...

Ultra Messaging®の概要

by user

on
Category: Documents
8

views

Report

Comments

Transcript

Ultra Messaging®の概要
Data Sheet
Informatica Ultra Messaging®
メリット
• 最先端のパフォーマンス
低レイテンシー高スループット
のメッセージング ・ソフトウェア
• 24 時間 × 365 日の信頼性
ホット/ホット、
ゼロレイテンシー・
フェイルオーバーを含むフェイ
ルオーバー設定の豊富な選択肢
• 前例のない拡張性
超低レイテンシー + 信頼性 + 拡張性
= ビジネスの収益性向上
インフラストラクチャーではなく、
ビジネスを拡大させる
データはあなたのビジネスそのものです。データをより速く動かせれば、収益性は高まります。
しかし、規制強化やコンプライアンス圧力の高まりによってデータ量が増加し、アプリケーションの
数およびサポート対象のインフラストラクチャーも増加の一途を辿っています。
これに伴いコストも
増え続け、
ときにはコストの膨張がビジネスの成長を上回ることもあります。現在組織が抱えている
もう 1 つの課題は、
フロントオフィス、
ミッドオフィス、バックオフィスに対応できる単一のメッセージ
ング ・ソリューションを導入することです。
Informatica® Ultra Messaging®(以下 Ultra Messaging)は、今日世界中の資本市場で使用されて
いる、低レイテンシー高スループットの代表的なメッセージング ・ ミドルウェアです。世界各地の
効率性と確実性を備えた新規ア
250 を超える本番環境で導入されている Ultra Messaging は、従来のメッセージング・ソフトウェア
プリケーションを導入し、低コス
技術では処理しきれないデータ量でも簡単に処理できます。
トで拡張が可能
アプリケーションとアプリケーションを直接結ぶ画期的な設計により、インフラストラクチャー ・コス
• サーバの設置面積とハードウェ
アのコストを削減
革新的なアーキテクチャでインフ
ラストラクチャーを劇的に減らし、
メッセージング ・ ブローカーや
SAN などの高価な専用ハード
ウェアは不要に
トを削減しながら、超低レイテンシー、最高のパフォーマンス、最高の信頼性と拡張性を実現しまし
た。
「ミドルウェア業務」からの脱却を図った Ultra Messaging を使用すれば、
アプリケーション開発
者は、メッセージングのソースコードの保守から解放され、ビジネスの問題を解決することに、
より
多くの時間を使うことができます。
ビジネス上のメリット
ライバルとの競争に勝ち、取引アプリケーショ
• 最先端のパフォーマンスでゼロレイテンシーを実現。
ンの収益性を高める
限られたハードウェア・リソースを最大
• 極めて効率的で画期的な「Nothing-in-the-middle」設計により、
限利用し、
アプリケーションのスループットを向上
または自社製メッセージング ・ソリューションよりも高い可用性と拡張性を活用
• 既存、
• サーバ設置面積の縮小と購入 ・ 保守対象ハードウェアの減少により、ハードウェア・コストを削減
• 既存のソリューションから次世代 Ultra Messaging ソリューションへ簡単に移行し、ビジネスの敏
捷性を向上
• アプリケーション開発者が社内のメッセージング・ソリューションの保守ではなく、価値創出に時間
を費やせる環境を実現
• PowerCenter® Real Time Edition™、B2B Data Transformation™、RulePoint™ Complex Event
Processorなどの Informatica 製品と連携
• Ultra Messaging の性能と拡張性は、3,000 を超える世界各地の Informatica 顧客に独自の戦略
的優位性を実現
機能
インフォマティカ社について
• 低レイテンシー高スループットで業界をリードするパフォーマンスを発揮
Informatica Corporation(NASDAQ:
INFA)はデータ インテグレーション
ソフトウェアおよびサービスにおけ
る世界No.1独立系プロバイダーの
1社です。
インフォマティカのソリュー
ションによって、世界中の企業が情
報の潜在価値を引き出し、
最も重要な
ビジネスニーズを満たしています。
• 複数の転送手段(TCP、マルチキャスト、IPC、SMX、RDMA)の同時使用により、システムリソースを
最大限に活用
• きめ細かいフロー制御などソフトウェアの進歩により、高信頼型 UDP マルチキャストのあらゆる可
能性を実現
• 永続的なストリーミング・パフォーマンスを提供する革新的な Parallel Persistence® 機能により、従
来の「保存→転送」型配信システムに必要だった専用の高可用性ネットワーク・ストレージが不要に
• ホット/コールド、ホット/ウォーム、ホット/ホットなどのフェイルオーバー設定を使い分けることに
より、
一般的なハードウェアを利用する際にも 100 %のアップタイムを実現
• アプリケーションの監視と設定オプションの管理
「Once-and-only-once」配信および負荷分散
• ブローカー不要でインテリジェントなキューによる
ブ
• C、.NET、Java アプリケーション向け共有API、およびパブリッシュ/サブスクライブ、要求/応答、
ローカーレス・キューイング型のJMS通信をサポート。すべてのアプリケーションを連結させ、
その
アプリケーションに適した言語で記述することが可能
• Microsoft Windows、Linux、UNIX – Windows 32/64 ビット、Linux 32/64 ビット、UNIX 64ビット
(AIX、
HP-UX、Solaris)に対応
業界初にして唯一の埋め込み可能仮
想データマシン(VDM:Virtual Data
)Informatica Vibe」
は、
「Map
Machine「
(一度のマッ
Once. Deploy Anywhere
ピング定義でどこでも適用可能)」
と
いうInformatica Platformならではの
能力をさらにパワーアップさせます。
現在、世界5,000社を超える企業が、
デバイスからモバイル、
ソーシャル、
ビッグデータまで、企業内ならびにク
ラウドやソーシャルネットワークな
どに保有する既存の情報資産から
最大限の価値を引き出し、活用する
ことに成功しています。
• 任意の IP ベースのネットワーク – InfiniBand、40GigE、10GigE、1GigE、WAN に対応
特殊なニーズにも対応できる追加ライセンスも利用可能
• Ultra Messaging Dynamic Routing Option – WAN接続時のゲートウェイ機能
• Ultra Messaging System Monitoring Option – Ultra Messaging通信環境の監視
• Ultra Messaging Desktop Services - Ultra Messaging バックボーンの一部のストリーミング・メッ
セージをデスクトップ ・アプリケーションに転送
• Ultra Messaging Cache - Ultra Messaging ストリーミングのアーカイブ/再生機能
〒 162-0845 東京都新宿区市谷本村町 1-1 住友市ヶ谷ビル 13 階
電話:03-5229-7211(代表)FAX:03-5229-7623 http://www.informatica.com/jp
© 2014 Informatica Corporation. All rights reserved. Informatica、Informatica Logo、および PowerCenterは、米国および世界各国における Informatica Corporationの
登録商標または商標です。
その他すべての企業名および製品名は、
各社が所有する商号または商標です。
U_1596_R7_1_UM_LF
Fly UP