...

NI PXI/PCI-5922 仕様 - National Instruments

by user

on
Category: Documents
9

views

Report

Comments

Transcript

NI PXI/PCI-5922 仕様 - National Instruments
NI PXI/PCI-5922 仕様
可変分解能デジタイザ
このドキュメントは、NI PXI/PCI-5922(NI 5922)可変分解能デジタイザ
の仕様を記載します。特に注釈がない限り、これらの仕様は以下の条件に
対して有効です。
•
•
•
•
全動作温度範囲
すべてのインピーダンス選択
すべてのサンプルレート
ソースインピーダンス ≤50 Ω
標準値は、15 ~ 35 ℃の周囲温度で測定される平均単位です。仕様は事前
の通知なしに変更されることがあります。最新の NI 5922 の仕様について
は、ni.com/manuals を参照してください。
NI 5922 信号の機能に関する説明を含む『NI 高速デジタイザスタートアッ
プガイド』などの NI 5922 のドキュメントにアクセスするには、スター
ト→すべてのプログラム→ National Instruments → NI-SCOPE →ドキュ
メントを参照してください。
熱面
NI 5922 が使用中の場合、安全取り扱い温度を超え、火傷をする可能性がありま
す。PXI シャーシまたは PC から取り外す前に、NI 5922 を十分に冷却してくだ
さい。デバイスの動作温度については、「環境」セクションを参照してください。
目次
垂直軸 ................................................................................................................................. 2
アナログ入力(チャンネル 0 およびチャンネル 1).................................. 2
水平軸 ...............................................................................................................................13
サンプルクロック ................................................................................................13
位相ロックループ(PLL)基準クロック .....................................................14
トリガ ...............................................................................................................................15
基準(停止)トリガ ...........................................................................................15
TRIG(外部トリガ、フロントパネルコネクタ)........................................16
PFI 0 および PFI 1(プログラム可能な機能的インタフェース、
AUX フロントパネルコネクタ)...................................................................17
TClk 仕様 .........................................................................................................................18
波形仕様 ..........................................................................................................................19
キャリブレーション .................................................................................................... 20
電源................................................................................................................................... 20
ソフトウェア ................................................................................................................. 21
環境................................................................................................................................... 22
