
o
s
et
ot
h
e
i
rhomes.“Thep
e
o
p
l
ewho
needyoumostneedyounearぺ
~
Toh
e
l
pd
i
r
e
c
t
l
yo
ri
n
d
i
r
e
c
t
l
yt
opromotec
u
l
t
u
r
a
la
c
t
i
v
i
t
i
e
s
“ana
c
t
i
v
ep
a
r
t
i
c
i
p
a
n
tculture"-int
h
e
c
o
u
n
t
e
r
i
n
gp
r
e
s
s
u
r
e
stowardp
a
s
s
i
v
i
t
yi
nAmericanl
i
f
e,
h
e
l
p
i
n
gt
od
e
v
e
l
o
pwayso
fu
s
i
n
g
UnitedS
t
a
t
e
s,
。
ロ
片
山
口
の
同O
ロm
の
昨
日
﹂
刊
日
昨
日
。ω・
-。UC円。問。円。同omHFm
m
w巴
w
m凶
︿
g ロHOBt司己・
L
m
wロ
吋。同︼円。己居ルB322Z02-21DF。H
ロEmgL225T)口。同七円。m
g
E
ω 向。門口同
一つは個人に対するサービスの機
一つのプロセスにおける三つの局面とみるべきである。 では地域福祉センター
セヲルメント運動とコミュニティの関係について(三浦)
九
センターが求めたコミュニティではなかろうか。 いうまでもなく個人と集団に働きかけることこそセンターが地
理解と友情と共働の精神をつくりだすことでなければならない。対立と差別なき人びとのつながりこそ地域福祉
の移動性を考慮に入れなければならないが、センターは地域の人びとを活動に入れることによって、住民相互に
肖止の苛己目。ロ)とはいかなる関係におかれるであろうか。このことについてはコミュニティ
と住民参加(巳 ZNBHVm
る三辺の関係にあるのではなく、
能をもつことであり、第三はコミュニティへの適応をはかることの三つである。この三つの役割は三角形におけ
機 能 を も つ こ と と 、 第 二 は ク ラ イ エ ン ト と 社 会 的 サ ー ビ ス の ギ ャ ッ プ を 調 整 す る こ と 、 い わ ば ケ l スワ l クの機
ことができる。すなわち一つは家族の機能を専門的サービスによって保持せしめること、いわば家族社会事業の
ピスといわれるものである。 ま た 他 の 見 解 と し て 出 さ れ た こ と は 、 セ ツ ル メ ン ト 活 動 は 三 つ の 役 割 で あ ら わ す
には公営住宅の獲得等のためにキリスト教地域福祉センターが連邦政府や州議会に働きかけるいわば社会的サ l
能であり、他の一つは集団に対するサービスの機能である。特に後者の機能は労働立法とか社会保障問題、さら
討論においては二つのいわば総括的な領域に分けられることが必要とされた。
ルメントと地域社会の関係が強調されたとみるべきであろう。 さ て こ の ミ ー テ ィ ン グ に お い て は 機 能 に つ い て の
のものとすることができるような援助が強調され、
ω においては地域に根をおろしたサービス等、すべてセツ
応の場であると云ったごとく、生活環境に働きかけるということであり、
ω は土地に親しみ、地域社会を自分達
ωは足。 ω伊丹己主甘口が強調されており、かつてマ押ノキパ iが地域社会とは程度概念であり、住民にとっては生活適
これをみるといかにセツルメントの機能は地域社会と深い関係におかれているかがわかるのである。すなわち、
(
6
)
セツルメント運動とコミュニティの関係について(三浦)
3
円四・
σ
) を設立したジェ l ン・アダムス(﹄80 ﹀︻広告HFr。口。。ロ
らない。 知られるごとくハル・ハウス(出問口﹄出。5
ωazBroF尽 き 巳 わ 包2i--PEa-D(UEgm。。ロζaNHL8U) はグループの意識的目的が政治活動を必要と
なければならない。そしてコミュニティの権力と闘いまたセンターは地域住民と語り合う場所とならなければな
ばならないということである。この役割を果すためにはセンターのスタヲフは建物から出て住民に接近していか
gmoのための建設的施設でなけれ
さらにこの会議における討論で語られた問題は地域福祉センターは ω。巳巳わF
d
弓
mwro B
℃C
巳
門F
Jroarm白色v
gEBa。 。
包
・E
