...

講義内容

by user

on
Category: Documents
10

views

Report

Comments

Transcript

講義内容
薬学からみた薬物乱用
講義内容
薬物乱用とは、何なのだろうか。何を想像されるだろうか。我が国で乱用される
主な乱用薬物は、覚せい剤、大麻(マリファナ)、有機溶剤、MDMA(エクスタシー )
などであり、いずれも法律により規制をされている。しかし、乱用されている薬物
は、非合法なものだけではない。お酒や煙草は、合法ではあるが、アルコール依存
やニコチン依存は大きな問題となっているし、医薬品の中にも、メチルフェニデー
ト(リタリン Ⓡ )やトリアゾラム(ハルシオン Ⓡ )のような乱用されているものも存
在する。癌性疼痛治療にはなくてはならないモルヒネも、使い方を誤れば乱用薬と
なりうる。特に非合法な薬物では、強い依存性や副作用を示すことは良く知られて
いるにも関わらず、乱用者は後を立たない。
「薬物は身体に悪い」ということを 知っ
ていても、「 自分の身体がどうなろうと、あなたの知ったことじゃない」と言っ て、
薬物の魔力に引き込まれていく。では、薬物の魔力とは何か?何故、「身体に悪い 」
薬物を敢えて求めていくのか。乱用薬物に対して、「ダメ。ゼヅタイ。」普及運 動が
展開きれているが、「ダメ!」だけでは撲滅できない、絶対駄目な何かがあるはずで
ある。この模擬講義の中では、乱用薬物の作用、作用様式を薬学の眼から眺めなが
ら、どうして薬物乱用が起きてしまうのかを考え、その中から皆さんがその対処方
法を考える一助となればと考えている。
Fly UP