NI PXI-5922........................................................................................................... 22
NI PCI-5922 .......................................................................................................... 23
安全性、電磁両立性、CE 適合 ............................................................................... 23
安全性 ..................................................................................................................... 23
電磁両立性............................................................................................................. 24
CE マーク準拠 ..................................................................................................... 24
オンライン製品認証 ........................................................................................... 24
環境管理 ................................................................................................................. 24
物理特性 .......................................................................................................................... 25
フロントパネルコネクタ .................................................................................. 25
外形寸法および重量 ........................................................................................... 26
サポート情報 ................................................................................................................. 28
垂直軸
アナログ入力(チャンネル 0 およびチャンネル 1)
仕様
チャンネル数
値
コメント
同時サンプリング、シングルエンド、または擬似差動チャ
ンネル(×2)
ソフトウェアで
選択可能
または
差動チャンネル(×1)
コネクタ
BNC
—
インピーダンスおよびカプリング
入力インピー
ダンス
50 Ω ±2.0%
入力カプリン
グ
AC、DC、GND
1 MΩ ±2.0%(60 pF のキャパシ
タンスと並列)
ソフトウェアで
選択可能
—
電圧レベル
フルスケール
(FS)入力
レンジ
最大入力
過負荷
±1 V (2 Vpk-pk)
±5 V (10 Vpk-pk)
—
50 Ω
1 MΩ
—
7 Vrms
| ピーク | ≤ 42 V
(| ピーク | ≤ 10 V)
NI PXI/PCI-5922 仕様
2
ni.com/jp
仕様
値
コメント
確度
分解能
DC 確度
サンプルレート
分解能
50 kS/s
24 ビット
500 kS/s
24 ビット
1 MS/s
22 ビット
5 MS/s
20 ビット
10 MS/s
18 ビット
15 MS/s
16 ビット
レンジ(Vpk-pk)
確度
2
±(入力の 500 ppm
(0.05%) + 50 μV)
10
±(入力の 500 ppm
(0.05%) + 100 μV)
—
1 MΩ 入力イン
ピーダンス
セルフキャリブ
レーション実行
時の温度 ±5 ℃以
内
ppm = parts per
million
(1 × 10–6)
DC ドリフト
AC 振幅精度
(標準)
レンジ(Vpk-pk)
ドリフト
2
±(入力の 20 ppm
+ 5 μV/ ℃)
10
±(入力の 20 ppm
+ 10 μV/ ℃)
±600 ppm (0.06%)(1 kHz 時)
1 MΩ 入力イン
ピーダンス
1 MΩ 入力イン
ピーダンス
セルフキャリブ
レーション実行
時の温度 ±5 ℃以
内
クロストーク
(標準)
≤–110 dB(100 kHz 時)
CH0 から CH1
および CH1 から
CH0、外部トリ
ガから CH0 また
は CH1
≤–100 dB(1 MHz 時)
≤–80 dB(6 MHz 時)
© National Instruments Corporation
3
NI PXI/PCI-5922 仕様
仕様
値
コモンモード除去
比(CMRR)
コメント
50 dB(最大 1 kHz)
擬似差動入力端
子の構成
