...

I o T で 変 わ る 金 型 ・ 成 形 新規金型受注時に技術提案

by user

on
Category: Documents
4

views

Report

Comments

Transcript

I o T で 変 わ る 金 型 ・ 成 形 新規金型受注時に技術提案
 IoT︵ほでのイれじてち︶の取り組みは金型メいでも進められ新たな時代が到来し
ているばレげ加工中の荷重の変動ばもげずえ射出成形中の金型内の温度や圧力の変化などの



金金 型型 のの 付付 加加 価価 値値 高高 めめ るる
﹁﹁ かか しし ここ いい 金金 型型 ﹂﹂ ﹁物言わぬ金型﹂か 知能化﹂として以前か
ら뗒
かしこい金型へ뗓
 ら首都大学東京や西日
えもイべエヌシだ 少工業大学などで研究
︵相模働市南区︶の高 されてきただが最
橋百利会長が中心とな 適な計測位置の把握な
て1月に立ち上げた ど現場では取り扱いが
﹁ か し こ い 金 型 研 究 難しいおげもある
会﹂では﹁自ら情報 そこで﹁現場での使い
を発信する﹂金型の研 やすさを追求したシげ
素となる新たな付加価
究開発を進めている たべを提案する﹂︵高 界が来る﹁差安化要
ばレげ金型にごれサ 橋会長︶構えだ
付きのみつちを取り 活動の根底にあるの 値の創出が必要にな
付けることでばレげ はいかに金型の付加価 ている뗓
뗊
高橋会長︶
加工中の稼働状況を監 値を高められるか新 今のところ開発費や
視する金型の破損や 興国の追い上げもあ 活 動 費 は す べ て 化 弁
生産品の不具合などを て日少の金型業界は 当뗒
勉強会への参加뗓
)
れ
う
ー
き
い
ナ
マ
ヤ
(
成
構
の
ム
た
ス
シ
グ
ン
リ
タ
ニ
モ
ス
セ
ロ
プ
試作したスマト金型コンセプ
トは뗒金型上で完結するシスたム뗓
︵岐阜多田精機︶
々ことで成形機や工 画しているサど
場が変わても通常の にだじを集積し高
型換え作業だけでだ 度なだじ分析を行え
やメれたナれげ時期
じを取得できる」うに れば不良発生の予測
する
小型で安価なシげた の推定ができる」うに
検知して警告を発した がげち面では非常に厳 ではなく真剣に金型
り即応処置を可能に しい局面にある短納 位術の革新に向けて取
べとするため﹁温度は なると考えられる
となどが分かるため
金
「
集
特
号
月
4
年




」
術
位
型
「
o
I
た
け
向
に
化
進
の
術
位
形
成
・
型
。
載
掲
に
」
性
能
可
の
T

れ
ョ
シ
ー
ュ
リ
ソ
べ
た
げ
シ
和
愛
、
機
뙘
は
て
い
つ
に
例
事
の
げ
え
ッ
べ
シ
뙘
こ
術者の経験や成形品の れグシげたべが市販さ り時間・傾きなどを指 長︶からだ
開発室長︶従来位 どから高機能なごれシ 時間波形の立ち上が られる﹂︵多田憲生社
ある﹂︵金秀英新去品 も︵東京都港区︶な 値ねえに到達した 付加価値提案につなげ
も応用できる可能性が 葉電子工業や日少うげ 圧力・温度のねえ 金型メいからの高
固続的な異常の検知に 射出成形向けには双 らだ
の亀常発生などに」る 発に取り組んでいる 憲生社長︶との考えか 上できたかといたこ
じとすることで金型 ﹁げマち金型﹂の開 現場では有用﹂︵多田 もどれだけ耐久性を向
﹁振動音を可視化だ 出する機能をもたせた 否判定ができれば生産 使われ方や以前」り
こ と も 確 認 で き た  測定して成形不良を検 否件出しや成形品の良 ﹁顧客ごとの金型の
した時の振動を捉える 金型内の温度や圧力を 多少劣化しても成形 ている
の分解能や絶対精度が することも視野に入れ
を絞り込んだ﹁測定 いにのドどえ
対量は追求せず性能 だけでなく金型メ
떞뗄か﹂かといた絶 形メいで活用する
したりすることが目標 期や高品質高精度を り組めるメれどだけ
荷荷 重重 変変 動動 かか らら 不不 具具 合合 をを 早早 期期 発発 見見

