...

金融市場動向 - しんきんアセットマネジメント投信

by user

on
Category: Documents
2

views

Report

Comments

Transcript

金融市場動向 - しんきんアセットマネジメント投信
しんきんアセットマネジメント投信株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
Shinkin Asset Management Co., Ltd 加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会
〒104-0031東京都中央区京橋3丁目8番1号 URL:http:// www.skam.co.jp
フリーダイヤル 0120-781812
携帯電話・PHSからは 03-5524-8181 (土日、休日を除く9:00~17:00)
金融市場動向: 2014年9月29日から10月3日までの動向
<株価>株式相場は続落。前週末に発表された米国の4-6月の国内総生産(GDP)確定値が上方修正されたことなどを好感し、週初は
反発して始まった。ただ、香港の民主化デモ激化や、8月の鉱工業生産指数悪化を嫌気し反落。米国で初めてエボラ出血熱の感染が確認
されたことや欧州景気の減速への警戒を背景に、木曜日には日経平均株価は1か月ぶりの安値を付けた。週末は円安を受け反発。
<債券>債券相場は小幅に下落。週初は、円安・株高を背景に、やや軟調な動き。ただ、香港の民主化デモ激化を受け、買いが優勢に。
2年国債入札が順調な結果となったことも買い安心感につながった。週央に発表された日銀の企業短期経済観測調査では、大企業製造
業の業況判断指数は改善したものの、影響は限定的。週後半は、円高・株安となったことなどから、債券相場はやや買いが優勢に。
<為替、その他>ドル円は、水曜日には米金利の先高観を背景に一時110円を超え、約6年1か月ぶりのドル高・円安水準も、翌日には
108円までドル下落と、値動きの激しい展開。ユーロはやや軟調な動き。NY原油は、9月の石油輸出国機構(OPEC)産油量が約1年ぶり
の水準に増加したことや、サウジアラビアの販売価格引き下げを受け下落。NY金は、米国の金利先高観やドル上昇を背景に、インフレ
ヘッジとしての金買いが減退。
Ⅰ.株 価
1. 日本 ~ 日経平均株価は1万6,000円割れ
2. 北米 ~ 米株は米雇用統計改善で、下げ幅を縮小
(ドル)
(円)
1,400
17,500
16,000
1,350
17,000
15,500
15,500
1,300
16,500
15,000
1,250
16,000
16,500
日経平均株価(左目盛)
東証株価指数(右目盛)
16,000
15,000
14,500
14,000
14,500
1,200
15,500
14,000
1,150
15,000
1,100
14,500
13,500
13/10
13/12
14/2
14/4
14/6
14/8
NYダウ(左目盛)
S&P トロント 総合指数(右目盛)
(年/月、日次)
13/12
14/2
14/4
14/6
14/8
14/10
(年/月、日次)
(出所)Bloombergよりデータ取得し、しんきん投信作成
3. 欧州 ~ 独は景気低迷が重し
13,000
12,500
13/10
14/10
(出所)Bloombergよりデータ取得し、しんきん投信作成
13,500
4. オセアニア・南米(豪州・ブラジル) ~ ブラジルは続落
10,200
7,000
5,800
10,000
6,900
5,700
6,800
5,600
6,700
5,500
6,600
5,400
6,500
5,300
6,400
5,200
6,300
5,100
6,200
5,000
9,800
9,600
62,000
豪 ASX 200指数(左目盛)
ブラジル ボベスパ指数(右目盛)
60,000
58,000
56,000
54,000
9,400
52,000
9,200
9,000
8,800
DAX指数(左目盛)
FT 100指数(右目盛)
8,600
8,400
13/10
13/12
14/2
14/4
14/6
(出所)Bloombergよりデータ取得し、しんきん投信作成
14/8
14/10
50,000
48,000
46,000
44,000
13/10
(年/月、日次)
13/12
14/2
14/4
14/6
14/8
(出所)Bloombergよりデータ取得し、しんきん投信作成
