...

男子ハンドボール競技におけるゲーム分析 —連続失点が勝敗に及ぼす

by user

on
Category: Documents
73

views

Report

Comments

Transcript

男子ハンドボール競技におけるゲーム分析 —連続失点が勝敗に及ぼす
男子ハンドボール競技におけるゲーム分析
—連続失点が勝敗に及ぼす影響について—
横山克人(東海大学大学院),栗山雅倫(東海大学)
1.目的
に試合のスコアを記録した。
3)調査項目
得点を競い合うハンドボール競技にお
Table.1 調査対象としたシュート種別
いて、効率良く得点することは、勝敗を
決するうえで極めて重要な要素である。
同様に、効率良い攻撃活動に対する防御
活動は失点を抑制するうえで欠かせない
要素である。確率の高い攻防活動を展開
するためには、連続して得点すること、
4)分析項目
または連続して得点させないことが現象
(1)上位 4 チームと下位 4 チームの間に
として付随されることは明らかと言える。
おける各連続失点
一般的には、連続した失点が勝敗に影響
(2)上位 4 チームと下位 4 チームの 4
することは十分に認知されており、競技
連続失点時のゴール占有率
レベルの高低に拘らず、その傾向は認め
られる。しかしながら、ゲーム展開にお
3.結果及び考察
ける連続失点がゲームの勝敗に与える影
1)上位と下位における各連続失点の比較
春季リーグ及び秋季リーグにおいて、
響を考察した先行研究は多く見ない。
上位チームと下位チームの間に 4 連続失
そこで本研究は、連続失点と競技成績
点に有意な差が認められた(Fig.1.2)
。
との関係性を明らかにし、戦術学習指導
4 連続失点に有意な差が認められたこ
計画の資料を得ることを目的とする。
とから、上位チームは 3 連続失点後に得
2.方法
点することにより、連続失点を抑制して
1)調査対象
いると推察される。
2012 年度関東学生男子ハンドボール 1
部リーグにおける春季リーグ(28 試合・
8 チーム)
、秋季リーグ(28 試合・8 チー
ム)を対象とした。
2)調査方法
試合をビデオカメラで撮影し、撮影し
た映像を基に、独自に作成した記録用紙
Fig.1 春季リーグの上位と下位における連続失点の比較
55
続失点と競技成績との関係性を明らかに
し、戦術学習指導計画の資料を得ること
を目的とした。
1) 春季リーグ及び秋季リーグの上位 4
チームと下位 4 チームの間に 4 連続
失点に有意な差が認められた。
2) 春季リーグ及び秋季リーグの上位 4
Fig.2 秋季リーグの上位と下位における連続失点の比較
2)4 連続失点時のゴール占有率
チームと下位 4 チームにおける 4 連
4 連続失点時のゴール占有率は、FB に
続失点時のゴール占有率は、FB が最
よる失点の割合が高く、春季リーグと秋
も高い割合を占めていた。
以上のことから 4 連続失点は試合展開
季リーグにおいて同様の傾向が見られた
(Fig.3.4)
。
を左右する一要因であり、競技成績に影
FB による失点を抑制することで、4 連
響を及ぼすことが示唆された。また、FB
続失点が減少することが推察される。
による失点を抑制するために、攻撃終了
直後から DF 形態が整いきるまでの DF
のトレーニングが重要であると考えられ
る。
5.課題
本研究では、関東学生男子ハンドボー
ル 1 部リーグのみを対象としたため、今
Fig.3 春季リーグの上位と下位の 4 連続失点時のゴール占有率
後は競技レベルによって分析する必要が
ある。
6.参考文献
・栗山雅倫(2010).ハンドボールにお
けるスコア分析によるゲーム評価の可能
性について—シュート占有率に着目して—.
Fig.4 秋季リーグの上位と下位の 4 連続失点時のゴール占有率
東海大学紀要.40.pp77-84
4.まとめ
・八尾泰寛・高野亮(2008).ハンドボ
本研究は、2012 年度関東学生男子ハン
ールのゲーム分析—時間帯における攻撃
ドボール 1 部リーグにおける春季リーグ
の特徴—.東京女子体育大学・東京女子短
及び秋季リーグのゲーム分析を行い、連
期大学紀要.43.pp7-16
56
Fly UP