何度Cか﹂﹁圧力は何 計測しただじを成
した繊出な取り扱い
だ金型の構成部品や 追い求めてもいずれ限 を募集している
過去の不具合累積生
産数などの履歴を蓄積
し必要に応じて参照
できる」うな仕組みの
構築も見据えている
現在ねアげなれず
の欠損を自動で検知す 鍛造金型の設計・製 する締結機能を兼ねた
る仕組みなど八つの 作などを化がけるヤマ ボやち型ごれサ﹁ね
たマの研究開発が並 ナいきうれ︵大阪府 エしボやち﹂を用いた
行 し て 進 め ら れ て い 東大阪市︶はIoTで ばロごげほつじリれグ
るばレげ金型のごれ 先行する独がれごれサ シげたべ﹁だベロ
シれグ位術は﹁金型の げと契約同社が製造 なごれシげ﹂を開発


状態から推測していた れているがげマち 標としている
﹁金型上で京結するシ じは個々の金型内に記
不具合の早期発見に貢 金 型 の が れ ご ば ち は 現在取得しただ
献する
岐阜多田精機︵岐阜 げたべ﹂だじの記 録したり│SB接続
研究所と共同でばも ごれシれグ機能を金型 できる将来は通信機
市︶は岐阜県情報位術 録や良否判定を含めた でなソがれに送たり
れグできる
げずえ成形における の一部品として組み込 能を搭載することも計
精
田
多
阜
岐
、
れ
う
ー
き
い
ナ
マ
ヤ



│
│


だじをリアやじイべに取得し成形否件出しや生産時の不良検出につなげる生産履歴としてシ
ち数などを蓄積し適切なメれたナれげ時期や新規金型受注時の位術提案などに活用する
画画
企企
別別
特特
を必要とするねエしご にに
れサをボやち内部に
価価
埋め込んだことで既設
の加工機に対して大幅 安安
な改造をせずに取り付 ・・
けられる
型型
例えば金型を固定す
小小
る既設のボやちをねエ
しボやちに変えてば りり
レげ加工中の荷重変動
絞絞
を計測するサイえや
数の増加に伴う荷重の をを
変動から金型の摩耗
能能
状態の変化をほつじリ
性性
成形中に異音が発生
新規金型受注時に技術提案

│
日
曜
水
떵
日

月

)
年
8
2
成
平
(
年
6
1
0
2
出
検
良
不
、
析
分
タ
ー
デ
得
取
)
げ
え
ッ
べ
シ
(
場
現
の
験
実
証
実

もウドサどに上げ いにごれサを設置
シべえげ︵横浜市 るためのIEEE18 しばレげ機械のいウ
起動は各設備が稼働 O 2︶排出量などを集 都筑区︶は生産機械 88GW機能を搭載し れじNC工作機械
のなちもれば信号取得
信低消費電力機能を 線LANシげたべなど
た自己電源無線通 の設置のほか構内無
東 京 電 力 が 開 発 し のためにマリれどM3
マシつれグごれじ する際の電流から得ら 計・管理することがで や電力計測器温募度 ている
IoTで電力コスト削減
搭載した﹁自己給電型 を構築した
計なちもればいウ 無線電流ごれサ﹂と 消費電力の削減と生
集計しただじを分 れじなどとの通信機 組み合わせばレげ成 産効率の向上が実現で
いる機械ごとの電力 ぬげの可能性を探
ごれサからの情報を べ︶に蓄積する もちのべにアえ の電力値比較が行え 取得しただじをイ 使用状況を取得するた ていく
る電流検知ごれサと サど︵ばもちの はもウくを利用してば 計。た海外拠点ごと いる
械装置ごとに取り付け 管理するえもウド上の 所からイれじてち 工 程 ご と の 電 力 値 集 れどM3﹂を販売して いて実証実験を進めて じを中心とした情報サ
る主な構成品は機 電力値をソも社が みくは大意の場 析することで機械・ 能を備えた機器﹁マリ 形・金型メいにお きる」うに電力だ
イく﹂を販売してい 付け随時検出される て賄われる
ちのえちリアドど などにごれサを取り れる微小な電力に」 きる
したシげたべ﹁げマ
企業のソもが開発
中川区︶はイじリア
シれこ︵名古屋市
愛和シげたべソリ
り組みも進んでいる 言われる機器のみ
を﹁見える化﹂する取 ためのかちウイと だけごれサ自体の 用量二酸化炭素︵C
造における電力がげち ちに接続・通信をする 各設備の電力線に挟々 備の稼働状況や電力使 見直しに効果的だ
金型の加工や部品製 集約しイれじて ごれサの取り付けは ごげし工場ごとの設 電力がげちの削減利の れじてち経由でえ め分電盤内のはレ


形
成
・
型
金
る
わ
│
│
変
で
T
o
I

Fly UP