–40 –
–50 –
CMRR (dB)
–60 –
–70 –
–80 –
–
10 k
–
1k
–
–
–
–100 –
100
–
–90 –
100 k
1M
10 M
๟ᵄᢙ䋨Hz䋩
図1
NI PXI/PCI-5922 仕様
NI 5922 CMRR(差動端子構成、標準)
4
ni.com/jp
仕様
値
コメント
帯域幅および過度応答
エイリアス
フリー帯域幅
エイリアス
保護(標準)
サンプルレート
<5 MS/s
5 MS/s
<7.5 MS/s
≤15 MS/s
100 dB
96 dB
90 dB
80 dB
減衰
AC カプリン
—
0.4 × サンプルレート
90 Hz
入力周波数
≥ 0.6 × サンプ
ルレート
—
グカットオフ
(–3 dB)
通過帯域
フラットネス
(標準)
サンプルレート
50 Ω および 1 MΩ
1 MS/s
0.03 dB
5 MS/s
0.06 dB
10 MS/s
0.15 dB
15 MS/s
0.3 dB
© National Instruments Corporation
5
DC を基準と
する
入力周波数
(最大 0.4 ×
サンプルレー
ト)
NI PXI/PCI-5922 仕様
0.2 –
0.1 –
0.1 –
૏⋧䋨ᐲ䋩
0–
–0.1 –
20 k
30 k
40 k
๟ᵄᢙ䋨Hz䋩
100 kS/s 周波数応答
100 kS/s 位相応答
0.2 –
0.2 –
0.1 –
0.1 –
૏⋧䋨ᐲ䋩
ᝄ᏷䋨dB䋩
10 k
–
–0.2 –
0
–
50 k
–
40 k
–
–
20 k
30 k
๟ᵄᢙ䋨Hz䋩
–
10 k
–
–
–0.1 –
–
–
–0.2 –
0
0–
–
ᝄ᏷䋨dB䋩
0.2 –
0–
–0.1 –
0–
–0.1 –
૏⋧䋨ᐲ䋩
200 k 0.5 –
๟ᵄᢙ䋨Hz䋩
–0.1 –
–
–
–
400 k
300 k
400 k
0–
10 MS/s 周波数応答
–
1M
2M
๟ᵄᢙ䋨Hz䋩
3M
4M
10 MS/s 位相応答
図2
NI PXI/PCI-5922 仕様
–
–1 –
0
–
5M
–
4M
–
–
–
2M
3M
๟ᵄᢙ䋨Hz䋩
–
1M
–
–0.5 –
–
–
–
–
–
–
–
ᝄ᏷䋨dB䋩
100 k
0–
–0.2 –
0
300 k
1–
–0.2 –
0
0.1 –
200 k
๟ᵄᢙ䋨Hz䋩
1 MS/s 位相応答
0–
–0.1 –
0.2 –
100 k
–
1 MS/s 周波数応答
–0.2 –
0
500 k
–
૏⋧䋨ᐲ䋩
300 k
400 k
0.1 –
๟ᵄᢙ䋨Hz䋩
–
200 k
–
100 k
–
–
–
–0.2 –
0
–
0.2 –
NI 5922 周波数および位相応答(標準)
6
ni.com/jp
仕様
値
コメント
スペクトル特性
スプリアス
フリーダイナ
ミックレンジ
(SFDR)(標準)
レンジ
(Vpk-pk)
入力周波数
10 kHz
100 kHz
1 MHz
10
114 dBc
110 dBc
96 dBc
2
109 dBc
103 dBc
92 dBc
–1 dBFS 入力信号
サンプルレート =
10 × 入力周波数
セルフキャリブ
レーション実行時
の温度 ±2 ℃以内
0
–20
ᝄ᏷䋨dBFS䋩
–40
–60
–80
–100
–120
–140
–160
0
25
50
75
100
125
150
175
200
225
250
๟ᵄᢙ䋨kHz䋩
図 3 NI PXI/PCI-5922 の動特性(10kHz 入力信号時、標準)。
1 MΩ、10 Vpk-pk レンジ、500 kS/s、擬似差動、10,000 ポイント FFT(平均 10)
© National Instruments Corporation
7
NI PXI/PCI-5922 仕様
0–
–20 –
ᝄ᏷䋨dBFS䋩
–40 –
–60 –
–80 –
–100 –
–120 –
–
–
20
–
15
–
–
10
–
–
5
–
–
–
–160 –
0
–
–140 –
25
30
35
40
45
50
๟ᵄᢙ䋨kHz䋩
図 4 NI PXI-5922 の動特性(10kHz 入力信号時、標準)。
1 MΩ、2 Vpk-pk レンジ、100 kS/s、擬似差動、10,000 ポイント FFT(平均 10)
0–
–20 –
ᝄ᏷䋨dBFS䋩
–40 –
–60 –
–80 –
–100 –
–120 –
–
–
20
–
15
–
–
10
–
–
5
–
–
–
–160 –
0
–
–140 –
25
30
35
40
45
50
๟ᵄᢙ䋨kHz䋩
図 5 NI PCI-5922 の動特性(10kHz 入力信号時、標準)
。
1 MΩ、2 Vpk-pk レンジ、100 kS/s、擬似差動、10,000 ポイント FFT(平均 10)
NI PXI/PCI-5922 仕様
8
ni.com/jp
仕様
全高調波歪み
(THD)(標準)
SINAD
(Signal to
Noise and
Distortion)
(標準)
値
コメント
–1 dBFS 入力信号
入力周波数
レンジ
(Vpk-pk)
10 kHz
100 kHz
1 MHz
10 Vpk-pk
–112 dBc
–108 dBc
–94 dBc
2
–107 dBc
–101 dBc
–90 dBc
サンプルレート
第 2 高調波から第 5
高調波までを含む
セルフキャリブレー
ション実行時の温度
±2 ℃以内
–1 dBFS 入力信号
入力周波数 =
0.1 × サンプルレー
レンジ
(Vpk-pk)
1 MS/s
10 MS/s
10
