...

競馬とラーメン店 - 競馬最強の法則WEB

by user

on
Category: Documents
5

views

Report

Comments

Transcript

競馬とラーメン店 - 競馬最強の法則WEB
ギャンブルの福 【2013福袋特典】
ギャンブラーマニュアル
予想プロセス
予想 プロセスの
プロセスの補則
競馬とラーメン店
Keiba & Ramen
T
1
競馬とラーメン店のお話
推奨環境
本レポートの閲覧は、以下、最新 Adobe Reader(無料ダウンロード)を推奨
http://get.adobe.com/jp/reader/
著作権
一、 本レポートの著作権は、原則著者である武虎に属します。
二、 本レポートの内容すべて、原則、著者の許可なく、複製コピー、転載、
引用、二次利用を禁止します。
三、 本レポートを参考にして生じる損失すべて、自己責任でお願します。
以上、ご不明点など、気軽にお問合せください。
お問合せメールフォーム
https://ssl.form-mailer.jp/fms/8b099793218149
本書について
本レポートは、別冊『ギャンブラーマニュアル-予想プロセス』に関連する内
容であり、過去著者メルマガのバックナンバーより転載しております。
一部、再配布用に、読みやすくデザインやレイアウトなど修正しております。
2
競馬とラーメン店のお話
目次
ラーメン店のお話........................................................ 4
『予想ファクターを増やすほど回収率が下がる理由』___ 5
『予想想ファクターを増やすほど○○精度が上がる罠』 18
本書への感想を募集 ___________________________ 33
3
競馬とラーメン店のお話
ラーメン店のお話
本書は、その昔、著者がメルマガで綴った例え話、そのバックナ
ンバーの内容を、そのまま転載レポート化したものとなります。
以下、メルマガバックナンバー(二部構成)
2010/05/19 『馬体優先主義』〓第 53 号
『予想ファクターを増やすほど回収率が下がる理由』
2010/06/09 『馬体優先主義』〓第 59 号
『予想ファクターを増やすほど○○精度が上がる罠』
4
競馬とラーメン店のお話
『予想ファクターを増やすほど
回収率が下がる理由』
予想ファクターとは
一言で“予想ファクター”といっても
血統、データ、ラップ、馬体、展開、調教、パドック
騎手、調教師、馬主、関係者情報、サイン…
と、ざっと思い浮かぶだけでもたくさんあります。
それ以外も
M の法則、戦犯ホース、日刊コンピ、V ライン、SP 指数
などなど
またより具体的に
仮柵、グリーンベルト、天候・馬場状態、コース形態
脚質、枠順、ローテーション、走破タイム、持ち時計
上がり 3 ハロン持ち時計、番記者の印、異常投票…
挙げるときりがないので、このあたりにしておきますが
5
競馬とラーメン店のお話
とにかくこうした予想する上で
結論を導くための“予想ファクター”
実際、どの程度の数
みなさんは参考にしているのでしょうか?
