...

絵本作家になった建築家 - SAWADA LAB

by user

on
Category: Documents
5

views

Report

Comments

Transcript

絵本作家になった建築家 - SAWADA LAB
「絵本作家になった建築家」
◆はじめに
トリックは、建築全体の構成要素を表記す
今、日本の建築家達の建築表記は変化して
る。2 次元の中に 3 次元的空間を表現する
きている。彼らは、絵本のようなドローイ
ようになった。
ングを用いて誰にでもわかりやすく、設計
◇ダイヤグラム
した建築の意図、計画を素直に伝える。
建築のシステムを表す表現。レム・コール
過去の建築表記を整理していき、現在にお
ハースなどが用いるダイヤグラムには、建
ける建築表記がどうなっているかを考察し
築という小さなスケールを超えた都市的な
ていく。
視点が描かれている。
◆情報処理のための建築表記
◆絵本作家になった建築家
建築表記は時代とともに変化してきた。平
今まで述べた建築表記は作り手側(設計者)
面図、断面図、立面図をはじめとした建築
の主張が強いものであったといえる。
の情報を処理する一般図。パース、アクソ
では、現在の建築家は建築をどのように表
メといった空間を表現する図法。そしてダ
記しているのだろうか。今、日本で注目さ
イヤグラム、コラージュといった様々な表
れている建築家の作品を見ると、その傾向
記方法が生まれてきた。
が分かる。(別紙参照)
平面図、断面図をはじめとした図面は建築
彼らに共通していることは、読みとること
の情報を表記している。建築の形態、配置
が困難な自己満足な表現をやめ、例えば、
を示し、壁、柱、床、開口、階段などの要
「かわいい」というような大衆が共感する
素を処理したものを 2 次元(紙面)上に表記
抽象的な表現をしている。
する。全体を構成する要素を簡潔に表現し
そこには、作り手と使い手の感覚の共有が
たものから、部分の細かいディティールが
ある。より使い手の側に立った建築を生み
表記された図面まで。構造図面、設備図面
出していこうという意志の表れである。
等多くの図面を持って建築は表現される。
このような表記の変化には、建築という存
在が都市において強い存在から弱い存在へ
◆意図の伝達、思考の外在化の建築表記
と転換していることを示しているといえる
建築表記は図面だけではない、スケッチを
だろう。
はじめとした様々な表記で、建築の意図、
建築家の思考を伝える。
◇パースペクティブの登場
ルネッサンス以降、透視図法(パースペクテ
ィブ)が開発されリアリティーを持った空
間の表現ができるようになった。
また、同じように空間を表現するアイソメ
第4回居住環境デザイン
衣袋研究室
修士1年
建築表記の射程
齋藤高慶
山中賢一
a
Fly UP