...

ダウンロード

by user

on
Category: Documents
5

views

Report

Comments

Transcript

ダウンロード
日本顔学会2010発表
髪型の小顔効果は本当?
-顔輪郭の遮蔽が顔の形状知覚に及ぼす影響-
○奥村和枝,森川和則(大阪大学大学院人間科学研究科)
背景
顔が人にどう見られるか
顔の大きさにも関心
目的
顔のパーツ(内部特徴)の配置によって,髪型の小顔効
果に差が生じるか検討する
多くの人の関心
“小顔効果”
顔の大きさ知覚の研究
顔のパーツ(内部特徴)の配置によって,顔の大きさが変
わって見える(Lee & Freire,1999; 安田, 2005)
顔の外部特徴である髪型との関連を扱った研究はない
本研究の目的
髪による顔輪郭の遮蔽が顔の大きさ知覚にどのような影
響を与えるのか検証
手続き
■楕円マッチング
提示される顔の最大幅・
高さと等しく見えるよう
に楕円の幅・高さを調節
手続き
刺激
■実験1からの変更点
■水平バーマッチング
提示される顔の最大幅と等 ・前髪の特徴が刺激間で大
しく見えるよう水平バーの
きく異なるモデルの刺激
長さを調節
を除く
・グレースケール
楕円錯視の効果を排除
色の効果を排除
■手順
・顔以外の範囲を除く
0%
1%
■パーツの配置条件
・両目の中心間の距離が
顔幅の40%=close条件
45%=middle条件
50%=far条件
●1セッションごとに,1人のモデルの
顔刺激のマッチングを行う
→残像を消すため試行間にブラン
ク画面
●遮蔽率0%は各セッションの最後に
結果
20%
結果と考察
■ 顔幅
Perceived Width of Face(Pxl)
385
・髪で遮蔽されるほど,顔幅
が小さく知覚された
380
375
10%
20%
close条件
middle条件
far条件
(F(3,147)=28.98, p<.01)
どの配置条件でも遮蔽による小顔効果が見られた。
特に,顔のパーツが顔の中央に寄っている条件におい
てその効果が顕著であった
両目間隔から推測される平均的な顔立ちを補完した?
配置(3条件) ×顔(5名分)
×遮蔽率(4条件) =計60枚
far
middle
close
360
Perceived Width of Face(pxl)
10%
1%
服の効果を排除
刺激
顔(6名分)×遮蔽率(4条件)
=計24枚
遮蔽率
0%
350
340
330
遮蔽されたものの補完 → あまりに一般的でないも
のは補完されない
顔輪郭の補完 → 両目間隔から推測される平均的
な顔立ちを以って,目尻から顔
輪郭までの距離を推測している
可能性が示唆された
320
310
300
370
・髪型の効果はモデルによっ
て個人差あり
365
顔のパーツの配置が関係?
360
0%
1%
10%
Covering Rate
20%
■顔の高さ
髪型によって見えの高さは変
化なし(F(2.58,126.33)=1.15, ns)
0%
1%
10%
20%
Covering Rate
2要因分散分析…
下位検定…
配置と遮蔽率の交互作用あり(p<.05)
全ての配置条件で顔が髪で遮蔽されるほど顔幅
が小さく知覚されるという効果が見られた(p<.001)
その効果の大きさはclose条件>middle条件>far条件
(F(3,87)=44.49, 25.52, 19.52, p<.001)
>
知覚される顔幅
>
遮蔽による小顔
効果
平均的な顔立ち
を補完?
Fly UP