...

今こそ本キ勿のワール ト カフェを体感しょう!!

by user

on
Category: Documents
2

views

Report

Comments

Transcript

今こそ本キ勿のワール ト カフェを体感しょう!!
■
ワ
J
′
・
ル ド カフ
ー
ワ
二
ルド カフ
、
カフ
、
テ
ェ
が 開 く 社会 組織
ェ
コミ
.
テ ィ の 未来
ュ ニ
F匂
カ フ ェ に い る よう な 楽 し い 雰 囲 気
、
つ
一
そ こ に 集う の は 目
。
的 を同 じ くす る 多様な発想 を持 っ た人たち
き が 次 々 と つ な が り 新 た な 発 想 を生 み
けな い 斬新 なア イデア が生 まれ
そ れが ワ
。
ト
.
の よ う な 自 由 な 空 間 で こ そ 生 ま れ る 。」
で 対話 を重ね る 組織開発 の 手法 の
なる
ベ ン
堅 苦 しい 枠に はま っ た 会議室 で はな
ブル を替 えながら
ー
年記 念 日 本イ
0 周
.
ー
「 斬新 な ア イデ ア は
く
ェ2
・
ー
ル ド
一
。
つ
L
そ の 中か ら思 い が
、
e a
ー
d
タ
hi p T hi n ki n g T
e rs
"
ブラウ ン 他に よる論文
・
o
et h e r
g
⊂o
f or
n v e rs a ti o n a
⊂h
a
g
a n
"
L
の
e
翻 訳 版 を無 料提 供 !
協働創造 を生み だす力 と
、
カ フ ェ の 魅 力で す
・
人の 思 い
アニ
参 加 者 の 悩 み や質 問 に 答 え る 「 ワ
。
ドブ ッ ク」
ハ ン
ル ド
ー
ー
ル ド カフ
ェ
の
「 ワ
ー
ル ド カフ
ェ
は楽 しい だけ だと 言われ戸惑
・
カフェ
・
を 無料 提供 !
「 ワ
・
・
限界 を感 じ て
い る」
て い る」
っ
「 本 家本 元 か ら 是 非 学 ん で み た い 」
ワ
ル ド
ー
カフ
・
に 関す る 悩 み や疑 問 を大 い に 語 り合 い
ェ
新 たな発見 と実践 に つ なげま しよ う
ゲス トス ピ
ー
カ
ー
ワ
ル ド カフ
・
ー
ア
ワ
ニ
ェ
の
共 同 創始 者
T W ⊂2 0 大 会 実 行 委 員 長
タ ブラ ウ ン
ワ
ル ド カ フ ェ 2 0 周年 記念 イ ベ ン
ー
の至 る所で素晴 ら しい ワ
が 実践 され て
フ
ェ
感
じて い
い る こと
ます 1 0 月
。
・
フ
を光栄 に
トに 皆
緒 に 参 加 で き る こ と を 楽 しみ に し て い ます
・
ー
・
・
。
ー
・
∼
。
・
ー
・
。
。
官等
の 創始者 と 直接対
ェ
い
ます
。
ワ
孟1
.
ル ド
カ
・
の 真 価 を理 解 す る た め の ま た と
ェ
な い機 会で す
。
是 非 ご参 加 下 さ い
。
M i nd
。
代 表 I A F 」 a p a n 理 事 日 本 フ ァ シ リ テ シ ョ ン 協会( F AJ ) フ ェ
な ど で の 活 動 を 通 じて
ワ
ル ド カフ ェ
0 5T
フ ュ
チャ
サ
チな ど 連の ワ
ク シ ョ ッ プ手 法 の 普 及 活 動 を展 開 し て い る
ワ
ル
ド カ フ ェ を 日 本 に広 め た 第
人 者 と し て 日本 の ワ
ル ド カ フ ェ コミ ュ
ニ テ ィ を牽引 して い る
「 ワ
ル ド カ フ ェ を や ろ う ! 」 「 決 め な い 会 議」
な ど著 書 多 数
。
ー
。
e ⊂h o e
-
・
ー
ー
。
F A」
ー
・
ー
、
一
、
ー
、
ー
ー
。
・
一
ー
・
ー
・
。
。
V
.
∠ J ロ 全 国9
カ所で
同時開催
シ ョ ン 協 会)
p a n ( 国 際 フ ァ シ リ テ 夕 ズ 協 会 日 本支 部) 各地 域 実 行 垂 員 会 / 共 催 : F AJ ( N P O 法 人 日 本 フ ァ シ リ テ
※ 本 プ ロ グ ラ ム はJ A F のI n t e r n a ti o n a L F a ⊂iLi t a ti o n W e e k の 参 加 プ ロ グ ラ ム で す 。 問 い 合 わ せ 先 =i n f o t w ⊂2 0j a p a n @
g m a i L ⊂O m
a
ー
A 〟‖ 0 : 0 0 トP 州 5 : 0 0
亡2
主 催 :l A F J
カフ