105 dB
89 dB
ト
2
99 dB
87 dB
セルフキャリブレー
ション実行時に
±2 ℃以内
THD および RMS
ノイズから計算
SN 比
(高調波なし)
(標準)
サンプルレート
–1 dBFS 入力信号
入力周波数 =
0.1 × サンプルレー
レンジ
(Vpk-pk)
1 MS/s
10 MS/s
10
108 dB
91 dB
ト
2
104 dB
90 dB
セルフキャリブレー
ション実行時の温度
±2 ℃以内
SINAD および THD
から計算
© National Instruments Corporation
9
NI PXI/PCI-5922 仕様
仕様
値
コメント
RMS ノイズ
100 Hz ~ 0.4 × サン
プルレート
レンジ
10 Vpk-pk
2 Vpk-pk
サンプル
レート
dBFS
μVrms
dBFS
μVrms
50 kS/ 秒
–120
3.4
PXI:
–117
PXI:
1.0
PCI:
–110
PCI:
2.2
PXI:
–115
PXI:
1.2
PCI:
–110
PCI:
2.2
100 kS/s
–118
4.3
1 MS/s
–108
13
–104
4.2
5 MS/s
–101
31
–98
8.7
10 MS/s
–91
92
–91
20
15 MS/s
–79
401
–79
80
DC カプリング
入力 50 Ω 終端
䊉䉟䉵ኒᐲ䋨dBFS/H䋩
–140
–145
15 MS/s
–150
10 MS/s
–155
5 MS/s
એਅ
–160
–165
–170
–175
100
1k
10 k
100 k
1M
10 M
๟ᵄᢙ䋨Hz䋩
図6
NI PXI/PCI-5922 仕様
10
NI 5922 ノイズ密度(標準)
ni.com/jp
仕様
値
コメント
スキュー、入力バイアス電流
チャンネル間
スキュー(標準)
≤500 ps
入力バイアス電流
≤500 nA
1 MHz 入力、5 MS/s
サンプルレート
セルフキャリブレーショ
ン実行時の温度 ±5 ℃以
内
整定時間
整定時間
フィルタ
タイプ 1
1%
0.01%
48 タップ
800 ns
2.5 μs
700 ns
1.5 μs
標準
48 タップ
ステップの場合(ノイ
ズを除く)
1.5 V(50%)トリガを
基準とした時間
ハニング
16 タップ
0 V DC からの 3 V
15 MS/s サンプルレー
トのみに適用
300 ns
1.4 μs
200 ns
1.3 μs
ハニング
8 タップ
ハニング
1
フィルタタイプを設定または変更する場合は、LabVIEW プロパティ、Flex FIR アンチエイリアスフィルタタイプまたは C 属
性の NISCOPE_ATTR_FLEX_FIR_ANTIALIAS_FILTER_TYPE を使用。
© National Instruments Corporation
11
NI PXI/PCI-5922 仕様
3.5 –
8 䉺䉾䊒㩷䊊䊆䊮䉫
3.0 –
2.5 –
48 䉺䉾䊒㩷䊊䊆䊮䉫
ᝄ᏷䋨V䋩
2.0 –
16 䉺䉾䊒㩷䊊䊆䊮䉫
1.5 –
1.0 –
48 䉺䉾䊒㩷ᮡḰ
0.5 –
–
–
–
1.0 µ 1.2 µ
ᤨ㑆䋨⑽䋩
–
200 n 400 n 600 n 800 n
–
–
–
–
–
–
–0.5 –
0
–
0.0 –
1.4 µ
1.6 µ
1.8 µ
2.0 µ
ᤨ㑆䋨t=0䋩䈲䇮NI 5922㩷䈱㩷BNC 䉮䊈䉪䉺䈮䉣䉾䉳䈏೔㆐䈚䈢
ታ㓙䈱ᤨ㑆䉕␜䈚䉁䈜䇯
図7
異なるフィルタタイプを使用した NI 5922 のステップ応答
10 –
0–
8 䉺䉾䊒
䊊䊆䊮䉫
–10 –
–20 –
–30 –
ᝄ᏷䋨dB䋩
16 䉺䉾䊒
䊊䊆䊮䉫
48 䉺䉾䊒
䊊䊆䊮䉫
48 䉺䉾䊒
ᮡḰ
–40 –
–50 –
–60 –
–70 –
–80 –
–
–
4M
–
3M
–
–
2M
–
–
1M
–
–
–
–100 –
0
–
–90 –
5M
6M
7M
8M
9M
10 M
๟ᵄᢙ䋨Hz䋩
図8
NI PXI/PCI-5922 仕様
異なるフィルタタイプを使用した NI 5922 の周波数応答
12
ni.com/jp
水平軸
サンプルクロック
仕様
値
コメント
サンプルクロック
ソース
内部オンボードクロック(内部 VCXO)
内部サンプルクロックは基
準クロックにロック、また
はオンボード VCXO から
分周して取得
オンボードクロック(内部 VCXO)
サンプルレート
範囲
位相ノイズ密度
(標準)
サンプルクロッ
クジッタ ( 標準)
リアルタイムサンプリング(単発)
50 kS/s ~ 15 MS/s
利用可能なレートは、
60 MS/s/n で、n は
4 ~ 1200 の整数値
<–133 dBc/Hz(10 kHz 時)
<–145 dBc/Hz(100 kHz 時)
5 MHz 入力信号
≤3 ps rms(100 Hz ~ 1 MHz)
変換器のアパーチャ不確定
性、またクロック回路の
ジッタによる影響を含む
トリガジッタを除く
タイムベース
周波数
タイムベース
確度
120 MHz
—
基準クロックへの
位相ロック無効
基準クロックへの
位相ロック有効
±50 ppm(通常値)
基準クロック確度と
同等
—
サンプルクロッ
ク遅延範囲
±1 サンプルクロック周期
—
サンプルクロッ
ク遅延分解能
400 ps
—
© National Instruments Corporation
13
NI PXI/PCI-5922 仕様
位相ロックループ(PLL)基準クロック
仕様
値
NI PXI-5922
基準クロックソース