今回はこの“予想ファクター”を
色々加味し、総合的、かつ多角的に予想する
いわゆる“予想ファクター”を増やせば増やすほど
回収率が下がってしまう
というお話です。
予想ファクターを増やすほど回収率が下がる理由
まず、なかなか競馬で勝てない人の中には
考慮する予想ファクターを増やせば増やすほど
的中精度が上がる
と、考えている人が多いように思います。
これはある意味では正解であり
と同時に、大きな間違いであるとも言えます。
6
競馬とラーメン店のお話
どういうことか…では、ちょっとした例え話を
いきなりですが、あなたは個人で
ラーメン店をオープンさせようとしています。
メニューはラーメンのみ。
味には、まずまずの自信があります。
そして、晴れて開店
お客さんがやってきました。
最初まずまずの売上でしたが
そのうち、お客さんの入りが少なくなり
赤字が続くようになりました。
そこであなたは考えました。
「ラーメン以外のメニューを増やせば、増やした分
それを食べたいお客さんの数が増えるのではないか」
…と
そして、いろいろと
メニューを増やすことにしました。
ラーメン以外に
カツ丼、天丼、カレー、オムライス、うどん…
……その結果
7
競馬とラーメン店のお話
1) 他のメニュー作りのせいで、本来のラーメンの味
が ちてしまった。
2) 増やしたメニューも今ひとつな味で、それを食べ
て店を去る客もいた。
3) ラーメン店なのか、何でも屋なのか、店そのもの
がボヤけてしまった。
4) 売り上 が ちた原因が、どのメニューにあるの
かわからなくなった。
5) たくさんのメニューがあり、半端な腕前では毎回
同じ味を出すことが難しくなった。
6) メニューが増えた分、手間と労働時間が増えて
しまった。
といったことが原因となって
ラーメンのみで営業していたときより
お客さんの数が、さらに減ってしまいました(涙
…おしまい
8
競馬とラーメン店のお話
現実として、こうした話は
どこにでも転がっていると思います。
この例え話ですが、単純に
メニューを増やせば増やすほど
・来るお客さんの数より
・来なくなるお客さんの数のほうが多かった。
……と、ラーメン店の話はこのくらいに^^
では競馬の話に戻りましょう。↓↓↓
なかなか競馬で勝てない人の中には
考慮する予想ファクターを増やせば増やすほど
的中精度が上がる
と、考えている人が多いように思います。
これはある意味では正解であり
と同時に、大きな間違いであるとも言えます。
…と書きました。
もうおわかりでしょう。
9
競馬とラーメン店のお話
ズバリ、考慮するファクターを増やせば増やすほど
・増やしたファクターでの的中が増える
といった“リターン”だけでなく
1)本来の軸である予想ファクターの的中精度が落ちる
2)増やした予想ファクターの不的中も背負う
3)予想スタンス自体がボヤけてくる
4)成績が低下した際の予想の原因が特定しにくい
5)予想が多角的視点のため、一貫性が保ちにくい
6)予想の労力や時間が増える
というたくさんの“リスク”も
同時に背負うことになるわけです。
しかしながら、これらの“リスク”について
かなりの競馬ファンの方が
しっかりと受け入れていないために
考慮する予想ファクターを増やせば増やすほど
精 が上がる
と、信じてしまうわけです。
10
競馬とラーメン店のお話
実際に、あなた自身
馬券を買ったり、ハズした際
1)な んだ、血統だけ れば
キングカメハメハ産駒の1、2で簡単じゃねーか!
2)今まで通り予想してれば、当たっていたのに(涙
直前のパドックで馬体重をみたばっかりに…
3)うーーん、血統はいいけどラップがなぁ
データ にもイ イ だし、結 がなかなか出ない
4)最近さっぱり馬券が当たらないけど
血統、ラップ、データ…何が原因なんだかわからん
5)前回は騎手を重視して当たったから
今回も騎手重視かなぁ、でも馬体も気になるなぁ
6)血統や過去データみて、調教やラップも調べて
その上、直前のパドックまで確認…ってたいへんだ
こうしたことを頻繁に感じたりしていませんか?
もし、どれか一つでも該当するとしたら
↓↓↓
11
競馬とラーメン店のお話
残念ながら
現在のあなたの予想スタンスは
例えのラーメン店と同じ状態である可能性が高い
と言わざるを得ません。
つまり、予想の的中精度を上げようと
メニューならぬ、予想ファクターを増やした
総合的予想スタンスが、完全に逆効果となっている…
おそらくこのままでは
・的中精度を上げることも
・馬券で勝ち続けることも
かなり難しいと思います。
……
……といったことを書くと
12
競馬とラーメン店のお話
そ、そんなのウソだーーーーぁ!!?
と、いう方が少なからずいると思います^^
なぜなら、競馬の場合は
仮に、こうした予想ファクターを増やす
総合的な予想スタンスの“リスク”を
「なるほど一理ある。もっともだ!」
と認識できたとしても
その思いに反して
「予想ファクターを増やす前と比べて
予想ファクターを増やした今のほうが
馬券が当たりそうな気がしている!!?」
そうした思いが
どこかにあるのではないか、と思います。
つまり
13
競馬とラーメン店のお話
考慮する予想ファクターを増やせば増やすほど
↓↓↓
“リスク”があること自体
できても、その 面
“リターン”が増えそうな思いをぬぐい去れない
こうした心理状態にあるのではないでしょうか。
やはり、この“リターン”が増えそうな思い
これを完全にぬぐい去れなければ
予想ファクターを増やせば増やすほど
あらゆる“リスク”を背負わなくてはならない
このことを、本当に受け入れることはできないでしょう。
そこで、このある種“幻想”とも言える
予想ファクターを増やせば増やすほど
“リターン(
精 )が上がるのでは?”
