...

グローバリゼーションとIT経営-ビジネスプロセスとキャッシュの流れを

by user

on
Category: Documents
13

views

Report

Comments

Transcript

グローバリゼーションとIT経営-ビジネスプロセスとキャッシュの流れを
グローバリゼーションとIT経営
ビジネスプロセスとキャッシュの流れを可視化するIT経営のトレンド
株式会社NTTデータ
決済ソリューション事業本部
村上 雅春
1.内部統制をめぐる動向
2001年12月 売上高1,000億ドルを超える全米第7位の巨大企業
エンロンの不正経理に端を発した破綻
2002年 7月 サーベンス・オクスリー法成立
(米国企業改革法、SOX法)
2003年 4月 「企業内容等の開示に関する内閣府令」改正
2004年11月 東京証券取引所等の上場規制改正
2004年
金融庁「ディスクロージャー制度の信頼性確保に向けた
11月∼12月 対応について」
2005年 2月 「会社法制の現代化に関する要綱」を答申
2005年 7月 金融庁(企業会計審議会)より「財務報告に係る内部統制
の評価及び監査の基準」(公開草 案)を公表
2007年 4月 「内部統制報告書」の作成・提出が義務付けられる予定
2
2.内部統制の新基準で法制化されること
①自社に「信頼のおける決算書を作るための内部
統制」があるかどうかを確認し、外部に報告する
こと(内部統制報告書)
②当該報告について、外部監査を受けること
3
3.内部統制の意義と目的
③法規の遵守
④企業財産の保全
①業務の有効性と効率性
②財務報告書の信頼性
内部統制報告書の対象
④ 情報と伝達
⑤ 監視活動
4
⑥ ITの利用
「参考文献:新会社法時代の内部統制/佐々野未知/創己塾出版」
事業単位3
③ 統制活動
事業単位1
② リスク評価
事業単位2
① 統制環境
4.内部統制の構築のタイム・フレーム
現状把握と基
本方針の策定
ドキュメン
テーション
導入・
運用・
是正
5
2006/09
2006/12
2007/03
2007/06
2007/09
2007/12
キックオフミーティング
現状把握
分析作業/報告会
業務の現状分析
規定の作成
マニュアル、フローチャート等の作成
リスクとコントロール分析
導入
是正
内部監査
最終報告
2008/03
ビジネスプロセスと会計の接点
組織志向から
組織志向から
営業部
営業部
営業部
営業部
物流部
物流部
物流部
物流部
業務プロセス
購買部
購買部
購買部
購買部
営業部
営業部
経理部
経理部
6
ビジネスプロセス志向へ
ビジネスプロセス志向へ
経理部
経理部
会計情報/財務諸表
会計情報/財務諸表
会計情報/財務諸表
会計情報/財務諸表
ERPを活用したビジネスプロセスの可視化
購買管理
購買管理
生産管理
生産管理
販売管理
販売管理
原価管理
原価管理
買掛金管理
買掛金管理
一般会計
一般会計
売掛金管理
売掛金管理
固定資産管理
固定資産管理
給与管理
給与管理
資金管理
資金管理
経費管理
経費管理
7
「参照文献:ビジネスプロセスと会計の接点/岩谷誠治著/中央経済社
予算管理
予算管理
人事管理
人事管理
BPM(Business Process Management)
を活用した内部統制の可視化
与信設定から受注
取引先
営業
注文書
注文書
与信
設定
発注
受注
出荷
注文
注文
請書
請書
出荷
指示
納品書
納品書
送り状
送り状
物品
物品
受領書
受領書
出荷
出荷
指示書
指示書
物品
物品
受領書
受領書検印
¥
¥
請求書
請求書
検収確認
(売上計上)
売上計上基準
特殊な売上
法人税法上の売上割戻の扱い
請求
消費税等の端数処理
消費税の取引区分
領収書
領収書
回収
貸倒引当金
の算出
売上計上基準、企業会計基準による規定
売上返品、値引、割戻、割引の分類
商法
証取法
支払
出荷
経理
8
回収
検収
物流倉庫
税法
請求
生産、受注及び販売の状況の記載
「参照文献:ビジネスプロセスと会計の接点/岩谷誠治著/中央経済社
財務諸表等規則上求められる売上区分
セグメント情報の売上区分
関連当事者との取引
主な資産及び
負債の内容
BPM製品のカバー範囲
製品名
モデリング
WebSphere
Rational
DB2
Tivoli
Lotus
9
「参照文献:月刊ソリューションIT(No.173)/株式会社リックテレコム」
実行
モニタリング
分析
BPMを活用した内部統制の可視化の仕組み
経営戦略
経営戦略
分析
仮説検証
計画立案
経営目標
企業戦略
データウェアハウス
全社レベル
意思決定
経営データ(売上実績、成長率、
シェアなど)収集
経営トップ
経営企画
財務部
経理部
企業活動
企業活動
情報統合(新ビジネスインテリジェンス)
分析
仮説検証
計画立案
コスト指標
生産性指標
エンタープライズ
データウェアハウス
プロセス統合(BPM/BAM)
10
プロセスモニタリングによる
プロセスの見える化/気づき化
部門レベル
意思決定
プロセスデータ(在庫、
原価、受注など)収集
商品部
販売部
事業部門
指標に基づくプロセス分析
現場での経営の見える化
業務プロセス
マーケティング
開発
調達
生産
物流
販売
現場のプロセス可視化により事業単位の最適化/全体最大化を狙う新たなアプローチ
「参照文献:月刊ソリューションIT(No.173)/株式会社リックテレコム」
内部統制と密接な
キャッシュマネジメントの位置づけ