PXI_CLK10
(バックプレーンコネクタ)
CLK IN
(フロントパネル SMB コネクタ)
NI PCI-5922
RTSI 7
CLK IN
(フロントパネル SMB コネクタ)
周波数範囲
1 MHz ~ 20 MHz(1 MHz 間隔)、デフォルト値は 10 MHz
±50 ppm まで正確であること
デューティーサイクル
許容範囲
45 ~ 55%
エクスポートされた
基準クロックの出力先
NI PXI-5922
CLK OUT
NI PCI-5922
CLK OUT
(フロントパネル SMB コネクタ)
PFI<0..1>
(フロントパネル SMB コネクタ)
PFI<0..1>
(フロントパネル 9 ピンミニサー
キュラ DIN コネクタ)
PXI_TRIG<0..6>
(フロントパネル 9 ピンミニサー
キュラ DIN コネクタ)
RTSI <0..7>
(バックプレーンコネクタ)
CLK IN (基準クロック入力、フロントパネルコネクタ)
入力電圧範囲
方形波 : 0.2 ~ 1 Vpk-pk
最大入力過負荷
7 Vrms(| ピーク | ≤10 V)
インピーダンス
50 Ω
カプリング
AC
CLK OUT(基準クロック出力、フロントパネルコネクタ)
出力インピーダンス
50 Ω
論理タイプ
5 V CMOS
最大駆動電流
±50 mA
NI PXI/PCI-5922 仕様
14
ni.com/jp
トリガ
基準(停止)トリガ
仕様
値
コメント
トリガタイプ
エッジ、ウィンドウ、ヒステリシス、デジタル、即時、
ソフトウェア
各トリガタイプで
使用できるソース
の詳細については、
『NI 高速デジタイザ
ヘルプ』を参照し
てください。
トリガソース
CH 0、CH 1、TRIG、PXI_Trig <0..6>、PFI <0..1>、
PXI スタートリガ、RTSI <0..6>、およびソフトウェア
—
時間分解能
サンプルクロック周期
—
リアーム時間
144 × サンプルクロック周期
ホールドオフ
最大(232 – 1)× サンプルクロック周期
ホールドオフは 0
に設定。
—
アナログトリガ(エッジ、ウィンドウ、ヒステリシストリガタイプ)
ソース
CH 0(フロントパネル BNC コネクタ)
CH 1(フロントパネル BNC コネクタ)
TRIG*(フロントパネル BNC コネクタ)
トリガレベル
範囲
100% FS
エッジトリガ
感度
ジッタ
—
CH 0、CH 1
2% FS
* TRIG―アナログ
エッジトリガのみ
TRIG(外部トリガ)
—
0.3 Vpk-pk(標準)、
最大 1 MHz
—
サンプルクロック周期
デジタルトリガ(デジタルトリガタイプ)
ソース
NI PXI-5922
PXI_Trig <0..6>(バックプ
レーンコネクタ)
PFI <0..1>(フロントパネ
ル 9 ピン DIN コネクタ)
PXI スタートリガ(バック
NI PCI-5922
—
RTSI <0..6>
PFI <0..1>(フロントパネ
ル 9 ピン DIN コネクタ)
プレーンコネクタ)
© National Instruments Corporation
15
NI PXI/PCI-5922 仕様
TRIG(外部トリガ、フロントパネルコネクタ)
仕様
値
コネクタ
BNC
インピーダンス
100 kΩ(52 pF と並列)
入力電圧範囲
±2.5 V
カプリング
DC
レベル精度 ( 標準)
±0.3 V(最大 100 kHz)
最大入力過負荷
| ピーク | ≤ 42 V
NI PXI/PCI-5922 仕様
16
ni.com/jp
PFI 0 および PFI 1(プログラム可能な機能的インタフェース、
AUX フロントパネルコネクタ)
仕様
値
コネクタ
9 ピンミニサーキュラ DIN
方向
双方向
入力の場合(トリガ)
出力先
開始トリガ(集録アーム)
基準(停止)トリガ アーム基準トリガ
アドバンストリガ
入力インピーダンス
150 kΩ
VIH
2.0 V
VIL
0.8 V
最大入力過負荷
–0.5、5.5 V
最大周波数
25 MHz
出力の場合(イベント)
ソース
開始トリガ(集録アーム)
基準(停止)トリガ レコード完了
終了(集録の最後)
出力インピーダンス
50 Ω
論理タイプ
3.3 V CMOS
最大駆動電流
±24 mA
最大周波数
20 MHz
© National Instruments Corporation
17
NI PXI/PCI-5922 仕様
TClk 仕様
ナショナルインスツルメンツの TClk 同期方法および NI-TClk ドライバは、
シャーシ内の SMC 対応モジュールのサンプルクロックを揃えるために使
用されます。TClk 同期の詳細については、『NI 高速デジタイザヘルプ』の
中にある『NI-TClk 同期ヘルプ』を参照してください。
メモ
•
仕様は、1 台の NI PXI-1042 シャーシに取り付けられている任意の数
のモジュールに対して有効です。
•
各 SMC 対応モジュールでは、すべてのパラメータが同じ値に設定さ
れています。
•
サンプルクロックは 15 MS/s、またすべてのフィルタは無効に設定さ
れています。
•
マルチシャーシシステムを含むその他の構成については、ナショナル
インスツルメンツの技術サポート(ni.com/jp/support)までお問
い合わせください。
NI-TClk を使用して異なるモジュールを同期できますが、これらの仕様は同一の
モジュールを使用した場合にのみ適用されます。
仕様
値
コメント
NI-TCik を使用したモジュール間の SMC 同期(同一モジュールを使用、標準)
