...

Myanmar 視察 報告 - 株式会社アゴラ・ステーション

by user

on
Category: Documents
6

views

Report

Comments

Transcript

Myanmar 視察 報告 - 株式会社アゴラ・ステーション
実施:2012年1月26日~28日
(株)アゴラ・ステーション
藤井 充
1
◇視察スケジュール◇
☆1/26(木)出発 成田10:45発→バンコク→ヤンゴン18:4
HOTEL CHATRIUM (Yangon市内)泊
☆1/27(金)市内視察(企業及び日本語学校)
☆1/28(土)フリーその後帰国 ヤンゴン19:40発→バンコク(機中泊)
☆1/29(日)成田 07:30着
●民主化の波は確実にミャンマーに押し寄せています。
●ミャンマーは、只今、企業設立ラッシュ状態!
はたして、オフショアの拠点として、
はたまた、パートナーとして、
ミャンマーという国が、ヤンゴンの街が、文化が、市民が、
適しているのか否か?
実際に、見て、聞いて、感じて、
判断するための視察に行ってまいりました。
2
■ Myanmar豆知識
(外務省資料:2011年6月)
◎人口5,322万人
(ミャンマー政府 Statistical Year Book 2004)
◎首都:ネービードー
◎言語:ミャンマー語
◎通貨:チャット
(1チャット約11.8円/2012年2月2日現在)
◎主要産業:農業
◎在留邦人:500人強
◎在日ミャンマー人数:約8000人
◎経済関係
・対日貿易(2008年 ミャンマー政府)
(イ)貿易額輸出 179.3百万ドル
輸入 191.0百万ドル
(ロ)主要品目輸出 衣類、海産物、履物
輸入 自動車、機械類
・日本からの直接投資212百万ドル(1988年以降現在まで
の累計)
◎ミャンマーへ行くには?
ミャンマーの主な空の玄関口は、ヤンゴン国際
港 (RGN) とマンダレー国際空港 (MDL) 日本
の直行便はない為、バンコク経由で入国する方
が一般的、今回のように同日到着が可能。
3
◇ CHATRIUM Hotel Yangon ◇
ヤンゴンの中心部にある歴史的なロイヤル レイクのほとりに建つ5つ星クラスのシティ リゾート
<ホテルの部屋>
ホテルの部屋から眺めた景色、とても緑が多いの
で、残していきたいですね。
4
◇ 住宅事情 ◇
市内の集合住宅
店舗なのか住宅なのか、パラボラアンテナらしきも
のがみえる!
郊外に向かう途中にあった平屋の住宅
まだまだ郊外はこんな感じ(あっランボーが!)
5
◇ 市街 ◇
繁華街の道路は車で一杯(出勤ラッシュ)、道路は、信号、横断歩道が少ないため、
道を横断するのは命がけ!
コンビニ?
路地裏のお坊さんの行列
6
◇ 交通手段 ◇
写真のような乗り合いバスや日本と同じようなラッ
ピングバスも走っています。
タクシーはナンバープレートが赤で、一般車は黒と
なっていて、色分けされています。
中古の日本車のシェアは高いが値段も高い、
20年前のマークⅡが250万円くらいするらしい
(えーっ!)
7
◇ 日本のIT企業の現地法人 (1 ) ◇
Myanmar DCRの 朝礼風景(すべて日本語で行われている)
入社一年目の社員の
プレゼン風景です。
もちろん、全部日本語。
日本のTV局の取材が
入ってしたせいか、
ちょっと緊張気味!
8
◇日本のIT企業の現地法人 (2) ◇
Myanmar DCR(システム会社)の執務室(開発現場)、一部、クライアントの要求
で、セキュリティーを強化したガラス越しの部屋もあった。
9
◇郊外の様子 ◇
郊外へ向かう途中。広々とした道路だが、ガタガタ。さらに進むと広大な田んぼと畑。
乾期で、牛、ヤギの放牧するだけ?田んぼは、ひび割れている。のどかな農園風景
10
◇工場見学◇