5. 各国の株価指数(騰落率)
14/10
(年/月、日次)
騰落率(2014/9/26→2014/10/3)
1.0%
0.09%
0.0%
-0.46%
-0.60%
-1.0%
-2.0%
-1.58%
-1.83%
-2.57%
-3.0%
-4.0%
-3.71%
-3.21%
-5.0%
-3.11%
-4.67%
-6.0%
TOPIX
日経平均株価
NYダウ
工業株30種
S&P トロント
総合指数
メキシコ
ボルサ指数
ブラジル
ボベスパ指数
(注)休日・休場の場合は、前営業日の値を使用
(出所)Bloombergよりデータ取得し、しんきん投信作成
※ 最終頁の「本資料に関してご留意していただきたい事項」を必ずご確認ください。
1/7
英国
FT 100指数
フランス
CAC40指数
ドイツ
DAX指数
オーストラリア
ASX 200指数
しんきんアセットマネジメント投信株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
Shinkin Asset Management Co., Ltd 加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会
〒104-0031東京都中央区京橋3丁目8番1号 URL:http:// www.skam.co.jp
フリーダイヤル 0120-781812
携帯電話・PHSからは 03-5524-8181 (土日、休日を除く9:00~17:00)
Ⅱ.金利およびリート市場
※①は前週末 ②は前々週末の終値
1. 主要国の10年債利回り ~ 日本を除き低下
(%)
5.0
オーストラリア
4.5
米国
ドイツ
2014/10/3
2014/9/26
高値
日本
4.0
3.5
安値
3.0
(単位:%)
米国
2.435
2.529
2.996
2014/1/3
2.337
2014/8/28
日本
0.520
0.515
0.725
2014/1/6
0.485
2014/8/28
2.5
2.0
2014/10/3
2014/9/26
高値
1.5
1.0
0.5
0.0
13/10
安値
13/12
14/2
14/4
14/6
14/8
14/10
(年/月、日次)
(出所)Bloombergよりデータ取得し、しんきん投信作成
ドイツ
オーストラリア
0.925
3.456
0.972
3.485
1.944
4.376
2014/1/3
2014/1/6
0.882
3.279
2014/9/1
2014/8/8
(注1)高・安値は14年1月以降の終値ベース
(注2)休日・休場の場合は、前営業日の値を使用
2. 主要国債の利回り変化 ~ 香港のデモ激化や、ユーロ圏の景気減速懸念を背景に、総じて利回り低下
-0.10
日 10年債
-0.08
-0.06
-0.04
-0.02
0.00
0.02 (%)
変化幅
(①-②)
変化幅
2014/10/3
①
(単位:%)
2014/9/26
②
日 10年債
0.005
0.520
0.515
米 10年債
-0.094
2.435
2.529
独 10年債
-0.047
0.925
0.972
加 10年債
豪 10年債
-0.029
3.456
3.485
英 10年債
加 10年債
-0.070
2.094
2.164
英 10年債
-0.079
2.389
2.468
米 10年債
独 10年債
豪 10年債
(出所)Bloombergよりデータ取得し、しんきん投信作成
(注)休日・休場の場合は、前営業日の値を使用
3. 日本と海外のリート市場 ~ 東証REIT指数は、住宅系を中心に反落。海外リートは続落
1,800
騰落率(2014/9/26→2014/10/3)
(03年3月31日終値=1000)
0.00%
-0.05%
-0.10%
-0.15%
-0.20%
-0.25%
-0.30%
-0.35%
-0.40%
-0.45%
海外のリート指数
1,700
1,600
1,500
東証REIT指数
1,400
-0.24%
-0.40%
東証REIT
1,300
13/10
13/12
14/2
14/4
14/6
14/8
(年/月、日次)
14/10
(注)日本の指数は東証REIT指数、海外の指数はS&P先進国 REIT指数
(出所)東京証券取引所、Bloombergよりデータ取得し、しんきん投信作成
※ 最終頁の「本資料に関してご留意していただきたい事項」を必ずご確認ください。
2/7
海外リート