の イ ベ ン
ド カフ ェ の 共 同創始者 ワ
ル ド カ フ ェ コ ミュ ニ テ ィ 財団 の 共同
設立 人 2 0 0 5 年 に 出 版 さ れ た「 ワ
ル ド カフ ェ
カフ ェ 的会 話が未 来を創
る」 は1 0 カ 国 で 翻 訳 出 版 さ れ て い る( 日 本 語 版 は 香 取 川 口訳 で 2 0 0 7 年 に 出
版) 組 織 開 発 学 者 ア メ リ カ ノ
ス カ ロ ラ イ ナ在 住
ル
・
奮 をお ぼえ て
ル ド カ
ー
ロ
ー
ル ド
ー
話 で き る イ ベ ン トが 日 本 で 開催 さ れ
よう と して い る こ と に少なか らぬ 興
、
ワ
昭
一
・
トに 多く の 日本の 仲 間や友人 と参加
一
香取
・
ー
で きる こ と に感 謝 します。 そ して 日本
さん と
、
。
一
ー
・
ー
・
日 本 初 l 全 回9 カ 所 を オ ン ラ イ ン で つ な ぐ
ル ド カ フ ェ を実施
リアル & バ チャ ル ワ
●
ー
社会や組織
変革す る ワ
オ
●
午前 の 部
1 0 :0 0
‡
プニ
ー
ン
コ ミ
、
●
キ
トス ピ
ー
ニ
チ: ア
ー
ニ
タ ブラ ウ ン
・
ー
ー
ショ
・
ー
ェ
午後 の 部
昼
食
休
憩
ー
タ に よる ワ ル ド カ フ
ン ( 全 国 同 時 開 催)
ニ
ア
●
ノ
ワ
グ
2 0 周 年記 念セ レモ
ー
実践事例 と
変革 に 向 け た活 用 方法
を
の力
ェ
・
●
1 2 :; 0
テ ィ
ュ ニ
ル ド カフ
ー
・
ー
1 4:0 0
●
キ
●
工
?
●
ノ
ー
イミ
ワ
トス ピ
ー
ー
ー
: エ
チ
イミ
ー
・
グ
ル ド カフ
・
ー
の
ェ
セッ ション
( 全 国 同 時 開 催)
・
。
ー
一
・
ー
。
シ リテ
ー
卜 し ます
。
ー
・
・
一
ー
。
、
イ
ベ
2 015
PA R M
ト概 要
ン
年1
0
月2
5
日( 日) 9 : 3 0 開 場 / 1 0 : 0 0 開 始
多目 的 ホ
宮 城 県 仙 台 市 青 葉 区 番 町3
⊂l T Y 1 3 1 A N N E X 3 F
-
〒9 8 0 0 8 1 1
ー
ル
一
→
A C C E SS M A P
1 7 :0 0 終 了
∼
-
1 1 6
-
60名
葬具
参加 衰
I A F」 お よ びF AJ 会 員 3 , 0 0 0 円 /
(
申込方 法
東北 ス ク エ
F A」
h tt p
id
=
//
s=
w w
w
般3
,
5 0 0 円 / 学 生 2 ,5 0 0 円
)
。
ア W E B サ イ トより 申 し込 み く だ さ い
f aj
・
・
O r
j p/
d
m o
・
u
L e s / ⊂O
n
。
t e n t S/i n d e x p h p ? ⊂O n t e n t
.
46 9 4
イうント咽 合せ先 i n f o t
東枇会 場主催
一
※ 参 加 費 は 当 日 会 場 に て 申 し 受 けま す
w
⊂2
T W ⊂2 0
qj a p a
n
@ g
m a iL ⊂O m
.
東 北 実行 委 員 会
F A」 東 北 ス ク エ ア
、
ス リ
ー
エ
ム ジ ャ パ ン( 株) 文 具
M i n d e ⊂h o e
、
( 株) ク オ リ ア
、
・
オ フ ィ ス 事 業部
( 株)
コ
ー
チング
・
、
( 株) フ ュ
ラボ
ウエ
・
ー
チャ
ス ト
、
ー
セッシ ョンズ
( 株)
ヒュ
ー
、
南北 線「 広 瀬通 駅」 か ら 徒 歩 3 分
「 電 力 ビ ル 前」 下 車 徒 歩 3 分
歩 : J R 「 仙 台 駅」 出 口 か ら 徒 歩1 0 分
■
地下鉄
バ
ス
■
徒
■
オ
ー
マ ンバ リュ
センテ ィックワ
ー
レン
お よび 国 内 実 践 者 に よ る
テ リン
ー
当 日 は 東 京 を メ イ ン 会 場 にオ ン ラ イ ン で 米 全 国 9 拠点 を つ な ぎ ます
(〕 午前 中 は米 国 か ら ア ニ
タ ブ ラ ウ ン が生 出演 午後 は束 京 会場 か ら エ イ ミ と 香 取 昭 が フ ァ
(二) ワ
ル ド カフ ェ
セ ッ シ ョ ン は 各拠点 同 時 開 催 で 現 地 フ ァ シ リ テ 夕 が進 行 し ます
∈)
ェ
・
リ
1 7:0 0
セ ッ
ル ド カフ
ー
ー
ク ス( 株)
ゾ
ス
ー
ト
ー
Fly UP