...

CINEMA4D R17対応

by user

on
Category: Documents
4

views

Report

Comments

Transcript

CINEMA4D R17対応
CINEMA4D のバージョンによる講座内容との違い
講座作成時には当時のバージョンを使用しているため、現在のバージョンとは若干の違いがあります。
その中でも特に混乱しがちな項目を R18 に対応させる方法として説明をしています
反射チャンネル
<R18>
以前の鏡面反射のチャンネルは無くなり
現在は 反射チャンネル に スペキュラチャンネル が統合されています
追加 をクリックして 鏡面反射 ( レガシー ) を追加
講座と同じ反射状態になります
この状態が鏡面反射がかかった状態です
反射項目の違い
R18 での項目
講座内
鏡面反射色
レイヤカラー内「カラー」
反射率
テクスチャ
レイヤ 1 の強度
レイヤカラー内「テクスチャ」
ぼけた鏡面反射
表面粗さ
反射の項目にも変更があります。
反射の項目は CINEMA4D R16 から変更になっています
R16 新機能講座で新しい反射の設定は説明していますので
主に講座内の項目との違いを記載しています
<R14>
<追加した状態>
<R18>
注)フレネルについて
講座内では、反射テクスチャに
フレネルを設定している事がありますが
R17 以降ではレイヤカラー内のテクスチャに
フレネルを加えてください
R17 にはレイヤフレネルという項目がありますが
ここに設定すると違った結果になってしまいます
ここではありません
スペキュラチャンネル
スペキュラチャンネルは無くなり
現在は 反射チャンネル に統合されています反射チャンネル内のデフォルトスペキュラを設定してください
<R18>
講座内
高さ
R18 での項目
スペキュラ強度
スペキュラ色
レイヤカラー内「カラー」
また、反射内の項目はクリックして選択
Shift+ クリックで複数選択して項目を表示する事が出来ます
選択した状態
スペキュラチャンネルを OFF にする場合は
目玉マークをクリックして非表示にしてください
Shift+ クリックで複数選択した状態
ベベルツール
モデリングの要であるベベルツールも R15 から一新されており
若干の項目に違いがありますが、講座内で操作している オフセット と 分割数 については変更ありません。
<R14>
<R18>
※タイプは「面取り」のままで OK です
「曲面をシャープエッジに」のチェックが入っていると
ベベルをかけた面との境界がシャープになってしまいます
NRBUS について
NRBUS( ナーブス ) については R15 以降では変更されており
HyperNRBUS の表記はサブディビジョンサーフェイスになり、他のオブジェクトからも NRBUS の表記はなくなっています
表記が変更されただけで、中身の項目については変更がありません。
<R14>
<R18>
コンテンツブラウザについて
コンテンツブラウザはバージョンによって中身が変わってしまっているので
講座内で説明している場所に同じマテリアルが入っていないことがあります
コンテンツブラウザの同じ場所でも R14 と R17 ではこれだけの差があり
基本的に同じようなマテリアルをブラウザから探して使うことになります
<R17>
プリセット >Prime>Materials>Misc 内
R17 ではマテリアルの項目が増えており
各マテリアルが結果的に
いろいろな項目に割り振られている
<R14>
プリセット >Prime>Materials>Misc 内
※ただし、全く同じマテリアルが見つからない事もあるため、レッスンデータに使用しているマテリアルを C4D ファイルで添付しています
ファイルを開きマテリアルをコピーアンドペーストすれば OK です
Material フォルダ内の Material.c4d を開き
講座で説明しているマテリアルをコピーアンドペースト
カラー設定について
CINEMA4D R17 から、カラー設定に変更がありました。
以前と変わりありませんが、インターフェースに変更が加えられており
押されているボタンによって表示が変わってしまいますので簡単に説明します。
※カラーの設定項目すべてが変更されています
<R14>
<R17 以降>
ここのボタンを押すことにより
RGB 表示や HSV 表示に切り替える事が出来る
※RGB 表示が講座と同じになります
ここのボタンを押すことにより
カラーホイール等を表示
講座ではすべて RGB 表示を基準としています。
ナイフツールについて
CINEMA4D R18 から、ナイフツールが大幅に変わりました。
カットをしても決定されず、カットポイントを後から変更できるようになっています。
カットを決定するには Esc キーを押す必要があります
(シングルラインの場合は次のカットラインを設定するためクリックをする事で決定されます)
講座内とナイフツールのオプションの見た目が違いますが
R18 ではナイフツールに出来ることが増えているだけで
基本的なカットをさせるツールには変わりありません
<R16>
<R18>
画像 1
R16 と同じように動作するオプションはありますが
R18 には注意点があります
R16 では「エッジだけ」にチェックが入っているとカットしてもエッジにポイントがつくられるだけでポリゴンは切れません
R18 では「カットエッジを接続」にチェックが入っていないとポリゴンは切れません
つまり R16 と R18 のオプションは全く逆の動きです
名称が似ているだけに講座と同じにチェックを外すと逆の動きになり、ポリゴンを切っても N-gon 線しか出来ませんので
注意してください。
<R16>
<R18>
右クリックでツールを呼び出す場合も R18 では
ナイフツールはラインカットという名称に変わっています
R16 ではナイフツール内のモード切り替えでループモードがありましたが
R18 からはループ / パスカットという別ツールになっています。
オプションの見た目は違いますが R16 の(画像 1)の対応表に注意して
設定をしてください。
Fly UP