しんきんアセットマネジメント投信株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
Shinkin Asset Management Co., Ltd 加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会
〒104-0031東京都中央区京橋3丁目8番1号 URL:http:// www.skam.co.jp
フリーダイヤル 0120-781812
携帯電話・PHSからは 03-5524-8181 (土日、休日を除く9:00~17:00)
Ⅲ.為替・商品
※①は前週末 ②は前々週末の終値
1. ドル円、ユーロ円 ~ 円高。ユーロは追加緩和期待が後退し下落
112
円安
(円/ドル)
(円/ユーロ)
146
110
144
108
142
106
140
104
138
102
136
100
円高
98
134
ドル円レート(左目盛)
ユーロ円レート(右目盛)
132
2014/10/3 ①
2014/9/26 ②
変化幅(①-②)
高値
安値
ドル円
108.98
109.06
(-0.08)
109.85
2014/10/1
101.05
2014/5/21
ユーロ円
137.52
138.97
(-1.45)
144.64
2014/1/2
136.18
2014/9/8
(注1)高・安値は14年1月以降の終値ベース
(注2)東京時間。休日・休場の場合は、前営業日の値を使用
(注3)為替は小数点第2位までの表記のため、変化幅と一致しないことがある
96
13/10
130
13/12
14/2
14/4
14/6
14/8
14/10
(年/月、日次)
(出所)Bloombergよりデータ取得し、しんきん投信作成
2. 豪ドル・円、英ポンド・円、カナダドル・円 ~ いずれも続落
100
円安
(円/豪ドル)
(円/カナダドル)
(円/英ポンド)
180
98
175
96
170
2014/10/3 ①
2014/9/26 ②
変化幅(①-②)
高値
165
94
安値
160
92
豪ドル・円レート(左目盛)
カナダドル・円レート(左目盛)
英ポンド・円レート(右目盛)
円高 90
88
13/10
豪ドル・円 英ポンド・円 カナダドル・円
95.43
175.13
97.42
95.87
177.97
98.25
(-0.44)
(-2.85)
(-0.83)
98.58
178.51
99.40
2014/9/5 2014/9/19 2014/9/19
88.88
164.82
90.83
2014/1/24
2014/2/5 2014/3/19
(注1)高・安値は14年1月以降の終値ベース
155
(注2)東京時間。休日・休場の場合は、前営業日の値を使用
(注3)為替は小数点第2位までの表記のため、変化幅と一致しないことがある
150
13/12
14/2
14/4
14/6
14/8
14/10
(年/月、日次)
(出所)Bloombergよりデータ取得し、しんきん投信作成
3. 原油、金 ~ 原油は増産などを受け反落。金も反落
110
(ドル/トロイオンス)
(ドル/バレル)
105
1,400
原油先物(WTI)
金
(ドル/バレル)
(ドル/トロイオンス)
1,350
2014/10/3 ①
1,300 2014/9/26 ②
変化幅(①-②)
高値
1,250
100
95
安値
90
1,200
原油先物(左目盛)
金(右目盛)
85
13/10
14/2
14/4
14/6
14/8
1,191.35
1,218.38
(-27.03)
1,383.05
2014/3/14
1,191.35
2014/10/3
(注1)高・安値は14年1月以降の終値ベース
1,150
13/12
89.74
93.54
(-3.80)
107.26
2014/6/20
89.74
2014/10/3
14/10
(注2)休日・休場の場合は、前営業日の値を使用
原油先物が限月交代した場合には、②は①と同じ限月の値を記載
(年/月、日次)
(出所)Bloombergよりデータ取得し、しんきん投信作成
※ 最終頁の「本資料に関してご留意していただきたい事項」を必ずご確認ください。
3/7
しんきんアセットマネジメント投信株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
Shinkin Asset Management Co., Ltd 加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会
