...

NOTES ON THE THAI

by user

on
Category: Documents
19

views

Report

Comments

Transcript

NOTES ON THE THAI
SUMMARY
−25−
Ⅸ
泰緬鉄道の建設を始める以前に,日本軍はすでにクラ地峡を横断してタイとビルマを短い距
離で結ぶ鉄道の建設を始めていた。その鉄道はチュンポンからクラ河の小さな支流のラウン川
沿いのカオファーチーまでの90キロを走った。物資はカオファーチーで舟に積みかえられて,
ラノンを通ってビルマの最南端の町ビクトリア・ポイント(今日のカオソーン)まで運ばれた。
しかし,連合軍の激しい爆撃のために,この鉄道は戦争が終わる前に放棄された。この鉄道建
設には連合軍の捕虜はかかわることはなかったが,マラヤから徴発された労働者(中国人,イ
ンド人,そしてマラヤ人)に対する苛酷な扱いは,後の泰緬鉄道の悪い先例となった。この稿
では,後に建設された半島を横断するマーグイ(今日のメェイク)道路についても触れている。
掲載した写真は,2003年に行ったこの地域への研究旅行の際に撮ったものである。
Fly UP