と考えてしまうその原因を、ズバリ
……
14
競馬とラーメン店のお話
次回のメルマガでお伝えします^^;
(もしかしたらブログでアップするかもしれません)
次回メルマガ特集号予告 ※本書内掲載
『予想ファクターを増やすほど○○精度が上がる罠』
予想ファクターを増やすほど、的中精度でなく、○○
精度が上がるため、余計に予想ファクターを増やした
り、レース回顧に力を注いでしまい、いつまでたって
も的中精度が上がらない。この○○精度とは…?
追記
予想ファクターを増やし
多角的な視点で総合的な予想考察をする
これがダメだと言っているわけではありません。
ある程度、総合的に考えるスタンスは
的中精度を上げるためには必要だと思います。
15
競馬とラーメン店のお話
ただ、今よりも的中精度や回収率を上げる
それが可能な“総合的な予想スタンス”を築くには
単に、予想ファクターを増やすだけでは
ダメだということです。
バランスの取れた
総合的予想スタンスの確立には
それにともなう“リスク”をしっかりと受け入れる
それこそがスタートラインだと考えます。
また、先の例においても
一個人経営の飲食店が
何でもそろっているバラエティ豊かな品ぞろえを
めざすことは不可能ではないと思いますが
とはいえ、資本力ある大企業の飲食店には
品ぞろえでは、見劣るのは致し方ないと思います。
16
競馬とラーメン店のお話
といったように、一個人だからこそできるスタンス
これは競馬予想でも同じではないでしょうか。
何でも予想ファクターを増やし
総合的に考えるのは、競馬新聞の会社などに任せて
一競馬ファンのあなたにしかできない
何か一つに特化した予想スタンス、これこそが、
一個人の総合的予想スタンスよりも
はるかに的中精度や回収率において
強みを発揮するのではないか、
と私は考えます。
こうした考えが
毎週配信している当メルマガの馬体診断予想で
『馬体写真は見るけれど、パドックは一切見ない』
といったスタンスをとっている一因でもあります。
17
競馬とラーメン店のお話
『予想ファクターを増やすほど
○○精度が上がる罠』
まず、なかなか競馬で勝てない人の中には
考慮する予想ファクターを増やせば増やすほど
的中精度が上がる
と、考えている人が多いように思います。
これはある意味では正解であり
と同時に、大きな間違いであるとも言えます。
どういうことか…
…これについて、前回のメルマガで
ある“ラーメン店”の例えで話しました。
で、このラーメン店の話から
参考にする予想ファクターを増やせば増やすほど
“リスク”があること自体理解はできても、
18
競馬とラーメン店のお話
その反面、やっぱり心のどこかで
a)“リターン”が増えそうな思いをぬぐい去れない
b)予想ファクターを増やした今のほうが、増やす以前
より、断然馬券が当たりそうで、ワクワク♪
こうした【心理状態】にある方が多いと思います。
ズバリ、この【心理状態】こそ
そう、ギャンブルの甘い罠
↓↓↓
ギャンブルで負ける人が
【負けるべくして負けるメンタル心理】です。
つまり、この【負ける心理】の克服こそ、先の
参考にする予想ファクターを増やせば増やすほど
“リスク”があることを理解しただけにとどまらず
実践レベルでの“真のリスクの享受”
これを可能とするわけです。
19
競馬とラーメン店のお話
……
と、前回のラーメン店の話とはうって変わって
かなり本格的!?な感じになってきましたが
……
ではいきましょう。
予想ファクターを増やすほど
精 でなく、○○精
○○
が上がるため
【 けるべくして けるメンタ 心
身も心も、どーぷりと浸かり
】に
そのため、余計に予想ファクターを増やしたり
レース回顧に を いでしまい
いつまでたっても
精
や馬券
が上がらない
この【 けるべくして けるメンタ 心 】から
抜け出せない最大の要因、○○精
とは一体
○○
……?