〒104-0031東京都中央区京橋3丁目8番1号 URL:http:// www.skam.co.jp
フリーダイヤル 0120-781812
携帯電話・PHSからは 03-5524-8181 (土日、休日を除く9:00~17:00)
Ⅳ.アジア株
<中国株、インド株等>中国株(上海総合指数)は、香港との相互投資解禁や共産党中央委員会第4回全体会議(4中
全会)開催などへの期待を背景に、年初来高値を更新。中国株式市場は10月1日から7日まで国慶節(建国記念日)で
休場。香港株は、デモの激化を警戒し下落。ただ、週末には香港政府が抗議デモを続ける学生らと対話する方針を示し
たことや、中国人民銀行(中央銀行)の住宅ローン規制の緩和発表を好感し、下げ幅を縮小。台湾株は、市場の活性化
に向けた支援策への期待や、主力ハイテク企業の増収期待を背景に上昇。韓国株は下落。9月のHSBC製造業購買担
当者景気指数(PMI)が前月より悪化したことに加え、消費者物価指数(CPI)の上昇率が低水準となったことを嫌気。イ
ンド株は、HSBCの9月製造業PMIの低迷などが重荷。
<東南アジア株>シンガポール株は、香港のデモ激化や世界景気の先行き不透明感を警戒し下落。マレーシア株はほ
ぼ横ばい。インドネシア株は下落。新政権が改革を実行に移せるかどうか、懸念が高まったことが背景。タイ株は、9月
の消費者信頼感がクーデター以降、初めて悪化したことを受け、景気回復のもたつきが警戒され下落。フィリピン株は小
幅に下落。世界景気の先行き不透明感が重し。ベトナム株は9月の製造業PMIが8月を上回ったことなどを好感し上昇。
1. アジアの株価指数(騰落率)
騰落率(2014/9/26→2014/10/3)
2.0%
1.30%
0.69%
1.0%
1.09%
0.02%
0.0%
-0.20%
-0.22%
1.0%
-1.18%
2.0%
3.0%
-2.59%
-1.87%
-2.73%
4.0%
-3.57%
5.0%
中国
上海総合指数
香港
ハンセン指数
台湾
加権指数
韓国
総合株価指数
インド
ムンバイ
SENSEX30種
シンガポール
ST指数
FTSEブルサ
マレーシアKLCI
インデックス
インドネシア
ジャカルタ
総合指数
タイ
SET指数
フィリピン
総合指数
ベトナム
VN指数
(注)休日・休場の場合は、前営業日の値を使用
(出所)Bloombergよりデータ取得し、しんきん投信作成
2. アジア株の推移
145 (2013年9月末=100)
140
中国 上海総合指数
135
香港 ハンセン指数
130
台湾 加権指数
125
120
115
110
105
100
95
90
85
13/10
13/12
14/2
14/4
(2013年9月末=100)
14/6
14/8
(注)休日・休場の場合は、前営業日の値を使用
145
140
135
130
125
120
115
110
105
100
95
90
85
13/10
14/10
13/12
14/2
14/4
14/6
14/8
14/10
(年/月、日次)
(出所)Bloombergよりデータ取得し、しんきん投信作成
(2013年9月末=100)
(2013年9月末=100)
145
140
135
130
125
120
115
110
105
100
95
90
85
13/10
シンガポール ST指数
FTSEブルサマレーシアKLCIインデックス
インドネシア ジャカルタ 総合指数
13/12
インド S&PムンバイSENSEX指数
(注)休日・休場の場合は、前営業日の値を使用
(年/月、日次)
(出所)Bloombergよりデータ取得し、しんきん投信作成
145
140
135
130
125
120
115
110
105
100
95
90
85
13/10
韓国 総合株価指数
14/2
14/4
14/6
(注)休日・休場の場合は、前営業日の値を使用
14/8
14/10
タイ SET指数
フィリピン 総合指数
ベトナム VN指数
13/12
14/2
14/4
14/6
(注)休日・休場の場合は、前営業日の値を使用
(年/月、日次)
(出所)Bloombergよりデータ取得し、しんきん投信作成
(出所)Bloombergよりデータ取得し、しんきん投信作成
※ 最終頁の「本資料に関してご留意していただきたい事項」を必ずご確認ください。
4/7
14/8
14/10
(年/月、日次)
しんきんアセットマネジメント投信株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
