...

野菜作り基礎知識2(肥料について)

by user

on
Category: Documents
18

views

Report

Comments

Transcript

野菜作り基礎知識2(肥料について)
野菜作り
野菜作り基礎知識2
基礎知識2(肥料について
肥料について)
について)
《 栽培種類による
栽培種類による肥料
による肥料の
肥料の考え方 》
葉菜類
N-P-K
チッソ成分は葉や茎の中でたんぱく質やアミノ酸の成分となる
果菜類
N-P-K
リン酸成分は成長の盛んな部分や花や蕾、種に多く、根の伸長に大
きな働きをする
N-P-K
根菜類
カリ成分は光合成を盛んにし、果実の付や育ちを良くし、イモ類
の品質向上になる。Nの抑制をする。
《 肥料の
肥料の欠乏と
欠乏と症状・
症状・障害 》
チッソ(N)
…葉色が悪くなり、葉が小さくなる(キュウリのべト病)
リン酸(P)
…葉にアントシアンが発生し紫色になる
カ
…葉の周辺が黄褐色に枯死する
リ(K)
石灰(Ca)
…新しくできる若い葉、その葉の先が黒変したり果実の一部が黒変する
鉄(Fe)
…若い葉の部分の緑色が発現しない
ホウ素(B)
…葉がもろくなり、果実はヤニをふいて軟化する(キュウリ)
モリブデン(M) …花蕾を形成しない(ブロッコリー・カリフラワーなど)
※ 対 策 ※
定植前の耕転時にミネラックス、FTEなどの微量要素剤を施用し定植する。特にダイコン
のさめ肌予防、ニンジン・ホウレンソウの色の向上、ハクサイの茎色が鮮やかになる。
《 施肥の
施肥の考え方 》
元 肥…追肥で補えない個所に実施し、定植直後から速やかに植物体が吸収できることが条件
※ダイコン、ニンジンの元肥は施肥の場所によっては二股割れの原因になる。
※深根性(トマト・ナス)の元肥は深い位置に、浅根性(ウリ類・ハクサイ等)は浅
く広い範囲に施すことが基本。
追 肥…早めに吸収できる位置を見極め、土寄せと同時に実施する(流亡防止)。
生育と共に根は張り、根は肥料を求めて伸びていくことを忘れないように!
元肥全層施肥を基準に考える
配合肥料と化成肥料の上手な組み合わせ…栽培期間によって速攻と緩効比率を変える
定植後の液肥潅水(活着促進)…「ただの水はやるな」を常に頭に置く
葉面液肥(生育補助と早期吸収を助ける)…収穫疲れに追肥との併用
《 肥料の
肥料の種類 》
肥料名
くみあい化成8号
加燐硝安黄3号
燐硝安加里S646
あさひポーラス
タマゴ化成(CDU222)
IB化成S1号
園芸配合(特号・3 号等)
有機化成 10 号
天然ぼかし(ペレット)
ブラドミンL・1(ワン)
成分内容
N-P-K-Mg
8-8-8
13-10-11
16-4-16
16-16-10
12-12-12-4
10-10-10-1
10-6-7
3-5-3
8-3.9-2.5
使用例
野菜全般・タマネギの追肥
野菜・果樹全般、追肥としても使用
野菜追肥専用
野菜・果樹追肥(速効性)液肥としても使用
緩効性肥料、野菜元肥用苦土を含む
緩効性肥料・野菜元肥用苦土を含む
野菜全般の元肥・長期作型に適する
有機率 60%、野菜全般元肥・追肥
動物有機 100%、ペレットで使用がらく
有機 100%、葉物はL、果菜は 1
《 土壌改良剤・
土壌改良剤・補助剤等 》
苦土入りセルカ 2 号
シェルミン・キングシェル
20kg
有機苦土石灰肥料、動物有機のため土を締めることがない
ゆっくりと分解し、風による飛散は少ない
シンボル
キノ培土
与作N150
バーミュキュライト
液体ジャンプ
アミノメリット(青・黄)
FTE(微量要素剤)
キンチョウエイト
15 ㎏ 土壌団粒促進剤、保水性を高め肥料流亡を防ぐ
20 ㎏ ペーハーポット、連結ポット用、チッソ持続 60 日
20 ㍑ プラグ育苗専用培土、
覆土専用、軽く発芽への影響は少ない
6 ㍑ 定植後の潅水、液肥に使用。500~800 倍で使用
6 ㍑ 葉面液肥専用
2 ㎏ 1aあたり 500gが適量、過剰施用は障害が発生
15 ㎏ 発酵鶏糞、堆積後に粒状に加工、速効性
《 支 柱 》
合掌型…支柱は少なく、真夏には土が乾きにくいが病気が出やすく、北側の生育が遅れる
直立式…風通しがよく、日当たりも良いが支柱が風で倒れやすい、土も乾きやすい
※ナス、トマト、キュウリ、ピーマンなどの定植直後の支柱は後の生育に大きな影響を及ぼ
すので必ず実施すること(風により動くと根が弱まる。)
《 マルチの
マルチの効果と
効果と種類 》
地温を上げる…白マルチ(透明)
地温を下げる…シルバーマルチ
雑草防止…黒マルチ
害虫忌避…ムシコンマルチ(二色の縞、銀と黒)
平成 18 年 7 月 7 日
JA大井川営農企画課
Fly UP