スキュー
500 ps
クロックおよびアナログパ
スでの遅延の差による
手動による調整は未実施
手動での調整後の
平均スキュー
<10 ps
手動による調整の詳細につ
いては、『NI-TClk 同期化ヘ
ルプ』の「同期による再現
性の最適化」トピックを参
照してください。調整処理に
関するその他の情報につい
ては、ナショナルインスツ
ルメンツの技術サポート
(ni.com/jp/support)ま
でお問い合わせください。
サンプルクロック
遅延 / 調整分解能
≤5 ps
—
NI PXI/PCI-5922 仕様
18
ni.com/jp
波形仕様
仕様
オンボード
メモリサイズ
値
コメント
チャンネルあたり 8 MB
チャンネルあたり 2 MS
チャンネルあたり 32 MB
チャンネルあたり 8 MS
チャンネルあたり 256 MB
チャンネルあたり 64 MS
—
—
最短レコード長
1 サンプル
プレトリガ
サンプル数
0 から最大レコード長まで
シングルレコー
ドモードおよび
マルチプル
レコードモード
ポストトリガ
サンプル数
0 から最大レコード長まで
シングルレコー
ドモードおよび
マルチプル
レコードモード
オンボードメモ
リの最大レコー
ド数
8 MB/ チャンネル
13,107
32 MB/ チャンネル
52,428
256 MB/ チャンネル
100,000*
各レコードに割
り当てられたオ
ンボードメモリ
(レコード長 ×4 バイト /S)+ 400 バイト、128 バイトの次
の倍数に丸め込み
* データ集録中
にレコードを
フェッチする場
合、これらの数
値を上回る可能
性あり。詳細に
ついては、『NI
高速デジタイザ
ヘルプ』を参照
してください。
—
または
640 バイトのいずれか大きい方
© National Instruments Corporation
19
NI PXI/PCI-5922 仕様
キャリブレーション
仕様
セルフキャリブレーション
外部キャリブレーション
(工場出荷時のキャリブレー
ション)
値
セルフキャリブレーションはソフトウェアコマンドで実行可能で
す。キャリブレーションは、ADC の非線形性、入力バイアス電流、
そしてすべての入力範囲のゲインとオフセットを補正します。
外部キャリブレーションは、VCXO および基準電圧を校正しま
す。適切な定数は、不揮発性メモリに保管されます。
外部キャリブレーション間
隔
2 年間
ウォームアップ時間
15 分
電源
仕様
標準値
NI PXI-5922
NI PCI-5922
+3.3 VDC
2.0 A
2.0 A
+5 VDC
1.4 A
2.5 A
+12 VDC
330 mA
450 mA
–12 VDC
280 mA
0
合計電力
20.9 W
24.5 W
NI PXI/PCI-5922 仕様
20
ni.com/jp
ソフトウェア
仕様
ドライバ
ソフトウェア
コメント
NI PXI-5922: NI-SCOPE 2.8 以降
NI PCI-5922: NI-SCOPE 3.0 以降
NI-SCOPE は、NI 5922 の構成、制御、および校正を行うための IVI に準拠
したドライバです。NI-SCOPE には、多くの開発環境に対応するアプリ
ケーションプログラミングインタフェースが搭載されています。
アプリケーション
ソフトウェア
NI-SCOPE には、以下のアプリケーション開発環境にプログラミングイン
タフェース、ドキュメント、サンプルが含まれます。
•
•
•
•
•
対話式ソフトフロ
ントパネルおよび
構成
LabVIEW
LabWindowsTM/CVITM
Measurement Studio
Microsoft Visual C/C++
Microsoft Visual Basic
Scope ソフトフロントパネル 2.2 以降では、NI 5922 を対話式に制御する
ことができます。Scope ソフトフロントパネルは NI-SCOPE CD に含まれ
ています。
また、ナショナルインスツルメンツの Measurement & Automation
Explorer(MAX)でも NI 5922 を対話式に構成、そしてテストすることが
できます。MAX は NI-SCOPE CD に含まれています。
© National Instruments Corporation
21
NI PXI/PCI-5922 仕様
環境
NI PXI-5922
メモ
NI PXI-5922 の効率的な冷却方法については、NI PXI-5922 キットに含まれてい
る『強制空冷の維持について』のガイドラインに従ってください。NI PXI-5922
は、室内使用を意図して設計されています。
仕様
動作温度
値
0 ~ +55 ℃(以下を除くすべての NI PXI シャーシにおいて)。
0 ~ +45 ℃(NI PXI-1000/B または NI PXI-101x シャーシに取り付けら
れた場合)。 IEC-60068-2-1、IEC-60068-2-2 に準拠
保管温度
–40 ~ 71 ℃
(IEC-60068-2-1/IEC-60068-2-2 に準拠)
動作時の相対湿度
10 ~ 90%(結露なきこと)、
(IEC-60068-2-56 に準拠)
保管時の相対湿度
5 ~ 95%(結露なきこと)、
(IEC-60068-2-56 に準拠)
動作衝撃
30 g(半正弦波)、11 ms パルス
(IEC-60068-2-27 に適合、
MIL-PRF-28800F に準拠してテストプロファイルを確立)
保管時衝撃
50 g(半正弦波)、11 ms パルス