Shinkin Asset Management Co., Ltd 加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会
〒104-0031東京都中央区京橋3丁目8番1号 URL:http:// www.skam.co.jp
フリーダイヤル 0120-781812
携帯電話・PHSからは 03-5524-8181 (土日、休日を除く9:00~17:00)
Ⅴ.アジア長期金利と政策金利
4.0
2.8
3.0
4.3
3.9
2.0
2.0
3.5
2.4
1.7
1.0
(注)休日・休場の場合は、前営業日の値を使用
(出所)Bloombergよりデータ取得し、しんきん投信作成
-0.07 -0.05
-0.08 -0.03
-0.58
中国
ベトナム
フィリピン
タイ
インドネシア
マレーシア
シンガポール
インド
韓国
台湾
香港
中国
0.0
-0.04-0.02 -0.09
ベトナム
4.1
フィリピン
5.0
0.04
0.00
タイ
6.2
6.0
0.26
インドネシア
7.0
変化幅(2014/9/26→2014/10/3)
マレーシア
8.0
(前週比)
シンガポール
0.40
0.30
0.20
0.10
0.00
-0.10
-0.20
-0.30
-0.40
-0.50
-0.60
-0.70
インド
8.5
(%)
10月3日 時点
韓国
8.5
台湾
(%)
9.0
香港
1. アジアの10年債利回り
(注)休日・休場の場合は、前営業日の値を使用
(出所)Bloombergよりデータ取得し、しんきん投信作成
2. アジアの10年債利回りの推移
5.0
(%)
10.0
4.5
9.0
4.0
8.0
3.5
7.0
3.0
6.0
2.5
5.0
2.0
4.0
1.5
3.0
1.0
2.0
0.5
中国
0.0
13/10
13/12
14/2
香港
14/4
14/8
0.0
13/10
14/10
(年/月、日次)
(注)休日・休場の場合は、前営業日の値を使用
10.0
9.0
9.0
8.0
8.0
7.0
7.0
6.0
6.0
5.0
5.0
4.0
4.0
3.0
3.0
2.0
2.0
シンガポール
0.0
13/10
13/12
14/2
マレーシア
14/4
14/4
14/6
14/8
14/10
(年/月、日次)
14/8
タイ
0.0
13/10
14/10
(年/月、日次)
(注)休日・休場の場合は、前営業日の値を使用
(%)
1.0
インドネシア
14/6
14/2
(出所)Bloombergよりデータ取得し、しんきん投信作成
(%)
1.0
13/12
インド
(注)休日・休場の場合は、前営業日の値を使用
(出所)Bloombergよりデータ取得し、しんきん投信作成
10.0
韓国
1.0
台湾
14/6
(%)
13/12
フィリピン
14/2
14/4
ベトナム
14/6
14/10
(年/月、日次)
(注)休日・休場の場合は、前営業日の値を使用
(出所)Bloombergよりデータ取得し、しんきん投信作成
14/8
(出所)Bloombergよりデータ取得し、しんきん投信作成
3. アジアの政策金利 ~ インドは政策金利を据え置き
9.0
10月3日 時点
(%)
8.0
7.0
6.0
5.0
4.0
3.0
2.0
1.0
ベトナム
フィリピン
タイ
インドネシア
マレーシア
インド
韓国
台湾
香港
中国
0.0
(注)休日・休場の場合は、前営業日の値を使用
(出所)Bloombergよりデータ取得し、しんきん投信作成
※ 最終頁の「本資料に関してご留意していただきたい事項」を必ずご確認ください。
5/7
中国
香港
台湾
韓国
インド
マレーシア
インドネシア
タイ
フィリピン
ベトナム
政策金利
6.00
0.50
1.875
2.25
8.00
3.25
7.50
2.00
4.00
6.50
(単位:%)
(前回)
(6.31)
(1.50)
(1.750)
(2.50)
(7.75)
(3.00)
(7.25)
(2.25)
(3.75)
(7.00)
(注)中国は1年物基準貸出金利、ベトナムはリファ
イナンス金利。シンガポールは外国為替相場を金
融政策の手段としており、政策金利はない。
しんきんアセットマネジメント投信株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