対応課題
バランスシート
合理化
業務改善
IT活用
サプライチェーン
改善
リスク管理
金融商品
活用
関連会社の
経営把握
法務・税務
プラニング
「参照文献:アジアのキャッシュマネジメント/香港上海銀行東京支店編著/東洋経済新報社
ゴール
企業価値向上
連結決算重視
キャッシュフロー
リエンジニアリング
キャッシュマネジメント
その手法例
グループ財務運営の
効率化・
一体化
株主価値 重視
単体決算重視
11
会計上の利益重視
旧価値 新価値
基盤
基盤
ビジネスプロセスとキャッシュマネジメント
取立回収
消込
売掛金
営業部門
物流部門
経理部門
12
購買部門
キャッシュ
営業部門
経理部門
債権管理
取引条件管理
請求
物流管理
口座管理
流動性管理
資金繰り
キャッシュ
マネジメント
在庫管理
完成品在庫
「参照文献:アジアのキャッシュマネジメント/香港上海銀行東京支店編著/東洋経済新報社
請求承認
支払・消込
物流管理
取引条件管理
在庫管理
生産管理
原価管理
物流部門
経理部門
原材料
部品在庫
生産部門
物流部門
経理部門
国内のEBネットワーク(ANSERシステム)
金融機関ホスト
コールセンタ
ANSER接続メディア
ANSERセンタ
ANSERセンタ
ANSER-FEP
ANSER-FEP
各メディアセンタ
各メディアセンタ
DDX-TP
電話網
ISDN
internet
専用線
電話網
携帯電話会社
ゲートウェイサーバ
(LANインタフェース)
VAN センタ
電話
13
FAX
パソコン
ホームユース
端末
ANSER-SPCのAPI により
開発された各連携アプリケーション
ブラウザ付き
携帯電話
ブラウザ搭載
パソコン
Windows95/98/NT
搭載パソコン
企業ホスト
ANSER-CLAのAPIにより
開発された各端末側センタ
Windows95/98/NT搭載パソコン
Solaris,HP-UX etc. 搭載ワークステーション
各企業のEB利用における現状と課題
ERP
CMS
FB
社内決裁フローとのギャップ
(経理・記帳
(経理・記帳
資金・出納)
資金・出納)
会計
計シ
シス
ステ
テム
ム
会
グル
ルー
ープ
プ企
企業
業
グ
14
経理部門
経理部門
CMS
CMS
手作業による連携
(資金・出納)
(資金・出納)
事務集中によるオペレーションの負担・リスクの増大
手作業による連携
財務部門
財務部門
本社
社会
会計
計シ
シス
ステ
テム
ム
本
本社
社 経
経理
理部
部門
門
本
経理部門
経理部門
(経理・記帳)
(経理・記帳)
取引先企業
取引先企業
取引先企業
取引先企業
銀行
銀行
主取引銀行
主取引銀行
プーリング
プーリング
ゼロバランス契約
ゼロバランス契約
FB端
FB端
FB端
FB端
末
末
FB端末
末
FB端末
末
FB・ANSER契約
FB・ANSER契約
銀行毎に異な
るシステム仕様
FB端
FB端
FB端
FB端
末
末
FB端末
末
FB端末
末
FB・ANSER契約
FB・ANSER契約
取引先企業
取引先企業
取引先企業
取引先企業
その他銀行
その他銀行
統括口座以外の口
座に資金が滞留
⇒ グループ資金管理における課題
eBAgent(企業LAN接続サービス)
ERP等とダイレクトに連携した資金の可視化
親会社(金融統括会社)
グループ会社
A社
eBAgent
(ASPセンター)
A社の財務担当
インターネット
B社
イントラネット
:
B社の財務担当
:
CMS/基幹
システム
システム連携
A銀行
FB
システム
LAN
NTTデータによる
共同利用センタ
B銀行
:
親会社(金融統括会社)の財務担当
経理、財務部門のトレンド
15
グループ資金管理の本部集中
グループ資金管理の本部集中
連結決済が主流になる中、グループ全体の資金管理業務を本社財務部等に集中する傾
連結決済が主流になる中、グループ全体の資金管理業務を本社財務部等に集中する傾
向にある。
向にある。
有利子負債の削減
有利子負債の削減
キャッシュ・フロー重視の経営スタイルに変遷。銀行借り入れ等の有利子負債を圧縮すること
キャッシュ・フロー重視の経営スタイルに変遷。銀行借り入れ等の有利子負債を圧縮すること
で財務体質の強化を図る傾向にある。グループファイナンスにも前向き。
で財務体質の強化を図る傾向にある。グループファイナンスにも前向き。
グループ企業の公正性
グループ企業の公正性
グループ財務、経理業務の公正性を確保(コンプライアンスの遵守)する必要があり、財務
グループ財務、経理業務の公正性を確保(コンプライアンスの遵守)する必要があり、財務
管理を本社に一極化したい。
管理を本社に一極化したい。
ERP等の基幹システム、CMSとの連携によるオペレーションの自動化により効率化を図るとと
ERP等の基幹システム、CMSとの連携によるオペレーションの自動化により効率化を図るとと
もにミスや不正を防止する。
もにミスや不正を防止する。
資金管理オペレーションの効率化
資金管理オペレーションの効率化
グローバルキャッシュマネジメントへの展開
SWIFT-ANSERゲートウェイ構想(案)
銀行
銀行
SWIFT−ANSER
Gateway
ANSER
銀行
銀行
銀行
銀行
SWIFT
CMS
銀行
銀行
16
海外子会社A
海外子会社A
銀行
銀行
銀行
銀行
銀行
銀行
海外子会社B
海外子会社B
海外子会社C
海外子会社C
国内子会社D
国内子会社D
ERP
国内本社
Fly UP