...

そ、 日本の経済が成り立っ 〟

by user

on
Category: Documents
8

views

Report

Comments

Transcript

そ、 日本の経済が成り立っ 〟
_
_ ―
企業が次 々に生まれ て こ
、
日本 の経済 が成 り 立 っ
、
ていく の にも かかわ らず
そ
日本 にベ ンチ ャー企業 が 生
。
まれ にくくな っている
近年 の統計 によると 日本
、
の開業率 は2 ●7% で そ
れ に反 し て廃業率が3 ・2
。
%と マイナ スである ちな
3・
み に米国 では 開業率が 1
1
8% 、廃 業率が1 。4 % と
。
活力が数 字 に美れ ている
イギ リ スの世 界的な 起業
、
家と話を した 時 彼 が 言 っ
ョックだ った 。
た ことが シ
﹁日本 では起業家は 育 た
、
〃
。
夜逃
な い 失敗すれば
十■ ■十
▼
■
,
一
“
”
”一
⋮
1
・
︲
一
軍i
■
購轟■ 中
4す尭!
1
,
替静■ ,
キ壊十
,
やT
ジーアンドエス社長 萩 原 扶 未子
10日 (木曜日)
(平成14年)10月
2002年
閤
罪 津
幸
。
〃
心中 〃 でし ょう そ
げ〃
、
れ では 思 い切 った チ ャレ
。
ンジ は できま せん 若者 の
。
参入も少なすぎ る 年 齢を
、
世界的な企 業 に
考えると
、
印が 押され 金銭的な 面も
、
あり 復活 のチ ャン スが な
。
かなか与えられな い この
点も 日本 で起業家が生 まれ
、
にくく 大 胆な経営が でき
。
米
な い理由 の 一つであ る
好意 的 にみ られ る
度目 の失敗 率は低 いと 逆 に
。
そ のた
々な 画 で学 習し てお り
育 てる には 時 間 が 足 り な
自
、
国 では 一度失敗 した 人は 色
、
二
、
い﹂
通常日本 の起業家 は
分と親族が保証人 にな り
開設費用
〃
す べ て″を
リタ ー ンでは
、
実 績を 持た
な い起業家 にお金 は集 ま ら
。
な い 本来 投資は ハイリ ス
。
ク ・ハイリ ター ン である
、
投 資家 の起
この対処 には
業家と事業 内容 への投資 判
、
断 の目を養 う事が 必 須条
。
件 である
、
また 行 政の支援 も不 可
。
現行の補助 金制
欠 であ る
業 三年内 の税 金減額や 初 期
設 備投資 への償却優遇 が 考
。
大学や大 学院 へ
え られる
入学 し ての事 業関連研 究 な
、
どが 経費 で認め られ て い
。
な い ことも疑間 である も
っと 産業を育 成す るた め の
。
税制 であ ってもら いた い
、
本来 経営と出資 は 分け
。
す べてを 抱
る べき であ る
え込まさ れ て
いる日本 の経
営者 の精 神 的
・金銭的 負 担
。
実 感 でき る 現 実 で あ る
、
し た 私 にと っても 癌 い ほ ど
。
第
十六
は あ ま り にも 大 き い
経営 の勉強 中 で運営
度は
年 前 に起 業 家 と し て踏 み 出
、
に走 り回 っている起 業家 に
、
は
情報が 入り にく く申 請
。
場 合 によ っ
も複雑 であ る
し
ては 専門家 へ依頼 しな いと 二 第 二 の 世 界 に 誇 る ﹁S
、
申請 書作成が難しく 時 間 O N Y ﹂や ﹁H O N D A ﹂
、
。
を生 みだ す起 業 家が 誕 生
も取られる も っと 簡略 し
今 のよう に資金調 達を 銀
行や 親族 ・友 人から ではな
、
投資会 社や個人投 資 家
そ の分第 三者の認 定チ ェッ
たい
に 活 気 と 夢 を 与 え ても ら い
。
元 気 のな い日 本 の 経 済
から の調達 の方向 に転換 し
ク機 構をし っかり さ せれば
、
。
いい 税制 にお い ても 起
、
ていかなけ れば 健全 な経 営
、
。
がむずか し い また 日本
的投資 の ローリ スク ・ロー
く
7
め米 国 では 4%が再び 事業
、
を起 こし ているが 日 本 は
。
3
︲% にとどま っている
一
一嫌”
一田”
環!
∬!
避!
業¨
高一摺”
恐!
器
自分 の家や実 家を担保提 供
、
し
と運転資金を
調達してい
、
失敗した時 に
るザ﹂
れ では
失 って し ま う 危 険 性 が あ
、
〃
。
る
無限 責 任 〃
つまり
こうなる と アイ デ アや
を 経 営 者 は 負 う わ け であ
。
る
技術はあるが社会的経 験 が
、
な い学生が 企業を 起 こす
。
こと はさら にむずか しい
、
また 倒産 ・破産 した経
、
〃
落後者 〃の熔
営者 には
Fly UP