Shinkin Asset Management Co., Ltd 加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会
〒104-0031東京都中央区京橋3丁目8番1号 URL:http:// www.skam.co.jp
フリーダイヤル 0120-781812
携帯電話・PHSからは 03-5524-8181 (土日、休日を除く9:00~17:00)
Ⅵ.アジア為替(対円、Bloombergベース)
1. 香港のデモなどが重し。インドネシアルピアは新政権の政策実行力への懸念が強まり下落
-2.5%
-2.0%
-1.5%
-1.0%
-0.5%
0.0%
変化率
(前週比)
-0.20%
-0.09%
-0.61%
-2.14%
-0.62%
-0.43%
-0.25%
-1.32%
-0.73%
-0.21%
-0.35%
人民元
香港ドル
人民元
香港ドル
台湾ドル
韓国ウォン
インド ルピー
シンガポール ドル
マレーシア リンギ
インドネシア ルピア
タイバーツ
フィリピン ペソ
ベトナム ドン
変化率
台湾ドル
韓国ウォン
インド ルピー
シンガポール ドル
マレーシア リンギ
インドネシア ルピア
タイバーツ
フィリピン ペソ
ベトナム ドン
(単位:円)
2014/9/26
2014/10/3
17.76
14.05
3.58
10.22
1.77
85.48
33.40
0.89
3.35
2.43
0.51
17.80
14.06
3.60
10.45
1.78
85.85
33.48
0.91
3.38
2.44
0.51
(注1)インドネシア ルピア、韓国ウォン、ベトナムドンは×100
(出所)Bloombergよりデータ取得し、しんきん投信作成
(注2)東京時間。休日・休場の場合は、前営業日の値を使用
2. アジアの為替の推移
(2013年9月末=100)
120
120
人民元
115
香港ドル
台湾ドル
110
105
105
100
100
13/12
14/2
14/4
14/6
14/8
(出所)Bloombergよりデータ取得し、しんきん投信作成
14/10
(年/月、日次)
(2013年9月末=100)
120
95
13/10
インドネシア ルピア
タイバーツ
115
110
110
105
105
100
100
13/12
14/2
14/4
14/6
14/8
(出所)Bloombergよりデータ取得し、しんきん投信作成
14/10
(年/月、日次)
(参考)対ドルでの変化
-2.5%
人民元
香港 ドル
台湾ドル
韓国ウォン
インド ルピー
シンガポール ドル
マレーシア リンギ
インドネシア ルピア
タイ バーツ
フィリピン ペソ
ベトナム ドン
日本円
-2.0%
-1.5%
-1.0%
-0.5%
0.0%
0.5%
変化率
(出所)Bloombergよりデータ取得し、しんきん投信作成
14/2
14/4
14/6
14/8
95
13/10
13/12
14/2
フィリピン ペソ
ベトナム ドン
14/4
14/8
14/6
(出所)Bloombergよりデータ取得し、しんきん投信作成
対ドルの変化率 2014/10/3
(前週比)
人民元/$
-0.13%
6.14
香港 ドル/$
-0.02%
7.76
台湾ドル/$
-0.54%
30.45
韓国ウォン/$
-2.05%
1,065.74
インド ルピー/$
-1.05%
61.82
シンガポール ドル/$
-0.37%
1.28
マレーシア リンギ/$
-0.18%
3.26
インドネシア ルピア/$
-1.31%
12,190.00
タイ バーツ/$
-0.66%
32.51
フィリピン ペソ/$
-0.05%
44.83
ベトナム ドン/$
-0.28%
21,280.00
日本円/$
0.07%
108.98
2014/9/26
(注)東京時間。休日・休場の場合は、前営業日の値を使用
( 2014.10.6 )
※ 最終頁の「本資料に関してご留意していただきたい事項」を必ずご確認ください。
14/10
(年/月、日次)
*為替は小数点第2位までの表記のため、変化率と一致しないことがあります。
6/7
14/10
(年/月、日次)
(2013年9月末=100)
シンガポール ドル
115
95
13/10
13/12
インド ルピー
(出所)Bloombergよりデータ取得し、しんきん投信作成
120
マレーシア リンギ
韓国ウォン
115
110
95
13/10
(2013年9月末=100)
6.13
7.76
30.29
1,043.89
61.17