(IEC-60068-2-27 に適合、
MIL-PRF-28800F に準拠してテストプロファイルを確立)
動作振動
5 Hz ~ 500 Hz、0.31 grms
(IEC-60068-2-64 に適合)
保管振動
5 Hz ~ 500 Hz、2.46 grms
(IEC-60068-2-64 に適合、
テストプロファイルは MIL-PRF-28800F、Class 3 の要件以上)
高度
最大 2,000 m(周辺温度 25 ℃時)
汚染度
2
NI PXI/PCI-5922 仕様
22
ni.com/jp
NI PCI-5922
メモ
NI PCI-5922 に対して効率的な冷却を行うには、能動冷却が行えるシャーシを使
用して少なくとも PCI カードへの通気を確保してください。通気の確保やデバ
イスの寿命に影響を与えないために、隣接している PCI スロットにはデバイス
を取り付けないでください。重要な冷却情報については、NI PCI-5922 キットに
含まれる『強制空冷の維持について』を参照してください。NI PCI-5922 は、
屋内での使用を意図して設計されています。
仕様
値
動作温度
0 ~ +45 ℃
(IEC-60068-2-1/IEC-60068-2-2 に準拠)
保管温度
–40 ~ 71 ℃
(IEC-60068-2-1/IEC-60068-2-2 に準拠)
動作時の相対湿度
10 ~ 90%(結露なきこと)、
(IEC-60068-2-56 に準拠)
保管時の相対湿度
5 ~ 95%(結露なきこと)、
(IEC-60068-2-56 に準拠)
保管時衝撃
50 g(半正弦波)、11 ms パルス
(IEC-60068-2-27 に適合、
MIL-PRF-28800F に準拠してテストプロファイルを確立)
保管振動
5 Hz ~ 500 Hz、2.46 grms
(IEC-60068-2-64 に適合、
テストプロファイルは MIL-PRF-28800F、Class 3 の要件以上)
高度
最大 2,000 m(周辺温度 25 ℃時)
汚染度
2
安全性、電磁両立性、CE 適合
安全性
本製品は、計測、制御、実験に使用される電気装置に関する以下の規格お
よび安全性の必要条件を満たします。
•
•
メモ
IEC 61010-1、EN 61010-1
UL 61010-1、CSA 61010-1
UL およびその他の安全保証については、製品ラベルまたは「オンライン製品認証」
セクションを参照してください。
© National Instruments Corporation
23
NI PXI/PCI-5922 仕様
電磁両立性
本製品は、計測、制御、実験に使用される電気装置に関する以下の EMC
標準の必要条件を満たします。
•
•
•
•
•
EN 61326 (IEC 61326): Class A エミッション、基本イミュニティ
EN 55011 (CISPR 11): Group 1、Class A エミッション
AS/NZS CISPR 11: Group 1、Class A エミッション
FCC 47 CFR Part 15B: Class A エミッション
ICES-001: Class A エミッション
メモ
製品の EMC 決定に適用する基準に関しては、「オンライン製品認証」セクショ
ンを参照してください。
メモ
EMC に適合させるには、このデバイスを RG223/U または同等のシールドケー
ブルと一緒に使用し、製品のドキュメントに従って動作してください。
CE マーク準拠
この製品は、該当する EC 理事会指令による基本的要件に適合していま
す。
•
•
2006/95/EC、低電圧指令(安全性)
2004/108/EC、電磁両立性指令(EMC)
オンライン製品認証
その他のコンプライアンス情報については、適合宣言(DoC)をご覧く
ださい。この製品の製品認証および適合宣言を入手するには、ni.com/
certification(英語)にアクセスして型番または製品ラインで検索し、
保証の欄の該当するリンクをクリックしてください。
環境管理
ナショナルインスツルメンツは、環境に責任を持つ方法での製品の設計お
よび製造に取り組んでいます。NI は、製品から特定の有害物質を除外する
ことが、環境および NI のお客様にとって有益であると考えています。
環境情報に関する詳細は、ni.com/environment で NI and the
Environment(英語)のウェブページをご覧いただけます。このページに
は、NI が準拠している規制と規格や、このドキュメントには含まれてい
ない環境情報についてが説明されています。
NI PXI/PCI-5922 仕様
24
ni.com/jp
廃電気電子機器(WEEE)
欧州のお客様へ 製品寿命を過ぎたすべての製品は、必ず WEEE リサイクルセンターへ送
付してください。WEEE リサイクルセンターおよびナショナルインスツルメンツの WEEE
への対応に関する詳細は、ni.com/environment/weee(英語)を参照してください。
⬉ᄤֵᙃѻક∵ᶧ᥻ࠊㅵ⧚ࡲ⊩ ˄Ё೑ RoHS˅
Ё೑ᅶ᠋ National Instruments ヺড়Ё೑⬉ᄤֵᙃѻકЁ䰤ࠊՓ⫼ᶤѯ᳝ᆇ⠽䋼ᣛҸ (RoHS)DŽ
݇Ѣ National Instruments Ё೑ RoHS ড়㾘ᗻֵᙃˈ䇋ⱏᔩ ni.com/environment/rohs_chinaDŽ
(For information about China RoHS compliance, go to ni.com/environment/rohs_china.)