郊外にある工場団地の一角にある工場を見学に行きました。
現在は、中国に押されて、生産を止めているそうですが、近くに港ができるらしく、
タイミングを見計らって、敷地を売るようです。
まだ、工場内には、材料やプレス機、研磨機が残っていました。
11
◇日本語学校 ◇
MOMIJI &WIN Japanese School
どちらも、日本人が経営しています。
実際に授業を見学しました。日本人の若い講師で、教え方も非常に上手でした。
生徒も、講師も、楽しそうな授業風景画印象的でした。
12
◇ レストラン ◇
< FEEL ミャンマー料理>
食事は、カレーやご飯、じゃがいもや豚、とり、エビ、野菜など日本人に合う食べ物が多い。
13
◇GIC(Global Innovation Consulting Inc.) ◇
今回のツアーで御世話になったGICの現地事務所とローカルスタッフ
日本とミャンマーとの架け橋業務を現在展開中
14
◇ ICT Park: Myanmar Info Tech ◇
ICT Park: Myanmar Info Techには、40社以上のローカルなIT企業が存在する
左上の模型が、将来の形。敷地内では、只今、タワーやOfficeビルを建設中!
1フロア、月10万円で30年一括借り入れいか
がですか?と言われた・・・・・
15
◇ MyanmarのローカルIT企業 ◇
ICT Parkにて操業している企業の1つの Cytron Co.Ltd
16
◇ 芸能レストラン(KARAWEIK PALACE )◇
民族舞踊や音楽を楽しめるカンドーヂ湖上に優雅に浮かぶ高級レストラン>
旅行のガイドブックにも必ず載っている。
ビルマの竪琴(サウン・ガウ)
17
◇ ミャンマーの人々(一般的な服装) ◇
ミャンマーでの一般的な服装は、男女とも
に「ロンジー」という腰巻です。上は、男性
なら普通のワイシャツやスタンドカラーシャ
ツ、女性はブラウスかロンジーとそろいの
ブラウス。履物は草履です。
※ここは、寺院内なので、みな裸足。
18
◇ ミャンマーの人々 ◇
国民の約90%が仏教徒ということで
寺院は、土曜日でも人は多い。家族や
カップルで、寺院に訪れ、お祈り、休憩、
食事、思い思いに時間を過ごす。
19
◇ 観光1 ( Chauk Gi Pagota ) ◇
ヤンゴンで一番大きな寝釈迦です。寝釈
迦の足の裏には108個の仏教宇宙観図
絵が書かれています。
手前に立っている人がわかりますか?
20
◇観光2 ( Shwedagon PAGODA )◇
ヤンゴン中心部に存在する寺院(パゴダ、パヤー)
黄金の建物(すべて金を貼り付
けてあります。)、天辺にはダイ
ヤモンドが供えつけられ、下か
ら、それを眺める双眼鏡も設置
されている。
お釈迦様のおかげで、育った大木
21
◇ まとめ ◇
Myanmarで感じた第一印象は、町も人も、非常に親しみ易いということでした。
今回の視察の目的は、オフショアの拠点として適しているかの判断をすることでした。
今、多くの企業が、いろいろな目的で、海外の拠点を捜していると思います。
その中には、アジアの新興国をはじめとした
人件費の安い国々をターゲットにしていることが多いと思います。
しかしながら、人件費が安いということだけですと、
いずれ物価が上がり、人件費が上がってくれば、引越しをしなければなりません。
これからは、共存共栄、...お互いに足りない部分を補い、
お互いに信頼関係を保てることが重要ではないかと思われます。
もちろん、他にも重要な基準はあると思いますが、
少なくとも、お金だけの関係は長くは続きませんし、限界があります。
そんなことを思いながら、ミャンマーを考えたとき、
正に良きパートナーとなるのではないかと感じました。
実現に向けてのハードルは、たくさんありますが、とても楽しい気持ちで、帰国できました。
22
Fly UP