20
競馬とラーメン店のお話
答え
○○=【納得】(満足)
○○
21
競馬とラーメン店のお話
目に前に、馬券を買ってハズれたレースがあります。
仮に、単一の予想ファクターでは
血統からは、この馬は買えないなぁ…
といったように、馬券がハズれたレース結果について
【納得】のいく説明や
満足のいく(精度の高い)レース回顧ができるケース
これは当然、限られています。
一方で、予想ファクターを増やせば増やすほど
血統から買えないけど、調教はよかったからなぁ
血統&調教はダメでも、○○
○○データに該当だったなぁ
○○
血統&調教&データから買えないが、パドックの気配
は最高だった
といったように、馬券がハズれたレース結果について
【納得】のいく説明や
満足のいく(精度の高い)レース回顧ができるケース
これはドンドン増えていくと思います。
22
競馬とラーメン店のお話
つまり、この競馬で【納得】できることが増えるほど
↓↓↓
a)“リターン”が増えそうな思いをぬぐい去れない
b)予想ファクターを増やした今のほうが、増やす以前
より、断然馬券が当たりそうで、ワクワク♪
といった【負けるべくして負けるメンタル心理】が強まり
↓↓↓
さまざまな“悪影響”を引き起こし
↓↓↓
結果【競馬で負ける人】を作り上げる。
この“悪影響”の一つが
予想ファクターを増やす上でみられる
『競馬で、リスクありきでなくリターンありき』
といった、前編のラーメン店のような
予想スタンスを作り上げることです。
それ以外にも、この【負ける心理】は
さまざまな“悪影響”を引き起こします。
23
競馬とラーメン店のお話
例えば、ノウハウコレクターとなる心理
これなどもまさにそうです。
思い出してみてください。
あなた自身、馬券をハズして、己の予想スタンスで
説明が付かず【納得】できない時に
それ以外の予想ファクターが、ズバリ↓↓↓
レース結果に対して
【納得】いく説明や予想をしていたとしたら…
……そんな場面に出会ったなら、きっとあなたは
その“新たな予想ファクター”に対して↓↓↓
自分が探し求めていたのはコレだ!
この“予想ファクター”があればきっと勝てる!
と、そんな い
や
を、これまで一
抱いたことがあるのではないでしょうか。
まるで
探し求めていた
の
や
人と出会ったように^^
おおっ、これこそが自分が探し求めていたモノだ!
ええっ、この結果が予測できたというのか!
24
は
競馬とラーメン店のお話
……ありますよねぇ^^
これは人間なら誰しもが感じることで
ごく自然な心理です。
そもそも人間は
己が、わからない&未知のモノに遭遇すると、
“恐怖”を抱き、それをなんとか自分の知識の内で、
理解や【納得】しようという意識が働きます。
例えば
UFO をみたり
浮気現場をみたり
自分と異なる考え方の人を目にしたり
信じていたものが根底から覆される事実を目にしたり
……それらに遭遇すると
あ、ありえない、これはきっと○○だ!
いやいや、そんなことはない。妻に限って…
いやいや、違うだろ!わかっていないなコイツ!
きっと○○に違いない、いやそうだ、そうに決まって
いるーーーー!!?
25
競馬とラーメン店のお話
……といったように
物事をありのまま受け入れることが難しく、自分の知
だけで【納得】しようとする、それを い求める
これは、ごくごく自然なことだと思います。
もちろん私武虎も、馬体のみという
かなり頑ななスタンスをとっているにも関わらず
やっぱり、馬体から【納得】できないレース結果を
他の予想派の方が、当然のごとく予想していると…
……ち、ちょっと
来週あたりから参考にしてみようかな!?