物理特性
フロントパネルコネクタ
ラベル
機能
コネクタタイプ
CH 0
アナログ入力
BNC メス
CH 1
アナログ入力
BNC メス
TRIG
外部トリガ
BNC メス
CLK IN
基準クロック入力
SMB ジャック
CLK OUT
基準クロック出力
SMB ジャック
AUX I/O
PFI 0、PFI 1
9 ピンミニサーキュラ DIN
フロントパネル表示器(NI PXI-5922)
ACCESS
ACCESS LED は、PCI バスおよび NI PXI-5922 からコントローラまでのイン
タフェースのステータスを示します。
ACTIVE
ACTIVE LED は、NI PXI-5922 のオンボード集録ハードウェアのステータスを
示します。
© National Instruments Corporation
25
NI PXI/PCI-5922 仕様
外形寸法および重量
NI PXI-5922
外形寸法
3U、1 スロット、PXI/cPCI モジュール
21.6 × 2.0 × 13.0 cm
(8.5 × 0.8 × 5.1 in.)
2.0 cm
(0.8 in.)
13.0 cm
(5.1 in.)
21.6 cm
(8.5 in.)
重量
NI PXI/PCI-5922 仕様
336 g (11.8 oz)
26
ni.com/jp
NI PCI-5922
外形寸法
35.5 × 2.0 × 11.3 cm
(14.0 × 0.8 × 4.4 in.)
2.0 cm
(0.8 in.)
11.3 cm
(4.4 in.)
35.5 cm
(14.0 in.)
重量
415 g (14.6 oz)
© National Instruments Corporation
27
NI PXI/PCI-5922 仕様
サポート情報
技術サポートリソースの一覧は、ナショナルインスツルメンツのウェブサ
イトでご覧いただけます。ni.com/jp/support では、トラブルシュー
ティングやアプリケーション開発のセルフヘルプリソースから、ナショナ
ルインスツルメンツのアプリケーションエンジニアの E メール / 電話の連
絡先まで、あらゆるリソースを参照することができます。
適合宣言(Doc)とは、その会社の自己適合宣言を用いた、さまざまな
欧州閣僚理事会指令への適合の宣言のことです。この制度により、電磁両
立性(EMC) に対するユーザ保護や製品の安全性に関する情報が提供され
ます。ご使用の製品の適合宣言は、ni.com/certification(英語)か
ら入手できます。ご使用の製品でキャリブレーションがサポートされてい
る場合、ni.com/calibration からその製品の Calibration Certificate
(英語)を入手してご利用になることもできます。
ナショナルインスツルメンツでは、米国本社(11500 North Mopac
Expressway, Austin, Texas, 78759-3504)および各国の現地オフィスに
てお客様にサポート対応しています。日本国内での電話サポートについて
は、サービスリクエストを ni.com/jp/support で作成するか、
0120-527196(フリーダイヤル)または 03-5472-2970(大代表)にお電
話ください。日本国外での電話サポートについては、各国の営業所にご連
絡ください。
イスラエル 972 3 6393737、イタリア 39 02 41309277、
インド 91 80 41190000、英国 44 0 1635 523545、
オーストラリア 1800 300 800、オーストリア 43 662 457990-0、
オランダ 31 (0) 348 433 466、カナダ 800 433 3488、
韓国 82 02 3451 3400、シンガポール 1800 226 5886、
スイス 41 56 2005151、スウェーデン 46 (0) 8 587 895 00、
スペイン 34 91 640 0085、スロベニア 386 3 425 42 00、
タイ 662 278 6777、台湾 886 02 2377 2222、中国 86 21 5050 9800、
チェコ 420 224 235 774、デンマーク 45 45 76 26 00、
ドイツ 49 89 7413130、トルコ 90 212 279 3031、
ニュージーランド 0800 553 322、ノルウェー 47 (0) 66 90 76 60、
フィンランド 358 (0) 9 725 72511、フランス 01 57 66 24 24、
ベルギー 32 (0) 2 757 0020、ブラジル 55 11 3262 3599、
ポーランド 48 22 3390150、ポルトガル 351 210 311 210、
マレーシア 1 800 887710、南アフリカ 27 0 11 805 8197、
メキシコ 01 800 010 0793、レバノン 961 (0) 1 33 28 28、
ロシア 7 495 783 6851
National Instruments、NI、ni.com、および LabVIEW は National Instruments Corporation
(米国ナショナルインスツルメンツ社)の商標です。National Instruments の商標の詳細については、
ni.com/legal の「Terms of Use」セクションを参照してください。本文書中に記載されたその他の
製品名および企業名は、それぞれの企業の商標または商号です。National Instruments の製品を保護する
特許については、ソフトウェアに含まれている特許情報(ヘルプ→特許情報)、メディアに含まれている
patents.txt ファイル、または ni.com/patents のうち、該当するリソースから参照してください。
© 2006–2008 National Instruments Corporation. All rights reserved.
374049E-01
2008 年 09 月
Fly UP