...

大区画圃場における農業機械の選定と農作業経算定シミ ュレーショ ン

by user

on
Category: Documents
11

views

Report

Comments

Transcript

大区画圃場における農業機械の選定と農作業経算定シミ ュレーショ ン
大区画圃場 にお け る農業機械 の選定 と農作 業経費算定
漫
試
経
ュ レニ
営
ョ ン
部
1 . 背 景 とね らい
内外 の きび しい農 業情勢 の 中で、効率的 ・安定的な農業経営の確立 を図 るためには、農産 物 の
低 コス ト生産 が重要 な課題 とな ってい るが、本県の水相生産 費に しめ る割合をみると出業機械費
が労1 働賞 にう いで高 く、 しか も年 々上昇 してきている。
これは、農業機械 の 高性能化に伴 い投資額が拡大す る一 方で、農地 の流動化や作業受委託の進
度が遅 く、農業機械 の性能 に見合 った作業規模が確保 されないことが要因 とな っている。
こ うじた中でヽ近年大区画 耐場整備 が進め られてお り農業機械 の効率的利用による低 コス ト化
を推進す る条件が整 っで きてい るので、地域 の実情 に応 じた機械装備 につ いて検討 し実 践 してい
く必要がある。
この ため、 ここで は農業機械の能力 別 に作業経費を シ ミュ レー シ ョンで きる システムを作成 し
たので指導 上の参考 に供す る。
2
く
技 術 の 内‐容
) 耕 起 、代 紙 き、 田植 え、収 穫作業 につ い てパ ソ コ ンと表 計算 ソ ウ ト ( ロー タス 1 2 3 ) を
用 いて作 業 経 費 が シ ミュ レー シ ョ ンで きる システ ム を開発 した。
あ らか じめ農 業機械 の 規格 ・能率 ・価格 な どが入 力 してあ るの で、 作 業 面 積 を 入 力 す る
だ けで触 易 に作 業 経 費 を求 め る ことが で き る。
( 2 ) シ ミュ レー シ ョ ンの 内容
ア. 農 業機 械 の 規格 ・和1 格
シ ュ ミレー シ ョ ンに用 い た農業 機械 は その機 械 の 規 格 ( 馬力 、作 業 幅 ) ご とに整理 し、
イ
‖
F 格が わか る簡 易 デ ー タベ ー ス を作 成 した。デ ー タベ ー スの 種類 は トラ クタ、 口‐ タ リ、
! 代 か き ロー タ リ、乗 用 画植 機 、 コ ンバ イ ンで あ る。
イ. 機 械 固定 費 の 算 定
各 々の 機械 固定 費 ( 減価償却 贅 、修理 費、車序 費、 資本利 子 ・租 税公課 ) は 、 高性 能漫
業機械 導入 計 画 ( 農水 省 ) に よ り、購入 価格 に平 均 的 な率 を乗 じて 算 定 した。 な お、減 価
償却 費 は残 存価格 を 1 0 % と した 。 この シ ミュ レー シ ョ ンで は 、上 記 デ ー タベ ー スに よ り
'平
均 的 な 価格 を入 れ て計算 してあ る。 │
ウ. 団 場作 業量 の 算 定
圃場作 業量 は平成 4 年 度 作 成 の 「圃場 作 業量推 定 シ ミュ レー シ ョ ン」 を用 いて 大 区画 圃
場 での 団場作 業量 を計算 してあ る。
工 . h a 当 た りの 作 業 経 費 の 算 定
―
各作 業 の 作 業 面 積 を入 力 す る と、 団場 区画 や機 械 の 規格 ご とに作 業経 費 が 計算 され る。
また、 あ らか じめ シ ミュ レー シ ョ ンす る作業規模 の 表 を作 成 して お けば 、 自動 的 に その経
費 が 算 出 で き る。
3
・
指導上 の留意事項
) 農 業機 械 の 価格 は、 平均値 を用 い てい るが具体 的機 種 が決 ま って い る場合 は その 価裕 を入
力 す る こ とに よ り、 その機械 の 経 費 を試算 す る ことが で きる。
) 耐 用年 数 は、税法 で定 め られて い る もの を使 ったが 現 実 的 には 長期 に使 って い る例 が あ る
の で使用 程度 に よ って耐 用年 数 を変 更 して試算 で き る。
( 3 ) 労 働賃 金 は 、米 生産 費( 平成 4 年 ) 単価 を用 いたが 実勢 単価 等 を入 力 し、地 域 に適 応 した労
働 費 と して試算 で き る。
ー
( 4 ) 農 業機 械 の 作 業能率 は、 「団場作 業量 推 定 シ ミュ レ シ ョ ン」 に よ り推定 した値 であ る。
地 域 によ って作 業 条件 等 が 異 な る場 合 は、 団場作 業量 を調整す る。
び 表 計算 ソフ ト 「ロー タス 1 2
( 5 ) こ の システ ム を利 用 す るためには パ ソ コ ンP C 9 8 6 1 及
ー
3 ( V e r 2 . 3 以上 ) 」 が 必要 で あ る。農業機 械 デT タ ベ スを 利用 加 工 等す る場 合 は E M S メ
モ リ 4 M 必 要 とな る。
1
1
<
2
く
-45-
試験成績 の概要
ールーい
例 (Hl植え作業)
表 1 作 柔轟Pr算!llワ
3 耐 価伸景品費の算定
ア 仲 束而菰中の入力
r
lattt 1 800'1/ヽ
S
t
3
5
7
5
9
8
2
5
3
3
7
58
8 2
87
5
︲
53
33
研捌3鯉4
90 3
︲
2
55 軸 5 五 8 S 6 ︱
5 付 付 4 5一
4 化 4 仏一
︲
︲
︲7
75
8
82
50
0
46
7蛸
3
3
m理9
mm 研一
9
32
︲S
w確2
mm
5
一
. . . 制, 7.S.︲.︲t
.一
.
. ︲,
︲
5
5
5
8
05
4
63
︲8
8=
44
︲
2
6
3S
m
3
8
0
興
,
,S
,5
S.6 7.6.5
7.6,
一
8
5
3
0
0
3 一2
3
0
8
4 一9
4
0
9
ー
作業経費 シミュ レ シ ョン例
0
8
︲
2
1
盟
,
,
. .
L L O 0 1 一
〇 9 ■ 9
3 一9
0
02
〇2
0 0
02
02
02
0︲
0m抑1
02
0︲
0︲
0︲
02
2︲
2
2
2
2
2
2
︲一
︲抑︲
︲︲
︲
︲︲
,
迎2,
7
一-46-
7
万円/h8
(it)
Jl徹体表はmm8嘉 ほおと前輸持やの作泉青
の各 Bをとした。
なお、市通R守 いコ"に 入れていとい。
転帝 E 3 0 □ 阿 / h r
t怖 運
労研貫叫
1 70珂
│‐
央伸魚効韓
0
作業経贄
図 3田 1直
図 2 代かき懐
衆用田taR8働 面積 hB
トラクタ程働面積 hは
日■・RB●●口お"付よした“●〕
て
0 ,
, 9 8 , = n ,
母 母 は ぃ 0一
9 は , ュ一
n
一
1 11 1' 14 16
1
1
2
万円/ha
万円/hn
作 業 経
1
文
巳O の O ④ O O の O ④OO の O ④ Q 0 0 0
図 1 シ ミュ レー シ ョ ンの フ ロ ー
L 担 」」L
問血面積
Fly UP