1.27
3.26
12,030.00
32.30
44.81
21,220.00
109.06
しんきんアセットマネジメント投信株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
Shinkin Asset Management Co., Ltd 加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会
〒104-0031東京都中央区京橋3丁目8番1号 URL:http:// www.skam.co.jp
フリーダイヤル 0120-781812
携帯電話・PHSからは 03-5524-8181 (土日、休日を除く9:00~17:00)
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆様に投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信
株式会社が作成した資料であり、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するもの
ではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではあり
ません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※投資信託は、預金や保険契約とは異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の補償の対象ではありません。
また、金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象ではありません。
※投資信託は、値動きのある有価証券等(外貨建資産には為替リスクもあります)に投資しますので、基準価額は
変動します。したがって、預金と異なり投資元本が保証されているものではありません。運用による損益はすべて
投資者の皆様に帰属します。
※特定ファンドの取得のお申込みに当たっては、販売会社より当該ファンドの投資信託説明書(交付目論見書)を
あらかじめ又は同時にお渡しいたしますので、必ず内容をご確認の上、ご自身でご判断ください。また、請求
目論見書については、販売会社にご請求いただければ、当該販売会社を通じて交付いたします。
【お申込みに際しての留意事項】
■投資信託に係るリスクについて
投資信託は、株式や債券等の値動きのある有価証券等(外貨建資産には為替リスクもあります)
に投資しますので、基準価額は変動します。したがって、預金と異なり投資元本が保証されている
ものではありません。運用による損益はすべて投資者の皆様に帰属します。
また、投資信託は、個別の投資信託ごとに投資対象資産の種類や投資制限、取引市場、投資
対象国等が異なることから、リスクの内容や性質が異なりますので、ご投資に当たっては交付目論
見書や契約締結前交付書面をよくご覧ください。
■投資信託に係る費用について
(お客様に直接ご負担いただく費用)
◆ご購入時の費用・・・購入時手数料 上限3.24%(税抜3.0%)
◆ご換金時の費用・・・信託財産留保額 上限0.3%
(保有期間中に間接的にご負担いただく費用)
◆運用管理費用(信託報酬)・・・純資産総額に対して、上限年率1.5984%(税抜年率1.48%)
◆その他の費用・・・監査費用、信託財産に関する租税、信託事務の処理に要する諸費用、
有価証券売買時の売買手数料等及び外貨建資産の保管等に要する費用は、ファンドより
実費として間接的にご負担いただきます。また、運用状況等により変動するものであり、
事前に料率、上限額等を示すことができません。
投資信託に係る上記費用(手数料等)の合計額については、ご投資家の皆様がファンドを
保有される期間等に応じて異なりますので、表示することができません。
《ご注意》
上記に記載しているリスクや費用につきましては、一般的な投資信託を想定しております。
費用の料率につきましては、しんきんアセットマネジメント投信が運用する全ての投資信託の
うち、ご負担いただくそれぞれの費用における最高の料率を記載しております。投資信託に
係るリスクや費用は、それぞれの投資信託により異なりますので、ご投資される際には、
事前に交付目論見書や契約締結前書面をよくお読みください。
※当資料で使用している各指数に関する著作権等の知的財産権、その他一切の権利はそれぞれの指数の
開発元もしくは公表元に帰属します。
7/7
Fly UP