者3r。
FREE旬
tS
5mm。
司 FOB。ιJS。
アErE550:rgE
。ω
Z
E君。∞rgEFEr-2;σ 。己件当宮件当。ι。
sιs。円。阻ま三者S J。B85。寸話同gpE﹀E35ECEg手。
ングで語られた次の言葉はセツルメント・ワiカ!と住民の関係を表わした一つの表現ではなかろうか。
自己ロ片見。)するところに地域福祉センターの役割を求めることもできるのである。 アiデン・ハウス・ミlテイ
ンの効果を実現することにあると考える。この住民の自主的な組織的運動と専門家や政府当局との橋渡し(の。B
-
行政が何時かは取りあげてくれるであろうという考えをすてて、自ら組織的運動を展開し、ソlシアル・アクショ
はその熱心な組識された人びとの要求をおそらく取りあげてくれるであろう。住民参加とは専門家が、あるいは
ができると考えるのである。すなわち住民が自らのニiドを充すために真の活動に没頭することによって、行政
するとは思えない。 わ れ わ れ は サ ー ビ ス よ り も 目 標 を 住 民 各 自 が も つ こ と に よ っ て 種 々 の 困 難 を 乗 り 越 え る こ と
市生活者に必要であることはいうまでもないが、施設を増加することだけで現代人の肉体的・精神的障害が解消
するし、多くの治療的サービス部門が特に大都市には発達してきでいる。勿論これらの諸サービス機関が現代都
するならば多くの専門的サービスに混乱されることはないであろう。 た し か に 今 日 各 種 の 社 会 施 設 の 急 増 を 目 に
域目標を定めそれへのアクションを意味することである。もしわれわれが地域性と地域生活の内容を十分に認識
O
←l'(d世主l t!増~-R豊富鍵見取←l'(dþ,否認~l:fト J 世杓必ムAl l 同 P ド::, 1
2 ,.,.ç>...J -<p Al':R -<~Q 思堰み1)事{):!;t←l'(d吋人,,~~型画
0
bl mÆ'~ みJl 時...J 12 吋入れ必宜主l t!幸司~)思平岩ヤ入、~t!4t1 n'げ刊 1I1トヤ会l ギ世間←l'(d ^J 心士三千J 冷t.J必ム Q~4♀l'(d ^
JAl剣平れ
え穴入 ι ・ト一矢~~凶兵 ν214さ必 4ヨム e 千)~l'(d O 時単語~bl1マトムー・~ー 1 1\ 0 ~ (
Otto P
o
l
l
a
k
) Q ljllIT 鰍みJ ru::;~...J
¥
'^
JQS
;
程 Q.
.
.
J
舟
"
v
"
'
'
'
v
'
'
'
心
A
l
.
.
.
J
吋
入
れ
。
“
I
fsocialworkwantst
or
e
a
l
i
z
ei
t
sf
u
l
lp
o
t
e
n
t
i
a
li
tw
i
l
lbeh
e
l
p
f
u
li
fi
tr
e
a
l
i
z
e
st
h
a
ti
t
ss
e
r
v
i
c
e
sa
r
eneeded
badly,
andnotonlybyac
e
r
t
a
i
neconomicgroup. Theneedf
o
rs
o
i
c
a
ls
e
r
v
i
c
e
si
suniversal
.
"
tArdenHouse,
t
t
i
S NEIGHBORHOODGOALSInaRapidlyChangingWorld. Action-ResearchWorkshopHelda
Harriman,N.Y.February13-15,1
9
5
8
.N
a
t
i
o
n
a
lF
e
d
e
r
a
t
i
o
no
fS
e
t
t
l
e
n
e
n
t
sandNeighborhoodC
e
n
t
e
r
s
.NewYork,
N.Y
.
,1
9
5
8
.
(間)(伺)(噌)(同)(む)
I
b
i
d
.,
NathanCohenの1
1
1
m桝
。 p
.1
.
I
b
i
d
.,
p
.4
.
I
b
i
d
.,
ArthanAltmeyerQ1
1
1
m憾
。 p
.
6
.
C
a
r
lF
e
i
s
sQ
1
1
1
t
I
牒
。 p
.l
O
.
I
b
i
d
.,
I
b
i
d
.,
p
.1
4
.
ギトえ穴入,.L.~型菰A.I f
1"
'
r
¥
111トャ e 臣E ほ ~0 ムド
(111
J
!
5
)
11
Fly UP