など、という心が芽生えます(苦笑
いわゆるこれ
隣の芝生は良く見えるというヤツです。
ただし、実際は決して参考にはしません。
なぜなら
26
競馬とラーメン店のお話
このレース結果に、
【納得】のいく説明ができるという理由で、
その“予想ファクター”を参考に(評価)することが
↓↓↓
馬券にとってプラスとならないことを知っているから
それだけです。
レース結果に【納得】する行為(レース回顧や反省)が
ギャンブルにとって最も危険である
このことを、ただ知っているから
思いとどまれるわけです。
といったように、総合的な予想スタンスの構築には
前編のラーメン店の話で述べた
1. 的中率が下がるといった予想の“実質的リスク”
と同時に、こうした
2. 負けのスパイラルにハマる“心理的なリスク”
この 2 つをクリアしていかないといけません。
27
競馬とラーメン店のお話
つまり、こうした競馬のギャンブルとしての“リスク”
これをまず先にしっかり学び、クリアしてから
総合的な予想スタンスを築かないと
確実に、競馬で負け続けることになります。
総合的な予想スタンスが問題なのではなく
最初にリスクありきの姿勢でないこと
が問題なのです
クドいですが、もう一度いいます(苦笑
競馬の結果に【納得】する必要なんてないんです。
いくらレース考察や回顧に精を出しても
いくらレース 、
を り そうと
競馬の本質、ギャンブルの“リスク”を知らなければ
その行為は、負けを加速させるだけに過ぎません。
28
競馬とラーメン店のお話
だから今すぐ『ツキの法則』を読みましょう^^
最後に、具体的に、
この【負けるべくして負ける心理】の克服
これをどうすればいいのか?
思い出しましょう。
競馬というギャンブルに、唯一存在する絶対的なこと
……
……
29
競馬とラーメン店のお話
『競馬に絶対はない』
これを本当に深層心理で
ありのまま受け入れるだけです。
…この言葉は
誰もが知っている言葉ですが、同時に
誰もが知っているだけで終わっている言葉です。
『競馬に絶対はない』のだから
あらゆる可能性を“ありのまま”受け入れ
決してあらゆる可能性に対して
何とか“【納得】しよう、原因を探ろう”など
傲慢にならない。
ありのまま
あらゆる可能性を受け入れているからこそ
リスクを知り、馬券ロジックを作り上げる
これこそが【勝つべくして勝つ心理】です。
競馬では、謙虚さは経験を凌駕するわけです。
30
競馬とラーメン店のお話
追記;
ちなみに、予想ファクターを増やすことも
単一の予想で考察を深めることも、同じです。
だからこそ、私武虎は
馬体写真だけでパドックは見ないようにしています。
また、トモや飛節といった馬体の形はみても
馬具やソエ焼き、蹄鉄なども確認しないわけです。
すべては
馬体という予想ファクターを極めるためでなく
馬体という予想ファクターで勝つために
少しでも参考になった方は、こちらをクリック
→http://clap.mag2.com/fruwasidoc?1100000000
問題外だと思う方、こちらをクリック
→http://clap.mag2.com/fruwasidoc?2200000000
31
競馬とラーメン店のお話
Keiba & Ramen
32
fin
競馬とラーメン店のお話
本書への感想を募集
本書について、ご感想ご質問など募集しております。
下記メールフォームより、ご協力をお願いします。
本書へのご感想-メールフォーム
https://ssl.form-mailer.jp/fms/e0360877233267
※頂いた感想など、著者コンテンツで引用掲載させて頂く場合があり
ます。名前は、ペンネームや匿名でも構いません。
33
競馬とラーメン店のお話
著者の運営コンテンツ
馬体関連情報のメイン老舗ブログ
ブログ) 競馬予想パドックルーム
http://keiba-g1yosou.seesaa.net/
毎週の重賞レース馬体診断予想
コンテンツ) 馬体優先主義【競馬最強の法則版】
http://saikyo.k-ba.com/members/taketora/
メルマガ) 馬体優先主義【完全版】 レジまぐ
http://regimag.jp/m/magazine/sell/?magazine=1097
メルマガ) 馬体優先主義【無料版】 まぐまぐ
http://archive.mag2.com/0001032140/index.html
2 歳馬(POG 一口馬主向け)の馬体診断
ツイッター) POG!JAPAN
https://twitter.com/keibapog/
「馬体・予想・ギャンブル」に関する総合サイト
競馬維新塾 公式 HP
http://keibaishin.blog.fc2.com/
競馬維新塾 【ブログ版】
http://ameblo.jp/keibaisinn/
競馬維新塾 【ツイッター】
https://twitter.com/keibagambler
Produced by TAKETORA
34
Fly UP